チェコの手袋屋さんに会ってきた

東京ビッグサイトに出展中の
チェコの手袋屋さんを訪ねてきました。


d0162995_15334975.jpg


イタリアから革を仕入れ、チェコでデザインと縫製をしている手袋屋さん。
手縫いであることを一つの特徴としており、
今ではヨーロッパであまり見られなくなった「ピケ・ステッチ」という
伝統的製法も取り入れている。

うん、なかなか綺麗な仕上がりだわ♪
(でも、ちょっとお高い)



d0162995_15333766.jpg

今、力を入れているのは「hanami」(花見)シリーズで、↑
名前通り、日本の花見にヒントを得てデザインされたもの。
家族経営会社のお嬢様が、こういったラグジュアリーラインのデザインをしているとか。

作品の一つ一つに日本名をつけている。
たとえば「Haruko」「Sakura」「Asami」「Mizuki」・・・

モデルに日本人バレリーナを登用して、世界に売込中。
こういった和テイストは、海外の方が人気がある。



d0162995_15332030.jpg

などなどと、
チェコから来た美しき手袋レディ二人と、楽しい手袋談議をしてまいりました♪

へたっぴな英語でも、手袋のことなら話ができる♥





Alta Classe

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F

tel : 03.5980.8470 / fax : 03.5980.8490 
mail : altaclasse_hills@altaclasse.jp(新アドレス)
http://altaclasse.jp/






Commented by igaiga64 at 2017-04-12 08:21
素敵〜♥ こうして見るとアクセサリーですね〜
お高いのも分かるw
Commented by uransuzu at 2017-04-12 09:37
>igaさま
そうですね~、実用的とは言えないけど、舞台映えしそうよね。
一種の芸術に近い作品でした。
Commented by ぶんこ at 2017-04-12 09:44 x
藤色っぽかったり、ワインっぽかったりと
色が独特ですねぇ。
今年の秋冬の色なのかなぁ。

作品名になっている名前は外国の方が思う日本人の名前なんでしょうね。
面白いです。
Commented by uransuzu at 2017-04-12 12:22
>ぶんこさま
日本人の花見のイメージは、もう少し淡いピンク色かもしれませんね。
秋冬にベリー色が流行するとも言われているので、こういった色もありかも。

海外の方から見た日本人の名前、
たろう、とか、はなこ、ではなかった。←私が古い?(笑)
Commented by あんこ♪ at 2017-04-12 15:22 x
向こうの方は肌の色も髪の色も違うからか綺麗な色が似合いますよね、ドレスもお帽子も。
こんな手袋でどんなパーティーに行かれるのかな~♪
日本を愛してくださる人はどこの国の方でも好きですw
Commented by uransuzu at 2017-04-12 19:41
>あんこさま
ウェディングなんかに使うと、華やかになりそうね。手袋が主役の。
ドレスに比べると、お安いものね。
チェコにも、親日家が多いと聞いて、嬉しくなりました。
by uransuzu | 2017-04-11 20:41 | 手袋にまつわる話 | Comments(6)