駆け落ちから生まれた・・・

11月23日・・・今日は「手袋の日」です。
例年この日に「手袋の父」である両児舜礼(ふたごしゅんれい)の碑に・・・手袋関係者が集まり・・・お参りをします。
ふふふ・・・皆さんネクタイは・・・手袋の柄・・・なんですよ037.gif

d0162995_19234584.jpg

明治19年、白鳥村にある千光寺副住職両児舜礼は、寺の近くに住む明石タケノに恋をし、大阪へと駆け落ちした。生活費を稼ぐため舜礼は托鉢にまわり、タケノは隣家でやっていたメリヤス製品の賃縫いをはじめた。しばらくして、舜礼はこのメリヤス製品に着目し、托鉢をやめてメリヤス手袋の製造に専念することになるが、この年、明治21年が東かがわ手袋の誕生の年となった。
http://www.tebukurokumiai.jp/

d0162995_19265885.jpg
お寺の副住職さまという立場・・・しかも、お相手の女性は・・・人妻だったそうです。
当時としては(いえ、現在でも・・・かしら)禁断の恋ですね。
二人の駆け落ちから手袋が生まれたわけです053.gif

また、中世のヨーロッパでは・・・
騎士たちは、女性にもらった手袋を愛情のしるしとして・・・
カブトや帽子に入れて・・・大切に大切に・・・したそうです。
もし、眠っている間に女性に唇を盗まれたら・・・その男性は女性に手袋を贈る・・・という風習もあったそうですよ。

手袋って・・・ロマンチックですよね・・・

gloves の中には love  があります・・・ゆえ。
Commented by harunoyokihi06 at 2010-11-23 22:09
こんばんは。
今朝カレンダー(正確には日めくり)を見たら手袋の日と書いてありました。
すぐにuransuzuさんのこと思いだしました。

今日はブログで手袋の日にちなむ素敵なエピソードをお聞きし嬉しいです。
明治の時代も燃えるような恋があったのですね。

さて、写真の素敵な御仁はご主人さまですか?
手袋柄のネクタイとっても素敵です。
よく見ると手袋の柄 かわいい!だけどクラシックで素敵ですね。

本当だ、glovesの中にはLOVEがありますね、すてき!
Commented by juju3291 at 2010-11-23 22:23
★元気ばば★
gloves の中には love  
なるほど
知らない 珍しいお話 ありがとう
Commented by uransuzu at 2010-11-25 17:30
>★元気ばば★さま

ありがとうございます。
手袋にまつわる話し、まだまだたくさんあります。
また聞いてくださいね♪
Commented by uransuzu at 2010-11-25 17:36
>haruyokihiさま

思い出していただいて、とっても嬉しいです。
写真の男性・・・ご想像にお任せします
(それほど、もったいぶる必要もありませんが 笑)
by uransuzu | 2010-11-23 19:34 | 手袋にまつわる話 | Comments(4)