フィレンツェの想い出

「フィレンツェの想い出」と言っても、フィレンツェに行ってきたわけではありません。
(本当に行かれた方のブログはこちらです。)

「フィレンツェの想い出~群馬交響楽団員による室内楽演奏会~」に行ってきました。
行ってきた、という表現も正確には少し違うわ^^;
主催者側の一人として、「フィレンツェの想い出」コンサートを開催しました。
d0162995_16295778.jpg

田舎町に本物のクラッシックを!と始めた活動も今年で11回目になります。
これまでに、NHK交響楽団、京都フィルハーモニー、大阪フィルハーモニーなど、いろいろな室内楽団をお呼びすることができました。
そして今年は、群馬交響楽団から5名、東京交響楽団から1名の6名の方をお呼びして、弦楽六重奏を聴かせていただきました。

コンサート企画の時に、いつも強くお願いするのは、あまりクラッシックに馴染みのない人にもわかる曲選びです。
「私でも知っている曲をお願いします」と、音楽無知の私が基準~(笑)
今回の弦楽六重奏「フィレンツェの想い出」は、チャイコフスキー最後の室内楽曲です。
最初は弦楽四重奏から、五重奏になり、最後に六重奏になる、というのも楽しい♪

また、コンサートのチケットは、廉価で設定するのも大きな特徴です。
1年かけての準備、集金活動、今では市や県も協力してくれるようになりました。

当日は、湯茶の接待をしながら、リハーサルを聴ける役得あり~♪♪
d0162995_1644571.jpg
リハーサルで話し合い、修正し、速度や強弱を変える。
微妙な変更で、曲調がまったく違ったものになる。
この感動はリハーサルから聴ける者の醍醐味ですね^^

コンサートが終了したあとは、演奏者との懇親会が開かれます。
これも大きな役得ね♪
d0162995_1652686.jpg
この日も、地元の美味しい魚やさぬきうどんで会話が弾みました。

コンサートマスターを務めた水谷晃氏は、若干27歳です。24歳の時、国内最年少コンサートマスターに就任したそうです。とても頭のいい好青年です。(残念ながら、すでに既婚~^^)

彼はこの春、東京交響楽団に移籍しました。
移籍の原因の一つに、東京交響楽団が定期演奏するホールの素晴らしさがあった、と言います。
サントリーホール、東京オペラシティホール、ミューザ川崎シンフォニーホール。
たしかに素晴らしいホールばかり!

その東京交響楽団には、2014年から音楽監督として、ジョナサン・ノット氏が就任するそうです。
イギリス生まれ、ケンブリッジ大学出身のイケメン!こちらも楽しみです♪
d0162995_170343.jpg






2013年10月23日(水)発売(10月22日入荷予定)、イル・ディーヴォ NEWアルバム『ミュージカル・アフェア』国内盤の発売を記念して、代官山蔦屋と銀座山野楽器本店で、IL DIVOのパネル展示が行われます。

【開催場所】
代官山 蔦屋書店3号館 2階 音楽フロア
【開催期間】
2013年10月22日(火)~2013年11月18日(月)


【開催場所】
銀座山野楽器本店1F 銀座通り側階段
【開催期間】
2013年10月22日(火)~2013年11月4日(月)10:30-20:00 ※火曜、水曜10:30-20:30
Commented by micci at 2013-10-17 00:45 x
まあ!!いつのまにかフィレンツェにいらしたのかと思いました~
素敵な企画ですね~~室内楽、私も好きです・・・・・・
てぶくろさん、こんな企画を考えるの、大変ですが、素敵なボランティアですね♪
ちょっとリンクの方のところも飛んできました~三年前に行ったフィレンツェ、まざまざと蘇ってきました~ドゥオモが懐かしかったわ……

ところで、うふふ・・・代官山は大丈夫よ♪
山野は、レポのお待ちを♪
Commented by kanafr at 2013-10-17 01:01
てぶくろさんは素晴らしい方ですね。
お仕事でお忙しいのに、被災地の方達に手袋を送るボランティアもされるだけでなく、お花のボランティアやこうして地元に本物のクラッシックを..というボランティアもされていらっしゃるなんて..。
しかもご自身がすでに既婚の身でありながら、コンサートマスターの方がすでに既婚で残念!なんて言うユーモアもタップリ!

そうはいっても、イケメンは、生活の楽しみですね。
Commented by ihoko at 2013-10-17 01:45 x
偶然に驚いている。とおっしゃったのは、この事も含まれていたんですねぇ~。
素敵なボランティアですね。
目をつぶってヨーイドン。かわいいなぁ~のチビ子ちゃんも元気で何より。
Commented by uransuzu at 2013-10-17 13:24
>micciさま
私はフィレンツェに行ったことないのですよ~
でも、音楽や皆様のブログで、すっかりイメージが出来上がっておりますの(笑) そのイメージを確認するために、一度は行かなきゃ、です!micciさんは、3年前に行かれたのですね、またいろいろ教えてください。

レポお待ちしております。
う~~ん、盛り上がってきたわ~❤
Commented by uransuzu at 2013-10-17 13:28
>kanaさま
そ・そんなに褒められると困ります^^;
ホントにちょっとしたお手伝いだけなのです。
そして、そういったボランティアに参加されている方を見ると、私よりずっと多忙な方ばかりです。忙しい人の方が、いろいろ精力的に参加されるのかもしれませんね~。
男女を問わず、素敵な方にお会いできるのは楽しみです。
私の中では、これがすべての仕事のモチベーションにも繋がります、うふふ。
Commented by uransuzu at 2013-10-17 13:35
>ihokoさま
そうなの、実は偶然に驚きすぎて、すぐにブログアップもできなかったわ~
私って、予知能力あるのかしら?(笑)
でね、いつか私も行きたいわ、トトロ村に。そのときは、no.1ホテルを借り切ってちょうだいね。
Commented by pikeflower at 2013-10-17 23:00
やはりtebuさまは、地元でも活躍していらっしゃる。
すてきだとおもいました。
そしてきっと、湯茶の接待とは仮の姿で、実は秘かに采配ふるってコンサートを成功に導いているのだとわたしは思います。
最後にイケメンで〆るのも、やっぱりtebuさまです。
ごくろうさまでした~^^
Commented by uransuzu at 2013-10-18 08:32
>pikeさま
地元密着のtebuです^^
最初はね、まだ市にもなっていなかった町の時代、20年以上前に自分の子どもたちに本物のクラッシックを聴かせたかったの。そんな想いをもつ人たちが集まってね、こんな形になりました、すごいでしょう♪
何をやるにも、楽しんでやる!イケメンを発掘するのは楽しいわ~(笑)
Commented by chez-nami at 2013-10-18 17:56
流石に地元の名士は地元に貢献されているんですね
そんなてぶくろさん、素敵です〜♡


フィレンツェは大好きな場所!3回程訪れましたよ
フランスには無い華やかな街並、、大好きな町です(美味しいし 笑)
室内楽、特に弦楽は素晴しい音がするのでこれも良く聞きます
本物の音はやはり感動しますよね!
何をしても楽しそうにやってしまうてぶくろさん!
貴方こそ
いけめん、、いや!「いいおんな」ですわよ〜〜♡
Commented by uransuzu at 2013-10-18 20:04
>namiさま
え、誰が地元の名士?キョロキョロと見回す(;一_一)
田舎に土着している普通のオバサンですよ~
でも、だからこそ、この街を活性化させたい、子どもたちに明るい希望を持たせたい、と無力ながらあれこれボランティアに参加させていただいています^^
おかげで、誰ひとり知人友人のいなかったこの地で、たくさんの素敵な仲間にもめぐりあえて、私こそ感謝だわ♪ 楽しくなくっちゃ続かないです♪♪

namiさんってば、フィレンツェに3回も~、羨ましい~~~
フランスより静かで落ち着いた街かと思っていました、華やかなんですね!
by uransuzu | 2013-10-15 17:13 | その他 | Comments(10)