盆栽教室1年・・・

フランス男性より盆栽を習うようになって、もう1年たちました。
月に一度の教室が待ち遠しいです。
いろいろ、先生にうかがいながら、土と植物に触れる楽しい時間。
d0162995_16402649.jpg

1年の間に作った作品が、一回り大きくなったり、枝が延び過ぎたり、(時には枯れてしまったり 泣)、大ざっぱな私ですから、まぁいろいろあります。そのつどに涙と共に持ち込んでは「せんせ~、こんなになっちゃいました~、どうしましょう~」と、師事を仰いでいます。

今年の秋には、新しくカフェを併設した教室をオープンさせるのですって。 ただ今、オシャレなお家を建設中。
カフェは奥様が担当、先生も時間がある時には、スイーツを作られるそうです。先生は、何よりショコラが大好きなんです。 これまた楽しみです、うふふ。


<備忘録>

水草の苔玉(1年経過したもの)。
d0162995_16253167.jpg
ト草は、去年の草は刈り取ること、その年の草だけ楽しむ。サギ草は、葉っぱが出てきているので、もうすぐ新しい花芽がつく。下の方の苔が枯れているので、水やりが不十分だった、新しく苔を貼る。

お正月用の寄せ植え(半年経過)。
d0162995_16313892.jpg
d0162995_16361523.jpg
伸びすぎた梅の枝は剪定。松はそのままで大丈夫。南天、菊は新芽が出ている。竹は枯れてしまった。一回り大きい駄鉢に土を入れ、このまま埋めるようにして、秋まで置き、根と幹を太くしてから植え替える。

野バラの盆栽(2カ月経過)。
d0162995_16281113.jpg
d0162995_16355424.jpg
灰アブラムシがついているので、殺虫剤をかける。殺虫剤の分量は、ミリグラムかできちんと計測すること。強すぎるとバラに良くない、弱すぎるとムシに免疫力ができてしまう。花が終わったら、実がつき、その後に剪定。幹のねじれを大きくして、向こう側が見えるようにしていこう。

今回、新しく仲間に入ったのは、ヘンリーつた。
d0162995_16381446.jpg
秋にはとても綺麗に紅葉する、とのこと。とりあえずの目標は、こんな感じでしょうか。
これは、先生の作品です ↓
d0162995_17145532.jpg


ついでに、先生の作品をいくつかアップしちゃいます。
d0162995_17431799.jpg
d0162995_17432864.jpg
d0162995_17434282.jpg
d0162995_17435283.jpg
現代風のお部屋にも合うモダンな盆栽作りを目指していらっしゃるそうです。

最後に無理やり(笑)、手袋画像お届けします。
この日に使ったゴム手袋です。
d0162995_18505717.jpg

Commented by yukizqn at 2012-05-31 19:54
こんにちは。
盆栽の先生がフランス人なんですね。
日本で外国人の方が日本文化を教えてらっしゃるって、
すごいですね&すばらしい。
Commented by pikeflower at 2012-05-31 20:56
いいですね、
ピンクのお花はさくらですか?

最近、気候のせいかなんなのか
緊張がぬけず疲れ気味なんですけど、
この盆栽見たらふわっと気分が和らぎました。
いいなぁ・・植物はやっぱり。
最後の極薄てぶくろもtebuさまらしいオチで◎(笑)
Commented by uransuzu at 2012-06-01 08:42
>yukizqnさま
おはようございます。
日本文化の逆輸入ですね、彼はフランスで盆栽の素晴らしさを知り、日本で修行を積み、今は日本人とはちょっと違った独自の盆栽作りを目指していらっしゃいます。
フランスの方って、日本文化を理解される方が多いですよね。
日本人の方が知らなかったりして・・・
Commented by shinn-lily at 2012-06-01 08:43
先生の作品の松がいいですね。
uransuzuさんのとくさ、この伸びた感じもよいです。
小さく作っても、のびのびしてしまうところ、uransuzuさんの性格そのままよ、ふふふ

我が家の盆栽、全部枯らしてしまいました。
これもずぼらな性格そのまま、
人間が生き延びるだけで、せいいっぱいの日々・・・情けない(涙)
Commented by uransuzu at 2012-06-01 08:49
>pikeさま
おはようございます。
桜の盆栽、いいでしょう、お部屋で一人花見もいいですよ。

この時期、季節の変わり目、体調を崩される方も多いですね。
カ~ッと暑くなりすぎるのも困りますが、pikeさま大丈夫?
盆栽のときは、けっこう無心で土いじりしています、先生はゴム手袋を使って、と、この手袋を出してきてくださるんですが、素手で湿った土をいじるのも楽しいです。
幼い頃の泥遊び、泥んこボールを作ったのを思い出したりして。
なんかね、「てぶくろ」が出てこない記事は、私の沽券にかかわるような気がしてね、力技でございます。
Commented by uransuzu at 2012-06-01 08:57
>lilyさま
おはようございます。
私も、この松が気に入っていて、秋に教えていただく予定です。
モダンな部屋のお正月飾りにもなるでしょう。

そうなんです、私の作品、いつも大きくなります。
それから、苔玉とかを作ると、いつもコロコロまん丸になって、「かわいいですけどね」と笑われます。
性格というより、体格に似るんじゃないかしら、え~ん。

盆栽、やはり管理が難しいですね、生き物ですから。
留守にできるのは2日まで、と言われます。
この先生は「忙しいときや留守のときは、いつでも持ってきて。預かってあげるから」と、言ってくださるので、私でもなんとか続いています。
でも、内緒ですが、ずいぶん枯らしました~(●^o^●)
Commented by ihoko at 2012-06-01 15:25 x
盆栽・・渋いですが、こちらでもなかなかブームのようです。
と・・ちょっと別のところに目が行ってしまって~申し訳ないですが、写真1の奥の場所、竹垣の横の松もなかなかご立派、あたりの設えも趣深く・・・。

最後の手袋~・さすがプレス担当だけの事はありますな。

Commented by Davymama at 2012-06-01 15:29
日本文化に興味をもってくださってさらには教える側になられるとは・・
素晴らしいですね☆
日本人としてほんとにほんとに感謝ですね

アイアンの苔玉、モダンで素敵☆
てぶくろさんの苔玉ちゃんもいずれはこのように・・なるのね☆
Commented at 2012-06-01 17:17
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by bh2005k at 2012-06-01 17:23
uransuzuさん こんにちは♪
お邪魔してもなかなかコメントできずに お久しぶりです。

盆栽 頑張っていらしたんですね~♪
盆栽 いろいろあるんですね~、、、先生の作品は さすが!!なものばかりで 楽しいですね。
私も 勝手気ままな盆栽作りしていますよ~。
先日 枝振りの気に入っていたものを うっかり!なのか老眼のせいかアッという間に 切り落としちゃって ・・・ 悲しいわぁ~♪ なの。
野ばらも盆栽になるんですね、、、私も チャレンジしてみよっと。
備忘録の作品展 ありがとうございました♪
Commented by leoncavallo45 at 2012-06-01 18:13
フランス語でお稽古するのですか?奥様って日本人?フランス人?って盆栽の質問でなくて・・・カフェに興味があったりして・・・
てぶくろさま随分渋い趣味をお持ちなのですね・でもお花もなさっているからその延長でしょうか?そちらにしらしも公務もあり趣味もあり+時々出張もありでお忙しい日々ですね(充実している感じ)
Commented by akicosmosA at 2012-06-01 22:49
ボンジュールムッシュ♪ フランス語で書かないとこがいいでしょう(笑)
素敵な先生ですね
フランスでも流行しているようです。昔から盆栽は奥が深く
難しいと聞きますがてぶくろさんの手にかかるとどれも
のびのびするのでしょうか~**
いいご趣味ですね。 私もすぐに枯らしてしまいそうです。
それでy子さんと同じ質問・・会話はフランス語?
Commented by micci at 2012-06-02 01:25 x
こんばんは~

てぶくろさんは、とても趣味が幅広いのですね~
しかも、広く深くで・・・憧れます~~
欧米では、ミニマリズムが流行ったとき、盆栽も人気だったそうですね、、、
この画像の作品はどれも小さいんでしょ?素敵だわ~
奥が深そうですね~
私、ミニチュアが好きなんでやってみたいな~
と思いますが、無理でしょう、、、先生がフランス人ならいいかも~
(セブみたいな><)
Commented by Le gant at 2012-06-02 08:16 x
すばらしい!!てぶ様作品素敵です。
渋さとモダンが融合してますね。
やはり何でも手をかけないとですね。
我が家、伸び放題がいっぱい。
苔の濃緑が心穏やかにさせてくれますわ~
Commented by uransuzu at 2012-06-02 18:05
>ihokoさま
いつも人とはちょっと違う所を見られる、それはそうでしょう、アミダさまなのですから、へへ~っm(__)m
私も写真を見て気付いたのですが、確かに竹垣の横には、ものすごく立派な古い松がありますね~。
今度、よく見てきます。
はい、手袋以外のものもよく見るように~との教えですね(笑)
Commented by uransuzu at 2012-06-02 18:12
>Davymamaさま
フランス人は、日本文化に関心を持っている方が多いのでしょうか?
日本人の我々が忘れていた、日本文化の素晴らしさを改めて教えてもらって、恥ずかしいような嬉しいような・・・
失われていた自信を少し取り戻せるような気もしています。
とはいえ、盆栽の道は険しい、深い、まだまだです。

私も、Davymamaさまと同じく、楽しく日仏交流しております^^
私の苔玉、そうです、このようになるのです(枯れなければ!)。
Commented by uransuzu at 2012-06-02 18:16
>鍵コメ 17:17さま
ありがとうございます。
盆栽を誉めていただいたのも、ありがとうございます。
あとで、アドバイスに従って、ゆっくりやってみます!
Commented by uransuzu at 2012-06-02 18:24
>チェイルさま
私も、お邪魔はするのですが、読みニゲばかりで申し訳ありません。
少しお元気になられて、「ウキキ」な楽しみもできたようですね。
少し先の楽しみを、ところどころに散りばめておくと、人生が楽しいですよね♪
盆栽は、何年、何十年と長いスパンで気長にやらなくてはいけません。
この木が数年後にどうなるか、そんな楽しみもあります。
野バラの盆栽は、まだ出来たばかり、今は可愛いお花が満開です。
私も、盆栽のときは、老眼鏡が必須です(笑)
けっこう、繊細な作業なんですよね~
Commented by uransuzu at 2012-06-02 18:31
>leoncavalloさま
はい、「ボンジュール」とご挨拶して「メルシー」と帰ります。
ワタクシ、大学の第二外国語はフランス語だったのです、おほほ。
ですから、レッスンは、もちろん!日本語です!(偉そうに~笑)
奥様が日本人なんですよ、だからかなりお上手な日本語です。
私の趣味と言えるものは、「生け花」「フラワーアレンジメント」そして「盆栽」が新たに加わって、まさに植物関係ばかりですね。
どれも無理のないように、月に1回とか2回とか、ボチボチと気長に続けています。
Commented by uransuzu at 2012-06-02 18:36
>こすもすさま
今度お会いするときには、フランス語でご挨拶できるかしら^^
語学の勉強も兼ねられるかな、という気持ちも最初はあったのですが、予想以上に先生の日本語がお上手で、殆どフランス語を聞くことなく、レッスンしています。
この歳になって、始めた習い事ですから、そう上手にはならないかもしれません、深い所まではいきつかないと思っています。
でも、いいんです、楽しいから、うふふ。
Commented by uransuzu at 2012-06-02 18:40
>micciさま
私は、根がミーハーなので、「フランス人が先生!」と聞いて、習ってみる気になりました。
盆栽を習うのと同時に、ワインについて聞いたり、シャンソンを訊きながらレッスンしたり、レッスン後に美味しいコーヒーとショコラを出して下さる、そんな非日常の時間が楽しいのだと思います。
Sebみたいな先生だったら、月一といわず、毎日でも通いますわよ❤
もちろん、micciさまをお誘いして~
Commented by uransuzu at 2012-06-02 18:43
>Le gantさま
そんなに誉めていただくと、恥ずかしくて消え入りそうです。
まだまだ、初心者、しかも枯らす方が多い、不肖の弟子でございます。
同じ盆栽や苔玉でも、先生に1週間預けると、生き生きとしてくるんですよ、やはり愛情が違うのかしら。
伸び放題を剪定する時期も、木によって違うの、それもお勉強です。
Commented by ミモザ at 2012-06-03 20:21 x
フランス人の先生なんでしたよね~、すごいかっこいいですね!
盆栽とか・・奥が深そうです・・・
あんなに小さいのに、なぜ花が咲いたり、葉っぱが出たりするんだろう??
ナゾです~~、それに、お世話もいろいろと大変なんですね。。
だけど、とっても素敵な作品です!
そんなカフェがあったら、すご~~くなごみそう~♪
Commented by uransuzu at 2012-06-03 21:28
>ミモザさま
深く考えもせず、「フランス人から盆栽を習うという」シチュエーションだけで、ちょっと習ってみよう、と思ったんです。
ホント、根っからのミーハーだわ~(笑)
盆栽がどんなものか、浅く(ここ、強調です)知りたかったしね。
でも、今では、習う度に「不思議」「謎」が増えて、早くまた行きたくなっています。
ねぇ、カフェができるの楽しみですよね、こちらまでいらっしゃる?♪
by uransuzu | 2012-05-31 19:45 | その他 | Comments(24)