太田雄貴選手とご両親と♪

フェンシングの太田雄貴選手のお母さまは、てぶくろ市のご出身。
(夫と同級生だったらしい^^;)
太田選手が、フェンシング界の兄と慕う、市ヶ谷先生は、てぶくろ市の高校でフェンシング部の顧問をしている。
(市ヶ谷先生も元オリンピック選手)
太田選手のフェンシング・グローブもてぶくろ市で作られていたりする。

d0162995_14493070.gif

                 (画像はお借りしました。↑)


そんなこんなのご縁で、太田選手は時々てぶくろ市を訪れます。
今回は、お母さまにも「太田家流のわくわく子育て」について、お話しいただきました。

d0162995_14504207.jpg

            (↑ 左から、 コーディネーター、太田選手のお母さま、市ヶ谷先生)

お母さまは、小学校の先生をしながら、三人のお子様を育てられました。
雄貴選手は、兄、姉をもつ末っ子。
小さい頃にはいろいろなスポーツや習い事をさせたが、
小さな目標をたてては、一つずつそれをクリアーしていく、要領のいい子どもだった。
達成するごとに、親や家族も一緒になって、ささやかなお祝いをして喜んだ。


と、そこに太田選手のお父様も合流する。
(あら!ずいぶんと雰囲気のあるお父様だこと!)

d0162995_14591292.jpg
               
お父様も、長年小学校の先生をしてこられた。
ご自分が高校時代にフェンシングをしていたので、雄貴くんにも小3から習わせた。
13年間、一日も休まずに練習に付き合う。
(修学旅行先にも押しかけて、フェンシングの練習をしたことは、有名なエピソードらしい。)

雄貴選手のお弁当も、毎日お父様が、いろいろと凝ったお弁当を作ったそうだ。
(葉っぱを飾ったり、うどん玉と出汁を別ポットに入れたり)
それらのことは、嫌だと思ったことはなく、自ら楽しんでやられたとのこと。

子どもにやる気を出させるには、押し付けないで、自分で考えさせることが大事。
練習の中にも、楽しく遊ぶ時間が大事。


ご夫婦と市ヶ谷先生の明るく楽しい対談に、会場は大盛り上がり!
と、最後の方になって、なんと!雄貴選手自身が登場~。

d0162995_15044270.jpg

           (↑ 雄貴選手の写真は、撮ってはいけないと言われていましたが、これはハプニング~)


雄貴選手自身の講演は、この後、昼食をはさんで開催されました。
こちらも、楽しく、また実践的な話や裏話もあって・・・
別ブログに書きますね♪


なお、
テーブルフラワーは、わがフラワーボランティアで製作いたしました。
控室とゲストへの花束もね♪





Commented by kuukau at 2015-09-14 09:10
芽を摘まないのが子供を成長させる子育ての基本やね。

魚君のお母さまはタコに興味を持った息子のために、毎日タコを買い与えたって。
魚にしか興味を示さなかった彼は吹奏楽部の部員だったって。
水槽と間違えららしい(笑)
Commented by あんこ♪ at 2015-09-14 09:28 x
一般にはまだまだ無名だったアテネオリンピックで関西の番組が会場の外で取材してる時に
飛び入りしてきたのが彼。結構ビッグマウスだったけどw憎めなく好青年だな~と印象に残ってました。それがみるみるうちに大活躍!いいよね~
ご両親のこの話も関西ではよく特集してて・・・お父さんのお弁当の話とか有名です。
和歌山もフェンシング人口多いようで私も周りでも子供さんやお孫さんがしてはります。
子育て・・・してきてないような・・・反省・・・って遅いですね(大汗)
Commented by queentomo at 2015-09-14 10:57
上の息子のお弁当は私が全部作ったが、下の娘のお弁当は半分は夫が作ってた。

同級生でフェンシング部の子は片足が太くなってズボンが大変と言ってたわ!
Commented by uransuzu at 2015-09-14 18:36
>空子さま
子どもの才能を見極めるのも大事ですよね、なかなか難しいけど。

さかな君の話、すごく面白いなぁ。
(どこかで、使わせてもらいます^^)
で、彼は最後まで吹奏楽部を辞めなかったのかしら。
Commented by uransuzu at 2015-09-14 18:42
>あんこさま
小さいときから、お父様があちこちに連れまわし、いろいろな大人と交流させ、しだいに物怖じしない人間になったそうです。
本人は「本当は、今でも人見知りです。」と言っていましたが。
お母様は、普通のおおらかな母親、と見た!
お父様が、好きなものにとことんこだわる、子育ても楽しんでやった、と見た!
子育ての反省は、孫育てにいかしましょう。。。迷惑よね(笑)
Commented by uransuzu at 2015-09-14 18:45
>tomoさま
やはり、共稼ぎだと夫の育児・家事協力は当たり前ですよね。
一緒にやらないと、やっていけないもの。
うちの近所の男の子は、その運動能力をかわれて、高校フェンシング部からスカウトがきたのだけど、
「タイツをはくのが、イヤ!」と固辞しました。
by uransuzu | 2015-09-13 16:03 | てぶくろ市 | Comments(6)