奇跡のバロック

しばらくブログが滞りがちになっておりました。
なんとか、生きております^^;

タイトルの「奇跡のバロック」は、地元で行われたコンサートです♪
盲目のピアニスト武久源蔵さんとハルモニア・インヴェントゥールによるバロック演奏会。
私は学生時代からバロックが大好きで、あの単調な音楽を聴きながら勉強・・・しているつもりが、いつも爆睡しておりました、いわば私の子守唄です♪

今回は、残念ながら本番のコンサートには行けなかったので、リハーサル中にお邪魔しました。
d0162995_184121.jpg
d0162995_18412194.jpg
張り詰めた空気の中で、丹念に丹念に行われる調律を聴いているのも好きです。
「もう完璧な調音だわ!」と、私の耳は判断しても、プロの彼らには納得できないようです。
調律は、本番直前までくり返し行われていました。

古楽器の音色は、素朴で温かみがあります。
なんとも懐かしく、私の心の奥に、すと~んと響いてくるのです。
d0162995_18463698.jpg
フォルテピアノとペダル・チェンバロ
フォルテピアノは、1700年頃にイタリアで発明された、今のモダンピアノの原型とも言えるものです。
とても繊細で・・・(実はこれを運搬してくるのが大変だったのよね~)
低音域、中音域、高音域、音色が微妙に異なります。

d0162995_18465324.jpg
ヴィオローネとバロック・チェロ
ヴィオローネ(手前)を間近で見たのは初めてです。コントラバスの先祖と言われる楽器です。
さ、さわってみたい・・・内緒でちょっとだけ^^
なんとも深みのある低音です。

他にもバロック・ヴィオラにバロック・バイオリン、フラウト・トラヴェルソ(フルートの前身)といった古楽器による演奏です。これらの古楽器が、それはもう見事に溶けあうのですよね~
聴いていて、どれがどの楽器かわからなくなるぐらいです、素晴らしい~~~♪♪♪

CDを購入したけれど、やっぱり心地よすぎて、眠くなってしまう・・・
古楽器っていいですね♪♪♪
Commented by chez-nami at 2013-03-23 14:36
ぼんじゅ♪
奇跡のバロック、、まさにその通りのコンサートですね
ワタシもこんな昔のチェンバロはウィーンの楽器博物館で見ただけです、、
どんなにステキな音が出て来るのかしら?
あ、、でもワタシもバロックは、、子守唄になってしまうの
単調ですから(笑)
古楽器、音をあわせるだけでも大変そうですね
聞いてみたいなぁ〜!
Commented by uransuzu at 2013-03-24 12:27
>namiさま
ぼんじゅ♪
古楽器の素朴な音色、ピアノもバイオリンもフルートも全ての音色が一つになるのですよ♪
原始の楽器は、きっとこんな風に魂を浄化させるためのものだったのね、と思えるような~
だからね、寝てもいいのよね~^^
ウィーンに楽器博物館というのがあるのですか、それも行ってみたいわ♪
by uransuzu | 2013-03-21 19:16 | その他 | Comments(2)