手袋と人形・・・

昨日のブログで・・・「手袋と人形産業、どこかリンクする」という・・・独自の仮説を述べました。
(ま、そんなたいしたものでもありませんが・・・)
その仮説・・・の裏付けとなる・・・資料を・・・アップいたします。

これは・・・手袋資料館に展示されている・・・日本で作られた・・・明治時代の手袋です。

d0162995_9371730.jpg

手刺繍の見事なこと・・・繊細なこと・・・
その頃の女性が・・・いかに心を込めて・・・丁寧に刺繍したことか・・・想像できます。
人形作りも同じ・・・
家の中でしか仕事できなかった・・・女性たちが・・・美しいもの・綺麗なもの・・・への憧れを持ちつつ・・・せっせと・・・手仕事したのではないかしら・・・
この手袋のことが頭にあったから・・・人形の洋服にある刺繍を見たとき・・・あ!と思いました。
私の中で・・・「手袋と人形」がリンクした瞬間です。

d0162995_9482491.jpg

1900年頃の・・・「手袋をはく少女」・・・この写真・・・私・・・大好きなのです。
(ちなみに・・・手袋は・・・かつての・・・脚絆(きゃはん)から変化したとも言われ・・・地元では今でも「手袋を履く(はく)」と言います。)
右手の少女が・・・「はいている」手袋は・・・指先のない手袋・・・今でも充分オシャレでしょ。
手袋⇒少女⇒人形・・・私の頭の中は・・・こうなっています。


また、同じく手袋資料館にある・・・「世界の手袋」の展示です。

d0162995_9493892.jpg

「世界の人形」の場所と・・・共通点があるような・・・ないような・・・・・・・・・・・ないわね~007.gif
だって・・・少女がいるところには・・・どこにでも・・・人形がありますものね~(冷静)

マイ仮説・・・学会発表はできません。
今でも手袋産業が盛んな・・・世界の各地を訪れて・・・そこの人形を見て回れば・・・検証できるかもしれません。
「まずは仮説ありき」・・・それから実験・検証と教わりました・・・ゆえ。
そう、仮説を立てるセンスが大事・・・とも教わりました・・・(遠い遠い昔に)。

今のところ・・・明確な資料付けはなくても・・・私の中では・・・手袋と人形・・・結びつき始めています。
ので・・・ブログに記録しておきますね。
Commented by pikeflower at 2011-10-12 21:00
たのしいゎ~、tebuさま。
手袋の歴史たどってみるのって。
おしゃれね、この写真の手袋も。

この刺繍手袋を見ると、
どんな人がどんな思いで刺したのかな、とか
履いた、のかなとか
昔に思いを馳せるのも楽しいですね。
Commented by ank-nefertiti at 2011-10-13 00:57
こんばんは^^
素敵な仮説だ!と思いました。
確かに今と違って家の中で仕事をするしかなかった時代がありますものね、女性は・・・

この刺繍の手袋、本当に繊細で品が良くて・・・
どんな方が手にされたのでしょうねぇ。
そんなことも想像できて、よい写真を見せていただきました。
ありがとうございます♪
Commented by kimanba at 2011-10-13 05:37
最初の画像で思い出した事があります。。
寒さ対策だけのためのモコモコ手袋から
初めてオシャレのための手袋を・・・
両親からだったか伯父夫婦からだったか?
どちらから贈ってもらったかは定かではないのですが
その事を思い出しました♪
淡いピンクのシルク生地で刺繍がしてありました。。
大人になったような気持ちで嬉しかったです。

↓の分ですが、、私は両刀使いでした。。ほほほ
Commented by uransuzu at 2011-10-13 06:49
>pikeさま
楽しいでしょ~、てぶくろマダムからてぶくろ博士に転向しようかしら(笑)
ほんと、この写真の手袋、どちらも今でも使えるくらいオシャレです。
特に、指先のない手袋なんてね~、ロックだわ♪
秋の夜にいろいろ考えてみました~
Commented by uransuzu at 2011-10-13 06:55
>杏さま
この仮説、長年手袋を見てきての直感ですから、ありうる話しですよね。
褒めてくださって、ありがとうございます。
女性の手による細かな作業が、素晴らしい織物や刺繍を育ててきたのですよね。
特に1枚目の写真の手袋、とても普段使いできるものではなく、パーティとか、なにか晴れの日に使ったものだと思います。
手の甲と平とが刺繍が繋がっているのですよ、これは着物の技法ですよね。
Commented by uransuzu at 2011-10-13 06:59
>kimanbaさま
え、え、え~~~!!!
>>淡いピンクのシルク生地で刺繍がしてありました
それは、博物館に展示される級ではありませんか?
で、で、それは今はいづこに~???
ひょっとして、kimanba家の今は使われていない子ども部屋のどこかにありませんか?死体ではなく(笑)
それなら、発掘調査に、いや、お片づけに伺いますよ~~~
しかし、kimanbaお嬢様、どんな少女時代だったのでしょう?
Commented by wiwi2299 at 2011-10-13 16:54
100年も前に 指無手袋!!  驚きです、しかも それが ほんと かわいいデザイン ♪  

 真夏には日焼け防止の手袋をして車の運転。そしてこれからの寒い時期は防寒用の手袋が 必需品となっています。その手袋の歴史なんて お教えていただくまで考えもしませんでした。ちょっと賢くなったきがします 笑
Commented by uransuzu at 2011-10-13 19:01
>wiwiさま
そうなのですよ、この指先無しの手袋、このままでも使えそうですよね。
明治時代の少女、はかま姿の女学生かな、きっとお正月で精一杯のオシャレをしているのだと思うのですが。
手袋は、wiwiさまのように実用品として使ってくださる方と、今ではオシャレアイテムとして使われる方と、たかが手袋されど手袋なのです、。(エヘン、と威張ってみる)
Commented by mimosahappy at 2011-10-13 22:39
「手袋を履く」が脚絆からきているとは!脚絆、手甲ってセットみたいですもんね。
すごくお勉強になりました!
なんか、右の女の子の指なし手袋は、「ウィッシュ!」の人のしてる、ロックな感じで(笑)とてもおしゃれです♪
ぜひ、その仮説を学会で発表なさってみて下さいね~!
Commented by uransuzu at 2011-10-14 09:00
>mimosaさま
私もね、この指先無しの手袋写真、じ~~っと見ては「ロックだな」と思うのです。
「ウイッシュ!」さんもしてますし、最近ではレディ・ガガさんもこんな手袋してるでしょ。
ただ、多分この写真の手袋は、シルク布地ですね。
オシャレグッズとしての手袋、古今東西、存在していたのですね~。
学会発表?ははは、いつかね!
by uransuzu | 2011-10-12 19:32 | てぶくろ市 | Comments(10)