てぶくろ tebu96.exblog.jp

てぶくろ目線で、日々のあれこれを語ります。日本唯一の手袋専門店「Alta Classe(アルタクラッセ)」にリンクしています。


by てぶくろ
プロフィールを見る

帰れそうです

東京滞在2日目、
いろいろ仕事@Tokyoがあったのだけど、
台風のおかげでキャンセルになり、
ホテルのベッドで、飛行機の運行状況を調べて過ごす。

d0162995_16245559.jpeg

続々欠航が決まり、、、
仕方ない、新幹線で帰らないといけないかなぁ、
と半ば覚悟をしながら、

航空会社のステイタスカード専門まどぐちへ電話。
繋がった。
最後の一席をゲットできて、、ほっ。

d0162995_16274412.jpeg


くうこうラウンジでまったりと待ってます。
2時間近く予定より遅れますが、
何とか、今日中に帰れそうです。

# by uransuzu | 2016-08-22 16:19 | 東京 | Trackback
東京詣で、
行きはよいよい、

d0162995_21141308.jpeg


帰りは台風9号^^;

d0162995_21145042.png


帰れるのかしら、、、
這ってでも、いや、泳いででも、帰らなくては!

# by uransuzu | 2016-08-21 21:12 | その他 | Trackback | Comments(4)

ヘルシンキの手袋屋さん

「イギリス&ハンガリー手袋の旅」編で、
フィンランドの手袋のことを書き忘れていることに気づきました。
私としたことが~、 ( ノД`)シクシク…


2年前にラトビアからの帰国でもヘルシンキに一泊したのだったけれど、
その時は、町中歩いても、手袋専門店を見つけられなかった、、、

でも、今回は見つけましたよ、立派な手袋専門店を!
しかも、結構人通りの多い目抜通りに!
あー、なぜ前回は見つからなかったのかしら、、


d0162995_20540735.jpeg


広い店内には、整然と手袋が飾られている、、、素敵♥

こちらは、スェーデンに本社がある HESTRA で、スキー手袋が主力の老舗手袋メーカーです。
日本にも数多く進出しています。

それにしても、このショップ、なんて贅沢なスペースなのでしょう~♪


d0162995_20544450.jpeg

奥の方は、革手袋をセミオーダーできるみたい。

女性が一人で販売していらして、
季節柄もあるでしょうけれど、お客様は誰もいなくて、暇そう、
いろいろお話しすることができました。


d0162995_20551643.jpeg


うぅ~ん、次の「てぶくろの旅」は、スェーデンかも〜♪







# by uransuzu | 2016-08-18 19:07 | イギリス&ハンガリー手袋の旅 | Trackback | Comments(6)

片手袋研究家

いらっしゃるのですね~、どんな世界にもマニアックな方って。
片手袋研究家の石井浩二さんです。
(写真はお借りしました)


d0162995_13025348.jpg

街の中にポツンと落ちている片手袋、
きっと誰しもどこかで見かけたことがありますよね。

思いがけないところに落ちていて、「どうしてこんなところに?」と思ったり、
「落とした人がさがしているんじゃないかしら」と思ったり、
なんだか想像をかきたてられる存在でもあります。

石井さんは、そんな落ちている片手袋に恋した(?)男性。
もう10年ほど前から、見つけた片手袋の写真を撮り続けていらっしゃるそうです。

手袋に関心を持ち始めたきっかけは、
ウクライナ童話の「てぶくろ」だそうですから、
なんだか他人とは思えない。(笑)


ちょっと愉快なので、
ただいま、Alta Classe に本をディスプレイさせていただいています。



d0162995_12554879.jpg

d0162995_13122757.jpg

時々、Alta Classe にも、
片手袋を落としてしまった、いくら探しても見つからない、とても気に入っていたのに残念、
と、同じものをお求めに来店されるお客様がいらっしゃいます。

手袋を大事にしてくださっているのだなぁ、と嬉しくなります。



Alta Classe

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F

tel : 03.5980.8470 / fax : 03.5980.8490 
mail : altaclasse-tokyo@vs.miinet.jp
http://altaclasse.jp/



# by uransuzu | 2016-08-16 19:53 | 手袋にまつわる話 | Trackback | Comments(14)

赤い手袋にドキッ!

車でのお出かけに、ドライビング・グローブをなさる方が増えています。
ハンドルを持つ手が汗ばむこともなく、滑り止め効果もあり、
アクシデントがあった場合(たとえば、タイヤの交換や修理など)にも、グローブは必需品です。

最近では、いろんな色のドライビング・グローブがあります。
お好きな色を選ぶことができます。

ちなみに、wishさんは、白黒のバイカラ―・グローブをセミオーダーされました。



d0162995_13560713.jpg

メーカーとしては、ドライビング・グローブとして製作しているんだけど、
巷では、ロック・グローブと呼ばれることもありますね。


でも、私の一押しは、やはり赤のドライビング・グローブ!


d0162995_14423419.jpg


d0162995_14461237.jpg


d0162995_14462696.jpg

                (↑「ザ・テレビジョン」掲載写真より)

赤いドライビング・グローブって、ドキッとするようなセクシーさがありますよね。

それにしても、、、最近の若い男の子は、みんな綺麗ね~(← あは、おばちゃん目線~)
名前はなかなか覚えきれないけど、  ジャニーズのグループ「Mr.KING」の3人です。
Alta Classeのドライビング・グローブをお付けくださっています。

8月31日写真集発売の予定ですって。




Alta Classe

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F

tel : 03.5980.8470 / fax : 03.5980.8490 
mail : altaclasse-tokyo@vs.miinet.jp
http://altaclasse.jp/


# by uransuzu | 2016-08-08 19:34 | Alta Classe | Trackback
イタリアのフィレンツェで、手袋商を営んでいた美しい女性。
お若い頃には、お仕事のために来日されたこともあり、帝国ホテルに滞在されていたそうです。

残念ながら、数年前に100歳でお亡くなりになった、と伺いました。


d0162995_14285957.jpeg


彼女は生涯独身であったために、
残されたものは、甥の一家へと引き継がれ、
そのまたお子様の奥様のご友人が^^; たまたま私のブログを読んでいてくださっていて、

フィレンツェから貴重な手袋を持ち帰ってきてくださいました。
「私達が持っているより、てぶくろさんのような方に持っていてもらう方が、大叔母も喜ぶでしょう。」
との嬉しい言葉とともに。


d0162995_14382339.jpeg


d0162995_14383458.jpeg


美しい手編みのレース手袋ばかり、4双と片手、、、
おそらく、半世紀以上は昔の物でしょう。
裾広がりの編み方や、手の甲の部分の3本線などは、今では珍しい編み方です。

細く華奢なサイズで、
どんなに優雅な方だったのかしら、と写真と交互に眺めては、ため息をついています。

時を超え、海を越え、
同じく手袋を商いとする女性二人。

きっと、共通する話題がたくさんあって、
もしお会いすることができたら、いろんなお話を聞いてみたかった、悩みを相談してみたかった、
と、心から思うのです。



S様、どうもありがとうございました。
(写真提供もS様です)


Alta Classe

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F

tel : 03.5980.8470 / fax : 03.5980.8490 
mail : altaclasse-tokyo@vs.miinet.jp
http://altaclasse.jp/


# by uransuzu | 2016-08-05 20:27 | 手袋にまつわる話 | Trackback | Comments(14)
しばらくブログから遠ざかってしまい、
いろいろな方から生存確認のご心配をいただきました、
ありがとうございます。
私事であわただしくしておりますが、、、もちろん、元気です!!! 
少しずつ、ブログも再開アップしていきたいと思います。


さて、さっそくですが、、、
このたび、ジャガー青山さまから、JAGUARご成約の方へのプレミアムギフトとして、
Alta Classeのドライビング・グローブをお選びいただきました。


d0162995_11395064.png


Alta Classeでも人気のドライビンググローブです。
ご成約者さまの手を採寸し、お好きな色を選んでいただけます。
そして、ジャガー青山限定のブランドロゴが入ります。


d0162995_11445261.jpg

わたくし、、、奇しくも、5月にエリザベス女王90歳祝賀会の馬術ショーで、
JAGUARが英国を代表する車として、大活躍しているのを見てきたところ、、、
ご縁を感じます♪


d0162995_13220786.jpg



これを機会に、皆さま是非、JAGUARを1台いかがでしょう?^^



Alta Classe

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F

tel : 03.5980.8470 / fax : 03.5980.8490 
mail : altaclasse-tokyo@vs.miinet.jp
http://altaclasse.jp/


# by uransuzu | 2016-08-03 20:48 | Alta Classe | Trackback

蒸し暑い日が続いていますが、

六本木ヒルズでは、2016年6月24日(金)~6月30日(木)の7日間、

秋冬アイテムの先行予約・受注会を開催いたします。


期間中に対象商品を¥30,000以上予約購入をされた方へ、

六本木ヒルズ内のレストラン&カフェ各店でご利用いただける、¥3,000割引チケットをプレゼント!



もちろん、Alta Classeでも、今秋冬の新色をご用意して、お待ちしております。


d0162995_15500739.jpg

あなたの今年のコダワリの色は?

コダワリのデザインは?

どうぞ、コンシェルジュに無理難題をお申し付けください^^


d0162995_15402221.jpg


先日いらしたお客様からは、

冬に「鹿狩り」に行くための手袋のご相談をうけました。


厳しい寒さに耐えるための防寒機能や、丈夫さはもちろんのこと、

厚いダウンジャケットの上から手袋を付けるので、裾周りを広くして、

銃を引くために右手人差し指を切ってほしい、

とのことでした。


手袋に関してなら、どんなご要望にもお応えできるショップでありたいと思っています。




Alta Classe

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F

tel : 03.5980.8470 / fax : 03.5980.8490 
mail : altaclasse-tokyo@vs.miinet.jp
http://altaclasse.jp/



# by uransuzu | 2016-06-24 21:25 | Alta Classe | Trackback
ペーチでの仕事を終え、首都ブダペストに戻る。
今回のミッションは、ほぼ無事に完了したので、ブダペストの街を散策〜♪

とはいえ、やはり気になるのは手袋(笑)
街の手袋屋さんを見つけては、中に入ってみて、


d0162995_22140623.jpg


d0162995_21462618.jpg


d0162995_21480366.jpg


正直、がっかり!!!
もう、ブダペストには、本物の手袋屋はないのかしら、と思っていたら、、、

ありました!素晴らしい出会いが!!!

アンティークショップのウィンドウに、ひっそりと陳列されている「手袋を入れる箱」!!! 
そう、ペーチの博物館で展示されていた、あの箱です!!!

おそらく、殆どの人から見れば、ガラクタなのでしょうが、私は絶対に手に入れたくて、必死の交渉です。
はい、必死で値切りましたわよ~(笑)


そして、ようやくゲットできたものが、これです。↓


d0162995_21585284.jpg



d0162995_21593038.jpg


d0162995_22001687.jpg


深い蒼色のビロード生地、
箱の四隅や持ち手の部分には、見事な彫金が施されていて、
厚みを調整できるように、ジャバラに作られた箱。

中には、
白色のラム革のロング手袋、
手袋の指先を伸ばす道具と、
パールのピンブローチ、
の3点がセットになって入っています。

指先を伸ばす道具は、今では木製が殆どですが、この頃のものは、象牙とか黒檀が使われています。
120年以上前、いやもっとずっと前、のものだそうです。


これを手に入れるために、ハンガリーに行ったのかもしれない!
誰か高貴な方が使っていた手袋が、私を呼んだのかもしれない!

などと妄想しながら、一人でじっくり眺めた後、
六本木ヒルズのAlta Classeで展示しようと思います。
興味のある方は、ぜひご覧くださいね。



Alta Classe

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F

tel : 03.5980.8470 / fax : 03.5980.8490 
mail : altaclasse-tokyo@vs.miinet.jp
http://altaclasse.jp/



# by uransuzu | 2016-06-19 21:42 | イギリス&ハンガリー手袋の旅 | Trackback | Comments(14)
ペーチでは、最近新しく作られた手袋博物館も訪れました。
広い敷地内に、手袋博物館とジョルナイ博物館、それに天文学博物館、など
ペーチの誇る産業の博物館が併設されています。

平日だったからかなぁ、観光客はほぼゼロで、遠足に来ているらしい学生と私たちだけでした^^


d0162995_21280101.jpg



中には、手袋の道具や歴史、
手袋の製造過程がわかりやすく展示されており、
実際に製造しているところを見ることもできます。


d0162995_21284540.jpg


d0162995_21282877.jpg


面白いな、と思ったのが「手袋を入れる箱」


d0162995_21292536.jpg


d0162995_21294946.jpg



昔は、こうして手袋を保管していたのですねぇ。
手袋が貴重で、大切にされていた時代なのですねぇ。

この感動が、新たな出会いを生むのです・・・


続く



# by uransuzu | 2016-06-17 21:24 | イギリス&ハンガリー手袋の旅 | Trackback