女正月・ホントは・・・

1月15日・・・女正月の日・・・実は、私たち夫婦の結婚記念日でもあります。
え・・・と・・・31年?かな。

この日は・・・朝7時から・・・夫を一人残し(笑)・・・実家に向かいました。
前日にオデンを煮込み・・・半分は夫に・・・半分は父へ。

d0162995_0243714.jpg

(このところ愛用のグリーンの手袋。「冬来りなば春遠からじ」の気持ちも込めて。勝手にアマガエル手袋と名付けていますが、差し色としてなかなか使えますよ。)


父は・・・母の介護が始まった4、5年ほど前から・・・殆ど遊びに出かけていません。
好きだったゴルフも止め・・・友人と外食することもありません。
いくら・・・「たまには遊びに行けば」と言っても・・・「お母さんがかわいそうだ」です。

たまたま・・・私が新年会の案内状に気付き・・・かなり強引に・・・
「私が一日、お母さんに付いているから」と言って・・・新年会に出席してもらうことにしました。

父は久しぶりに・・・上等の誂えのスーツを着て・・・ワニ革の靴をはいて・・・出かけました。
かつて・・・母が・・・父の為に・・・誂えたものばかりです。
なんだかね・・・母の父への愛情が053.gif・・・いっぱい込められているように感じました。


私が母の傍にいる間・・・母は殆ど・・・眠っていました。
眠っている母の脚をさすりながら・・・いろいろなことを・・・聞いてもらいました。

午後からは・・・弟も顔を出してくれ・・・これも久々に姉弟の会話時間でした。

帰ってきた父は・・・とても楽しかったのでしょう。
「会の最初に挨拶させられたよ。」「皆が、よく来てくれたと言ってくれたよ。」
・・・と、日頃無口な父が・・・饒舌でした。


ホントはこんな・・・1月15日・・・「女の酒盛り」とは無縁の・・・女正月でした。
でも・・・来年も再来年も父が元気で新年会に出席できますよう・・・という願いと・・・
そして・・・私たちの結婚記念日に・・・改めて・・・夫婦のあり方を教えてもらったような・・・
私にとっては・・・最高の「女正月」でした。
Commented by whitelacenonyo at 2012-01-17 20:20
お好きだったゴルフもやめてひたすら妻に寄り添う・・お父さま、
晩年のご夫婦の姿を涙ぐみながら読ませていただきました。

苦労も喜びも共に味わった歳月を共にした・・筆舌に現すには軽すぎる、、、
そこには”愛”以外に存在しないでしょう。

又,出来た娘の思いやりを上等のスーツと靴を履いて新年会にご出席のお父さま、十分に感じたでしょう。何よりもの親孝行ですね。
今なら出来る親孝行を、私は出来ないことにいつも悔います。
Commented by N-styel at 2012-01-17 21:15
お姉さま、ご結婚記念日おめでとォございま~~す!!
\(^o^)/~~~♡

お母様とお二人で素晴らしい女正月をお迎えでしたね。
お父様のはにかむお喜びのお姿も、黙って送り出して下さるご主人さまの愛も、久し振りに交わす姉弟の会話も、どれをとってもかけがえのない愛に満ち溢れてらっしゃいます…♡
日頃のお姉さまのご努力の賜物ですね…素晴らしいです!!
私も見習わなくては…!!
Commented by pikeflower at 2012-01-17 21:35
わたしも今日は母を介護施設へ半日のお試し体験へ、
妹は父を病院へ、
それぞれつれていきました。

その後実家でわたしも3日分はありそうなおでんをつくり、家中を掃除し、洗濯物を山のようにかたづけ、あれこれお総菜を作り置きして、今日一日が終わりました。(グッタリ)

家から出ることのめっきり少なくなり、寂しそうでかわいそうだった母や父が、私たち子供の計らいで、いい笑顔になるのをみると、ほっとします。

両親がいつまでこうして笑顔をみせてくれるかわかりませんが、
日々の小さな幸せをかみしめる今日この頃です。
tebuさまも同じような思いを、されているのですね。


30年ですか・・すごいですね。
結婚記念日おめでとうございます。
Commented at 2012-01-17 21:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by daisy at 2012-01-17 21:57 x
てぶくろさん
ご実家のご両親様のお話、しみじみと拝見いたしました。
ご両親様のお互いへの愛、てぶくろさんのご両親を思う気持ちが伝わってきて、
学ばされる思いです。
私も、夫をもっと大切にしよう、一人暮らしの母をもっと訪ねようって、自然に思っていました。

↓の記事も素敵ですネ!
「女正月」は聞いたことはあり、その時はなるほどと思いましたが、
その後思い出すこともなかったです..汗。
でも、てぶくろさんの記事を拝見して、すとんと心に留まりました。
女性のための素敵な習わしですね。
私も来年からは女正月を楽しむことにします♪

大島、すばらしい~~☆
私は義母や義姉に「着物は要らない」と言ってしまいました、涙。
Commented by kimanba at 2012-01-18 01:12
結婚記念日・・おめでとうございます。
こんなしみじみとしたご両親の元で育ったuransuzuさん・・
現在の暮らしの充実やそのお幸せな事
そんなあれこれはこの延長線上にあるのだという事がよく解ります~♪
こんな形で、、、
お父さまにもお母さまにも接していらっしゃるuransuzuさん
いろいろな気持ちと向き合う事も
いろいろな想いをされてもいらっしゃるのだろうなぁ、、と
↓の女正月も含めて う~んあれこれ考えてしまう夜です。。

こんな色の差し色はステキですね~さすがオシャレ上級者です~♪
Commented by chez-nami at 2012-01-18 07:07
結婚記念日おめでとうございます
ワタシと、、1日違い、、縁を感じますわ!

義父も1年、寝たきりの妻の面倒をみていました
と、言っても病院で付き添っていただけなのですが
仕事が一番の義父でしたので、罪滅ぼしのようにも思えました
ワタシも義父と交代で付き添いをしました
物言わない義母、、義父は何を思いつつ付き添っていたのでしょうか、、
義母の亡くなった今、義父は元気に動き回っています、、
今年も80才近い友達団体で、、フリーでアメリカを旅行して来るって、、(2年毎にも行っていたわ〜)
元気ってよいですね〜(笑)
↑手袋ではなかなか手にしない色ですが、差し色に本当によさそうですね
Commented by shinn-lily at 2012-01-18 08:28
それはいいことなさいましたね。
旧友と会うのはこの上もない気分転換になります。
お母さまもお喜びだったに違いありません。
わたしも父が出歩けなくなってから、車で浅草まで送っていって(都心は決死の覚悟の運転)、ついでに出席までしてしまいました。
よく連れてきてくれたと、みなさんも喜んでくださいました。

結婚記念日おめでとう。
お寒い時の結婚式だったのですね。
皆さんに待たれて、急いだ?
Commented by uransuzu at 2012-01-18 08:58
>whiteさま
オシャレには無頓着だった父の洋服や靴を選ぶのが母の仕事でもあり、愉しみでもあったようです。
今回の新年会で、たくさんの人に
「こんないい服や靴、今どき、見たこともありません。」
と、言われた、とか。
父も、改めて、母の自分への愛情を再確認したのかもしれませんね。
結婚して60年、夫婦の歴史の一つです。
Commented by uransuzu at 2012-01-18 09:02
>Naoさま
ありがとうございます♪
そうなんです、実は女正月の当日は、母と二人で過ごしました。
お酒はなかったけれど、いっぱい話を聞いてもらいました。
毎年、1月15日=女正月=結婚記念日=父の新年会
という図式が成り立ちそうです、来年が早くも愉しみなの、ふふ❤
Commented by uransuzu at 2012-01-18 09:10
>pikeさま
そうですか、pikeさまも・・・
でも、妹さんが近くにいてくださって、よかったですね。
きっと何かと相談しあえ、助け合えることと思います。
私も、弟が父の近くに住んでいるので、日頃は義妹に甘えっぱなしなんです。
たまには私も親孝行しないとね♪

オデン、大鍋に作りました、一緒、一緒。
で、自分の分を忘れていたので、父の隠し持っていたカップうどんをいただきました。
あはは、お父さん、ごめんなさ~い、と大笑いして帰宅しました。
Commented by uransuzu at 2012-01-18 09:15
>鍵コメ 21:48さま
そうでしたか・・・それは、とても大変だったことと思います。
私の場合は、日帰りできる距離ですし、近くに弟一家がいてくれる、というのが大きいと思います。
親を看るというのは、なまやさしいことではなく、どんなに精一杯したとしても、やはり悔いが残るのではないか、とも思います。
鍵コメさまは、ご自分のご家庭を大事にされていらっしゃる、きっとご両親さまもそれを喜んで見守っていてくださるのではないでしょうか・・・
Commented by uransuzu at 2012-01-18 09:23
>daisyさま
そんな風に言っていただけて、ちょっと恥ずかしいような気持ちです。
若い頃は、それほど仲の良い夫婦とは思えなかったのですが、やはり長い年月の積み重ねが二人にはあるのですね。
私も、夫に優しく・・・の域にはまだ達しておりませんね~(笑)

女正月、古くからあるいい伝統ですよね。
今では昔ほど大変ではなくなっていますが、やはり年末年始は女性は大忙しですから。
はい、大手をふって、遊びましょう!!

大島、いいでしょ♪
私、もらえる物は何でももらう欲深嫁さんなんです、ふふふ。
Commented by uransuzu at 2012-01-18 09:31
>kimanbaさま
ありがとうございます、とっても嬉しいです。
親の下で育った時間より、夫と暮らした時間の方が長くなっています。
それでも、家族の在り方というのは、自分が育てられた環境に影響されるのでしょうか。
そのとき、そのとき、は必死なことが多くて、たまに自分の原点にもどれる時間がありがたいです。
親がまだ生きていてくれる(はい、4人とも!)に感謝しております。

アマガエル手袋、お薦めですよ。
ちょっと、クールにも装えます。
Commented by uransuzu at 2012-01-18 09:41
>namiさま
あら、では1月14日?16日?
昔はね、15日が成人の日でしたものね~

お義父さま、すごいですね!!
80歳でアメリカへフリ―旅行って、憧れます、そうありたいです。
きっと、きちんとお義母様を看取られたから、残りは自分の時間を思いっきり愉しんでいらっしゃるのね~
うちの父も仕事一筋だった罪滅ぼしの気持ちがあるようですよ。
昔の男性は、愛情表現が下手ですもの❤
あ、うちの夫もヘタだわ(笑)

手袋の色、明るい色を選ばれる方も増えていて、つけていて楽しいです。
Commented by uransuzu at 2012-01-18 09:49
>lilyさま
久しぶりの出席だったので、皆が父の出席を喜んでくれたようです。
お父さまの同窓会にlilyさまも出席されたのですか、うふふ。
それは、もうおじさま達のアイドルだったのではありませんか?
いい想い出ですね~❤

1月15日、お正月明けのこのころが、手袋業界にとって、一番暇な時期だったからじゃないかしら・・・
結婚前は、夫も私も、別の仕事しておりましたけれど。
Commented by mimosahappy at 2012-01-18 14:02
31回目のご結婚記念日、おめでとうございます!
そして・・・お父様のエピソード、涙が出そうになりました。
お母様の介護をされてるんですね・・・
ご自分の楽しみも封印して・・穏やかな・・しみじみとしたご夫婦の
情景を想像して、最終目標、そういうご夫婦かな、なんて思って
拝読しました。
我が家はまだまだカッカカッカ燃えている(別の意味で)夫婦ですが・・・^^;
カッカのもとである子供たちが無事巣立ったら・・・まずは目標、てぶくろさんご夫婦、そして、ご両親のようなご夫婦、かな!
Commented by uransuzu at 2012-01-18 22:38
>mimosaさま
ありがとうございます♪
うちの両親もね、若い頃はカッカカッカしてましたよ(笑)
カッカの元である私(あは)が巣立っても、まだカッカしてました。
年月というのは偉大ですよね。
悲しいこと、腹の立つこと、悔しいこと、すべて過去になりますから。
今の若い方(浜崎なんとか、のように)は、すぐに離婚を決めるけれど、「ちょっと待った~」と、言いたいですね、オバサンとしては。
mimosaさまのところは大丈夫、夫婦一緒に子育てしていますもの。
きっと、お子様たちが、大事に介護してくださいます♪
Commented by akicosmosA at 2012-01-19 04:19
本当にしみじみと心に温かい光がさしました。
夫婦って本当に不思議ですね。
元気だとお互いじゃけんになったりちょっとのことで
口げんかしたり・・・。
若い時はいろいろあってもどなたでもあると思いますが
年を重ねてこんなやさしい気持ちで寄り添い合い
暮らしていけるのは本当に理想でありそうなりたいと
思いました。
もうすでにふたりきりの毎日、どうせならいい顔で
暮らしたいものです。
ご両親へのてぶくろさんんのお気持にもちょっと涙・・・。
いまはもう他界してしまった両親にもっといろいろ
気持ちの気配りをしたかったです。
Commented by kanafr at 2012-01-19 08:03
ご実家のご両親様のお話、胸がジーンとなりながら読ませていただきました。
素敵なお父様、そして素敵なお母様ですね。
きっと昔の方だったら、感謝している事も口に出される事はなかったかもしれませんが、実際はお母様のこんなにも深い思いがちゃんとお父様に伝わっているんだろうなあと思いました。
ご両親様にとってもてぶくろさんにとっても、素敵な女正月でしたね。
私達夫婦もこれから何年一緒にいられるかは分かりませんが、お互いを思い支え合っていこうって、てぶくろさんの記事を読んだ後、ちょっとオットに優しげな事を言った私です。
Commented by serunachan at 2012-01-19 11:41
てぶくろさま

読んだあと・・・胸がキュ~ンとなり、又ほんわかした気持ちにもなりました。
亡き父を思い出し写真たてを見てみましたら埃が少々・・・
あわてて心を込めてガラスを磨かせて頂きました(>_<)

義母のリウマチが進み、3月から介護付きの老人ホームに入る事になりました。
義父・義母それぞれどんな思いでいるのか・・・と考えずにはいられませんでした。
まずは・・・二人の息子である主人の健康を守る事と、たった二人の孫である我が家の娘を立派に育てる事が、私の一番の仕事なのかなと思いました。

来週~北海道から私の母が来るので親孝行に徹したいと思います!
Commented by uransuzu at 2012-01-19 14:10
>こすもすさま
私もね・・・そう豊かではなかった暮らしの中で、母が父に誂えた一流の洋服や靴を見ていると、どんな想いで母が父を支えていたのか、と感じるところがありました。
きっと、父も今になって、それを感じているのだと思います。
だって、若い頃はよくケンカしていたように記憶しているのですが。
今は、母は父がいなくては生きていけないし、父も介護を生きがいにしているようです。
これから、私たちも「行く道」ですね。
どう、最後の時を迎えるか、考えさせられました。
親孝行は、決して満足いくほどにはできないと、思います。
Commented by uransuzu at 2012-01-19 14:14
>kanaさま
仕事ばかりで、家庭をふりかえることなどなかった父です。
母も苦労があったと思います。
今、父が献身的に介護してくれていることを、母がわかっていてくれるといいな、と願っています。
私も、穏やかな時間のあとは、優しい気持ちになれるのですが・・・
どうも、まだまだ血の気が多くて、腹が立つのが多いです。
反省、反省。
Commented by uransuzu at 2012-01-19 14:20
>serunaさま
あはは、時々は写真立てを磨いてあげてくださいね。
亡くなられたお父さまも、苦笑されていらっしゃるかも。

思う存分、親孝行したくても、私たちには仕事もあり、生活もあり、です。
その中で、私たちにできること、やはり家庭を大事にしていくこと、だと思います。
serunaさまが、ご主人さまやお嬢様をきちんと世話されることを何より嬉しく思ってくださっているでしょう。

お母様、うんとサービスしちゃってね~(●^o^●)
Commented by harunoyokihi06 at 2012-01-21 10:23
こんにちは。
記事を読んでいたのにコメントが遅くなりました。
おとう様のこと本当によかったですね。
こういうことが本当の親孝行というのです。
おとう様も久しぶりにみなさんとお会いできてどんなにうれしかったことでしょう。お仲間もね!
弟さんともお話できてほんとうにいい時間でしたね。
忘れられない女正月でしたね。
Commented by uransuzu at 2012-01-21 21:22
>momoさま
コメントありがとうございます。
momoさまのように、自宅で介護されるのが一番の親孝行だと思います。
それも「頑張ってます」「大変です」という力みのない、緩やかな接し方に尊敬の念を持っています。
きっと、いろいろ大変なこともあるでしょう。
私は、たまに行って、いい顔してるだけかもしれません。
本当にいい女正月でした。
Commented by はじめまして~ at 2012-01-28 09:49 x
ネット友人のブログのてっぺんに
「似ているブログ」と表示があるのを発見したので 次々飛んで こちらに着地してきました。

私は 関西在住の専業主婦です。

私たちの結婚記念日も 1月15日なのですよ~
昔は ずっと祝日でしたものね。
うちは 35回目を迎えました。

香川県が 手袋で有名だとは 知りませんでした。
着物地の手袋も いいですねえ
先日 草木染の優しい色の綿の手袋を買いました。
手袋大好きなのですけれど~
先日も お気に入りのを片方失くしてしまい しょげています。

それでは また…
Commented by uransuzu at 2012-01-28 11:05
>はじめまして~さま
はじめまして~
嬉しいブログでのご縁がつながり、コメントいただき、今日は朝からいい気分です♪
関西在住でいらっしゃるのですか、うちの下娘も関西で働いておりまして、ときどき遊びに(監視に?)大阪にまいります。
高速バスだと自宅から3時間かからない距離なんですよ。

それに結婚記念日が同じ1月15日(●^o^●)
私たちより少し先輩のご夫婦ですね、英語を学ばれていらっしゃるご様子に尊敬いたしました。

私のブログは、手袋がキーワードでして、しょっちゅう手袋について語っております。
で、お気に入りを片方失くす、あ~、もう、悔しいでしょう。
また新しいのを買ってください~(笑)
はい、ではまた・・・
Commented by non at 2012-01-28 15:50 x
スミマセン
↑のコメントの
名前はnonです。(笑)
「はじめまして」は タイトルのつもりで 書きました~

私は兵庫県在住です。

手袋がタイトルのブログも珍しいですね~
こんなにカタカナ 外来語まじりの世の中になっても
手袋は 「てぶくろ」 なのが うれしいですね~
デパートでも 「グローブ売り場」とは表示されてませんものね。
Commented by uransuzu at 2012-01-28 19:51
>nonさま
お名前がわかって、ニコニコです♪

私の下娘、2年前までは兵庫県の大学に通っていまして、
兵庫県にはよく行きました。
神戸までですと、高速バスで1時間半です、大阪より、もっとnonさまと近くなりました~(笑)

タイトルをおほめいただいて、とても嬉しいです。
そうですね、「てぶくろ」に絞ったブログは珍しいと思います。
ひらがなの「てぶくろ」には、あたたかみが感じられるような気がしております。
「グローブ売り場」だと、野球少年が集まりそうですね。
by uransuzu | 2012-01-17 19:42 | その他 | Comments(30)