お弁当の日・・・

いい講演を聴いてきました・・・元中学校校長「竹下和男」さんの・・・「広がれ、弁当の日」

竹下さんは、小学校校長のとき・・・10年前・・・「弁当の日」・・・を提唱しました。
「弁当の日」といっても・・・親が弁当を作るのではなく・・・

1.子どもだけで弁当を作ること。
2.5,6年だけ作ること。
3.10月から毎月1回だけ。(年5回程度×2年=10回程度)


この3つの決まりがあります。

最初は、「子どもだけでできるわけがない」「結局、親が手伝う」「あぶない」「できない事情の子がかわいそう」等々・・・反対の声があがったそうです。
「何でも、新しいことを始めようとすると、反対理由ばかりあげるのが教員社会です。」
ふむふむ・・・わかる・・・ような気がします。
「ので、校長の独断で始めました。失敗の責任は私がすべてとります、と。」
いいじゃない~

まず、どんなお弁当を作るか、見取り図を描く。
足りない材料を買いに行く。
一人で作る。
学校で見せあって、写真を撮る。


d0162995_21404586.jpg
この過程のくり返しの中で・・・子どもたちはどんどん・・・成長していくそうです。
最初は・・・こっそり・・・母親に助けてもらっていた子たち・・・がほとんど。
でも、一人の友達が・・・「ご飯は自分で炊いたよ」と自慢すると・・・「ご飯くらい、今度は自分も炊いてやろう」と・・・心の中で競争心がめばえ・・・その競争心が・・・次々にいい連鎖反応をおこす・・・
次は「おにぎり握ったよ」・・・「ウインナーを飾り切りしたよ」「卵焼きを作って、お父さんのお弁当にも入れてあげたよ」
「すごいね!美味しいね!」と・・・褒めてくれると・・・ますますやりたくなる・・・
そして・・・食への感謝・人への感謝が生まれる・・・

先日、一人の男の子が、こう言ったそうです。
「僕、ぜ~んぶ自分で作ったよ! でも、そしたら気付いたんだ。 僕、お米は作ってない。 鮭は釣っていない。 鮭をとる船も作ってない。 運ぶ道も作ってない。 僕は、自分だけでお弁当を作ったんじゃないんだ。 お弁当の向こう側には、たくさんの人がいるんだね。」と。

こうした経験をした子どもたちは・・・大学生になっても・・・自炊を楽しんだり・・・
食に対する関心を持っていたり・・・人とのつながりを大事にしたりするそうです。

学校ぐるみで・・・お弁当の日を設定すること・・・継続していくこと・・・で、いろいろな波及効果が出ているらしいです。
4年生以下は・・・5、6年生ってすごい・・・私も早くお弁当を作ってみたい・・・と。
お母さん方は・・・子どもに質問されるからお料理の勉強したり・・・食卓での会話も増えた・・・と。
親から放置されている子どもは・・・自分の力でなんとかする・・・たくましさを身につけた・・・と。


私もね・・・自分の子育てにおいて・・・いくつも反省点がありますが・・・
その一つが・・・「もっと、家事(家の中での役目)をさせればよかった」です。
ついつい・・・自分がした方が早いものだから・・・子どもも時間がないから・・・と・・・
それが・・・子どもの自立を阻んでいたのかもしれません。

この「お弁当の日」・・・コロンブスの卵・・・です。
言われてみれば・・・簡単にできる・・・
学校ぐるみで・・・できれば地域ぐるみで・・・まずは実践していけたらなぁ・・・と思っています。


さて、今日もこれから・・・実家の父へ・・・お弁当を届けにまいります。
いつもより・・・ちょっとだけ・・・気合い入りました(笑)

豚肉の生姜焼き、ネギ入り卵焼き、オクラのお浸し、ピーマンとジャコの炒め物、エノキと白菜と厚揚げの煮物、ナスの辛し漬け、ミョウガの酢漬け、ロザリオビアンコ
d0162995_952926.jpg

あ、写真小さくできましたわ❤
では、いってきま~す。
Commented by wiwi2299 at 2011-08-27 09:55
いいお話 聞かせていただきました ♪
責任問題 これがけっこう厄介ですね。

お父様に届けるお弁当 いつも美味しそうで~~お弁当作りの参考にさせていただいています。実際作るお弁当はこんなに豪華にはなりませんけど(笑)
Commented by nageire-fushe at 2011-08-27 11:12
素敵な企画ですね。
無理しないで。。。することが大切ですよね。

お弁当、愛情の表現でもありますよね。
おいしそうです~~~~。
Commented by shinn-lily at 2011-08-27 21:47
お弁当だけではなくやればできる、写真の縮小、おめでとう!

実は子供の能力は親が摘んでしまっているのではないかと、思っていました。そういう私も摘んだ一人なのですが。
部活が忙しい、勉強が忙しいこどもについつい、親がみんなやってしまいました。
ただね、親の大切なことは、味覚を育てておくことだと思います。
親がきちんとしたものを食べさせる、なるべく我が家の味をね。
Commented by whitelacenonyo at 2011-08-27 22:10
生徒の中に小学校の先生がいます。
校舎の改築で現在、給食はお休みでお弁当にしているそうですが
お母さんたちは頑張ってキャラ弁を作って持たせているそうで
子供たちは喜んで食べているそうですよ。

竹下和男先生の取り組みは賛否両論あるでしょうが勇気を持ってやる、無理をしないで出来ることをする...
素晴らしい教育しゃですね。

お父さまへのお弁当、いつもバランス良く詰めてすご〜〜いわぁ。
Commented by uransuzu at 2011-08-28 06:24
>wiwiさま
講演では、かなりの波及効果があるらしいです。
「自分でお弁当をつくる」だけなのにね。
私のお弁当は恥ずかしいです、参考になんて、とんでもない(恥)
Commented by uransuzu at 2011-08-28 06:27
>nageireさま
今の子どもたちにとって、食べ物は豊富にあって、当たり前。
料理されていて当たり前、なんですよね。
自分で料理することで、食への感謝が生まれたらいいですね。
Commented by uransuzu at 2011-08-28 06:32
>shinnさま
はい、縮小できました!このあいだよりはずっと早く!
そうなのです、仰る通り、子どもはやればできるのに親が先回りしてやってしまうのです。
「お弁当の日」実践校の子どもたち、今ではお弁当作りを楽しみに、家族の分まで作る子もいるそうです。
味覚は3歳~9歳でできあがるのだそうです。
だから、この時期にいっぱい美味しい手料理を食べることも大事だとか。
Commented by uransuzu at 2011-08-28 06:37
>whiteさま
キャラ弁、すごいですよね~
親どおしの過剰競争にならなきゃいいけど、と老婆心ながら心配しちゃいます(笑)
はい、継続も大事だと思います。
私のお弁当は、whiteさまに見せられるお弁当じゃないんです。
今回は、あれこれ詰め込み過ぎました~、気合い入り過ぎです(笑)
Commented by kimanba at 2011-08-28 07:15
お弁当には様々なドラマがありますよね。
私も・・・
図書館や書店では『お弁当』という文字に反応します~♪
夫と二人の食卓・・
たまに目先を変えてお弁当にすると夫がいたく喜びます。
大好きな海苔弁・・作りながらも笑顔になれる、、お弁当の魔法ですね!
Commented by chez-nami at 2011-08-29 04:25
子供だけでお弁当ですか、、今の子供には必要ですよね
娘は中学受験をしました
小学生なのに、、学校から帰ってくるとお弁当を持ち塾に
土曜、日曜は塾の講習とテスト
今から思えば、、可哀相でした

学校に入学して最初の5月に新1年生の合宿があり
そこで、、先生方は子供達に包丁と林檎を与え剥かせるのです
毎年恒例をなっていますが、勉強ばかりしていた子供達
ちゃんとできる子は少数だそうです
そして、テーブルのセットも子供達に、、こちらもできる子は少数

勉強で褒められた事は今までない我が娘
このときだけは、、褒められましたわ(笑)
テーブルセットと料理の手伝いだけ、できました(それだけ)
キャラ弁って流行っているようですが
親が頑張るより、このようなお弁当の日、必要ですよね
頑張って作った子供は、てぶくろさんのような
ステキなお父様へのお弁当が簡単に作れる
ステキなマダムへと成長するんでしょうね

我が娘、、、もっと手伝わせなきゃ
いや、、それより先生の怒りを買わない様に
もっと勉強して欲しい、、(泣)
Commented by uransuzu at 2011-08-29 06:18
>kimanbaさま
「お弁当」の食文化、日本ほど豊かな国も少ないでしょうね。
海外では、せいぜいパンにハム持参、と聞きます。
そうだ、私もたまには夫と二人、お弁当つくってみょうかしら♪
Commented by uransuzu at 2011-08-29 06:28
>namiさま
namiさまのお嬢様は、きっと「門前の小僧、習わぬお経を唱える」ですね。
お母様が作るお料理やテーブルセッティングを見ているだけで、そのセンスはみがかれていると思います。
namiさまのお嬢様は、立派に精神的自立していらっしゃるから、大丈夫ですよ~
私は・・・お手伝い程度は娘にさせたのですが・・・完全に一人でお弁当を作らせるまでは、できなかったなぁ。
というか、その発想すらなかったわ。子どもが朝早く起きて、一人でお弁当つくるなんて・・・
きっと、やればできたのよね、彼女たちも。 私が勝手に先回りしてしまっていたのだわ。
反省・・・ポリポリ
by uransuzu | 2011-08-27 09:09 | その他 | Comments(12)