エイ革の手袋

新年の「てぶくろ始め」は、おめでたい希少な手袋のご紹介からです。

毒針を持つアカエイの革は、
「スティングレイ」とか「ガルーシャ」とかの別名があります。

昔から「泳ぐ宝石」と呼ばれるほど、幸運を呼ぶ高級皮革として珍重されています。

フランスでは、18世紀頃から、刀や短剣の装具やファッションなどに使われており、
「ガルーシャ」の別名は、フランスのエイ革職人からとったと言われています。

日本では、お財布やベルトとして使われることが多かったようです。

その独特の美しいガラスビーズのような光沢感をいかした手袋ができました♪


d0162995_13202244.jpg



主成分は、人間の歯と同じ「リン酸カルシウム」なので、磨けば磨くほど光沢感が増します。
とても丈夫で、(100年もつと言われています)
もちろん、水にも強い!(エイですから^^)
やや硬いので、手が動きやすいようにデザインに工夫をしてあります。

また、エイには「スターマーク」と呼ばれる光を感知する第3の目が、背中にあって、
この「スターマーク」を際立たせるデザインが人気です。
(↑写真、真ん中の白い斑点)


最近では、多くの海外高級ブランドで(ルイ・ヴィトンやダンヒルなど)エイ革が使われています。

他では見ることのできない貴重な手袋です、

今年の幸せを呼ぶラッキーアイテムとして、いかがでしょう?




Alta Classe

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F

tel : 03.5980.847003.5980.8470 / fax : 03.5980.8490 
mail : altaclasse-tokyo@vs.miinet.jp
http://altaclasse.jp/



Commented by queentomo at 2016-01-05 22:31
スティングレイウーマンみたいなイメージ。←キャットウーマン見たな。
以前プラダで黒子のグローブ見たような、、、、。
でもガルーシャは初めて見ました。誰のアイデア?
Commented by igaiga64 at 2016-01-05 23:38
かっこいい〜 きれ〜(はぁと) きっとお高いんでしょうねぇ
モザイクみたいですね。財布イイなぁ
Commented by akicosmosA at 2016-01-06 07:42
知らなかった知識が増えました。え!〜いそうだったのですね。(笑)
最初に手袋にする方の発想もすごいですね。

遅くなりました。お忙しいとともにきっと賑やかで華やかな良いお正月だったことと思います。会社が始まり又多くのことを束ねられる公的部分と柔らかい時間とさりげなく上手に動いているスーパーマダム様〜。今年もよろしくお願いいたします。元気に楽しく〜ね。
Commented by shinn-lily at 2016-01-06 08:58
いえいえ、uransuzuさんが4月末は東京でいろいろご予定があるのではと・・・でもそちらをお尋ねしたい気持ちはいつでもいっぱいあります。

娘が金沢の帰りのANAからアルタクラッセが掲載されていたと雑誌を持ちかえってきました。ここに乗っているのは「てぶくろさん?」(我が家ではuransuzuさんの愛称)と・・・いえいえこの方も美しいけれど、もっととびきり可愛い人よ!と答えておきました。
Commented by あんこ♪ at 2016-01-06 09:06 x
へ〜色々あるんですね〜魅力的な色、デザイン、肌触り!?(笑)
手袋も奥が深いんですね〜
100年保つのならお得!?いやいやそんな問題じゃなさそうw

今年も色々お勉強出来そうです♪
Commented by kuukau at 2016-01-06 10:38
igaigaさんが好きそう。
しっかり稼いでる現役世代だからお買い上げかも〜
学費も終わるし(笑)
しかし、何でも手袋になるのねぇ。エイとは(@@)
Commented by uransuzu at 2016-01-06 13:18
>tomoさま
あはは、「スティングレイウーマン」映画タイトルになりそうね、そういえば近未来的な手袋にも見えますね。
でも中世のヨーロッパでは、貴族やナイトたちが、武具としても使っていたらしいですから、かなり伝統的なものなんです。

tomoさんの手袋の整理の手伝いに行きたい~~♪
Commented by uransuzu at 2016-01-06 13:21
>igaさま
はい、お高いです。(きっぱり)
でも、手の輝くアクセサリー&天然の至宝と考えれば、お安いです。
igaさんの買い物3Pよりはお安いと思いますよ~。
Commented by uransuzu at 2016-01-06 13:26
>こすもすさま
そちらも、ご夫婦二人の暮らしに戻られて、もう落ち着かれましたか?
私も仕事が始まって、ほっとしております^^
今年も、「エイ」っとばかりに弾んだ一年になるといいですね。
「え?い」いことばかりになりますように~。えいえいお~!!
Commented by uransuzu at 2016-01-06 13:30
>lilyさま
お察しの通り、4月末は愛しい人に会うために大阪&東京とまいります。
彼ったら、四国までは来てくれないのです(笑)
でも、週末は比較的あいていますので、ご都合つけば、「エイ」っとお訪ねくださいませ。

ANAの雑誌?知りませんでした(笑)
お嬢様って、いい方ですね~♥
Commented by uransuzu at 2016-01-06 13:47
>あんこさま
確かに、この手袋は独特の肌触りです♪
実用的な手袋というより、博物館に置きたいような・・・いかん、いかん、それでは商売にならん(爆)
写真より、実物の方がずっと綺麗なんですよ~。
Commented by uransuzu at 2016-01-06 13:50
>空子さま
この手袋は一体どなたのところへお嫁に行くのやら・・・
他の手袋にはない、オンリーワンの素晴らしい魅力をわかってくれる「シンジロー」さんのような方のところに嫁いでほしい^^
Commented by koro49 at 2016-01-06 22:46
遅れてしまったけど、あけましておめでとうございます♪
今年も宜しくね^^。

エイの手袋、ビックリポン。
手触りはどんなかな?
0が三つの左が分からないから、それが問題^^;
Commented by kanafr at 2016-01-07 05:22
ガルーシャは、ピンクやブルーに染められてブレスや木のパーツにくるんだりしてアクセサリーでもよく使う素材です。
おっしゃる通り、フランスでは結構見かけます。
ただし、アクセサリーや宝石箱等を多く見かけますが、手袋は初めて見ました。
てぶくろさんのブログは、博物館にそのままなりそうなためになる記事が一杯だわぁ。
Commented by uransuzu at 2016-01-07 12:54
>koroさま
こちらこそ、今年もよろしくお願いします。
0が三つの値札は、後ろのファーの手袋のものです。
エイの革手袋は、0が4つ?5つ?まさかの6つ?(笑)
手触りは、つるっとしてる、う~~ん、表現が難しいので、是非ご自分の目でお確かめください。
Commented by uransuzu at 2016-01-07 13:00
>kanaさま
さすが、フランス在住のkanaさん、よくご存じだわ~♪
エイって、けっこう昔から使われている革なんですよね、日本ではあまり知られていないけど。
固い革を手袋にするために、デザイナーが色々と知恵を出し合って、様々な技術加工を施しています。
エイの革の美しさをそのままに、、、
Commented by bigben at 2016-01-12 22:49 x
エイ=サメと同じ仲間という事から
想像するにザラザラな感触のイメージ・・・w

違ってたらスミマセンm(_ _)m
Commented by uransuzu at 2016-01-13 08:01
>bigbenさま
お久しぶりです、コメントありがとうございます。
そうですね〜、ザラザラというより、ツヤツヤツルツル、小さなガラスビーズのような感じかなぁ。
by uransuzu | 2016-01-05 20:27 | Alta Classe | Comments(18)