30年ぶり・・・

1週間ほど前に・・・懐かしい方から・・・1通のお葉書をいただきました。
差出人は・・・私がかつて働いていたときの上司・・・

「妻とそちら(私の住んでいる街)に旅行するから、会えませんか?」・・・という内容でした。

d0162995_2153234.jpg

実は30年前・・・私は・・・ある特殊な仕事についていて・・・
あるとき・・・仕事中に・・・特殊な事故にあいました。
(思わせぶりですが・・・特殊諜報部員とかではありません^^)
しばらく自宅療養のため・・・ひとり暮らしをしていた私は・・・実家に帰りました。
仕事復帰への焦りと・・・自己嫌悪とで・・・落ち込んでおりました。
そこへ、この上司が、お見舞いにきてくれました。
お見舞いというより・・・実家の父母へ謝罪するのが目的だった・・・と後で聞きました。
頑固な父は・・・「大事な娘に怪我をさせた」と思ったのか・・・上司に会いませんでした。
母だけが会い・・・「いい方だわね」と笑っていました。

しばらくして怪我が治り・・・私が復帰したとき・・・この上司は既に転勤しており・・・その後お会いすることはありませんでした。
年賀状だけのお付き合いは続いていました。

d0162995_2124999.jpg

ホテルのロビーで待ち合わせして・・・「顔がわかるかしら」とドキドキ・・・
だって・・・上司は、あのとき50歳くらいでしたから・・・今は80歳くらいのはず!
私だってね~・・・あの頃は花も恥じらう乙女だったわけですから~・・・今は見る影もなく・・・(泣)
でも、ロビーに現れた瞬間に・・・お互いに・・・すぐにわかりました!

奥様も交えて・・・2時間ほどお話ししました・・・
いろいろ近況をうかがったあと・・・上司が・・・ほっとしたように・・・
「あなたが元気でいるのを死ぬまでにこの目で確認したい、とずっと思っていたんだ。」
と、話されました。
奥様からも
「年賀状をいただくたびに、夫は、あなたのことを心配そうに話していたのですよ。」
と、伺い・・・自分自身さえ忘れていたことを・・・30年も気にかけてくださっていたことに驚きました。

正直に言いますと・・・私はこの上司のことを・・・30年間・・・ほとんど思いだすこともなく・・・
ただ年賀状を義務的に出していただけです・・・
それなのに・・・上司の方はこうしてずっと心にかけてくださっていたのですね。
申し訳なくもあり・・・とてもありがたくもありました・・・

「もう、これで、生きているうちに会えないかもしれないね」
と、言う上司の目が優しくて・・・思わず・・・
「今度、東京でご一緒にお食事いたしませんか?」
とお誘いいたしました。
人生初・・・私の方から男性をお誘いしました・・・わ053.gif
Commented by shinn-lily at 2011-05-22 21:44
これだから、人間が大好きです。
人間だからこそ持ち続けてくださったお気持ちと、それにこたえるお心と
なんと感動的な瞬間だったのでしょう。

ところで、
その昔・・・あ、失礼、ちょっと前のその事故は労災だったわけなのですね。
Commented by jikansouko at 2011-05-22 23:38
人生初・・・何ですか^^
80歳ではもう中性?・・・失礼。。。
自分で考えている事と人様の思う事は
天と地ほど違う事があると実感した事があります。
以心伝心では無かったのですね~~責任感の強い方なのですね!
まだまだ心配させて長生きさせてあげて下さいね^^
Commented by uransuzu at 2011-05-23 07:00
>shinnさま
おはようございます♪
ええ・・・私も驚いてしまいました・・・
当時の上司は・・・どちらかというと・・・冷たくて・・・
ほとんど部下とコミュニケーションしない方でしたから。
彼がトップになってから・・・初の労災・・・が私で・・・
記憶に残っていたようです。
Commented by uransuzu at 2011-05-23 07:05
>kakoさま
おはようございます♪
80歳になっても、とてもお元気で、奥様と日本中を旅行されているようです。
昔のことも、よく覚えていらっしゃるし・・・

そうなんですよ、可笑しいでしょ、この年齢になって初めての申し込み❤なんて・・・
もうね・・・今から、東京でのお食事にドキドキです・・・
あ・もちろん、奥様付きなんですが・・・
Commented by kimanba at 2011-05-23 08:49
うん!奥様の気持ち解ります!!
東京でのお食事・・・
魅力的なuransuzuさんに、、心配になられたのですね~ニコニコ

それにしても、、危険な特殊なお仕事・・
すぐ思い浮かんだスパイではないみたいだから
とび職、、、宇宙飛行士、、、どっちかだな~笑
Commented by uransuzu at 2011-05-23 10:08
>kimanbaさま
ブログには書くのをためらったのです・・・とても特殊な仕事で・・・
その頃・・・日本でもまだ少なかったから・・・あまり世間でも認知されていなくて。
あ~、思わせぶりだこと・・・笑・・・またいつかね~
Commented by pikeflower at 2011-05-23 13:24
tebuさまの特殊な仕事の特殊な事故ってなんなんでしょ・・
ウ~ン・・いつか教えてくださいね。

その上司の方、いい方ですね。
それにしても、おもしろいご縁だこと、
こうしてずっと続いているだなんて。
なかなかないですよ。
Commented by uransuzu at 2011-05-23 13:54
>pikeさま
ふふふ・・・ここまで思わせぶりだと・・・あとで「な~んだ」と言われそうですね。

まだ若かった私にとって・・・この上司は雲の上の人でした。
ほとんど言葉を交わした事も無いように思います。
でも、見ていてくれたのですよね~・・・新米の鈍くさい部下を。
私も・・・遠くから気長く部下を見守る上司にならなくてはね!
Commented by N-styel at 2011-05-23 17:34
上司の方、胸の内にオリのような気がかりだったのでしょうね…
こうして再会できたコト、何よりもホッとなさったのでしょう…
きっと、その方は、御年賀状をいただく度に自戒の念を込めてらしたのでしょうね…

人の世のご縁とは不思議なモノです…淡く薄れかけたり、またお近づきになったり…
そしてまた絆を深めて行くのでしょう。

それにしても…特殊部隊に所属されてたとは!!!!
驚きました!!! (^^♪
Commented by uransuzu at 2011-05-23 21:22
>Naoさま
こちらはすっかり忘れておりましたのに・・・元上司の頭の隅に、ずっと私がいたのでしょうね・・・
それも、思いがけない事故に遭遇した・・・まれにみる鈍くさい女性として・・・(のろまな亀~?教官~? 笑)

はい、専門知識を持ち、特攻訓練を重ね、お国のために闘う・・・じゃないですって!
Commented by mimosahappy at 2011-05-25 21:13
ご無沙汰してしまいました!
いいお話です。。胸が温かくなりました。
uransuzuさんのお仕事がすご~~く気になるけど!(笑)
頭の中は、トム・クルーズが、床の1cm上でぶら下がっている図です(笑)
Commented by uransuzu at 2011-05-27 06:52
>mimosaさま
おはようございます♪
私の・かつての・特殊なお仕事・ふふふ
なんだかね~・・・今さら皆さんにお話ししにくくなってしまいました~
でも、かなりの難関試験を合格したのですよ(自慢)
by uransuzu | 2011-05-22 21:35 | その他 | Comments(12)