歌声・・・

昨日は・・・どしゃ降りの雨の中057.gif・・・歌声をもとめて・・・
地元中学校の合唱コンクールの見学・・・
娘が在籍中以来だから・・・う~ん・・・10年ぶりくらい・・・実に久々・・・

体育館いっぱいに広がる・・・若者たちの声060.gif・・・・・・やっぱりいいな~
1年生は・・・初めてのチャレンジ・・・一生懸命さが・緊張感が・伝わってくる・・・
学年があがるにつけ・・・誰の耳にも・・・明らかな・・・差がひろがってくる・・・
「やはり3年生にはかなわない。来年はもっと練習して、あんな風に唄いたい。」と、きっと思っているはず。
これが大事・・・なのよね!

小中連携校なので・・・小学高学年もゲスト参加・・・
中学生のお兄ちゃん&お姉ちゃんと・・・一緒に・・・大きな声を響かせてくれた。
ちょっと驚いたのは・・・素晴らしい合唱のとき・・・それまでゴゾゴゾしていた小学生も・・・一瞬でシンとなり・・・身を乗り出すようにして・・・聴きいったこと。
出足で一気に・・・引き込まれたようだ・・・歌声の力って・・・すごい!
d0162995_16425377.jpg
             
(↑ 「てぶくろ」を題材にした絵本たち・・・ブログ内容とは何の関係もございません。サブリミナル効果ねらってみました。)


その後・・・まだしつこく歌声をもとめて・・・向かったのは・・・市の交流プラザ・・・
地元出身の世界的オペラ歌手・・・林康子さんの・・・リサイタル・・・
日本人で初めて・・・スカラ座で蝶々夫人を主演したことで・・・有名。

小さな田舎町から出た・・・オペラ歌手・・・
イタリア人オペラ歌手のジャン二コラ・ピリウッチ氏と結婚し・・・イタリアに居を構え・・・
ときどき・・・故郷にもどり・・・公演してくださる。
オペラなど・・・あまり聴く機会もない・・・田舎町の人々・・・
このときとばかり・・・「康子ちゃんが来るんだって」と・・・ちょっとオシャレして・・・聴きに行く。
固いレセプションはお断り・・・終わったあとは・・・同窓会・・・だそう。

d0162995_1872625.jpg

68歳といえど・・・まだまだ伸びのある声・・・迫力・・・は、さすが~
選曲は・・・客層にあわせて・・・日本の唱歌を織り交ぜてくださったり・・・
オペラの曲も・・・ガラコンばり。
あまり知識のない者にとっては・・・ありがたい配慮・・・全16曲・・・プラス3曲。
伴奏は・・・村上尊志さん・・・コレヴィトゥーア(=歌手に音楽稽古をつけるピアニスト)のみ。
チケット価格・・・ふるさと価格。
シンプルで・・・歌声だけが・・・会場に響く・・・よい時間。

d0162995_18504714.jpg

(↑ 花束贈呈の子どもたち。楽屋裏で緊張しておりました・・・ので・・・写真撮影してリラックスさせてあげました。)


歌声に癒されて・・・外に出たら・・・真っ暗!
「晩御飯の支度しなくっちゃね。」と・・・あわてて・・・帰宅する。

田舎に暮らすからこそ・・・の贅沢・・・感謝・・・でございます。
Commented by N-styel at 2011-10-31 20:00
文化の秋、ご堪能ですねぇ~~♫
合唱っていいです、実にいい!!
我が家のギンカクさんも中学の頃、アカペラ合唱があったんです。
これがね、男子校だけに若人の声高らかで涙出そォオでした。
!(^^)!
お兄さんの合唱も迫力あったそうなんですケド…一度も行けなかったのが残念…
万障繰り合わせて行けば良かったと後悔先に立たずですね。
(/_;)

オペラもいいですよねぇ~~♡
私も時々行くように心がけております。
やっぱり文化的なeventは絶対に必要!!
その為にお洒落してお出かけっていうのも悪くないです。
もう少ししたら、温かいコートに包まって、素敵なてぶくろを探して!?コンサートというのもいいですよね~~♫ (*^^)v

お姉さま!!ヒルズで素敵なコンサート催しよろしくお願いしま~~す♡
(´_ゝ`)//
Commented by serunachan at 2011-10-31 20:04
こんばんは。

私も今年初めて娘達の合唱コンクールなるものを聞きにいきましたが
高学年になるほど素敵でした♪
自分が中学3年の時に校内の合唱コンクールで優勝した時のことを
思い出します。曲目は「モルダウ」でした。
いつか娘たちにモルダウをピアノで弾いてもらいたいと思いながら・・・
月謝を払っております。
いつ弾いてもらえるのでしょうか・・・
Commented by uransuzu at 2011-10-31 21:58
>Naoさま
男子校の合唱コンクール・・・聞いただけで感動しそう♪
テノールもいいけれど、バスの声が入ると、やっぱりグ~ッと響きますもの。
次の機会には是非!聴衆になられることをお薦めいたします。
ヒルズのコンサート・・・皆さまのご協力がなければ、とても、とても、です。
それにしても、人の歌声って、なんであんなに心打つのかしらね~
Commented by uransuzu at 2011-10-31 22:03
>serunaさま
あれ、chanを省いてしまいました、よろしいかしらん?
中学生の頃って、一年ごとに素晴らしい成長をとげるのだ、と実感した時間でもありました。
「モルダウ」うぅ~ん・・・想い出の曲です(遠い甘酸っぱい想い出)。
出だしから、ピアノにやられちゃいますよね~
お月謝、どうぞ払ってあげてくださいませ。(お金を出さない、足短オバサンより)
Commented by yumiyane at 2011-10-31 23:55
中学のとき、ブラスバンドの全国大会で、高松に行ったことを思い出しました。そのときは4位に終わりました。
栗林公園でお弁当を食べました。カキフライ弁当でしたが、その時初めてカキフライを食べれました。それまで偏食で食べれなかったのに、妙においしかったことを覚えています。
何を思い出したかというと、高松も音楽のレベルが高かったなということ。優勝したのは神戸の中学でしたが、高松も3位以内に入っていました。
合唱のレベルが高いのは、こういう大先輩を生み出しているから、みんなのプライドが高いのですね。
Commented by ank-nefertiti at 2011-10-31 23:56
私も、たまたまフィレンツェに突然オペラ歌手の息子が出来てしまいまして、ここ数年声楽をよく聴きます^^
林さんは素晴らしいですよね!
オペラの本場、それもミラノスカラで、タイトルロールを歌うなんて、そりゃもう故郷のというよりも日本の誉れです♪

中学生たちの合唱も、素晴らしかったのだろうなぁ!と思います^^
1年から3年まで、それぞれに頑張ってコンクール!
それだけで感動です~^^
娘が高校時代にも合唱コンクールがあって、女声3部合唱にするのに、娘、やめてしまったピアノをたたいてはパートを書いていたことを思い出しました。
うーむ・・・あれ以来・・・我が家のピアノは・・・音を出していないですよ・・・
もったいない・・・ですよね。。。
Commented by uransuzu at 2011-11-01 04:40
>yumiyaneさま
高松栗林公園でカキフライ弁当ですか、秋冬の時候かしら。
よい想い出として残っていてくれたら嬉しいです(●^o^●)
栗林公園のすぐ近くには、音楽専科のある伝統高校もありますし、毎年何人も東京芸大に進み、音楽界で活躍しております。
私が中学生のときから、合唱コンクールがあって、クラス単位で熱く盛り上がっていましたし・・・そう言われれば音楽に熱心な県かもしれませんね~。
でも・・・私はすごい音痴です・・・
Commented by uransuzu at 2011-11-01 04:51
>杏さま
オペラ好きの音楽に精通していらっしゃる杏さまなら、きっとご存知だろうと思っておりました。
数々の償を受賞されていらっしゃる林さんですが、このコンサート直後に「名誉市民」の称号を受賞されました。
会場からは「ブラボー」の声がとんでおりました。

歌声が響くふるさと、っていいですよね。
何もなくても、人がいれば人の歌声はある、のですから。
わが家のピアノも、しばらく眠っておりましたが、そろそろチビ子のオモチャとして再デビューしそうです。
夫の小さい頃に買ったピアノですから、3代にわたって使われるピアノです♪
Commented by shinn-lily at 2011-11-01 10:54
てぶくろの本って無意識に考えたら
「てぶくろを買いに」って自分でつぶやいていたの。
そうしたら、その本ありましたね、真中に。
どんなお話しだったか忘れてしまいましたが、木の葉のお金が出てきたかしら?
Commented by mimosahappy at 2011-11-01 14:38
お兄ちゃんお姉ちゃん達の歌声に、小学生君達も、ちゃんと聞き入っていたなんて、素晴らしいですね!
本当に、生の音楽には力がありますよね!

林康子さん、私の中の蝶々夫人はこの方!
母のおはこがやはりあのアリアで・・・母もこの方が大好きだったので、
子供心に林康子さんのお名前はずっと残っています♪
てぶくろさんの町のご出身だったなんて!
マイクなんて通さない、生の声の素晴らしさ・・・
こちらはまた中学生の歌とは違った迫力だったことでしょう~♪
子供達にとってもすばらしい勉強になりましたね!
Commented by uransuzu at 2011-11-01 17:53
>lilyさま
新見南吉の本です。昔は教科書に載っていました。
子ぎつねが、お母さんきつねに頼まれて、手袋を買いに行くの、葉っぱのお金を持って。
で、片方だけは手袋をして、その手でお金をそ~っと差しだしなさい、そしたら人間の子だと思うから、と言われて行くのだけど、
間違えて、キツネの手のまんま差しだしちゃうのです。
お店の人は、キツネだと気付いたけれど、優しく手袋を売ってあげます。
最後のセリフがいいのです、「人間って、ちっとも怖くなかったよ。優しかったよ。」とね。
あ、細かいところは違っているかもしれません。
私の大好きな本です。
Commented by uransuzu at 2011-11-01 18:01
>mimosaさま
小学生の子たちもね、中学生ってすごいな~と思ったことでしょう。
早くあんな風になりたいな、と思ってくれたら、中1プロブレムも解消ね。

嬉しいです、お母さんが林さんのファンだったなんて!
そうですよね、蝶々夫人といえば林康子さんですよね!
彼女は、ガラス屋さんの娘さんで、お勉強もとてもよくできたんですって。
高校も県内1の進学校です。
イタリアに住んでからも、時々帰省して、息子さんを地元の学校に通わせたりしておりました。
私のよく知っている方が、息子さんの家庭教師をしたりしていたのですよ。
こんな田舎からオペラ歌手なんて、えっへん、すごいでしょ♪
Commented by serunachan at 2011-11-01 20:14
はい。chanは除いてください~

そうですか・・・てぶくろさまにとっても「モルダウ」は想い出の曲でしたか。
実は・・・私にとっても想い出の曲です。
合唱コンクールの時・・・小学校3年生の時からずっと好きだった人が・・・指揮をしていたんです。
はい。初恋の人です。
それはそれは・・・真面目に歌いましたよ。
ちょっと不謹慎でしょうか。
そんな事ないですよね?
Commented by uransuzu at 2011-11-01 22:07
>serunaさま
うぇ~ん、私もね~、初恋の人が指揮したのです。
一学年上の人でした・・・指揮は下手でした・・・
密かに応援していたのですが、その学年の中では最下位でした。
すごく落ち込んでいる彼を見て、またまた胸キュンした可愛い私でした。
その彼とは・・・いろいろ、後日談もあり~です。(もったいぶってみました)
Commented by serunachan at 2011-11-01 22:59
下手だったんですね・・・面白すぎます。(すみません)

「モルダウ」の思い出話はブログにも書きたい事なのですが・・・
なんせ同級生のM君も見ているので書けません(-.-)
だって・・・初恋のその人も同じ高校でしたので、もうバレバレになっちゃいますから・・・

「モルダウ」ネタで何度もコメント失礼しました~
Commented by uransuzu at 2011-11-02 06:34
>serunaさま
それはもう、カカシが棒をふっているようでした。
真面目な人だっただけに可笑しくて、会場から失笑でした。
私だけ、涙をこらえておりましたよ (笑い涙ではありませんよ)

きっと日本中、いや世界中に「モルダウ」に想い出のある方がいらっしゃるのでしょうね~
よく知っている方が、ブログをご覧になっているのは、嬉しくもあり、困ることもあり、ですよね、うん、わかるわかる。
Commented by akicosmosA at 2011-11-02 07:51
本棚を見て思わず嬉しくなりました。我が家も娘たちの読んだ本が
一緒です♪てぶくろって言葉はなぜか温かい気持ちにさせてくれるのよね。
若い人が一生懸命取り組む姿はいつも胸を熱くさせられます。
かわいい少女のころのuransuzuさんが
初恋の人の指揮する姿を見るお気持想像するだけで胸キュンキュン
芸術の秋・・皆さんいい時間を過ごして心も満たされますね
Commented at 2011-11-02 07:53
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kimanba at 2011-11-02 09:13
中学生や高校生の合唱祭は・・・胸キュン!です。
演奏も胸キュン!で、、高校野球も胸キュン!で、、
・・・・・・・・一所懸命な姿に私達は感動してしまうのですねぇ。。。
そんな時間がとても貴重です♪

「てぶくろ」を題材にした絵本たちの多さに驚きました。
かあさんの歌も
・・・かあさんが夜なべしててぶくろ編んでくれた、、、
でしたよね。 てぶくろ・・・ステキなものを扱っていらっしゃいます♪
Commented by uransuzu at 2011-11-02 14:14
>こすもすさま
特に毛糸の手袋ですね、絵本や歌の題材になって、心をあたたかくしてくれるのは。
通学する子どもたちの毛糸の手袋を見ると、嬉しくなります。
革もいいけど、毛糸もいいですよね~

初恋の人、とっても男らしくて人気者だったのですよ、でもね~指揮は下手でした~~(笑)
Commented by uransuzu at 2011-11-02 14:15
>鍵コメ 7:53さま
了解しました♪
では、そちらで~❤
Commented by uransuzu at 2011-11-02 14:20
>kimanbaさま
何の欲得もなく、ただただ一生懸命な姿、感動ものですよね。
いつからあんな純真な心を忘れてしまったのかしら~(いや、私の場合だけですが)

世界中に「てぶくろ」を扱った絵本があるのですよ。
最近はどうなのでしょう・・・日本では、しもやけ、あかぎれ、聞かなくなりましたものね。
>ステキなものを扱っていらっしゃいます
そんな風に言っていただけると、とっても嬉しいです。(感動)
Commented by wiwi2299 at 2011-11-02 19:06
 うちにも ウクライナ民話「てぶくろ」という絵本がありました。本棚をさがしてみたのよ 笑  

 子供たちの合唱~~お恥ずかしのですが 私 聞いているうちに涙が出てきてしまいます。 技術云々より あの声に感動するんです。汚れた心が浄化されるような そんな気にもなります 笑
Commented by Davymama at 2011-11-02 19:14
中学校の合唱コンクール懐かしいです
いいですよね、良い子もそうでない子も一生懸命練習してみんなで作り上げる一曲。鳥肌がたちますよね
子供たちが大きくなってしまうとこういう機会もありませんから・・
uransuzuさん来賓でしたのかしら??
音楽会のはしご・・・最高ですね~☆

てぶくろのつく絵本ってたくさんあるんですね・・
数冊しかわかりませんでした~~
では・・新しいHNでおじゃましました(笑
Commented by uransuzu at 2011-11-02 20:14
>wiwiさま
ウクライナ童話の「てぶくろ」ですね、次々に動物が入って行く不思議なてぶくろですね。
このあいだ、幼稚園で劇をしていましたよ。
かわいかったわ~❤

いえ、私も涙が出そうになります(●^o^●)
一生懸命に、ひたすら一生懸命に、いいですよね~
Commented by uransuzu at 2011-11-02 20:21
>Davymamaさま
いいな、いいな、新しいHN!
私も「てぶくろ」にしたかったのですが、今さら変更する方法がわからず、です。

多分、あの発表にいたるまで、クラスの団結もなかなかうまくいかず、
彼らなりに苦労したのだろうと思います。
青春の悩みですよね~、それもまたいいのです、オバちゃんから見ると(笑)
by uransuzu | 2011-10-31 19:40 | てぶくろ市 | Comments(26)