Alta Classe内藤ルネ特別企画

2016年秋冬、

内藤ルネAlta Classeがコラボします。



ルネは、1950年以降にイラストレーター、人形作家、

デザイナー、エッセイストなど、

幅広い分野で活躍したマルチアーティストです。


きっと皆さま、その名前はご存じなくても、絵を見ると懐かしい~と感じるのではないかしら♪


ルネは中原淳一に師事し、

『ジュニアそれいゆ』のカバーページで大ブレークして以来、
その魅力は世代を超えて、今もなお多くの人々に愛され続けています。




d0162995_15545060.jpg

d0162995_14362680.jpg

画像はお借りしました。




そんなRuneグローブを六本木ヒルズのAlta Classe

及び、限定した百貨店にて
10月下旬より販売開始の予定です。


限定数量につき、

残念ながらネットでの販売はありません。


内藤ルネのファンの皆様には、

ぜひ Alta Classe へお立ち寄り頂き、
この非常にレアーなコレクションをお楽しみ頂きたいと思います。





d0162995_15583032.png



d0162995_15550330.png






Alta Classe

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F

tel : 03.5980.8470 / fax : 03.5980.8490 
mail : altaclasse-tokyo@vs.miinet.jp
http://altaclasse.jp/


Commented by micci at 2016-10-03 01:33 x
内藤ルネコレクション、、、究極のラブリーグローブですね、、クールな革とは、また違った雰囲気、、●●モスさんの世界ね

マダムペレさんのご本、私もファンになりました。温かくて優しくて、頑張らなくていいんだよ〜〜って世の女性にエールを送っている感じね、、工夫の宝庫だし、、でもこれっててぶくろさんにも、重なります、、すぐにスープをつくっちゃうてぶくろさんをリスペクト☆〜(ゝ。∂)
Commented by uransuzu at 2016-10-03 06:28
>micciさま
そう、クールさとは間逆のルネの世界です♪
たまには、女の子らしく、、、ね(笑)
いつまでも少女のような心を持つmicciさんにも、お似合いかも〜♪

上手な手抜きは、すぐに真似するの。
でも、信子先生のようにセンスが無くて、大鍋でどん!よ。シクシク(泣)
Commented by あんこ♪ at 2016-10-03 08:24 x
中原淳一さんだと・・・そりゃお弟子さんいらっしゃいますよね(汗)
少女って言葉がピッタリ!乙女〜w
色んな企画があるんですね〜
Commented by shinn-lily at 2016-10-03 08:44
内藤ルネ、懐かしいですね。
先日も友人にこの方のカード、お見舞いやお誕生日に使いました。
当時のファッションって、品があって、女らしく、可愛らしく・・・良い時代だったなぁ~って思うのは、歳のせいかしら?子供の頃はお誕生会にこんな手袋をしていきました。眼はこれほど大きくなかったけれど^^
この可愛らしい手袋、若いお嬢様方に愛用していただきたいわ。
Commented by uransuzu at 2016-10-03 19:50
>あんこさま
お出かけには手袋が必須の時代です。
あ〜、良き時代かな(笑)
Commented by uransuzu at 2016-10-03 19:54
>lilyさま
そうなんです、この品の良さを若い女性にも知っていただきたいわ。
なんでもあり〜のお気楽ファッションだけじゃなく、気張ってお洒落して出かける、そんな体験も大事だと思うの。
lilyさんの子供の頃、きっと理知的で輝いていらしたことでしょう♪
Commented by kanafr at 2016-10-04 06:28
内藤ルネさん、懐かしいお名前だわぁ。
短めの手袋に、花のモチーフ、まさにルネさんのイラストにある感じですね。
子供時代にお出掛けの時にしていた白のコットンレースにピンク色の薔薇の花が手首部分に着いたてぶくろを思い出しました。
ルネさんのお名前で、私にもあった可愛らしき心優しき少女時代を思い出しましたわ。
今では、そんな時代、私にあったのかしら?ですけど(苦笑)
Commented by uransuzu at 2016-10-04 15:24
>kanaさま
可愛らしく、心優しき子供時代、絶対にありました!!でしょ^^
今もkanaさんの瞳には、その頃のキラキラした輝きが残っているのを存じておりますよ~♥
内藤ルネさんのファンね、案外と若い世代にも多いのですよ。
世の中、古き良き時代への憧憬や安らぎを求めているのかしらね・・・
by uransuzu | 2016-10-02 20:55 | Alta Classe | Comments(8)