スコットランドのもの

「マッサン」ブームだからではなく、実は数年前から、ウィスキーが美味しいと思うようになりました。

でも、ウィスキーって、ちょっと「おっさん」ぽいでしょ? 
外ではワインを飲んでる方が、マダムっぽいでしょ?(笑)
だから、ウィスキーは密かに家飲み^^
特にシングル・モルトは、それぞれにすっきりした味わいがあって美味しいわぁ。

セーターの整理をしていたら、スコットランドのカシミヤカーディガンが2枚出てきました。
d0162995_15200067.jpg
2枚とも、もう35年くらい前に母が買ってくれた物です。
「寒い所にお嫁にいくんだから。」って。
実際は、同じ県内だし、そんなに気温は変わらないのですけどもね、
田舎に嫁いで苦労するんじゃないか、と心配してたのだと思うわ。

それにしても、この2枚をどれだけ愛用したことか。
特に黒色の方は、厚みのあるカシミヤニットで、とにかく温かくて、軽くて、丈夫で、
子どもが小さい時には、このカーディガンを着たまま眠っていたこともあります。

少し、くたびれてはきたけど、まだまだ現役です。
最近のお手軽カシミヤとは、品質が全然違います。

とてもお洒落なブロガ―さんが
>ピュアカシミアの価格はピンキリで、ピンはうん十万、キリは数千円。
>クオリティの違いはカシミア山羊の毛にある。

などと、スコットランドのカシミヤについて書いていらしたので、
今まで気に留めていなかったメーカー名をネットで調べてみました。

d0162995_18445947.jpg
(*↑関係無いけど(笑)、IL DIVOの「ミュージカル・アフェア フレンチ・バージョン」 すごく素敵❤)


グレーの「MUCH TIRED」の方は、見つかりませんでしたが、
黒の「William Lockie」は、今も健在のようです。 

嬉しかったわ♪
ぜひまた、いいカシミヤニットを手に入れたいと思っています。





Commented by sogno_sonyo at 2014-12-06 20:34
35年経ってもまだ現役なんて。
きっとその当時でも今でも高価なものなのでしょうが
上質とはそういうものを指すのでしょうね。
お母様の愛を感じます。
私もウィスキー好きです。
以前はWの水割りかロックでしたが
最近は弱くなってハイボールです。
(昔からオッサンの私~)
ドラマではマッサンより鴨居の大将に魅力を感じます。
そのせいかハイボールだったらサントリーの角のほうが好きかも♪
Commented by uransuzu at 2014-12-06 22:00
>sognoさま
当時で、私の1ヶ月分の給料くらいしたと思うの。
でも、十分に元をとりました(笑)
結婚後も何枚もカシミヤのニットは購入しましたが、これほど品質の良いものには巡りあっていません。
亡き母の愛情を感じて、ブログに書きました。

うふふ、今も一人ウィスキーを飲んでいるわよ~♪
私も、鴨居さん方に魅力を感じます。ぐいぐい引っ張ってもらいたいお年頃~(笑)
Commented by kuukau at 2014-12-06 23:54
ここにグレーのツインセーターがないか調べるね。
人生最後のセーターはグレーのツイン、と決めてるのw
細い糸で編んだカシミヤニット。
一番信用できるのがユーザーの口コミ。
35年ならバッチリだわ。
Commented by uransuzu at 2014-12-07 08:19
>空子さま
ここにまだ、あの素晴らしいカシミヤニットを販売しているなら、私も欲しい!と思って調べたのですが・・・ネットの壁&英語の壁に当たって頓挫です(笑)空子さんの報告を待ちます^^
しかし、人生最後のセーターまで決めていらっしゃるの?あはは、恐れ入りました!
Commented by queentomo at 2014-12-07 09:37
この記事,私発言の資格ないわ。でもでも。
セーターは洗濯機で洗えるユニクロ専門の私。犬の毛がつくのでTシャツがわりなんだもん,
毎日洗濯,一応ネットに入れるけど夫も洗濯仕事に加わってるので、みもせずに乾燥機にほりこんどいてくれるので何回せーたーがだめになったか。怒。
で、怒らずにいられる、上記のブランドに行き着いた訳。たまに乾燥機から出て来てもあまり縮んでない、不思議。
Commented by nageire-fushe at 2014-12-07 09:44
ウイスキーお好きなのですね。
自分は下戸で不調法なのですが
やはり、本場のものは違うのでしょうね。
カシミア、昔のものは軽くて肌触りも
違いますよね。
Commented by uransuzu at 2014-12-07 14:10
>tomoさま
私もカシミヤは、普段着だと思うのです。ユニクロのカシミヤももちろん(笑)いくつも持っています^^。スコットランドのカシミヤは、これまでに何十回、いやひょっとしたら何百回と洗濯しました。ネットに入れて洗濯機荒いもします。でも、まったく型崩れもせず、子育ての荒っぽい使用にも耐え、「つくづく、このセーターは優れモノだな~」と思った次第です。(さすがに、乾燥機はかけたことありませんが~笑)


Commented by uransuzu at 2014-12-07 14:13
>nageireさま
ウィスキ~~はお好きでしょうか~♪
とCMの曲が聞こえてきそうでしょう(笑)
お酒はあまり強くない、せいぜいグラス2杯が限度ですが、楽しむことを覚えました。
やはり、昔の物の方が、品質がいいのでしょうか。
考えてみたら、円が360円の時代だったかも(笑)
Commented by はな at 2014-12-08 09:59 x
フレンチバージョン良いわよね。気持ち良く聴いていたら、娘が『フランス語でもやっぱり演歌に聴こえる』だって。耳の悪い娘だわ。(笑)
ウィリアムロッキーなら、UKのアマゾンで買えるわよ。
どうなんだろう?お値段はランズエンド並よね。
私のカシミヤ、オールドイングランドとランズエンド、15年来てるけどまだまだイケる。
http://www.amazon.co.uk/s/ref=sr_pg_1?rh=i%3Aaps%2Ck%3AWilliam+Lockie&keywords=William+Lockie&ie=UTF8&qid=1417999847
Commented by uransuzu at 2014-12-08 11:52
>はなさま
おかえりなさ~い♪
うふふ、若い娘には彼らの良さ、本物の良さがわからないのよ、ということにしておきましょう(笑)

UKのアマゾン、見てきたけど、ちょっと違う~涙
HPを見ても、品ぞろえが昔と違うように思うのよね、経営方針が変わったのかしらん。
今年は、はなさんお薦めのランズエンドで、孫っち一家全員にクリスマスプレゼントを買ったわ♪
Commented by queentomo at 2014-12-08 17:34
今日の昼休み、NHKのBSで、イッピンという番組で香川手袋をみました。
すごいのね〜。
そーやったんやーと思いました。
Commented by uransuzu at 2014-12-08 18:58
>tomoさま
そうなんです、凄いでしょ!私は出ていませんでしたが。(笑)
「美の壺」では、Alta Classeも取材されました〜。
Commented by tokidokitasu at 2014-12-09 01:40
35年のカシミアニット・・・すごいです。
まさに一生物ですね。
品質もさることながら、丁寧に着続けられたてぶくろさんもスゴイです!!
昔、カシミアニットはオーバーサイズで作って、水洗いして丁度のサイズに縮めるのだと聞いたことがあります。
ホントかどうか分かりませんが、しっかりとした風合いと伺って思い出しました。
Commented by uransuzu at 2014-12-09 07:20
>tokidokitasuさま
それが、全然丁寧に扱わなかったのです。かなり、ハードな使用、しかも適当な自宅洗濯の繰り返しで^^;
だから、余計に素晴らしい品質だなぁと思うわけです。
買ってけれた母の想い出とともに書いてみました。
by uransuzu | 2014-12-06 20:02 | その他 | Comments(14)