SUKUMO leather(スクモ・レザー)手袋

昨日、春らしいレース手袋をご紹介したのに、↓
今日は寒の戻りで、とっても寒かったので、

SUKUMO leatehr(スクモ・レザー)手袋 をご紹介します。

スクモ・レザーとは、
徳島に約600年続く伝統製法から生み出される天然染料『蒅』(すくも)を使用し、
京都で染め上げた天然灰汁建本藍染のレザーです。

詳しい説明は、過去記事に。 

d0162995_18593911.jpg
               (写真はお借りしました ↑)



Alta Classeで作ったスクモ・レザーの手袋は、
くたっと柔らかな独特の革の風合いを味わっていただきたいので、
あえて裏地はつけておりません。


d0162995_22223733.jpg



スクモ・レザーは生きています。
空気との触れ合いで呼吸し、藍の深みが増していくのです。

年月による美しい色の変化を楽しんでいただくために、
最低限の色止め加工しかしておりません。

そのため、色移りする可能性もございます。
また、強い日光に長時間あてますと、色あせすることもございます。
どうぞ、風通しのよい、暗い場所で保管ください。


繊細な手のかかるスクモちゃんでございます^^;



Alta Classe

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F

tel : 03.5980.847003.5980.8470 / fax : 03.5980.8490 
mail : altaclasse-tokyo@vs.miinet.jp
http://altaclasse.jp/


Commented by koro49 at 2016-03-09 21:50
以前の記事も読んで来た。
藍で染めたレザーがあるってびっくり。
色のグラデーションが素敵。
藍は気まぐれ、木綿の場合は何度も水を潜らせたら藍色が増すというけど、皮だとお手入れが難しい?
手袋の場合は一双って言うんだっけ?欲しい。
Commented by uransuzu at 2016-03-09 22:24
>koroさま
藍で染めたレザー、これって画期的な日本独特の技です!
koroさんの仰る通り、革の場合は木綿より手入れが大変だと思います。
ただ、大事に優しくしてくだされば、何十年も艶を増していきます。
ちょっとお高いですが、大事にしてくださる所にお嫁に行きたいです♪
Commented by NT at 2016-03-09 22:33 x
皮革の発色状態の良さはイタリアが一番と今まで信じてきましたが日本にも
こんなに素敵な色合いが出せる技術があったなんて。
裏地がないと言う事は防寒目的ではなく貴婦人の真のお洒落の為なのでしょうね。
まるで十二単をまとうように手袋をする感じですか(溜息)レースに穴をあけて
しまうガサツ者の私には残念ながら縁がなさそう。目の保養に留めさせてもらいます。
※片方だけ残ったレースの手袋、てぶくろさんのアドバイス通りポケットチーフに
します。素敵な使い方を教えて頂いて有難うございました!
Commented by uransuzu at 2016-03-10 09:23
>NTさま
スクモちゃんは、元々小さな鞄屋さん、町工場から発信されたブランドです。
熟練の技を持ちながら、外国の廉価な製品に押され、
その技術を発揮する場所がなかった平均年齢70歳の職人さんたち。
日本にしかできない革をと開発されました。
イタリアの羊革にも決して劣らない美しい発色ですよ。
ただ、繊細なので、ゴシゴシと酷使には耐えられないスクモちゃんです。
Commented by kuukau at 2016-03-10 11:52
嫁に迎えたいです。
サイズ6−1/2で2双、薄めと濃いのをお願いしたい。
てぶくろ市まで頂きにまいります。よろしく〜
Commented by uransuzu at 2016-03-10 12:13
>空子さま
おぉ、嫁入り先が空子家とは、なんと幸せなスクモちゃんなんでしょう!
詳細をそちらのブログにお邪魔して、お伝えします。
Commented at 2016-03-10 13:26
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by uransuzu at 2016-03-10 16:24
>鍵コメ 13:26様
了解です。
では、そちらにお邪魔しますね。
Commented by pikeflower at 2016-03-10 21:01
すっっっばらしい色合いですね。
なかなかこういう色はないんじゃないでしょうか。
お花でもないなぁ
きれいです~、わたしのツボ色。
特に屏風?の前にかかってる色。
Commented by igaiga64 at 2016-03-10 21:49
こうやって見ると、もう、冬だけのアイテムではないのが良くわかる。
アイスブルーの春先に素敵ですね〜
Commented by uransuzu at 2016-03-10 22:02
>pikeさま
pikeさんのツボ色?嬉しいなぁ。
お花とは違うけど、やはり自然の色だから、一つ一つが微妙に異なるの。
同じ物は二つと無い!
Commented by uransuzu at 2016-03-10 22:04
>igaさま
そうね、特にこの手袋は革が薄いので、夏以外は使えます。
今の寒い時にぴったりね。
着物にも合うかもね。
Commented by kimanba at 2016-03-11 09:23
uransuzuさんの記事を読む度にてぶくろの奥深さを感じるのですが
このスモクレザー(私は『蒅』というこの字が好きです!)
これは、、さすがuransuzuさんの会社だからの発想だと感心しています。
手袋を知り尽くした人が
ひとめぐりして行き着くようなそんな手袋ですね~ニコニコ
粋な方にぴったりの手袋だなと思います。
こんな深みのある色_好きです。似合う人間になるのが目標です♪
Commented by uransuzu at 2016-03-11 14:20
>kimanbaさま
ありがとうございます♪
日本のものづくりの技を守り続けたい、そんな強い想いを持った職人さんたちとのコラボとなりました。
このスクモレザーでバッグを作ったり、洋服を作ったりもしているようです。
いつか、機会がありましたら、スクモちゃんの晴れ姿をどこかで見てやってください。
Commented by nonkonogoro at 2016-03-11 17:04
本当に素敵な奥深い色合いですね。
藍染は好きですが このスクモは もっと深い色になるのですね。
サイフや靴の画像も ネットで見てきました。
日本の誇る伝統美ですね。(^^)/

Commented by あんこ♪ at 2016-03-11 18:03 x
天然だからでしょうか・・・
色が優しく綺麗に思えます。
藍だから濃いのがいいのかな~
でも淡いのも魅力的♪
Commented by uransuzu at 2016-03-11 18:57
>nonさま
見れば見るほど深みのある、美しい色ですよね〜♪
これまでの伝統に、新しい技を加えた、このスクモちゃんを世界にアピールしたいです。
Commented by uransuzu at 2016-03-11 18:59
>あんこさま
出藍の誉れ、藍は藍より出でて、藍より青し。
日本人に愛されてきた藍w
どの藍色も綺麗よ。
by uransuzu | 2016-03-09 21:11 | 手袋にまつわる話 | Comments(18)