言葉の選択・・・

先日・・・娘とチビ子と3人で・・・お買いものに行きました。
そこで・・・娘の同級生とばったり・・・やはり赤ちゃん(1歳の男の子チビタくん)と・・・お母様がご一緒でした。

久しぶりでしたし・・・同じように子ども連れでしたし・・・ちょっと立ち話・・・018.gif
ババ仲間に会えて・・・嬉しくなりました。

そしたら・・・1分もしない間に・・・当然ですが・・・チビタくんが、ぐずり始めました。
そのとき・・・チビタ・ババは・・・
「あ~、イヤなのね~、嫌いなのね~」
と、数回・・・チビタくんにむかって・・・話しかけました。
それはそれは・・・チビタくんの心を察する・・・いいお祖母ちゃん・・・にも見えました。

私はすぐに・・・
「ごめんね~、じゃあまた、遊ぼうね~」
と別れたのですが・・・

???の気持ちが残りました。

この場合・・・チビタくんは「イヤ」「嫌い」な気持ちをババにわかってもらって・・・
その通りに大人が動いてくれて・・・それって・・・よかったのかしら・・・?

d0162995_16163183.jpg

私は・・・あまり・・・負の言葉を使わないように・・・気をつけています。
特に子どもの前では・・・気をつけています。
この場合なら・・・きっと・・・
「あら、早く帰りたくなったの~?」
と、言うと思います・・・
あまり・・・チビタ・ババと変わらないかな・・・?
でも、私の中では・・・違うのですよね・・・これは負の言葉じゃないのです。

言葉の選択って・・・難しいな・・・と思います。


私は・・・お風呂に入ったら・・・必ず・・・「極楽・極楽」と・・・口から出ます。(あはは・・・古い!)
ちょっといいことがあったら・・・「嬉しい~」とか「しあわせ~」・・・と言っています。
家族のものは・・・「あ、また言った~」と笑うのですが・・・
いつのまにか・・・夫や娘も「嬉しい」「しあわせ」・・・と言う回数が・・・増えてきているように思います。
実際に・・・幸せなことが増えているかは別として・・・幸せを感じる心の感度があがった・・・気がしています。

反対に・・・「「イヤ」「嫌い」などを・・・たくさん口にだすと・・・不幸せを感じる感度が育つような・・・気がするのです。

d0162995_1616562.jpg


「手袋で、人の手と心を温めたい」
どうせなら・・・温かい言葉を使いたい・・・と思っています。

少し・・・寒くなってきました・・・・・・・・・・手袋すると・・・・・・・・・温まります053.gif
Commented by manapy5 at 2011-10-25 20:30
お久しぶりです・・・私のこと覚えてらっしゃいますか?ふふ
コメントさせていただきますね~
負の言葉を使わないとのこと。。私も同じくです
亡き母が常々言っていましたから自然と私もそういう風になっていったのかもしれません
母が一番嫌がった言葉は<嫌い><つらい>でした
私も・・ブログを書くにあたり・・・その二つは使わないよう気を付けています

母は負の言葉を吐くとその通りになると言ってました
娘が母になりましたのでそう言い聞かせています
<この子はダメだわ>これは絶対言ってはいけない!と。。
なので私・・・愛犬にも負の言葉は使いません・・ふふ
Commented by uransuzu at 2011-10-25 21:28
>manapyさま
コメントありがとうございます。
もちろん、覚えておりますとも!ストーカーのようにディビーくんを追いかけている私です。
それに・・・ババ友ですしね(小さな声、のつもり)
ご一緒のお気持ちの方がいらして、嬉しいです。
私もきっと母から受け継いだものですね、いつも笑っている母でした。
(いや、うちの母は生きておりますが。)

そうですね~娘にも言い聞かせなくては!
特に子育てにおいては、こういった言葉の選択には気をつけなくてはいけませんよね。
もちろん、愛犬にも・・・ふふ。
Commented by serunachan at 2011-10-25 22:27
「イヤ」「嫌い」などを・・・たくさん口にだすと・・・不幸せを感じる感度が育つような・・・気がするのです。

てぶくろさまのお言葉・・・胸にきゅーっと感じております。
今、会社の人間関係でいろいろありまして、ずっと悩んでいたところです。
このままでいいのかとずっとタイムカードを押した後、会社の人と相談し合ってきたことが・・・間違った方向ではなかったのかなと・・・ちょっと・・・涙が出そうです。

あっ・・・訳わからないですよね・・・すみません!
言葉って本当に大事ですね。

そうそう!てぶくろさまもDママグログの読者だったのですね♪
私もずっと拝見させて頂いておりました♪住んでる駅が近いんです・・・
Commented by mimosahappy at 2011-10-25 22:28
あ~~~耳が痛いです~~^^;
日々、「もう!なんで?」「なんでナニナニしないの?」って連発のミモちゃん・・・反省です。。^^;
コーチングというので習ったのですが・・
まさに、てぶくろさんのおっしゃるように・・言うならプラスの言葉で言う、ということを。
それだけで、子供たちにも思いの届き具合が違ってくるでしょうね・・。
もう、てぶくろさんちのチビ子ちゃんみたいにかわいい年頃はとっくに過ぎてしまいましたが、今からでも!そう心がけます^^
てぶくろさん、ありがとうございます♪
Commented by shinn-lily at 2011-10-25 22:37
大賛成、
わたしは会社でため息禁止にしています。
どうせ生きているのなら、美しい言葉、優しい言葉を使いたいですね。
わたしのブログもそんなところから名づけました。
幸せのふりをしているだけで、だんだん幸せの感触を手にするのではないかと思います。

それからね、社会はやっぱり、おとな中心でまわしていきたいと思います。子供は将来のために、おとなのふりをみて学ぶ時、子供中心に育てたら、ずーっとそんな風に人生が進んでいくと思ってしまいそう。
Commented by chez-nami at 2011-10-25 22:39
ぼんそわ〜♪
てぶくろさんの「負」の言葉は使わない
本当にそうですよね、言葉に出してしまうと、自分が嫌になってしまいます
ワタシもなるべく前向きな言葉を選んでいこうと思いましたわ

と、、「極楽、極楽〜」で ぷぷぷ、、
ワタシも湯船につかると言っています「あ〜〜〜極楽!」
笑っちゃう程一緒です
と、「嬉しい〜」も多用かな これも一緒
ベクトルの方向が同じで嬉しい

と、、「どっこいしょ」が非常に多い今日この頃、、
この言葉は、、ご一緒??かしらん?もしかして、、、
Commented by ank-nefertiti at 2011-10-26 00:49
こんばんは^^
言葉には、魂がある・・・と私は思うのですよ。
だから、やはり負の言葉は使いたくないですね。

どなただったか、自分はラッキーなのだと思って生きている、そう思って生きていると不幸は逃げていく、と言った女優さんがいましたが、まさしく!

そして、常に「ありがとう」が言える人間でいたいなぁ!とも思います~

子どものいいなりは・・・その子のためにならないですよね。
我慢も教えないと^^;
Commented by N-styel at 2011-10-26 07:59
言霊って大切ですよねぇ~~!(^^)!
素晴らしいご意見、私も大賛成です!! 
イヤだからとか辛いからとか、当たり前のように口にしていると、常に不平不満を抱えるそんな勘違いをしてしまうように思います。
これはとっても残念ですよね…小さなコトに喜びを見出せる、これがしあわせの尺度の違いなんだと思います。

急に寒くなりましたよォ~~手袋の季節ですねぇ~
日中はかなり暑かったのですが、昨夜、北風が吹いてきて、あぁ~~やっぱり夏ではなかった…そう実感しました。
幼い頃、北風が吹くと母がneckerchiefで頭からすっぽり包んでくれた優しさを思い出しました。
Commented by whitelacenonyo at 2011-10-26 09:03
朝起きると、二人暮らしの我が家、笑顔でおはよう!
天気のよい日は「あら、うれしい!いいお天気」
曇り空の日は「曇っているのね、眩しくなくていいわ」
雨の日「嬉しい、お肌が潤うわ」特に雨の日はホントにそう思いますもの。

lilyさんのおっしゃるように,この世は大人が回す。大賛成。
だから,しっかりした言葉遣いを子供に使うことが大切。

チビタくんのババちゃまは孫のご機嫌ばかりとることが
可愛がることと勘違いしているように思えますが・・・
町ですれ違うちょっとした時間に
問題意識をなさる、てぶくろさん、やはり私の感じたとうりの素敵な女性です。
Commented by uransuzu at 2011-10-26 13:20
>serunachanさま
会社での人間関係は、難しいですよね。
いろいろ悩んでいる迷っている、そんな人間臭いこともよくあります。
出した結論が何であれ、悩んだご自分を大事にして、認めてあげてくださいね~。

あら、Dママさんのお近くにお住まいなのですか♪
ブログの世界も狭いわ~、でも何だか心ウキウキしますね・・・ふふ。
Commented by uransuzu at 2011-10-26 13:24
>mimosaさま
私も、子育て真っ盛りのときは、きっと感情あらわに言葉をぶつけていたのかも。
それが若さの裏返しでもあります。
今はね、ほら、孫ができる年齢ですから、ちょっと観音様に近づいたのかもしれません、南無阿弥陀~
でも、ちょっと言葉を意識するだけでも、違ってくると思いますよ。
でね・・・大事なのは、そうできた自分を褒めること!
そしたら、またプラスの連鎖が生まれます(●^o^●)
Commented by uransuzu at 2011-10-26 13:32
>lilyさま
会社でため息禁止、これさっそくやってみようっと。
私は会社で「忙しいを理由にしないでね」とよく言います。
なんだか、私の言うことって、真綿で首を絞めるみたいだ、と言われます、私は優しく言っているつもりなんですけれど(笑)
仕事の場面では、ズバッと負の言葉を投げつけることもあるかも~、反省。

1歳では難しいかもしれませんが、2歳くらいになったら、「お話しがあるから、ちょっと待っててね」と、言い聞かせることも大事ですよね。
子どもって、ちゃんと言い聞かせると、待てますもの。
で、待てたら、褒めてあげる、このくり返しです。 ふふ、犬と一緒~♪
Commented by uransuzu at 2011-10-26 13:39
>namiさま
同じことを伝える場合でも、言葉の選択によって、ずいぶん言う方も言われる方も違いますものね~
いい言葉を使っていると、心まで綺麗になっていくような気がします。
もちろん、この場合の「いい言葉」というのは、上品とか正しいではなく、
聞いて気持ちいい言葉です。

「極楽~」一緒ですか、嬉しい♪
これから冬になると、極楽回数が激増いたしますよ~ふふ。

で、「どっこいしょ」なんて、私は言いません!!!ええ、決して!!!
「よっこらしょ」と言ってます^^;
Commented by uransuzu at 2011-10-26 14:07
>杏さま
「言霊」と言いますものね~
マザー・グースにもありました「女の子の口からは真珠が出る」って。
私も、口から真珠を出したいわ(笑)

その女優さんの言葉、私もまさしく、と思います。
きっと見えない幸福オ―ラが、邪悪なものをはねかえしてくれるのでしょう。
自分は恵まれている、という感謝の心も大事ですね、きっと。

うちのチビ子もね~、ちょいと我がままが出始めております。
自我の目覚めです、う~~ん、これから子育て教育が始まります、がんばれ親たち!(私はちょっと離れて、観察だわ~)
Commented by uransuzu at 2011-10-26 14:15
>Naoさま
いい言葉を使って、いい女にならなきゃね!
色即是空日々是好日でございます、なんじゃそれ(笑)
人間生きている上で、いいことも悪いことも、公平にあると思います。
ただ、その受け止め方で、悪いこともいい方へ変えることができると思うのです。
しあわせの尺度、うん、これが人によって違うのでしょう。

>>幼い頃、北風が吹くと母がneckerchiefで頭からすっぽり包んでくれた優しさを
あ~、懐かしい光景が浮かんできました。
母の手が頬にあたって、嬉しかったですよね~ネッカチーフって言葉も懐かしい(笑)
Commented by uransuzu at 2011-10-26 14:21
>whiteさま
きっと、whiteさまはすでにプラスの言葉しかお話しにならないと思います。
とても素敵に人生を楽しんでおられますもの。
私はまだまだ・・・ちょっと夫に腹がたつことがあると、翌朝の「おはよう」は、笑顔が出ません。
わざと「お・は・よ・う」と、低音で言って、それでお互い爆笑になることもありますが。

雨の日はお肌が潤う♪そうですよね~♪
なにごとも、見かた言いかた、を変えれば、「人生また佳し」ですね。
Commented by yumiyane at 2011-10-26 14:36
私はね、たまーにネガティブ発言するときありますよ。そんなときは、なんか破って出てくるみたいな感じ。会社でね。
そうするとみんながびっくりします。
たまにはいいかな。それに、気付かず言ってるわけじゃないから。

てぶくろさんの心意気は大切。家族とはそうして付き合いたいです。
この冬は暖かい手袋があるから幸せです。
Commented by uransuzu at 2011-10-26 15:08
>yumiyaneさま
お、私と一緒です。
会社でたまにネガティブ発言が出ちゃうとこ、こうしてPCに向かっていること(笑)
人間、仙人にはなれませんからね、それもあり、ですよね~
と、どこまでも自己肯定に走る私です。これで幸せなのかもしれませんね。

はい、yumiyaneさまは、すでに温かさを手に入れられました。
早く活躍してほしいです♪
Commented by N-styel at 2011-10-26 18:54
ク~~~っ!!共感コメント誠に嬉しいィ~~~ですわ~~♡ !(^^)!
そうなんです…neckerchief、この響きは何だかいつまで経っても忘れない…殆ど今では使われてないですよね。
当時、バスを待つ間の木枯らしがピュ~~っと吹いた時なんか、ハンドバッグからサラっと出してくれて…北風なんかもへっちゃらでした!!
あの温もりは忘れません…優しい記憶のひとつです♡ (^^)
Commented by kanafr at 2011-10-27 05:30
早速お邪魔しにまいりました。
おっしゃる通りですね。
と言いつつも、聞かされた方は不愉快な気持ちしか残らないだろうなあと思いながら、仕事でもう!!の事があると、つい、ブログでも愚痴っておりますが..(苦笑)
反省しなきゃいけませんね。
でも嬉しい時は思いっきり嬉しさ、幸せを表現するようにしています。

子供だから..っていうのは大人が考えることであって、実際のところ、言葉は分からなくても表情で理解するって私も思います。

素敵な手袋ですね。
こちらも寒くなって手袋が必要な季節になっています。
Commented by uransuzu at 2011-10-27 08:35
>Naoさま
ネッカチーフ・・・今では・・・スカーフかしらね~
母の若い頃は、ネッカチーフで頭をおおうのが流行だったようですね。
綺麗な柄のネッカチーフは、大人の女性の象徴でもあり、
母の匂いのするネッカチーフを巻いてもらうと、ホント、幸せでした❤
あ~ん、涙出てきそう・・・
Commented by uransuzu at 2011-10-27 08:41
>kanafrさま
ようこそ、いらっしゃいました(●^o^●)
私も、いろんな方のブログでお名前を拝見し、また時々kanafrさまのブログを読み逃げしておりましたので、思わずコメントし、はじめまして、のご挨拶も忘れてしまいました。
あらためて、どうぞ、よろしくお願いいたします。

で・・・さっそくですが・・・私もよく愚痴るのです(笑)
大人の社会、特に仕事場では、いろいろありますからね~、我慢は身体に毒です。
どうぞ、せめてブログでいっぱい愚痴ってください。
それでもkanafrさまのブログは、キラキラ輝いていて、大好きです!
Commented by am-tm at 2011-10-29 18:34
ああ~~・・・
他人の言うそういう言葉に・・・・
わたしも、敏感^^;です・・・
そして、ときどき、自分の言葉を取り戻したいときも・・・;;
あわてると、ますます、どうにもならないくらい
失敗します;;そういうときの大人な取り消し方法・・・
ありましたら・・・ぜひぜひ、よろしくです~
Commented by uransuzu at 2011-10-29 20:33
>am-tmさま
わかります、わかります、気をつけていても時々あります。
後悔先にたたず・・・あとでドド~~ンと落ち込みます。
なるべく、すぐに、のタイミングで「あ、いけない言い方をしてしまいました」と素直に訂正できればいいのですが、ね。
大人にはなりきれません、が、逃げずにあやまること、かしら。
Commented by H at 2013-08-21 20:24 x
こんにちは~私は韓国に住んでいます。私は手袋を非常に愛していますね。こんなブログをみつけて嬉しいです。翻訳機を通じてブログを見ました。私のように手袋を好きな人がこの世にまたあるというのが不思議ですね~~
失礼がならないのなら、~、友達します`?
私のメールアドレスを添付します

beachbreak@nate.com
by uransuzu | 2011-10-25 19:48 | その他 | Comments(25)