エールを送ろう!

私がてぶくろ市に嫁いできた当初、
夫の家族以外は誰も知らない、もちろん友達もいない、
夫は出張が多い、、、

そんな時、
今ならママ友というのかしら、娘の習い事(バレエ)を通じてできた友達、
ずうっと何でも話し合える関係が続いています。

久しぶりに二人で忘年会しましょう、うちにいらっしゃいよ、夫がいない夜に~♪


d0162995_21373943.jpg


彼女は、40代後半から、ビジネス・カレッジの先生になりました。
もともと仕事への熱意、能力があり、しかも周囲の誰でも魅了する明るい性格で、
就職して10年目(?)の今年、なんとカレッジのトップに大抜擢されました。

私は、すごく嬉しくて、自慢で、応援してた、、、

ところが、今年度いっぱいで仕事を辞めることにしたというのです。
理由は、お母様とご主人様の体調がおもわしくない、から。
すごく悩んで、悩んで、彼女が出した結論です。
思わず、もったいない、、、という言葉を飲み込んだ私。

彼女の選択にエールを送ろう。
自分に納得できる人生を歩いてね! 


d0162995_13233540.jpg


今日の、オー・ヘンリ子ちゃん。↑
ちょっと枯れてきたけど、まだ寒さや風に負けず頑張っています。
こっちも頑張れ~。





Commented by kuukau at 2015-12-19 09:37
その時、その時で優先順位が異なるから、今は介護を優先すべきやね。
キャリアを積めたのも家族の助けがあればこそだから。
会社より個人の生活のほうが大切だと私も思います。
Commented by uransuzu at 2015-12-19 11:42
>空子さま
女性は、なかなか仕事一筋というわけにはいかないですね。
優先順位がその時その時で変わる、まさしくその通りだわ。
また、彼女のキャリアを生かすこともできるでしょうし。
Commented by nonkonogoro at 2015-12-19 13:56
私も子供の幼稚園母仲間と
長くおつきあいしています。
少し私より若いし 歌の才能があるので
いろんな刺激を受けて楽しくつきあっています。

自分の行く道を選択するのには
あれこれ迷うのでしょうが
後で悔いの残らないように
決めた道をきっぱりと進んでいければいいですね。

けなげに生きる葉っぱちゃん
心無い子供に抜かれてしまいませんように。。。
(オー・ヘンリ子ちゃん応援部員より)
Commented by igaiga64 at 2015-12-19 14:21
ワタシもこの地は縁がなく一番近いという理由だけで決めたE嬢の幼稚園。でも、この時のママ友は今でも暑気払いやら、忘年会やら理由をつけて集まってますw

仕事一筋でやってこれたのはまみーのおかげ。
ワタシはその時どうするんだろう?
近い話だろうけど考えたくないなぁ
Commented by uransuzu at 2015-12-19 16:08
>nonさま
自分にない才能がある友人って、つきあっていて楽しいですよね。
長いお付き合いだから、べったりではないけれど、いつも何かあったら、お互いに相談しあっています。
でも、今回の決断は悩んだろうなぁ、と思います。
そして、決めたからには、悔いることなく、歩いて行ってほしい。

オーヘンリ子ちゃん、今日はますます丸まってきていました。寒いからね~。頑張れ~!
Commented by uransuzu at 2015-12-19 16:12
>igaさま
長く付き合いが続くということは、やはり気が合って、お互いを尊敬できる部分があるからだと思う。
偶然の出会いでも、長く続く人と、二度と会わない人がいるもの。

その時のことは、今から考える必要ないよ。
考えてもその通りになるとは限らないし、その時になったら、うんと考えよ^^
Commented by あんこ♪ at 2015-12-19 16:19 x
友人はみんなどこか尊敬出来る人ばかり・・・
刺激を受けるのが嬉しい~でも成長ないけど(汗)
女性は選ばないといけないこと男性よりも多いかも?

3ヶ月前までMのことすら知らない(お見合いだし)ところに嫁いで・・・でも友人が出来てどうにか34年w
縁って不思議・・・
てぶくろさんの手料理?いいな~美味しそう~♪
Commented by uransuzu at 2015-12-19 18:41
>あんこさま
そうねぇ、男性は仕事だけしてても許される時代だったわね〜。
女性は、仕事も家事も育児も、、、
これからの世代はそうじゃないわね!

私もお見合い結婚よ。
でも、見合い→恋愛、うふ。
Commented by akicosmosA at 2015-12-20 08:55
信頼と安心でつながる友人とは自然に私も長いお付き合いになっています。見えるキャリアも尊敬しますが、やはりその人の持つステキな部分などから自分の足りないものに気づかせてもらったり友だちは人生を色々な意味でいろどってくれますね。
その時の選択。考えて決めたお友達に私もエールを送らせてくださいね。
Commented by uransuzu at 2015-12-20 09:14
>コスモスさま
コスモスさんも、長くお付き合いが続くお友達をたくさんお持ちですね。
ひょっとしたら、家族以上に私のことを理解してくれているかもしれない。少なくとも、夫よりは(笑)
彼女なら、どんな選択をしても、一生懸命に立ち向かい、笑顔でニッコリしていると思うの。
コスモスさんのdaisyさん記事に刺激されて、私も友達自慢〜♪
Commented by kanafr at 2015-12-23 11:06
女性は、今は少し男性の方が参加してくれるようになってきたと思いますが、それでも未だに仕事、家事、育児の3つを背負う事が多いと思います。
優秀な方ゆえにご決断迄相当悩まれたでしょうね。
お母様とご主人様の介護は大変だと思いますが、今はその選択をされ、過去を振り返られず前を向いて進んで行こうと決められたお友達に私からもエールを送らせて下さいね。
きっとその方なら色んなご苦労にも乗り越えられると思います。泣きたい時は、てぶくろさんっていうお友達がいますもの。自分を思ってくれる人がいるって思うだけで、人って又頑張ろうって思えるものですもの。
Commented by uransuzu at 2015-12-23 16:01
>kanaさま
ありがとうございます。
こういった決断は、何が正しいとも言えず、人それぞれの事情で異なりますもの、
自分で悩んで、決断した道を行くしかない。
状況が変われば、また柔軟に対応すればいい、と彼女とも話しました。

きっと、多くの女性が悩んできた問題。
でもそうですね、理解してくれる人がいるだけで、勇気が湧きますよね!
by uransuzu | 2015-12-18 20:32 | その他 | Comments(12)