セールを待つ?待たない?

d0162995_9525719.jpg
pikeさまの花絵とエッフェル塔とAlta Classeのグローブのコラボ、いかがでしょう?
シックでゴージャスな花絵、ぜひ直接ご覧になっていただきたいと思います。今月いっぱい展示させていただく予定です。

クリスマスが近くなって、あわただしさを増してまいりました。
お客様の中には、下見にいらして、「セールを待つわ」とおっしゃる方もいらっしゃいます。
しかし、Alta Classeでは、年内のセールを予定しておりません。1月下旬から一部商品をセールする予定ですが、これはあくまで一部のみです。セールの対象となるものは、やはり・・・それなりの・・・訳があります。

d0162995_108489.jpg
最近、お客様の手袋を見る目、いい手袋を見分ける目が肥えてきているように感じます。
いい物から売れています❤ それは、手袋メーカーとして、とても嬉しいことであり、いい物を作らなくてはと、いっそう気合いが入ります。

ので、多分・・・セールの頃には、いい物は店頭から消えていることでしょう。
ぜひ、お早めにお買い求めくださいね~^^
(とはいえ、もし、万一、ご自分が求めていた物が、セールになっていたら、それは超ラッキーです。私、そんなのも好きです。あはは)




以後はちょっと理屈っぽいので、moreにしました(笑)

今年の売れ方をみておりますと、やはりいい物は早く売れております。
これは、当たり前のようで、これまで日本では当たり前ではありませんでした。

一生懸命に作った製品を、適正な価格でお買い求めいただくことで、企業は健全な経営ができます。セールでしか売れないとなると、経営を圧迫するか、もしくはそのリスク分を価格に反映しなくてはなりません。これは、悪循環です。
デフレ脱却には、適正価格で売れるといった市場の成熟が必要です。また、安易に海外ブランドを良しとする風潮も日本経済の首をしめています。
そして、もちろん同時に、日本企業は、海外ブランドに負けないだけの製品を作る努力をしなくてはいけません!! それが、健全な競争原理の働く成熟した市場だと思います。
新政府が進めようとしている「物価上昇率2%」、単なる金融政策でなく、きちんと中身を伴った上昇であることが大事です、企業も消費者も。

というわけで、日本の経済立て直しのためにも、ぜひ、日本企業の手袋をお買い求めください~(●^o^●) お~、壮大なコマーシャルだわ~(笑)
d0162995_21585795.jpg

Commented by whitelacenonyo at 2012-12-21 23:03
私もいいもの、どうしても欲しいものはセールを待たずに買わないと無くなる!という主義です。
セールはもちろん好きですが、、まぁ、あってもいいけれどなくてもいいかぁってものをセールで買いますね。
Commented by uransuzu at 2012-12-22 00:40
>whiteさま
whiteさまのように本当に物を見る目がある方は、自信を持って物を選ばれるのですよね。安ければいい、というのでは物を見る目も育ちません。特に若い頃には、失敗もしなくてはね。
Commented by chez-nami at 2012-12-22 06:56
こんにちは
適正な物を適正な価格で
とても当たり前の事なのですが、何でも値下げをしてしまうと
その値段まで待つ気になってしまいますよね
お互いに値下げ競争になってしまいますと
残るのは競争力を持つ企業だけ、、その後に独占?

安ければ買う、と言う考えを改めなければなりませんね
パリでも良いものはソルドの前には必ずなくなってしまいますよ
日本は良い品質の物を作れる国
世界の競争で勝ち残って欲しいものです!
Commented by pikeflower at 2012-12-22 10:53
確かに^^
(壮大なコマーシャル)に感動します。

質のいいもの知ってしまうと、チープなものが不思議と目に入らなくなりますからね。
がんばれニッポン、がんばれてぶくろ

ついでにがんばれ花絵^^;

ありがとうございます。
Commented by ihoko at 2012-12-22 13:48 x
ここ一番が、勝負の決め手!という、ものすごい気合を感じまして、思わずPCの前で正座して読んじゃいました。あはは・・・。

サイズの関係で、セールに欲しいものが残っている事がよくあるイタリアにきてからは、ほとんど正規で物を買わなくなった気もしますが、ただし、50年に一度くらいめぐり合う本当に欲しい物は、セールを待たないで買いますが、そういう物に限って思いいれがある為か いつまでも着たりして、長年の使いまわしの結果、後から考えると、結局はものすごいお買い得商品だった事になります。


と、日本製品って相対して質が良いと思います。
その日本の中でも、最高の質にこだわられているんですから、世界の舞台でも引く手あまたの日は近いような気がしますね。
目標は、エルメスじゃ~~!
手袋、一双100万円。皆さん。そういう日が来る前に、今、正規の値段で買われてもお得ですよ。

PS:お嬢様おめでとうございま~~す。
Commented by uransuzu at 2012-12-22 16:45
>namiさま
そうそう、メ―カ―がいいものを作っても、お客様が買ってくださらなければ在庫品。泣く泣くセールにだすしかなくて、次回はちょっと品質おとして原価を下げないといけないな、となってしまう。
値下げ競争に勝った企業は、「よしよし、これでいくらでも値上げできるぞ、ワシも悪よの~」(悪代官か!笑)となってしまう。
こうならないためにも、消費者は、適正価格で物を買うようにしなくてはいけないと思うのです。

ヨーロッパの一流ブランドは、決してセールしませんよね。自社製品への自信の現れでしょうか。それだけいい物を作らなくてはいけないな、と思います。
Commented by uransuzu at 2012-12-22 16:50
>pikeさま
日本経済の立て直しのために、「花絵」ちゃんも頑張ってくれています。
地味でも一生懸命に納得のいくものを作っていくしかないですね。

あ、昨夜わが家にいらしたお客様が、pikeさんの赤いリースを絶賛されていました♪ pikeさんのブログを教えましたら、さっそくご覧になって、感激しておりましたよ~。
Commented by uransuzu at 2012-12-22 17:05
>ihokoさま
なんかね、一生懸命にいい物を作って良心的な値段で販売しても、売れ残ったりすると寂しくなっちゃうの。しかも、どう見てもあっちの手袋は品質が悪くて高いよ、と思う方が売れたりしてね、「おぉ~~い、ちゃんと見て買ってよ~~。」と叫びたくなることがあるのです、あはは。
メーカーにとって、製品は我が子と同じでね、あまりに安く買いたたかれると、怒りさえこみあげてくる、という厄介なものなんですよ(笑)
エルメスさん、さすがです。でも、決して負けませんよ。

カリアリの美しい空と海のもと、頑張ってお勉強してね♪

Commented by nageire-fushe at 2012-12-22 21:32
そうですね~~~自分は待ちませんね。
物との出会いは、一期一会だと思うのです。
よほどの高額な品物でなかったら、買ってしまう
事が多いですね。
良き週末をお過ごしくださいね。
Commented by ushigara26 at 2012-12-22 22:15
日本の物づくりの技術は、ホントに世界に誇れるものだと思います!
震災の時以来、なるべく日本製品を買うことが、日本の企業を
支えることになるのだと思って、日本製品を買ってきました。なるべく
ですけど・・・(・ω・;)
いつの日か、私もAlta Classeさんの商品が買える、成熟した(笑)
大人になりたいと思います!!(。ゝω・。)ノ
Commented by uransuzu at 2012-12-22 23:08
>nageireさま
一期一会、なんていい言葉でしょう♪
さすが、nageireさまです。
そうなんです、後で「買えばよかった」と後悔しても遅いのですよね。
出会いというのは、物も人も同じですね。
nageireさまも、よき週末を~
Commented by uransuzu at 2012-12-22 23:12
>ushigaraさま
まず、日本人が日本製品に自信をもたなくてはいけませんよね。
日本人よ、もっと自信を持て!です。
そして、適正価格で買って!です(笑)
どうも、日本人は外国、特に欧米に対してコンプレックスがあるように感じます。
ushigaraさんが、大人になる日、待ってますよ~(●^o^●)
Commented by leoncavallo45 at 2012-12-23 08:43
私は気に入って欲しい物はセールを待たずに買いますというか・欲しい物がセールにならないからです・そして日本の縫製・機能性は海外物に負けていないと思いますが・デザイン性に問題があると思います・残念ながらこ洒落感がないのです・その辺を研究すると日本ブランドも頑張れると思います・海外も日本も良い物は良いです。お客さまの見る眼が足りない事もあるかも・・・・
Commented by uransuzu at 2012-12-23 13:02
>leoncavalloさま
欲しいものがセールにならない・・・う~ん、本当にいいものを知っていらっしゃる方のさりげない、でも的確な言葉ですね~。記事にも書きましたが、やはりセールできるものとできないものがありますものね。
leoncavalloさんのお店に置いてあるものは、日本にはないオシャレ感、海外のトラッド感があって、そのわりにリーズナブルで、きちんと商品と向き合っていらっしゃるのだな~と思います。というより、きっと商品に愛情を持っていらっしゃるのね、それが伝わります❤
Commented by micci at 2012-12-23 14:14 x
こんにちは~私は、セールに行って新着ものを買う派です~~
(そんなのない??・爆)セールに行きながら、こちらは入ってきたばかりのものです、、、のことばに弱く、つい買ってしまいます・・・
実は…実は・・・てぶくろさんに告白が・・・愛の告白ではないのでご安心を~
あの手袋、片方落としてしまいました!!(山手で・汗)
それで、先日、アルタクラッセさんに片方、お取り寄せできるかうかがいに行きましたが、スタッフの方が接客中で、帰ってきました~(汗)
ま、結構今年はめたからいいかな~とすごく諦めがいいのです、、、が
セールのときに、またうかがいます~あのロングにファーがあるといいのだけれど、、、
Commented by uransuzu at 2012-12-23 15:21
>micciさま
え・え・え~~~っ!落とされた?あの手袋を、あの時に?それは私も大ショックです!あの手袋、私も大のお気に入りだったんですもの~、とってもmicciさんにお似合いだったし、誰か拾って届けてくれないかしら、えぇ~~ん。(なんだか、私の方が諦めが悪いわ ^^;)
micciさんに、手袋の神様が微笑みますように~、パンパン。
Commented by shinn-lily at 2012-12-24 01:56
手袋から経済学を学ぶ パチパチ

アルタクラッセのお客様は寒くて手袋がないから購入するという方はまずいらっしゃらないでしょう。
いえ、日本国中そうかもしれませんね。
みんなたくさん持っている、でもそういうのもうそろそろやめて、数が少なくても、いいものが欲しい、きっとそういうお客様こそアルタクラッセをお尋ねになるのではないかしら。
ですからこれはとても良い循環に入っているということですね。
価格競争にさらされ、価格を下げなければならない商品は同じく、経済をだめにしてしまいます。企業も存亡の危機・・・パナソニック、シャープ・・・悲しい、残念です。
ああ、そうはいっても、saleで欲しいものをgetした時の幸せ感、
あれもなかなか良いもので・・・ゴメン
Commented by uransuzu at 2012-12-24 09:23
>lilyさま
もう、茶化さないでください~(●^o^●)
そんな大層なもんじゃございません、ちょっと新政権への経済対策に不安がありまして、日本人は自信を失っているようにも思いまして、吠えてみました(笑)
日本の家電製品や車、・・・中国や韓国に完全に敗北していますよね。
中国にはいろいろな資源面(人の数、国の大きさなど)で、かなりの差があるのはわかるのですが、韓国はやはり政策の差だとの想いがあります。日本のメーカーも頑張らなくては、と自分にカツを入れました。

(セール、私も好きよ、うふ)
Commented by kanafr at 2012-12-27 06:05
記事がアップされた時に読ませていただいていたんですが、コメする元気がなく大分遅ればせのコメになってしまいました。スミマセン(汗)
日本にいたらpikeさんのあの素敵な花絵を見る事ができたのに...残念です。
商品を見た時、心ときめく商品は「今買わなきゃ!」という気持ちにさせてくれる商品だと思います。そこで「セールまで待とうかな」って思った商品は心の中で「買わなきゃ」じゃなく「買おうかな?」の商品群です。

以前にも同じ事を言った気がしますが、日本の品質は本当に素晴らしいものが多いと思いますよ。
いつも感心するのは、日本製品は安価な商品でも色落ちや生地のほつれやゆがみや縮みなどがありません。
日本にいた時ある服飾メーカーの依頼でアクセサリーと小物の仕事をした事がありますが、納品に時には、納品された商品を引っ張る、伸ばす、開け閉めのチェック..etcの細かいチェックがあり、一つでも不良が出たらその場で全商品返品という厳しさでした。
色んな人がこんな風に厳しく検品をする訳ですから、店頭に並んだ時点で不良なんて事は殆どないのが日本なんです。
Commented by kanafr at 2012-12-27 06:06
フランスでは日本のような検品はなく、仕事で付き合いなるメーカーは何度も検品白と言っても検品とは数を数える事だと思っていますからね。もう信じられないずさんさです。
それでも、フランス製にこだわるのは、やはり色の出し方が全然違うんですよ。これは逆に日本で経験しましたが、当時の話ですので気を悪くなさらないでいただきたいのですが、フランス製の物をサンプルとして渡しても、微妙にもう少し青がかった..とか赤みがかった..とかいう微妙な色はできませんでした。又原型でも、もう少しこの部分を伸ばした方が雰囲気が出ると言ってもなかなか職人さんには伝わらず、結局東京から早朝出張で工場に飛び、自分で色出しの見本を作ったことがあります。
技術はあるのに「ミケランジェロのこの絵のこの部分の感じのように汚して」と言っても通じる職人さんがなかなかいないのが、日本だなって思った記憶があります。
きっと今はコンピュータにその微妙な差を取りこんで可能になっているとは思うんですが..。
頑張っていただきたいですね。
Commented by uransuzu at 2012-12-28 10:18
>kanaさま
遅ればせでも、コメントいただいて嬉しいです♪
もう、体調はすっかりよろしいのですか?無理なさらないでね。

セールの是非は難しいところです。売る方としては、プロパーで買っていただきたいのが本音、でも在庫になるよりは売りさばきたいのも本音です。そこで、消費動向とのにらみ合いが続きます。そして、あまりに安いセール価格になったとき、悲しく寂しくなります。気合いの入った製品であればあるほど・・・今回のブログは、読みようによっては傲慢に聞こえるな~、とアップした後で反省したりして^^;でも、ま、いいか(笑)
「今、買わなきゃ!」という気持ちを持ってくださるような製品づくりをしなくてはいけませんね。

pikeさんの花絵、いいですよ~。主張し過ぎず、存在感があって。見せたいわ~
Commented by uransuzu at 2012-12-28 10:34
>kanaさま
色の出し方、わかります、その違い。
気を悪くすることなんて、まったくありません、逆にkanaさんが真剣に語ってくださることが嬉しいです♪♪
色って、やはりその国その国の文化伝統にも影響されていますね。フランスの芸術レベルの高さ、なかなかその色は出せないかもしれません。逆に、日本独特の色合い、これも他の国では出せないかもしれませんね~。今は、よくも悪くも、その国独特のものが減ってきているようにも感じます。
特に、革製品では、ヨーロッパに追いつき追い越せ、といったものがありますから、日本企業ももっと勉強しなくてはいけませんね。
はい、頑張ります!応援よろしく!
by uransuzu | 2012-12-21 22:09 | 手袋にまつわる話 | Comments(22)