「蒼穹の昴」にはまっています・・・

浅田次郎原作の・・・「蒼穹の昴」
日曜日の午後11時からNHKでテレビ放送されています。

ご存知のように、清王朝末期の・・・西太后を中心とした・・・紫禁城での様々な人間模様・・・
壮大で・・豪華絢爛で・・魅せられてしまいました。

ドラマ「蒼穹の昴」は、19世紀末、中国清朝末期の紫禁城を舞台にくり広げられる壮大な歴史ドラマであり、人間愛のドラマです。
日本の明治20年(1887年)頃、清朝第11代皇帝・光緒帝の治世下。若い光緒帝が帝位にありましたが、政治の実権は西太后が握っていました。折しも、欧米各国が大陸に進出しようとうごめき、清国の将来をめぐって紫禁城は西太后を中心にした守旧派と光緒帝を立てる改革派の思惑が入り乱れていました。
物語は二人の若者を軸に展開します。
一人は貧しさから脱する為、宦官(かんがん)の道を選んだ春児(チュンル)こと李春雲(りしゅんうん)。宮廷に入り西太后の寵愛を受け、出世していきます。
もう一人は官吏登用試験"科挙"に首席合格し、高級官僚の道を進み、光緒帝の側近となる梁文秀(りょうぶんしゅう)。二人が数奇な運命によって出会い、兄弟の契りを結ぶところから物語は始まります。
http://www.nhk.or.jp/subaru/


毎週・・・録画して・・・見ています。

日中共同制作ドラマ・・・あ~、現在の日中関係を考えると信じられない・・・

西太后は田中裕子さんが演じていらっしゃいます。
「おしん」として、中国で有名な日本人女優の登用・・・だそうです。
かつて西太后を演じた数多くの女優の中で一番実物に近い・・・と中国でも絶賛された・・・そうです。
d0162995_21513424.jpg

彼女が薬指と小指に付けているアクセサリー???
気になって調べてみましたら・・・
d0162995_21531150.jpg

「護指」と言われる物で・・・
貴族は、自分で何もしなくていい・・爪を伸ばしても大丈夫・・・その伸びた爪を護るためのアクセサリーなんですって・・・

この爪では・・・「フィンガーレス・グローブ(=指先が無い手袋)」をお薦めします(笑)

d0162995_2155945.jpg

そういえば、今でも・・・小指の爪を異常に伸ばしている中国人を時々見かけます・・・
昔の風習の名残なのでしょうか・・・

衣装も場所も美しいです・・・
ゆったりとした悠久の時が流れ・・・その中に確かに生きずく人々

このドラマ・・・
日常のストレスを忘れたい方には・・・お薦めです。
別世界が広がっていますよ・・・
by uransuzu | 2010-10-30 22:10 | その他 | Comments(0)