ちょっと心配・・・

実家の父が、電話で言った。
「昨日、いつものように9時半頃に寝たんだが、ふと気付くと裸で湯船の中に座っていた。あれ、お湯が入ってないぞ、と我に帰ったのは11時半だった。まったく記憶ないんだ。」
父の笑う声に同調しようとしたが、私は笑えなかった。
私の顔が父に見えなくてよかった。

母が入院して一人暮らしの父、もう3年になる。
雨の日も風の日も、暑い日も寒い日も、母の入院先に自転車で通っている。熱中症に気をつけなくてはいけない、と口を酸っぱくして話すのだが、ちゃんと水分はとっているのだろうか。夜は涼しくして寝ているのだろうか。

週末は、予定を変更して、実家へ行くことにしよう。
そして、久しぶりに泊ってこようと思う。

山ほどいただいた夏野菜を前に、ぼんやりそんなことを考えながら、それでも手早くいくつかの夏野菜料理を作る。
d0162995_112691.jpg
夏野菜のカレー風味炒め(ナス、玉ねぎ、ピーマン、ズッキー二、ひき肉)

d0162995_1121566.jpg
ゴーヤのチーズ焼き(ゴーヤ、トマト、ベーコン、チーズ)

d0162995_1122525.jpg
揚げ夏野菜の煮浸し(ナス、カボチャ、しし唐、ショウガ、茗荷)




去年の今頃、ケンブリッジ大学の卒業式に参列するためにイギリスに行きました。
最近、オリンピックの影響で、イギリス各地がテレビによく取り上げられます。懐かしいね~、楽しかったわね~、久しぶりに集まりましょう~
d0162995_15463245.jpg
d0162995_15464198.jpg
             (i-phoneにて撮影)

主役のYくんは今もイギリスでお勉強中です。
Yくんママ、Yくんおじぃちゃん、Yくんおばちゃん、そして私の4人のイギリス同窓会でした。
素敵なカフェでしょう♪ まるでイギリスでしょう♪ 外のお庭もイングリッシュガーデン(風)なんですよ♪ 我が田舎街にありますが、勝手に私のUKカフェに認定しています。気分はイギリス~~

あ、でもやっぱり本物のイギリスに行きたい!
松本選手、金メダルおめでとう!!!
Commented by leoncavallo45 at 2012-07-31 20:27
歳を重ねると水分不足とか感じなくなるとTVなどでも言っています
お父様もお一人で頑張ってらっしゃるのだと思うけど・でもご自分からお電話してきて事の次第をお話し出来るのですから良かったわ・私の母がやはり一人暮らしをしていた時薬の飲み方が解らなくなった~と言い始めたのが老いの始まりでした・今年の夏は本当に暑いです・いつものお弁当を作ってお父様・お母様を訪ねられて下さい~チュダースタイルのイギリスカフェでしょうか?
Commented by pikeflower at 2012-07-31 21:04
今ちょうどわたしのも両親も、自宅療養中なので、
tebuさまの笑えなかった時の気持ちがとてもわかります。
お風呂は老人にとっては、怖いところですから。

今日、親の病状のことで悶々としていたとき、
そういえばと、ブログのtebuさまも離れて住むお父様や、お母様を常に心の中ではわたしのように心配してるんだろうなと、ふと思ったところです。

今日のトピックはちょっとシンクロね。
Commented by mika-96 at 2012-07-31 21:42
以前の・・・私の「一人の食事はボケる」へのは
やりお父様の事だったのですね・・・
離れているので心配ですね。
まだまだこの暑さ続くようです。
今週末はお父様とごゆっくりなさってきてくださいませ。
Commented by ank-nefertiti at 2012-07-31 22:04
こんばんは。
うーん、ご心配ですね。
実家の母は弟一家と同居していますけれど、それでも時々孤独を感じることがあるそうです。
3年お一人で頑張っていらっしゃるお父様、しっかりされていらっしゃいますけれど、ここまで暑かったりするとね・・・
それでもご自身でお電話でこんなだったんだよ、とお話されて「覚えていない」ということを自覚されているということは、頭がしっかりされているなによりの証拠と思います。
今週末はお父様とご一緒にお食事ですね。
たーくさんお父様に甘えて、お父様が「まだまだこの子がいるからなぁ」って思われるようにねぇ^^
uransuzuさんも暑いですからご自愛くださいね。。。
Commented by mayumi-roma at 2012-07-31 23:50
離れていると心配ですよね。
お父様はわりと近くにいらっしゃるのでしょうか?
お母様のもとへ毎日通うのも、この暑さですから、お疲れが出ているのかもしれませんね。
週末をuransuzuさんと過ごせることは、お父様にとって一番のお薬かもしれません。
ご無理のないように~

イギリス風カフェ、素敵ですね♪
本場でもなかなかそんなに素敵なところは見つからないかも・・(笑)
uransuzuさんが、イギリスにそんなご縁があったとは!
私には、イギリスが永遠の恋人なんですよ~
Commented by chez-nami at 2012-08-01 01:57
ううウ...本当に身につまされます
この年で海外赴任。両親が健康だからできる事だと思っていますが
久しぶりに会うと確実に老いを感じます
赴任もそろそろ限界なんだろうな
と、、思う話しでした
ケンブリッジ、素敵ですね
写真はケンブリッジじゃないのね、、イギリスだと思いましたよ
ワタシもイギリス、行きたいなぁ〜!
Commented by micci at 2012-08-01 02:00 x
こんばんは~
それはご心配だったでしょうね!!
我が家も、まったくそれぞれ独立して一階、二階で、
両親と暮らしていますが、今の時期やはり熱中症が一番心配です~

ニュースでは、毎日何人も熱中症患者が出たと報道され、その多くが80歳以上、、、
私もとっても心配で、水分を取るように、換気に気を付けるように、
言っていますが、私、発見しました~

これってやはり個人差があるようです。両親はそれほど水分も取らず、
でも、意外に大丈夫なんです~
よく家の中でも熱中症になるといいますが、風通しをよくしていれば
絶対に大丈夫、、、
離れていると心配ですよね~~でもてぶくろさんのお父様は
しっかりしてらっしゃると思います~
とはいえ、暑いですので、お気をつけくださいね、、、
てぶくろさんも~

こちら素敵なカフェですね♪
昨年の記事拝見しました~~ロンドンもさることなが、
ドバイにいらしたのね!!
主人の友人が今ドバイにいて、そのあいだに行こうと思っています、、
また、教えてくださいね♪
Commented by shinn-lily at 2012-08-01 06:11
昨日、母にuransuzuさんのお父さまのお話をしていたところ。
お元気かな、どうしていらっしゃるかなと。
最近お弁当のupがなかったので、ちょっと気になったの。
どうかゆっくりと傍にいてさしあげてね。
そばにいるだけに安心、お互いにね。
きっと週末uransuzuさんとすごされれば、お父さま元気倍増よ。
どうぞお大事に。

お茄子、美味しそう!
やっぱり油ね。最近油を使わないようにと、お茄子って油をたくさんすうでしょう。
想いきり油を使って、これ、マネしてみます。出来るかな?
Commented by non at 2012-08-01 08:01 x
お父様
一人暮らしをされてるのですね~
それは心配ですね。

私も 時々 浴槽の中で 居眠りし
顔がパチャンと湯に浸かり びっくり飛び起きしますが

夜中のからっぽのお風呂は
やはり 気になりますね~

どのお料理も 夏向きバージョンで
おいしそうです~(^-^*)/

英国風カフェも 素敵ですねえ
Commented by uransuzu at 2012-08-01 13:12
>leoncavalloさま
電話は私の方から、毎日かけるようにしています、安否確認のため。
父からかかってくることは、滅多にありません。嫁いだ娘に余計な心配をかけたくない、という古い父親なの~
チュダ―スタイル、って言葉を知らなくて^^; 検索しました。そうそう、そう言えばチュダ―だわ。今度オーナーに会ったら「チュダ―スタイルですね」と言ってみます(笑)
Commented by uransuzu at 2012-08-01 13:17
>pikeさま
わかってくださいますか、でも今日のちょっとシンクロは、お互い複雑な気持ちですね。
年老いた両親のことはいつも頭の中にあります。
pikeさまも同じね、もっとしょっちゅう行ければってよく思うでしょ。
暑い夏、心配はつきませんね~
Commented by uransuzu at 2012-08-01 13:20
>mikaさま
そうなんです、殆ど毎日一人で食事していますから、寂しいだろうな心細いだろうな、とよく思います。
弱音を吐かない父ですから、よけいにそう思うの。
はい、週末は実家で過ごしてきま~す。
Commented by uransuzu at 2012-08-01 13:23
>杏さま
弟さんご一家と同居されていても、寂しいときがあるのですね。
それはそうかもしれませんね、年をとるって不安で孤独なものかもしれません。
わが家も、弟一家が近くに住んでいてくれるのです、ありがたいです、そのおかげで私の心配も少しは減ります。
しかし、娘というのは特別らしく、ときどき私が来るのを心待ちにしてくれています。
週末、う~んと甘えてきますね(●^o^●)
Commented by uransuzu at 2012-08-01 13:32
>mayumiさま
mayumiさまも、ご実家のお父様が入院されたとき、ローマから帰国されていらっしゃいましたね、毎日病院に顔を見せにいかれて、どれほどお父さまは嬉しかったでしょう。
私は、車で片道2時間ほどの距離です。だから行こうと思えばもっと頻繁に行けるのですよね~。
この暑さで、父も疲れがでているのかしら・・・

素敵なカフェでしょ、一切の取材も受けないから、知る人ぞ知る隠れやポイントです。オーナー自身がのんびり営業したい方で、注文してもなかなか出てこない、でも間違いなく素朴で美味しい、いくらでもお水のお代わりして、何時間でもいてください、というお店です。
私も、イギリス大好きです❤
Commented by uransuzu at 2012-08-01 13:40
>namiさま
海外にいらっしゃる方には、年老いた両親の問題はもっと切実でしょうね。私はまだ近いのだから、namiさまより恵まれているわ^^
両親が老いていく姿を見るのは辛いものです。

そう、このお店、まるでイギリス郊外にあるみたいでしょう。時の流れがここだけ止まっているようなアンティークなお店です。オーナーもお客様もみんなゆっくりしている。チューダースタイルという建物です(さっき、知ったばかりの知識です ↑)。イギリス涼しそうだし、行きたいな~
Commented by uransuzu at 2012-08-01 13:46
>micciさま
うちの父も、そんなに暑くない、いい風が入るだろ、と言ってクーラーをあまりつけません、私は暑くてすぐクーラーをつけるのですが。
そうですか、人それぞれ、たしかに父は普段元気ですもの。
1階2階で別暮らし、これが理想ですね~

ドバイ、ぜひ行ってください!
偉そうにいっても、私は1泊しただけですけれど^^;。
暑いけど、アラブの魅力あふれる街です。
ホテルもとってもゴージャスでした、お酒はこっそり飲みました(笑)
Commented by uransuzu at 2012-08-01 13:50
>lilyさま
まぁ、lily家の話題にあがるなんて、畏れ多いですわ。
ブログにはアップしませんでしたが、毎週必ず実家に行っています、ちょっとね、お弁当がお恥ずかしいほどの手抜きでして(笑)
寝た切りの母親より、今は父親の方が心配です~

おナス、焼きナスやお漬物も美味しいですが、やっぱり油との相性は抜群です、第一色が綺麗ですよね~、あ、また太ります^^;
Commented by uransuzu at 2012-08-01 13:54
>nonさま
私も、お風呂の中で居眠り体験はあります(笑)
ただ、今回の父の場合は、自分で洋服を脱いだ記憶もお風呂に入った記憶もないそうです。ベッドで就寝して、目覚めたらカラ風呂の中で裸だったというの。ね、ちょっと心配でしょう。

夏野菜の消費に毎日追われております。
あれこれ工夫しながら、いろんなお料理を作っています。
いいアイディアあったら教えてください(●^o^●)
Commented by ihoko at 2012-08-01 20:11 x
父の笑う声に同調しようとしたが、私は笑えなかった。
私の顔が父に見えなくてよかった。

何かとってもわかってしまって、せつなくなるようなフレーズですね。
離れておいでで、ご高齢のお父様がお一人だと、忙しい毎日を送っていても、ふと・・何かの拍子に思いだして、心配になったりしますでしょう?暑くても寒くても、雨が強くても心配で・・。

てぶくろさんも、まずは御身お大切に・・。熱中症でクラクラでご高齢のお父様、お母さまにご心配をかける事のないように・・ちゃんとご自分も水分の補給をね!(私、一度ローマの炎天下で、やっちゃいましたからね・・教会めぐりしてたら・・いきなり目の前真っ黒!みたいな感じ!結構 後も 頭がガンガンして大変でしたよ)

ロンドンに行って・・いやロンドンじゃなくイギリスどこでもいいですから、パブでビールが飲みたい~。



Commented by yuriko_chan at 2012-08-01 21:11
うちの母も父が亡くなってからひとり暮らししてたんだけど転んだりイロイロ危ないので施設に入ってもらいました。
気分的に余裕が出来ましたよ。
お家がいいのはわかってるけど私が一緒にいてあげられないし・・・
Commented by rico at 2012-08-02 00:13 x
てぶくろさん こんばんは~
ちょっとバタバタしていてコメント ご無沙汰してました(^_^;)
お父様のこの記事を読んで。。てぶくろさんのお気持ちが痛いほどわかります。
おひとりで気丈に暮らしていらっしゃるお父様、
離れて暮らしていて こんな電話を貰うとどんなに心配になったことでしょう。
週末に泊りがけでてぶくろさんが来てくださるの。。喜んでくださいますね!

介護が始まった両親のことで いつも励ましていただいて元気をもらっています。
てぶくろさんも この暑さに気をつけながらお過ごしくださいね!
素敵なカフェでのリラックスタイムも忘れずに~(*^_^*)
Commented by kimanba at 2012-08-02 06:57
車で2時間だったのですね。
私・・もっと近いのかと思っていました。
そこへの週1回だったのですね。

お父さまは幸せですね~♪
入院していらっしゃるとはいえお母さまもいらっしゃるし
弟さんご一家がすぐ近くにいらっしゃって
心強いuransuzuさんの定期便もある。。ニコニコ
Commented by Le gant at 2012-08-02 08:25 x
年老いた親に今できること、考えされます。
私も週末は顔をみにいきましょう。
お父さんも心配ですが片道2時間ですか。運転お気をつけて~
ゴーヤ、私も作ってみます。
また夏野菜おいしいお料理教えてください
カフェでゆっくりいいですね、夏は我が家の朝一人カフェも
活力くれてます。
てぶさまのことだから早起きで、完璧でしょう**
この暑さ、草取りはいつできるかしら?

ちびこちゃんてぶくろに限らず、すずしい夏色に目がいきます~
ゆとり・・・ゆっくりまいりましょう~
Commented by uransuzu at 2012-08-02 09:22
>ihokoさま
父は、古い日本男児ですから、娘の前でも強がるんです。
カラカラと笑いながら話したけれど、自分でも健康に不安が出てきたのだわ、とすぐにわかりました。弟に対しては、もっと強がっていますね。私が弟に話すと「そんなこと、一言も僕には言わない。一人で気楽でいい、としか。」と言っていました。
ihokoさま、熱中症にかかったことあるの?後々まで頭がガンガン?大変なのですね~
はい、では私もこの厳しい暑さの中、まずは自分も健康管理に気をつけます、ありがとう(●^o^●)

冷た~くひやしたビール、飲みたいわね~
内村選手、金メダルおめでとう!
Commented by uransuzu at 2012-08-02 09:26
>yuriko_chanさま
そうですか、やはりそんな経験がおありなんですね。
昔と違って、自分のことがままならなくなったら施設に入るというのは、とてもいい選択だと思います。
本人の状態にもよりますが、家族だけで看るというのは、難しいことも。うちも、実の娘の私が考えないといけないことだわ・・・
Commented by uransuzu at 2012-08-02 09:35
>ricoさま
毎日、暑いですね~♪ コメントありがとうございます♪
健康で若い私たちでも身体にこたえる暑さです、お歳を召した方はもっとしんどいことでしょう。
私、ricoさまは、心からお優しい温かい方だと思っております。
ご両親の介護を心をこめてなさりながら、上手に自分の時間も作っていらっしゃる、そして周りの人々の支えに感謝の念を忘れていない、そういったところを私も真似しなくっちゃと思っています。
ブログで励ましてくださる方々も、本当にありがたい存在ですね(●^o^●)週末、父はとても楽しみにしてくれているようです。
Commented by uransuzu at 2012-08-02 09:40
>kimanbaさま
片道2時間ですから、日帰りだと往復4時間のドライブになります。
でも、泊まりがけで行くと、1日2時間ずつで楽チンです~♪ 発想の転換よ~♪
ホント父は恵まれていますよね、私の美味しいお弁当を食べる事が出来て、あは、夫なぞ私の留守のときは〇ップ・ヌードルを置いてあるだけ~のこともあるというのに(笑)
Commented by uransuzu at 2012-08-02 09:46
>Le gantさま
素敵な文章のコメントありがとうございます。
なんかね、す~っと心に染みました。
Le gantさま、お嬢様たちへのお弁当各種、凄すぎます、私の料理など冷蔵庫にあるもの料理です。今は夏野菜いかに減らすか、です。

早起き、がね・・・昨夜もオリンピックの体操を最後まで見てしまって、寝不足で時間ギリギリに起きました。今日はPCに向かっていると睡魔に襲われそうです。
草抜き・・・はぁ~~~。 草が伸びていても、死にはすまい(●^o^●)
Commented at 2012-08-02 16:26
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by uransuzu at 2012-08-02 20:35
>鍵コメ 16:26さま
私も普段は滞在時間が数時間だけなんです、なかなか泊まることはできません。でも、そうですよね~、きっと泊まると父の弱っているのを目の当たりにするかもしれませんね。私の前では父は強がっているように思いますから。
鍵コメさまと私、似たような環境ですね。私も弟との相談がそろそろ必要だと感じています。
こうしてブログを通して、親の介護問題と向き合っている方々とお話しすることができて、私だけじゃないと心強くも思っています。
本当にありがたいです♪
鍵コメさまも、お身体ご自愛くださいませ。
Commented by kanafr at 2012-08-03 09:15
お父様の事ご心配ですね。
お父様が明るくご自身の失敗談を語る声を、どんなにハッと胸をつかれる思いで聞いていらっしゃったか、私もお気持ち痛いほど分かります。
亡くなった母もいつも強がって「貴女は嫁に行った身、自分の家族の為に生きなさい、私は少しも寂しくないのだから」と言っていましたが、引き取った時、初めて「もう一人はイヤなの」と泣き、どれほど母が孤独に耐えてきたか分かりました。
それまで、でできない事が増えて行く不安や孤独は、どんなに辛いものなのか愚かな私は想像さえもしませんでした。
こちらに住んでいるという事もありますが、てぶくろさんのように、お父様に毎週お電話されたりお料理を持って行ったり、母にもっと優しくしてあげればよかったなあって後悔ばかりです。
お父様は毎週てぶくろさんの来られるのを心待ちにしていらっしゃるんでしょうね。
どうぞてぶくろさんもご自愛くださいませね。
Commented by uransuzu at 2012-08-03 18:42
>kanaさま
そうなんです、実家の両親は私が田舎長男に嫁いだということで、結婚後は滅多なことで実家に帰ってはいけない、といつも言っていました。
だから、私も結婚以来、お盆明けとお正月明けに挨拶に行くくらい、でした。(あと、子どもを産んだあとの静養のため)
今から思っても、古い考えでしたね~
kanaさまのお母さまが「もう一人はいや」と泣かれたこと、もう私はこの文を読んだだけでも泣けてきて泣けてきて・・・
できるだけ後悔のないように、でも絶対に後悔するのだ、それくらい親の愛は大きかったと後で気付くのだ、とどなたかが教えてくれました。
はい、ではいってきま~す(●^o^●)
by uransuzu | 2012-07-31 20:07 | その他 | Comments(32)