中原淳一さん生誕の地

100年前のこの日(2月16日)、この場所で、中原淳一さんは生まれました。
d0162995_1948862.jpg
香川県東かがわ市白鳥神社から徒歩2分。
旧高嶋米穀&酒店、今は誰も住んでいる人のいない空き家です。
狭い店舗跡に、中原淳一さん生誕100周年を記念して、大勢の人が集まっていました。
d0162995_19525284.jpg
1日目はお友達と、2日目は義母と。義母は「あら~、こんな本なら、いっぱいうちにあったのにね~」って。そうですよね、あの時代の女性なら誰でもお世話になった懐かしい絵でしょう。

淳一さんのお父様が、この地の小学校の教員だったそうです。
「うちの祖父が、お父様と一緒に働いていたのよ」と話している方がいました。
県内近くにある中原医院は、淳一さんと親類だそうです。
今回、イベントをすることで、いろいろ情報が集まってきています、とお世話されている方が嬉しそうに話されていました。
d0162995_19561874.jpg
d0162995_200337.jpg
グッズ販売やオーダー服販売などは無くて、地元に残る資料を並べたり、DVDを流すだけの地味なフェアです、それでもこんなに大勢の人が集まっているなんて、今さらながら彼の人気に驚きました。

中原ブランドの手袋、作る?^^
Commented by kanafr at 2013-02-18 04:20
中原淳一記念館がなかったら、是非作っていただきたいなあ。
本当に素敵なんですもの。
ルーブル美術館に行くと、絵画の中で見られるアクセサリーとかがグッズになって販売しているんですよ。
中原淳一さんの絵にある手袋なんて素敵じゃないですか?
是非是非実現して欲しいですが、著作権とかで難しいのかしらねぇ。
Commented by pikeflower at 2013-02-18 11:14
わたしもメヂカラも目張りも、大事だと思いま~す^^。
Commented by uransuzu at 2013-02-18 15:58
>kanaさま
中原淳一美術館が、河口湖にあったようなんですが、閉館してる???
広尾の「それいゆ」に行くと、いろいろなグッズ販売しているようですね。
今度、行ってみたいと思います、商談ではないですよ(笑)
Commented by uransuzu at 2013-02-18 15:59
>pikeさま
私は、もともと細い眼で、そのうえ最近はシワに埋もれてきて、殆どメヂカラありませぬ~(泣)
by uransuzu | 2013-02-17 20:19 | てぶくろ市 | Comments(4)