つくしご飯・・・

この3連休・・・都会で一人暮らしをしている娘が帰省しておりました・・・

「なんか・・・すごくママに会いたくなって・・・」
と、夜、私にすり寄ってきましたので・・・
「ママも~」
と、大げさにハグいたしました・・・
「く・苦しい~・・・ママ、息ができないわっ!小さい胸でもジャマ~!」
で、二人で大笑い・・・表情がいつもの娘に戻りました・・・

娘のリクエストに応じた食事を作れる幸せ・・・
「つくしご飯」は、娘の大好物・・・
二人で、まだ早いかしら・・・と、言いながら近くの秘密の場所へ・・・行きました。
(昨今、田舎でも、つくしの生える場所が激減しています・・・土手が減ってきたからでしょうね・・・ゆえに・・・ここは、私たち親子の秘密の場所)

「あ、あった~」
まだ、小さいけれど・・・あちらこちらから・・・かわいいつくしが顔を出しておりました。
春は・・・間違いなく・・・近づいています。

d0162995_19143474.jpg

夜に・・・娘とつくしのハカマを取りながら・・・
娘「今年も、ママの作ったつくしご飯を食べられる・・・ママが元気でいてくれて、故郷がそのままある、って何て幸せなことなのかしら。」
やはり・・・今回の大震災で・・・娘もかなりの精神的なショックを受けています・・・
娘「もう、仕事やめて・・・ず~っと田舎で暮らそうかな・・・」
こんなとき、私は・・・たいてい・・・聞き役に徹します・・・
私「うん、それもいいんじゃない。」
娘「普通の親は、もう少し頑張りなさい!とか言うものだよ。」
ハハハハハ・・・・・

炊きあがった・・・つくしご飯をオムスビにして・・・娘は帰っていきました・・・

さぁ、明日からは・・・私も・娘も・普段通りの仕事を開始しようと思います。
Commented by shinn-lily at 2011-03-21 22:08
つくしの頭がなんと勇気をくれることでしょう。
静岡に住んでいた頃はたくさん摘んで、卵とじにしましたが
つくしごはんがあるのですね。

お嬢様、ああ、よかった、やっぱりお母様ですよね、お母様からの力をたくさんもらって、また旅だったのですね。
だから親は元気で見守って、そして両手を広げて待っていなければね。
Commented by kimanba at 2011-03-22 08:44
しみじみとした気持ちになりました。
土筆・・いいですねぇ~春がもう来ているのですね。
良いお嬢さんと ステキな、、胸のないママ~♪
揺るがぬ素晴らしい母娘関係だわぁ。。
Commented by mimosahappy at 2011-03-22 15:51
こちらでははじめまして!
お嬢様、かわいい姫がいらっしゃるんですね^^
こうやって素直にお母様のところに羽を安めに来れる関係、いいですね。
uransuzuさんのところは土筆が生えてるくらいいいところなんですね!
田舎っ子の私としてはこのくらいの胞子が飛ぶ前の土筆の絶妙さが何とも言えずいい感じで、うれしくなりました!
ウチの実家の庭の、とある場所にも土筆がにょきにょき生えるんです。おひたしはしたことあったけど、土筆ご飯ってしたことないです。
ちなみに、どうやって作るのか、もしよければ簡単に教えて下さい!
胸がないことには負けない自信のあるミモザより。
Commented by akicosmosA at 2011-03-22 18:32
昨年暮れ休暇で戻った次女と近くに住む長女が
我が家の母の味って何かしら_?と話していたのですが
なんだった?なんだろう?ばかりで答えが出ない(苦笑)
お嬢様とつんだ土筆での土筆ご飯、ほんとうに美味しかったでしょうね。
私が遠くに住む次女に会いたくなりました。
Commented by uransuzu at 2011-03-22 20:57
>shinnさま
例年にもまして・・・つくしが地面から顔を出している姿が・・・愛おしく感じました。
そして、なんと力強い姿にも感じたことか・・・
日本の大地は・・・息づいています!
卵とじも美味しいですよね~
Commented by uransuzu at 2011-03-22 21:00
>kimanbaさま
えぇ~っと・・・胸が「ない」わけではなく・・・「小さい」だけです!
その分・・・最近は・・・お腹でボリューム感を出しております。
この下娘とは・・・いろいろ・いろいろ・ありまして(笑)・・・今では、揺るがぬ母娘関係になれているのかな・・・?
Commented by uransuzu at 2011-03-22 21:05
>mimosaさま
ようこそ、いらっしゃいました~
はい、二人の大きな姫がおります・・・それに小さいできたての姫もね!

つくしご飯は・・・アクをとったつくしを お米2:もち米1の割合の中に入れ、 カツヲと昆布の出汁に味醂と薄口醤油で味付けし、炊き上げます。
うっすらとピンク色になり・・・ほのかなほろ苦さもあって、美味しいですよ!
Commented by uransuzu at 2011-03-22 21:09
>こすもすさま
遠くで暮らす次女さまと・・・近くで暮らす長女さま・・・
うちと同じですね!
母の味って・・・贅沢でもオシャレでもない・・・普通のお惣菜だったりしますよね・・・
長女は「ジャガイモと豚肉の炒めたもの」という・・・手抜きのお恥ずかしい料理が・・・私の料理の中で一番好きなのですって・・・
Commented by miki3998 at 2011-03-23 01:44
もうでているんですね、つくし。
 私は毎年卵とじ、なんとかの一つ覚えです。お恥ずかしい。つくしご飯もおいしそうですね。春の香りを楽しむご飯ですね。今年は早めに裏山に探しにいって来ます。タイミングを外すと、大きくなってしまいますものね。
 家族と一緒の食卓、一回一回がとても大切なんだと痛感しています。当たり前だと思ってはいけない、ありがたいという言葉が身にしみます。
Commented by yoko_mama at 2011-03-23 10:22
おはようございます。
先ほどはコメントくださってありがとう。

つくし・・・小さい頃はよく食べました。
姉と一緒に籠を持ってつくし採りに行ってました。
我が家はつくしの卵とじを作ることが多かったです。
結婚してからは一度もつくしを口にしていませんが^^;
姉は今でも採りに行って食べてるようです。
Commented by mimosahappy at 2011-03-23 11:18
おはようございます!
つくしご飯の作り方、ありがとうございます!
なるほど~、もち米を入れるんですね!
今度実家に帰った時につくしがうまいこと出ていたら作ってみます^^
Commented by uransuzu at 2011-03-23 19:20
>mikiさま
自然の恵みは・・・時期を違えると大変なことになりますよね~
つくしを取りに行って・・・すぎなになっていたり・・・(泣)
タラの芽が・・・育ち過ぎてモシャモシャになっていたり・・・(大泣)
山菜って・・・アクがあるけど、それだけ精気もある、ってことでしょうか・・・成長が早いです~
自然のパワーをいただきました!
Commented by uransuzu at 2011-03-23 19:23
>yokomamaさま
こちらにまでお越しいただいて・・・ありがとうございます。
小さい頃は・・・摘むのが楽しくって・・・うす暗くなるまで摘んでいては叱られました・・・
お姉さまは今でも・・・ですか? う~ん、気が合いそう・・・(笑)
Commented by uransuzu at 2011-03-23 19:26
>mimosaさま
はい、レシピを説明すると・・・ホント、簡単ね~(汗)
摘んで・・・ハカマをとるまでが・・・大仕事です!
あ、私はいつも、形のよいつくしを別に甘辛く煮て・・・飾りとして上にのっけます・・・
また作るときがあったら・・・写真に撮ってみますね。
Commented at 2011-03-24 07:31
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by uransuzu at 2011-03-24 10:36
>鍵コメ 7:31さま
「春の訪れは生きる力を与えてくれる」・・・素敵な表現ですね~
私も、ふと見てみると・・・モクレンも開き始めていました・・・
植物も人間も・・・少しずつ少しずつ前へ・・・しっかりと生きていきたいです・・・
そう・・・そして今回のことで、・・・あまりに代償は大きいけれど・・・家族の大事さも再認識いたしました。
感謝です・・・
Commented by harunoyokihi06 at 2011-03-25 00:52
お嬢さんとの いい会話 そぉ~っと聞かせてもらったような気持ちです。
つくしごはんですか?
やっぱり春が早い。
こちらはどこもかしこも雪の花が満開でした。
Commented by uransuzu at 2011-03-25 08:47
>harunoyokihiさま
おはようございます。
そちらの雪の花・・・見とれてまいりました・・・
厳しい寒さの中にも・・・少しだけ・・・春の近づきを感じる光でした。
こちらでは・・・庭の北側に植えてある三つ葉も・・・青々してきましたよ。
春近し・・・です。
できるなら・・・東北地方にこの春をお届けしたい・・・と思います。
by uransuzu | 2011-03-21 19:25 | その他 | Comments(18)