桜の盆栽

盆栽を習うきっかけは、先生の作った桜の盆栽との出会いでした。
小さな桜が、小さな器の中で、精一杯に咲いていて、そこに自然の野山が見えたから。

今年、ようやく念願の桜の盆栽に挑戦いたしました。

覚書として
根は山桜、枝は旭山桜の接ぎ木。
接ぎ木してある部分を土より上に出すこと、そうでないと旭山桜が根を出す可能性もある。小さく枯れたところはカット。家でカットしたときは、切り口にボンドと炭を塗るとよい。
裾野には、富士砂を散らし「ヒナ草」か「コケ」でお化粧する。
d0162995_1172694.jpg
出来上がった作品を並べて、先生が、「心配したけど、なんとか収まっていますね。」だって。
d0162995_11104894.jpg
しばらくは、外の霜が当たらないところに置いておくこと。そして毎日、霧吹きで水やりする。3日に一度くらいは、たっぷりと。肥料は、1年はもつというが、一応8月頃にもう一度やった方が、来年の花芽が勢いよく育つ。

終わったあとは、先生がこだわりの珈琲を入れてくださる。
アラジンのストーブが大好きで、古い物を置きたかったが、匂いがひどいのであきらめたそう。ポコポコと珈琲を丁寧に入れてくださり、レッスン後のおしゃべりも楽しい。
d0162995_11135175.jpg
日本人の私たちには、当たり前すぎて見逃している日本の美しさ、良さ、を教えてくださる。
先生の日本語はどんどん上手になり、「少しはフランス語も覚えられるかも」といった私たちの思惑は大きく外れているけれど(笑)

多分、他の桜より少し早めに咲くので、満開になったら、お花見しましょ!
「花見酒しましょ!」って~、先生そんな言葉をどこで覚えたの?^^





花見酒に、こちらはいかが?

エビスから、ジョエル・ロブションと銘打ったビールが限定販売中

フランス・シャンパーニュ地方の上質麦芽と薫り高いネルソンソーヴィン種のホップを使用。世界中で数多くの☆を獲得しているフレンチの巨匠ジョエル・ロブションも認めた、華やかな薫りの余韻が清々しいエビスです。

d0162995_21231055.jpg
フランスと日本の融合です^^ 2月20日から販売されていますよ。
さっそく、プレゼントしてくださったYさん、ありがとう❤
Commented by sogno_sonyo at 2013-02-21 22:57
あ・・あ またお金を使ってしもうた~・・。
桜の盆栽いいよねー とにこにこ読ませていただいて最後に
ロブションのビールですとー?! と食いついてしまいました。
ちょうど友人の家に持っていく手土産を探していたのでピッタリ。
早速ネットで注文しました!ありがとうございます。

盆栽の先生・・素敵ですね。こういう方はお会いしなくてもわかります。
お近くだったら私もぜひ生徒になりたかったです。
Commented by mika-96 at 2013-02-21 23:10
まあ・・・これは見逃せないビールですわ!!!
是非買って今年のひな祭りはこれを飲もうかしら~
ネットで注文?
よっしゃ~行ってきま~す!
Commented by kanafr at 2013-02-22 08:34
「桜の盆栽」という文字にノックアウトされています。
盆栽はいかなるものか分かっていたのに、松しかイメージが湧かなかった私、もうバカバカ!!
桜の盆栽なら私も習いたい!やってみたい!咲かせてみたい!!
でも無理なので、てぶくろさんの作品に期待しています。
是非是非経過も教えてくださいね。
家でお花見いいなあ。
今ね、てぶくろさんの記事を読んでどういう訳か宇多田ヒカルのsakuraドロップスが浮かびました。歌えないけど...。
気分だけでも桜に酔いしれたいわぁ、
Commented by uransuzu at 2013-02-22 12:28
>sognoさま
お金は、使えば使うほど増えるものらしいですよ(ホント? 笑)。
どんどん使って、日本経済の立て直しにご尽力ください。
お友達宅への手土産にぴったりですね~、話題性があるし、ちょっと重いけど。

盆栽の先生の優しい笑顔に癒されている私たちです。
Commented by uransuzu at 2013-02-22 12:30
>mikaさま
ちょっと他にはない、高級な薫りがいたします。
お値段は普通のものと変わらないので、ぜひ~
そっか、花見酒の前に雛祭りがあったわね!よっしゃ~♪
Commented by uransuzu at 2013-02-22 12:33
>kanaさま
そうでしょう、松ではない桜の盆栽ですよ、乙女心をくすぐられますよね。
ソメイヨシノよりは一回り小さい旭山桜が咲く、予定・・・。
きっと、満開でちらほら散る様も美しくあわれである、予定・・・。
あ、プレッシャーが^^;
宇多田ヒカルさんのsakuraドロップス♪、お若いわ、kanaさん。
私の頭の中は、遠山の金さんしか浮かびません~
Commented by akicosmosA at 2013-02-22 13:35
kanaさん*sakuraドロップ浮かびますわ。私達若いものねえ。
遠山の金さん??(爆)これが見えぬか!なんて知りません。
桜の盆栽・・素敵♪ 先生もお顔からお人柄の良さが伝わります
我が家の目の青井お婿さん日本語上手になったかな?
私?ムニャムニャ・・・・;;
Commented by ihoko at 2013-02-22 14:07 x
桜の盆栽・・これ。ほしいなぁ。昔、祖父が盆栽をやっていて、、イタリアに ミニ松もって行くか?と言ってくれた事があり、、その時は、何ゆえ、松などもっていかねばならぬ!と思いましたが、今なら、どこに隠してでも持ってきたいものの一つですが、桜はその上。これは欲しい~。

で・・次女ちゃんは、着物の女王KAGAWAに選ばれるほどの美女ですって?誰の血かなぁ?
Commented by uransuzu at 2013-02-22 22:56
>こすもすさま
背中の桜吹雪、見えませんか~(笑)おかしいな、こすもすさんは、私側(どういう側?^^)だと思っておりましたのに~
盆栽の先生、本当にお優しくて、厳しく盆栽道には精進していらして、この先生についてよかったなぁ、といつも思います。
きっとね、青い目のおムコさんは、日本語はちっとも上手になっていないと思いますよ、その分、お嬢様がネイティブフレンチを話すようになっていらっしゃるに違いないです。
Commented by uransuzu at 2013-02-22 22:59
>ihokoさま
うぅ・・ん、ihokoさんのリクエストには何としても応えてあげたい、と思うのですが、この盆栽だけはね~、無理です。
盆栽って、フランス始め欧米で注目されていると聞きますが、まだまだ松だけなのですね。私、盆栽を極めたら、イタリアに指導に行きますから、それまで待っていてね。
下娘、古典的な顔です^^
Commented by micci at 2013-02-23 02:37 x
盆栽、箱庭、日本人お得意のミニマリズムですよね♪
そうそう、近年にわかに欧米、特にフランスで盆栽が人気と聞きました~

凄いわ、、、てぶくろさん、盆栽まできわめて、
なかなか渋い先生ね、、、やっぱりフランス人が好き、、ねっ~てぶくろさん、、、
love changes everything
のセブの声、私もすぐわかったわ、、、5人も歌うとどれが誰だかって感じだけど、、、あ、でもてぶくろさんはきっとすぐおわかりよね♪
Commented by uransuzu at 2013-02-24 08:44
>micciさま
エルメスのスカーフには、ずいぶん昔に盆栽柄が出ていますよね。
ヴィトンのモノグラムは、日本の家紋を真似た、というのも聞いたことがあります。
フランスから見ると、日本はエキゾチックで魅力的な国なのでしょうか?

と、いうことで、Seb~~、日本女性もいいですよ~~❤
私、今では、世界中の人が一斉に唄っても、きっと彼の声を聴き分けられますよ、えへん。
早く、来日しないかしら・・・ね~、micciさん。
Commented by pikeflower at 2013-02-24 18:17
ぁ、この先生、ほんとに盆栽が、植物がすきなのね。
この顔をみればわかるゎ。
話、合いそう・・
いい先生に会えてうらやましぃ、tebuさま。
Commented by uransuzu at 2013-02-24 22:29
>pikeさま
先生いい表情でしょう、植物の一つ一つに愛があるのよね❤
残ったどんな小さな植物も小さな鉢に植えたりね、枯らしてしまったと言ったらものすごく悲しい顔をされるのですよ。
盆栽は何年、何十年と続く仕事ですから、末長くお付き合いいただきたいです❤
Commented by shinn-lily at 2013-02-25 11:42
かつては盆栽に惹かれたものの、ものの見事にみんな枯れてしもうた、
いつくしむ心がたりない・・・ああ人間が生きていくのでせいいっぱい
いつか盆栽をめでながら生活できる日々が、
ああ、その時は正真正銘のおばあさんになっているわけだわ。

日本人が見失っている日本の美しさ教えてくださる、
素敵な方ですね。
Commented by uransuzu at 2013-02-25 16:47
>lilyさま
私も、人間がまだまだ浅ぅございますゆえ、枯らすことがしばしばです^^; 今のところ、3勝7敗くらいでしょうか・・・
でも、先生のところに時々持っていくようになってから、プレッシャーがあり、せっせと盆栽のお世話をしています。
やはり、何事も教えてくださる先生の魅力しだいだと~❤ という、煩悩たっぷりで頑張っています。
by uransuzu | 2013-02-21 21:32 | その他 | Comments(16)