原発・・・

珍しく・・・まだ酔っぱらっていない休日に・・・012.gif
ちょっと堅いお話しいたします。

来年度から使われることになる義務教育での教科書、その採択が今、大詰めを迎えています。
各自治体では、文科省の検定を通った教科書が、誰でも閲覧できるように展示してあるはずです。
「開かれた教科書採択」

私は、教科書採択委員でもなんでもありませんが・・・せっかく開いてくださっているのですから・・・
ちょっと・・・覗いてみました071.gif

でもね、すべての教科書に目を通すことは、私には、とても不可能です。
関心のあるポイントだけ、拾い読みいたします。
ときには「領土問題」、ときには「古典」、ときには「曲名」・・・
今回「原子力発電について」にしぼり、7冊の教科書の記述を抜粋いたしますね。
(ある知人の力をお借りしました)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

I社・・・市民が原子力発電と共存し、安心して生活できるように国や市や事業者が全力で取り組むことが求められます。

T院・・・原子力発電は二酸化炭素の排出量が少なく、総発電量の中ですでに大きな割合をしめていますが、事故や放射能への不安から、原子力発電の建設に対しては根強い反対運動があります。

S院・・・先進国を中心に利用されている原子力発電は、CO2を出さずに巨大なエネルギーを生み出すことができる。しかし、いちど事故がおこれば大きな被害が生じる可能性がある。放射性廃棄物の処理問題もあり、安全に利用するために、よりいっそうの対策が求められる。

N出版・・・我が国では、温暖化の原因となる二酸化炭素の排出量が比較的少ない原子力発電が、発電量の3割を占めます。安全性に対する疑問や、放射性廃棄物の処理の問題もありますが、国は対策に取り組んでいます。

K出版・・・発電の際の二酸化炭素の発生が少なく、安定した電力供給ができるエネルギーの開発が進められています。その中心となっている原子力発電は、日本でも発電量の約30%を占めています。一方でいったん事故が起こると重大な被害が発生することや、放射性廃棄物の処分に慎重な対応が必要なことなど、課題も残されています。

J社・・・我が国は、原子力発電や新エネルギーの導入拡大に努めています。原子力発電では安全性の高い技術を確立し、すでに全発電量の3分の1をまかなっています。

T書籍・・・原子力は、海外から安定的に燃料を供給でき、わずかな燃料で多くのエネルギーを取り出せます。また、燃料をくり返し利用でき、発電時に二酸化炭素を排出しません。しかし、放射性物質をあつかうため、事故が起きた時の被害は大きく、厳しい安全対策が求められています。また、放射性廃棄物の最終処理場をどこにするかという課題も残されています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


多少の誤字脱字はお許しくださいませ。

まだ、福島原発事故が起きてないときに書かれた文章です。
文科省の検定を通った教科書ばかりですから、当然、極度に反政府的な記述をしている出版社はありません。
このうちのどれかの教科書で、わが地元の中学生は学ぶことになります。

いかがでしょうか?
私は、せめて、原発の危険性も書いてある教科書の方が、先生方が指導しやすい、と思うのですが・・・


さて、では、これから飲みます、うふふ069.gif

d0162995_20381318.jpg

塩サバ、ゴボウと人参とマイタケのキンピラ、インゲンのバター炒め、玉子焼き、新玉ねぎと厚揚げの煮物、レッドグローブ
Commented by shinn-lily at 2011-06-25 22:18
終戦後、小学校の先生はそれまで教えていたお国の方針にのっとった教育が間違っていたことを生徒に伝えなければなりませんでした。
今朝のテレビ小説がその場面で、母とそのことを話したところです。

今では、情報はたくさんの方向から得ることができますから、ひとつのイデオロギーだけに流されることはないとは思いますが、
教育者は教科書に書いてあることだけではなく、自分の見識をもって教育にあたる覚悟をもって欲しいと思います。

教科書の比較はとても興味深く、読まさせていただきました。
Commented by uransuzu at 2011-06-25 22:58
>shinnさま
私も思っています。
子供達は、教科書を学ぶのではなく、教科書を使って学ぶのだ、と。
だから、大事なのは、教科書よりも、教える先生なのですよね!
がんばれ、先生!!
Commented by bacchus06 at 2011-06-26 00:39
好きなお料理ばかり!
そっち!?
はい(笑)
原子力発電についても…
やはり、問題店も明確に記載されている出版社がいいです。
来年派大きく変わるんでしょうね。
Commented by uransuzu at 2011-06-26 05:50
>bacchusさま
父親へのお弁当をアップいたしました。
よろしければ、配達いたしましょうか(笑)
原発問題については、3.11以後、大きく世論が変ったと思うのです。
さて、先生方はどう教えられるのかしら・・・
Commented by wiwi2299 at 2011-06-26 09:06
shinn-lilyさんもふれてますが、私の好きな朝のドラマ「おひさま」。時代は違うのですが どうしても今の日本と重なってしまいます。
 昨日行った美容院でも原発の話題が出ました。日本にこれほど多くの原子力発電があることすら知らなかったね~~とあまりにも無関心だったことを反省。 これから日本はどういう方向へ進むのか 無関心ではいられません。 
Commented by uransuzu at 2011-06-26 20:36
>wiwiさま
そうですね・・・今回の震災(原発事故も含む)と戦争・・・
国家的な危機状況という意味では似ています。
無関心ではなく、しっかり知識を得て、自分の意見を持ちたいと思います。
子供達にも、ちゃんとした知識と力を与える教育が大事だと思います。
Commented at 2011-06-26 21:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by uransuzu at 2011-06-27 06:48
>鍵コメ21:02さま
おはようございます。
とても、とても、とても(三人分)、嬉しいです。
そちらにお邪魔いたしますね。
Commented by こすもす at 2011-06-27 08:20 x
おはようございます。あの3・11以来の出来事はこれからいろいろな
意味を持って子供たちに伝える大きな課題ですね。
教科書に載せる原発の利点と危険・・・指導する教師の
認識と力は重要ですね。
危険度を遠くに感じていた国民ももう皆しっかり意見を持ちました。
歴史に残るこの問題・・・未来で賢こい選択と対処だったと
教科書に載せたいものです。
お弁当~**いま朝でおなかぺこぺこです。
なんて美味しそうなのかしら・・・手が出そう
Commented by ihoko at 2011-06-27 14:00 x
学校の勉強で思い出すのは、中学校で学んだことです。中学の教科書が血や肉になっていると感じる事があります。歴史にしろ英語にしろ、好みの作家の傾向まで、原点は中学の教科書だ。と思い至る事が多いです。高校での勉強は、余り覚えていないです(暗記ばかりしていたので、試験が終ったらそんなもの忘れちゃいますしね)こすもすさんのされているお手伝いというかお仕事、ものすごく大切な事柄だと思います。お弁当美味しいそうで、こうやって誰かが作ってくれたら、すごくうれしいなぁ・・おかぁさんのお弁当という感じだし・・。
Commented by ihoko at 2011-06-27 15:37 x
書いたつもりでなんか削除してらしいです。追記ですが。lilyさんのね。
>情報はたくさんの方向から得ることができますから、ひとつのイデオロギーだけに流されることはない

私もそう思いたいんですけれど・・というより祈りに近い感覚ですが、これには大きな疑問が残りますね。日本人の流行好き。流行を流す人の無責任さをみるにつけ、また、今回のマスコミの弱みに付け込むだかと思えば、反対に完全日和見的な右にならえの報道も、そして何よりも国のトップの連中の幼稚さと、自分さえよければの恥じも外聞も気にしない、下品さ加減も、日本の多くの方から背筋を伸ばす気迫が薄れている事からみて、もしかしたら、あの戦争の前よりも、ひどい状況なのではないかと・・思ってしまうこの頃です。
Commented by uransuzu at 2011-06-27 16:08
>こすもすさま
私たちは子供たちに大きな負を残してしまったのです。
申し訳ない、と同時に、このことをどう伝えていくか、最後の責任があると思っています。
自分の言葉を持たなければ・・・
お弁当ほめていただいて、ありがとうございます。
玉子焼きを一切れどうぞ、はい、あ~~んして♪
Commented by uransuzu at 2011-06-27 16:12
>ihokoさま
中学校の教科書おもしろいですよ。
今になって、また読み返すと、あの頃ではちゃんと理解できなかったこともわかったりして・・・
特にね・・・現代史は殆ど授業で習わなかった世代です。
お弁当は、こう暑くなってくると、気をつかいます。
梅干し入りのご飯です。
Commented by uransuzu at 2011-06-27 16:19
>ihokoさま
続きます。
いかにすれば正しい情報を得ることができるか、これも教育の必要な部分だと思っています。
自分から、能動的に求めなければ、正しい情報は入ってきませんね。
そして、それを分析する力、それこそが大事な教育です。
Commented by shinn-lily at 2011-06-27 21:30
そうなんです、ihokoさんのおっしゃるとおり
そのことが頭をかすめながら、願いをこめてそうかきました。
ねぇ、uransuzuさん、わたしたちの世代がなにが本当か、ここまで生きていた経験を活かす時だと思うのです。
目を見開いて、がんばりましょう。
こうしてみなさまとお話ができることも、目を開くひとつの手段であるような、新しい世界です。ねぇ、ihokoさん・・・♪
Commented by uransuzu at 2011-06-28 06:31
>shinnさま
おはようございます♪
たまたま、私も地元の教育活動に関わることになりました。
次の世代、その次の世代にどうバトンタッチしていくか、
真剣に考え始めたこの頃です。
ブログを通して、いろんな方たちから、ヒントをいただいております。
by uransuzu | 2011-06-25 21:00 | その他 | Comments(16)