レガーメ(絆)・・・訂正

人と人を結ぶ・・・最良の日に・・・
手袋のオシャレを楽しんでいただきたい、との想いで作りました。
ドレスに合わせてグローブも選んでいただければ、嬉しいです。

Legame (レガーメ)・・・イタリア語で「絆」を意味します。
(↑正しいイタリア語に訂正いたしました。
ご指摘くださった皆さま、本当にありがとうございます。)
d0162995_1223275.jpg
(注 ↑ 写真のモデルは、ワタクシではありません^^)

15年前・・・まだ小学生だったK君は・・・お母さんに連れられて、
私に英語を教えてほしい・・・とやってきました。
その頃K君は・・・ジュニアスキ―で活躍していて・・・
夢は海外でも通用するスキーヤーになること・・・
だから・・・国語も算数も要らない・・・英語を勉強したい・・・と。
自分に不要だと判断した科目・授業・・・そして先生や友達さえも
拒否しがちな子どもでした。

私は・・・K君の挑むような目に・・・興味を持ち・・・
週に1度だけですが・・・英語を教えました。
砂に水を吸い込むよう・・・とはこのことを言うのでしょう・・・
K君は・・・どんどん英語を覚え・・・中学校にあがる前に・・・
英検2級に受かりました。

勉強の後に・・・いつも・・・難しい時事問題や・・・
大人を試すような質問を・・・ぶつけてくる・・・
私にとっては・・・気の抜けない・・・でも楽しいレッスンでした。

K君に英語を教えられたのは・・・中学生までです048.gif
すぐに・・・私の教えられる範囲を・・・軽~く超えましたので・・・
英語の上手な方へ・・・バトンタッチ♪
その後・・・彼は・・・スキ―を続けながら・・・大学に入り・・・
得意の英語をいかして・・・東京の一流商社に勤務しました。

帰省したときには・・・私のところへ遊びにきて・・・
仕事や家事を手伝ってくれたり・・・御飯を食べていったり・・・
「東京にいらしたら、必ずご連絡ください。僕がフル・アテンドいたします。」
というのが、商社マンになった・・・最近のK君の口癖で・・・
何度か・・・東京デートもいたしました069.gif

そのK君が・・・この春・・・結婚します053.gif
お相手は・・・年上の・・・可愛らしい・・・K君のよき理解者です。
「40歳になったら、会社を辞めて、田舎に帰るんだ。そして、英語の先生になる。」というK君に・・・
「うん、K君の思うようにすればいいわ。面白そうだね。」
と、東京育ちの彼女は・・・ニコニコ・・・笑顔を見せています。 
うん・・・いい感じ❤
d0162995_2147049.jpg

d0162995_214881.jpg

彼女を紹介してもらった時に・・・
「ウェディング・グローブは、私に任せなさい!」
と・・・ワタクシ・・・ど~んと胸をたたきました。
「世界に一つしかない、あなたのためだけのグローブを作ってあげるわ!」って。

レンタルしたウェディング・ドレスの写真を見せてもらいながら・・・
彼女の希望を聞きながら・・・あれこれ考え・・・4か月・・・

ようやく・・・そのグローブが・・・出来上がってきます。
私も・・・待ち遠しくて・・・ウキウキワクワク・・・しております。
あ~春だわ~056.gif058.gif
Commented by shinn-lily at 2012-03-22 13:32
ほらほら、やっぱり英語は教えるほどの腕前で・・・ね。
ながーくおつきあいを続けるって、人と人の信頼感があってのこと
そひて絆が深く結ばれてゆくのですね。

先のことを考えてしまうのですが
そのウェデイングてグローブが、また新しい家族へ代代つながっていったらいいですね。
そのようなよいご家庭を築かれることでしょう。
結婚式が楽しみですね。
Commented by chez-nami at 2012-03-22 13:38
うわ〜ステキな話
レ・ガメですね。覚えなくちゃ
自分の回りの人を大事にされている「てぶくろ」さんならではの話
どんなウエディンググローブが出来上がったのかしら
ホント、、春ですねぇ

心が暖かくなる話を有り難うございました♡
こんなステキな話を聞いた今日、、
頑張らなくっちゃ〜ワタシも!
Commented by serunachan at 2012-03-22 14:14
えーっ!モデルはてぶくろさまじゃないんですかー^m^

本当に素敵なお話ですね♪
きっと小さいころに教わったてぶくろさまの印象が強烈で「よし!僕も大きくなったらあんな素敵な英語の先生になる!」
と夢を膨らませたのでしょう~!(^^)!

K君の人生に幸あれ❤
Commented by non at 2012-03-22 17:48 x
素敵なお話を聞かせて頂いて
どうもありがとうございました~

スキーも英語も一流の素敵な彼
私も そんな若くてカッコいいボーイフレンドが欲しいです(笑)

私は ウエディングは手作りで
ブーケは友人作で~
あの頃 てぶくろさんとお知り合いだったら
世界でたったひとつの ウエディンググローブを
はめられたなのに・・・残念っ!(・_・、)
Commented by uransuzu at 2012-03-22 19:14
>lilyさま
違いますってば~、小学生の英語ですからね、「ドッグ」「キャット」からですよ、誰でも教えられます。
(あんまり言うと、かえって疑られるから、軽く否定しておこう)
まぁ、英語の能力はともかく、K君の信頼は得ているようで、
海外赴任でロシアに行くかもしれないK君から、新居へのご招待を受けました。
行くぞ~、ロシア!
Commented by uransuzu at 2012-03-22 19:20
>namiさま
若いカップルっていいですね❤
2人が交わす視線が微笑ましくて~、
小さい時から知っているので、もう母親のような気持ちです。
レ・ガメ=絆です、フランス語では何て言うのかしら?

どんな手袋かは、ブログではお教えしませ~ん。
だって、K君とそのフィアンセに一番にお見せしたいですから。
うふふ、とっても素敵なんですよ。
Commented by uransuzu at 2012-03-22 19:26
>serunaさま
ありがとうございます、その反応が欲しかった(笑)
いや、皆さま、私がモデルだと間違われるかな~、と思いまして。
(って、そんなわけないやろ ← 一人つっこみ)

私は、英語を教えたというより、単なる話し相手だったように思います。
K君のお母さんも、「てぶくろさんの所に来るのをとても楽しみにしているんですよ」と仰っていましたから。
私も、彼からいろいろ教わったような気がします。
Commented by uransuzu at 2012-03-22 19:30
>nonさま
若いボーイフレンドには違いありませんね~
30歳下・・・この頃の芸能界ではありえますよね。

nonさま、ご自分でウェディング・ドレスを作られたのですか?
それはすごいです! 素敵な想い出ですね!
今も大切に保存してあるのでしょうか?
ホント、今ならそのドレスに合うグローブをお作りしますのに、ね。
もう一度、着用してはいかが?  ははは。
Commented by akicosmosA at 2012-03-22 20:37
下記よい秘書をお持ちになったてぶくろ様
私も・・・と考え中。

やはり語学の達人でしたね。思った通りです♪
その教え子さんが成長されて素敵な大人になり結婚という新たな未来へ歩きだすのですね。
花嫁さんの贈り物★ 心がこもっている素晴らしい贈り物ですね
絆・・てぶくろさんのすべての繋がりはやはりお人柄からだと思います
次女が結婚するとき母の私からウェデインググローブ贈りたいなと
思いました♪
>(注 ↑ 写真のモデルは、ワタクシではありません^^)
おとと!そうかとおもちゃいましたへへ;; 汗汗
Commented by whitelacenonyo at 2012-03-22 22:34
写真のモデル???
てぶくろさん、どうして私の若い頃の写真、持ってるのかしらって思いましたって書きたいわぁ・・
鏡を見たら、lilyさんがボリュームを落とすクリームが欲しいと、わたしのブログにコメントくださり改めて我がボディーを眺めて若い頃に私はスマートだったと嘆いていたらこちらのブログレ・ガメ・・・の写真。

そんなに素敵なてぶくろがあるのを知っていたら20周年パーティーの時,注文すれば良かったと後の祭り。
でもいいお話ね。今流行の年上奥さま、きっと幸せになることでしょう・・
何かのイヴェントには是非注文したいな・・
ウェディングはもうないから・・(哀)
Commented by uransuzu at 2012-03-22 22:36
>こずもすさま
この秘書は、ちょっと耳が悪いのか天然なのか、時々大笑いさせてくれます。
こすもすさまも是非、お一人お雇いください。

いえ、語学の達人じゃないですって!
子どもダマシの英語の先生でした、あのね、得意科目は数学でした。
田舎なので、私レベルでも通用したのです~

晴れの日のプレゼントは、やはり想いのこもったものがいいですよね。
一生記念に持っていてくれるもの、↑ lilyさまが仰ったように代々受け継がれたら、こんな幸せはありません。
次女さま、ご結婚、決まりましたら是非~(いつ?)
Commented by uransuzu at 2012-03-22 22:42
>whiteさま
最近、whiteさまのコメントに大爆笑することが多いのです。これは本物のwhiteさまを存じ上げているから、余計にですね。
はい、はい、whiteさまのお写真をお借りしました。
先日のパーティの時のお写真で、まだほんの4カ月ほど前のことでしたね❤

ウエディング、もし、Sebから申し込まれたら、どうします~?
フランスのレースを使ったゴージャスな手袋ありますよ~(笑)
Commented by whitelacenonyo at 2012-03-22 23:32
セバスチャンからプロポーズ?もちろん!お受けいたしますわ
双子のお子様も
7ヶ月の赤ちゃんも全部引き取って立派に?育てますから、、、
えっ?乳母に雇いたい?それなら今の夫でいいわ
Commented at 2012-03-22 23:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-03-22 23:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ihoko at 2012-03-22 23:50 x
なんとなく・・・皆様<地>が、どんどん どんどん流出。出っ放しで、もう誰が止めても、止まらない状態になっておいでのようで・・・・。
が・・大変好ましい事でございます。人生言ったモン勝ち!楽しまなくちゃね~~ざます!
Commented at 2012-03-23 00:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by micci at 2012-03-23 02:18 x
素敵なお話ですね~
K君が英語が好きになったのは、絶対てぶくろさんのレッスンの影響と思います~~
それで、将来は故郷に戻って英語の先生なんて、、、
可愛いですね・・・
ウエディング・ドレスに合わせたロンググローブ~
素敵!!
素敵なお仕事ですね~みなさんを幸福にできる♪
Commented by 40ansparis at 2012-03-23 07:01
こんにちは。とってもいいお話ですね。
手袋って、冬は誰もが使う日常のもの、でも、他に特別感のあるアイテムのひとつですよね。ロンググローブの仕上がり、楽しみです!心がこもった特別なグローブ、、拝見するのを楽しみにしていますね。
Commented by kimanba at 2012-03-23 08:05
uransuzuさんとその彼とがどんな関係だったか
どんな二人の会話であったか、、よく解ります~ニコニコ
彼にとって
uransuzuさんに出逢えた事がどんなに大きな事だったか
ラッキーな事だったか、、
(これは・・考える程にはそんなにある事ではありません)
・・・・・・・・・・・・
彼をキチンと正しく『視る事』が出来たuransuzuさんだからでした~♪
そして受け止める大きな器を持ったuransuzuさんだからでした~♪
出発点で良き師に出逢えた事が彼のその後を創ったのだと思えます。
Commented by wiwi2299 at 2012-03-23 08:41
素敵なお話ですね~~~♪

お金や宝石より やっぱり 一番の宝は人との絆ですよね。まあ欲を言えばお金もあるにこしたことはないけど 笑

 
Commented by uransuzu at 2012-03-23 08:53
>whiteさま
い・いえ・・・whiteさまを乳母なんてとんでもありませんわ。
でもやはり、あの素敵な奥様にはかないませんね~。
皆でファミリーを温かく見守って、いきましょう。
whiteさまは、すぐ傍にいらっしゃる日本のSeb様をお大事に❤
Commented by uransuzu at 2012-03-23 08:56
>鍵コメ 23:47さま
ありがとうございました~❤
Commented by uransuzu at 2012-03-23 09:04
>ihokoさま
うふふ、楽しいですね~。
楽しく生きるためには、「妄想」と「自画自賛」と「洗脳」が必須だと思っておりますの。
ブログはそれを発揮するいい場所です。
そしてね、きっと皆さま、実際の生活では、一生懸命、地道に、生活されていらっしゃるのですよね。
ihokoさまも、現実にはどこにも出かけられない状況でも、ブログ世界ではアミダですもの。
Commented by uransuzu at 2012-03-23 09:05
>鍵コメ 00:09さま
了解いたしました。
でも、私の学習のために、残しておきますね♪
Commented by uransuzu at 2012-03-23 09:13
>micciさま
K君が英語を好きになったのが、私の影響だとしたら、嬉しいです。
でもね、ご両親に頼まれて、中学生のとき数学も教えたのですが、こちらはいつも赤点でした~、あはは。

仕事のことを褒めていただいて、ありがとうございます❤
ウエディング・ドレスをレンタルしたら、グローブは付いてくるようですが、あれでは少し味気ないように思います。
娘にもグローブとブーケを手作りしてやりました。
今も大切に置いてくれています。
Commented by uransuzu at 2012-03-23 09:20
>ラパンさま
コメントありがとうございます❤
いつもパリでの暮らしぶりを楽しみに拝見しております。
手袋は、もともとヨーロッパを中心に発展してきましたが、なかなか日本ではこだわる方がまだ少ないのですよね。
防寒だけでなく、オシャレに楽しんでいただけると嬉しいです。
そちらにも、遊びに行かせてくださ~い。
Commented by uransuzu at 2012-03-23 09:26
>kimanbaさま
たくさんの生徒を教えてこられたkimanba先生にそう言ってもらえると、もう、もう、嬉しくって舞い上がっちゃいます。
生徒と先生にも、相性があると思うのです。
きっと、K君は、私と相性があったのでしょう、ホント生意気なヤツでしたけど(笑)
よく論争もしましたよ、私も大人げなかった・・・あは。
彼女と一緒にいるK君が、なんとも普通の若い男性で、可愛らしくてね~、やはり愛の力ですね。
Commented by uransuzu at 2012-03-23 09:29
>wiwiさま
最後のオチに笑いました、そして同意いたします、うふ。
wiwiさまは、ど~んと表には出さないけれど、お付き合いを深めるととても楽しいお人柄ですよね。
これも、絆と思っております。
Commented by uransuzu at 2012-03-23 09:33
>鍵コメ 23:48さま
すみません、鍵コメと気付かずに、お礼のコメントを出してしましました(一瞬で、削除いたしましたが)。
ありがとうございました、またそちらに伺います。
Commented at 2012-03-23 12:56
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by bh2005k at 2012-03-23 14:53
まぁ すてきなお話ですね。
uransuzuさん、K君の人生を大きく広げたんですね。
また 新たに開かれる扉にも みごとなサポートで ・・・ K君にとってuransuzuさんは なくてはならぬ人ですね。
Commented by uransuzu at 2012-03-23 17:03
>鍵コメ 12:56さま
うっふん❤(セクシーに)
とっても楽しみにしております。
よろしくお願いします。
Commented by uransuzu at 2012-03-23 17:08
>チェイルさま
ありがとうございます。
そんな風に言ってくださると、ちょっと恥ずかしくなってしまいます。
K君が聞いたら、笑いますね、きっと。
でも、うんと若い方々とのお付き合いも楽しいです。
今では、私の方が、教わることもあったりして~
Commented by pikeflower at 2012-03-23 20:40
やっぱりtebuさまは、人を育てる方なのですね。
愛情深く人を慈しむ母のイメージありますもん、
こうやって、結婚で訪ねてきて下さるなんて、すてきだなぁ・・。
若い子はいいですねぇ・・特に最近はおもいます
(やっぱりわたし、年とったと思うゎ・・)
男の子は特にいい・・(笑)

IL DIVOも お疲れさまでした(笑)
Commented at 2012-03-23 23:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by uransuzu at 2012-03-23 23:15
>pikeさま
ありがとうございます❤
でもね、私にも好みがありますのよ、うふふ。
この人は!と思う人しか慈しみません。
若い男の子、特にいい、あはは、pikeさまも私に近づきましたでしょうか(笑)

ホント、お疲れ様でした、がぴったりのIL DIVO狂想曲でした♪
Commented by uransuzu at 2012-03-23 23:20
>鍵コメ 23:14さま
いえいえ、私は「いいとこどりの主婦」です。
気が向いたときにしか仕事しませんから(笑)
鍵コメさまとは、どこかバックボーンが似ているような気がしているのですが・・・

だから、ほら!趣味が同じなんですね、嬉しいです。
Commented by pikeflower at 2012-03-24 09:32
tebuさまってば、
この人はと思う人しか、(慈しまない)の?なぁ~んだ(大笑い)

わたし、慈愛のtebuさまを見習おうと思ってたけど、
やっぱり慈しむのは、若くて好みの男の子だけにしよっと・・^^/


Commented by uransuzu at 2012-03-24 10:19
>pikeさま
もちろんですよ、全ての人を愛する観音様には到底なれません。
若くなくてもいいけど、男の子でなくてもいいけど、やはり、「好み」は大事です。
嫌な人は、徹底的に無視~(^.^)/~~~

で、がんばれ、pikeさま。
私、口が堅いですからね、うふ、いいことあったら教えてね❤
Commented by kanafr at 2012-03-27 08:15
もう又もやかなり出遅れております。

素敵なお話ですねぇ。
きっとね、K君にとってはてぶくろさんは、英語の上手な素敵なお姉様で、きっと母親以外に初めて接する大人の女性として凄ーく憧れの存在?いやいやきっと、初恋の女性だったのではないかと..。

K君素敵な男性ですね。お嫁ちゃまもいいわぁ~。
我が家の息子にもそんな日は来るのかしら?(遠い目)
そんな時は、お嫁ちゃまの手袋を是非お願いしたいと思いますが、着物にしますっていうお嫁ちゃまかもわからず、又、どこかの国の民族衣装になるかもしれないので、そんなまだ見ぬお嫁ちゃまより、自分が大事な私らしく、私用に手袋お願いします。
花嫁より目立たず、でも若夫婦より、あの世に先立つものへの労りで、生あるうちはちょっぴり注目されたい!というデザインで、ヨロシクです。
Commented by uransuzu at 2012-03-27 09:37
>kanaさま、
出遅れても、こうやって見つけてくださるのが嬉しいです。

K君、どこかにスキ―の試合で出かけた時には、必ずお土産を買ってきてくれて。
K君のお母さまが「てぶくろさんにお土産を選んでいるときの嬉しそうな顔ったらないのですよ」とおっしゃていましたから、うふふ❤です。
まぁ、ちょっと変わった子に好かれる私でした。
はい、ずいぶん昔には今の夫にも~(笑)

kanaさまのおぼっちゃま、そのお相手はきっと突然現れますよ。
どこの国のお嫁さんになるかもわからない、という大らかなお姑さまぶりがいいですね~
あ、お姑なんて言葉は似つかわしくないですけど。
お相手を紹介されるその日まで、いろいろと想像するのは楽しいですね。
kanaさまの手袋、はい、難しいオーダーですが(笑)しっかりと承りました。
いつかそんな日が来るのを楽しみに(●^o^●)
by uransuzu | 2012-03-22 13:08 | Alta Classe | Comments(42)