中原淳一さんからのメッセージ

「手袋のおしゃれ」


d0162995_15142383.jpg


「あなたはどんな手袋を持っていますか?
夏といわず冬といわず、
手袋がアクセサリーとしての大切な役割を持っているのはいうまでもないけれど、
その手袋とドレスとが美しい調和で、
あなたをもっと美しくパッと引き立てるのでなければ、
アクセサリーとしての効果も果たしているとは言えません。
あなたが洋服を着て、一番美しい効果を見せるそのカギはドレスを中心に、
帽子スカーフ、バッグ、クツ、それに手袋とそれらの皆が
一つになって調和した場合に始めて「美しい」と言えるのですから。」


d0162995_15141100.jpg


中原淳一さんの手袋を作るにあたって、
こだわったのは、手首あたりでキュッと止まる長さとデザイン、
そして、赤、白、黒のきっちりと潔いカラーです。



d0162995_15170533.jpg


11月16日(木)~29日(水)渋谷ヒカリエ 
にて、ポップアップショップをオープン。
ファー無しのシンプルタイプの手袋は、そちらで先行発売いたします。


また、広尾のショップ「それいゆ」
などにおける一般販売は、11月末からの予定です。



d0162995_15271123.jpg

(画像はお借りしました)



クラッシックでエレガントな、中原淳一さんの世界をご堪能ください。





# by uransuzu | 2017-10-22 23:00 | 手袋にまつわる話 | Comments(0)

自然の色彩には敵わない

枯れ葉1枚の中にある色色色の組み合わせを
じいっと見つめてしまい、


d0162995_22470274.jpg


不思議な世界に引き込まれるような感覚。

こういった深みのある色の調和は、
人間の創造を超えている、自然には敵わない、
と思ったしだいですw

# by uransuzu | 2017-10-20 23:00 | てぶくろ市 | Comments(8)

「チャ―リング・クロス84番街」
貴重なDVDを こすもすさんが送ってきてくださいました。


d0162995_19215819.jpg

NYに暮らすヘレーン(アン・バンクロフト)は、偏屈で毒舌家で古書好きで、
色っぽさのかけらもない中年女流作家である。

ロンドンのチャ―リング・クロス街にある古本販売店主、フランク(アンソニー・ホプキンス)は、
真面目で誠実で、面白みにかけるフツーの家庭人である。

二人は、本の売買を通して知り合い、手紙のやりとりで、次第に信頼関係を深め、お互いの人間性を敬愛しあうようになる。

といっても戦時中のことだし、遠距離だし、二人は会ったこともないし、そんじょそこらの軽~い恋愛感情とはかなり異なって、、。


う~~む・・・・・
私の文章力では到底、説明しきれません。
とても深く面白味のある、人間愛にあふれているんです。


アン・バンクロフトは「奇跡の人」での演技が印象的な演技派女優さん。


d0162995_19573939.jpg


アンソニー・ホプキンスは、「日の名残り」の主役も務めていたわよね。
あれは、今年ノーベル賞を受賞した「カズオ イシグロ」の原作だわね。


d0162995_19473951.jpg


脇役陣も素晴らしい演技者揃い。
フランクの奥様役は、以前にブログでご紹介した「素敵なウソの恋まじない」
のジュディ・ディンチです。



d0162995_19471245.jpg



特に、本のお好きな方、イギリス好きの方、
秋の夜長に、じっくりと観るのに一押しの作品です。
(写真はお借りしました)


当時の手袋姿も、随所に出てくるわよ~w


d0162995_20543199.jpg


d0162995_22594284.jpg







# by uransuzu | 2017-10-19 23:00 | その他 | Comments(8)

先日、「きれい色のレザージャケット」と出会いました。

今年の手袋デビューを果たし、
今、このレザージャケットと合わせる手袋に悩んでいます。

パッと見て、白色との相性が良さそうなのですが、


d0162995_11323376.jpg

(しかし、やっぱり、このレザージャケットの色、、、希望の党じゃないわよ~~)


気を取り直して、
もちろん、黒のペッカリーでも合うし、



d0162995_11330397.jpg



ファー付きの手袋でもいけそうです。



d0162995_11334314.jpg


d0162995_11340068.jpg



しかし、
「レザーにレザーって、どうよ?」と迷いが生じてきました。
同じ素材じゃない方がいいような気がする・・・


それではと、
持ち合わせのジャージ手袋や合皮手袋と合わせてみるも、
(そもそも、革手袋以外はあまり持っていない)


d0162995_11341465.jpg



d0162995_11342545.jpg



d0162995_11332694.jpg




どれも、違うわね~~^^;
ジャケットに存在感がある分、手袋は目立たない方がいいのかもしれません。
(これって、私には難しい課題です)


来週、Alta Classe に行った時に、ぴったりな手袋を探してみます。



Alta Classe

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F

tel : 03.5980.8470 / fax : 03.5980.8490
mail :altaclasse_hills@altaclasse.jp(新アドレス)
http://altaclasse.jp/








# by uransuzu | 2017-10-18 23:00 | 手袋にまつわる話 | Comments(4)

手袋、始めました

昨夜は、冷たい秋雨が降る中のお出かけで、
ついに、私も、
「手袋、始めました。」


d0162995_10535303.jpg


赤色ジャケットに合わせて、
黒ではなく、ダークなブラウンをチョイスしました。

単純に赤+黒手袋だと、クリスマスっぽく見えそうだし^^
それに、こちらの方がブロンズ色のボタンにも合うでしょう。



d0162995_10541401.jpg


革手袋ではなく、ナイロンとポリウレタン素材、
スマホ対応の指先、それにすべり止め付き、と実用的。
(ただし、私は、手袋を脱いでからじゃないと、スマホ操作いたしません!)
これで、ワンコの散歩にも行きます。

やはり、手袋があると、
ほかほかと温かくて、プチ幸せを感じますね~w


ブログを調べてみたら、
今年は、1か月以上早く始めたことになります!




Alta Classe

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F

tel : 03.5980.8470 / fax : 03.5980.8490
mail :altaclasse_hills@altaclasse.jp(新アドレス)
http://altaclasse.jp/





# by uransuzu | 2017-10-17 23:00 | 手袋にまつわる話 | Comments(10)

冷たい雨が降り続き、寒いですね~。
我が家もホットカーペットを出しました。

この秋冬は、深みのある色が流行っているようです。
(まぁ、冬はいつも深みのある色が流行ります 笑)

特にベリーとかボルドーと呼ばれる
植物の赤い実のような、熟成した赤ワインのような、深い赤色。
流行る流行ると言われて、もう何年?になります^^;
(プロフィール写真も赤色手袋に変えてみました。→)



赤色手袋は、私もいくつか持っていますが、


d0162995_14402483.jpg


年によって、微妙に赤色が違います。
(写真では違いがよくわかりませんね)


その中で、
うーん、今年はこの赤色にしましょう!と選んだのは、


d0162995_14412186.jpg


ずいぶん古〜いセリーヌです。
レトロな赤色が、かえって素敵だと思うのです♥


若い頃には難しく思えた赤色も、
カンレキ超えのおかげで^^ 眼や身体が慣れてきて、
この赤色に負けないほど、
じゅうぶんレトロな私になりました♪





Alta Classe

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F

tel : 03.5980.8470 / fax : 03.5980.8490
mail :altaclasse_hills@altaclasse.jp(新アドレス)
http://altaclasse.jp/




# by uransuzu | 2017-10-16 23:00 | 手袋にまつわる話 | Comments(12)

夫が出張した週末、
久しぶりのお一人さまを満喫するつもりだったのに、、、

長女からメール
「38.8度の発熱です」
あら、今回は3人の子供のどの子?と聞いたら、
「わたし」
えぇ〜、それは大変!



d0162995_17213328.jpg


外は小雨、
チビ太が拾ってきたどんぐりが、テーブルの上で濡れている。


d0162995_17240332.jpg


おもちゃコーナーの一部。
こちらは主にガールズ・コーナーらしい。


小さな子供たちがいる暮らしは、
いつも空気が、くるくると曲線を描いて動いている、
ミュージック付きの物語が、あちこちで生まれている。

これを一言でいうと、とにかく賑やか!!です^^;

疲れたので、私も今日は早く休みます。




# by uransuzu | 2017-10-15 23:00 | その他 | Comments(18)

革手袋素材の最高峰の一つは、やはりペッカリーと言えます。

余りの丈夫さゆえに、若干エレガントさには欠け、
(いえ、決して私のことではありません^^)
主に男性の手袋として重宝されています。

Alta Classe では、このペッカリーの手袋を
デザイン3種類、色も3色、サイズは22~27まで取り揃えました!!


d0162995_20274816.jpg


ハンガリー製で、とても貴重な手袋です。

その価値に納得してくださる方を心よりお待ちしております。


ペッカリーの他にも、
洗えるレザー、鹿革、ムートンなど、
日本で唯一の手袋専門店 Alta Classe だからこその豊富な品揃えです。


d0162995_21192948.jpg




Alta Classe

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F

tel : 03.5980.8470 / fax : 03.5980.8490
mail :altaclasse_hills@altaclasse.jp(新アドレス)
http://altaclasse.jp/




# by uransuzu | 2017-10-14 23:00 | Alta Classe

玄関に椅子を置く

銀行や郵便局の方との手続き、
ご近所の方とちょっとした打ち合わせ、など、
ほんの少しのお話しは、玄関ですませますよね。

お相手の方は立ったままでのお話しとなり、
ちょっとお気の毒だなぁ、と思うこともあって、
玄関にシンプルな椅子を置くことにしました。



d0162995_10531749.jpg



でも、これで、長話しになったら、どうしましょう(笑)




Alta Classe の椅子では、お客様の手のサイズを測ったり、
色見本を選んだり、ゆったりと手袋をオーダーできるようになっております。



d0162995_10581079.jpg


長話もオッケーです👌




Alta Classe

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F

tel : 03.5980.8470 / fax : 03.5980.8490
mail :altaclasse_hills@altaclasse.jp(新アドレス)
http://altaclasse.jp/









# by uransuzu | 2017-10-13 23:00 | その他 | Comments(12)

今期、Alta Classe に登場したのが、「ロボコ」手袋



d0162995_19345575.jpg


「ロボコ」手袋は、異素材ミックスや多色使いされた、遊び心いっぱいの手袋です。

右手と左手では、ロボコの向きも違います。
後ろ姿が、なんともキュートでしょう♪



d0162995_19272663.jpg



ロボコは、生まれたばかりの恥ずかしがり屋で、
まだ店内にひっそりと隠れているそうです。

Alta Classe の新しいキャラクターとして、生まれたらしいのですが、
その誕生の秘話については?

・・・今度、デザイナーに聞いておきます^^;



ところで、うちのワンコ「ウラン」の誕生秘話は、

鉄腕アトムと誕生日が同じ、2003年4月7日、
けれど女の子だから、アトムじゃなくて、ウランにしました。
(私のハンドルネームuransuzuは、前半はワンコから、後半のsuzuは亡きニャンコから)


d0162995_09372844.jpg



御年14歳半、もうすっかりおばぁちゃんです。
ちょっと耳が遠くなりました。





Alta Classe

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F

tel : 03.5980.8470 / fax : 03.5980.8490
mail :altaclasse_hills@altaclasse.jp(新アドレス)
http://altaclasse.jp/




# by uransuzu | 2017-10-12 23:00 | Alta Classe