カテゴリ:ラトビア・手袋の旅( 27 )

現在発売中の日本ヴォーグ社発行「毛糸だま」では、
ラトビア奥深き伝統模様を特集しています、

表紙の可愛らしい女の子は、なんとラトビア駐日大使のお嬢様♥ ↓


d0162995_07554518.jpg


暖かな手編みのミトン、
それぞれの伝統柄に意味が込められ、
素朴で優しく芯のしっかりした国民性が現れていて、、、
やっぱりいいなぁ、またラトビアに行きたいなぁ。


d0162995_07584405.jpg


↑左側のページでミトンをしていらっしゃるのは、
左から、ラトビア駐日大使、お嬢様、奥様、だそうです。
大使ご家族みずからが、モデル出演♪


ラトビアの伝統柄を編む ラトビ・アミトン 1day レッスン
東京校はすでに満席となり、キャンセル待ちですって。

心斎橋校の方がまだ若干の余裕があるそうですよ。





by uransuzu | 2017-02-19 19:55 | ラトビア・手袋の旅 | Comments(10)

寒いですね~。


お二人の先生とは、
3年前のラトビア訪問時に知り合いました。

私たちは、ラトビア・ミトンの伝統柄の虜になり、
一緒にリガ市内を歩き回り、
一緒に民芸市を走り回りました^^

日本に帰ってからも、ラトビア会なんぞを結成したりして♪



d0162995_13170805.jpg


この本の日本語版出版を記念して、

が開催されます。

午前中は、ラトビア大使館の書記官によるラトビア文化のご紹介、
本ができるまでの苦労話、
そして、午後からは、お二人の先生による実技講習です。

大阪心斎橋校でも開催される予定だそうです。




d0162995_18045480.jpg



簡単そうに見える編み込み柄でも、裏側ってこんな風になっているんですよ。↑
ちょっと面白いでしょ、
ふわふわと空気を含んで、暖かいわけだわね~。


(写真はお借りしました。)




by uransuzu | 2017-02-09 20:27 | ラトビア・手袋の旅 | Comments(4)

苦節3か月、
ラトビアの手袋がようやく(片方)編みあがりました♪

生来の超ぶきっちょで、ローガン乱視の進んだ私にできるかしら、、、
途中で投げ出すんじゃないかしら、、、 東京まで通ってこられるかしら、、、
と不安ながら、なんとか、なんとか、完成いたしましたわ^^;

これも、ラトビア大使館で開催というラトビアマジックがあったのかもしれない、
美味しいオヤツに心を癒されたからかもしれない、↓

d0162995_15111601.jpg


いえ、何より、R先生(ラトビア編み物研究家)のおかげです!
間違ってばかりの私を優しく根気よく教えてくださいました。

完成したと写真を送ったら、
「完成したことが素晴らしい」
とのお返事をいただきました、感謝感激です。
なんかね、ラトビアに関わる人って、みんな優しいの~♪


最後の難関は、親指とラトビア特有の縁飾り(?)でした。
見て、この細かいこと、もう汗汗よ。

d0162995_15281806.jpg


出来上がりは、あまりにガタガタで、、、見せるのが恥ずかしいけど・・・↓
見て~、いや、見ないで~(笑)


d0162995_20144895.jpg


目直しに、先生の美しき見本をアップしちゃおう。
本当は、こう編みあがるはずだった^^; ↓

d0162995_15300407.jpg

もう片方も、最後の仕上げの段階です。
左右の大きさが違うけれど、とにかく仕上げます。
完成したら、てぶくろ会社の応接室に、額縁に入れて飾ろうと思っております。 (←うそ~)



来月からは、同じくラトビア大使館にて、「ラトビアの靴下」を編むそうです。 ↓


d0162995_15363352.jpg

3月11日、4月15日、5月13日(金)13:30~ 全3回
講習料(材料費込)¥12,500
お申込みは、 リガコレクション  ☎ 03-3712-7071











More
by uransuzu | 2016-02-12 21:35 | ラトビア・手袋の旅 | Comments(14)

てぶく~ろ編んでます♪

寒い時に、頭の中でリフレインするのは、

「かぁさんが よなべぇをして てぶく~ろ あんでくれた~♪
こ~がらしふいちゃ つめたかろうと せっせ~とあんだだよ~♪
ふるさとのたよりはとどく いろりのにおいがした~♪」

貧しかったけれど、家族愛や故郷愛にあふれていた日本の風景。

で、今、私も手袋を編んでいます。^^


d0162995_20143055.jpg

ラトビア大使館で習っている、ラトビアの手袋です。
(1回目のレッスンはこちら 

ほぼ30年ぶりの編み物ですので、編み目はガタガタ、私の目はショボショボでございます。
右手と左手の大きさがかなり違うし^^;
でも、なんだか楽しい!!
ストーブの上では、明日夜用のポトフがコトコト・・・
外は寒いけど、部屋の中は暖かい、静かな時間。

なんて、ぼうっと考えていたら、編みこみ模様を数え間違えて、
あ~~ん、またほどき直さなくっちゃ!(汗)



Alta Classe

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F

tel : 03.5980.847003.5980.8470 / fax : 03.5980.8490 
mail : altaclasse-tokyo@vs.miinet.jp
http://altaclasse.jp/



by uransuzu | 2016-01-21 21:03 | ラトビア・手袋の旅 | Comments(18)

ラトビア大使館で開催される
「ラトビアミトン」のサロンレッスンに参加してきました。

数年前に雑誌掲載されていたラトビアミトンに魅了され、
様々な情報収集を経て、ラトビアまで乗り込み、、、

とうとう自らミトンを編もう!というところまでいきついた、というところでしょうか(笑)

駐日ラトビア大使よりご挨拶。
もう、すっかり親しいような・・・あくまで、一方的だけどね^^


d0162995_18073946.jpg



こじんまりした大使館の中には、あたたかな日差しが差し込み、
用意されたラトビアの毛糸を見ると、自分の不器用さも忘れて、ワクワクしてくる。


d0162995_18123270.jpg



本当のことを言うと、
最初は、この素朴な手編みの手袋を日本で販売展開することを考えていた。

だけど、実際にラトビアに行ってみると、
この手袋は、ラトビアの気候風土や人々の暮らし方の中でこそ、生き続けるのだとわかった。

ごわごわした原毛は、複雑な柄を編むには都合良いけれど、
肌触りの良い素材を好む日本人には、受け入れられにくいだろう。

雪に触れ、何度も洗って干すうちに、次第に硬いフェルト状になってくる。
革手袋の上から、フェルト状になったミトンをつける、
厳しい寒さのラトビアだからこそ、の実用品だ。




d0162995_18162045.jpg


だから、ラトビアミトンを編むことは、仕事とは無関係の、私の趣味時間。
ゆっくり、ほっこり、美味しいお菓子とハーブティーをいただきながら♪


さて、全3回コース。
無事に編み上げることができるのでしょうか。


d0162995_18411853.jpg




by uransuzu | 2015-12-09 18:49 | ラトビア・手袋の旅 | Comments(12)

<ラトビア話題その1>

11月15日(日)午後4時から
BS ジャパンにて
「加藤登紀子 歌手活動50周年記念番組 百万本のバラ物語」
が放映されます。

d0162995_14304445.jpg


彼女は、まだデビュー間もない頃に、ラトビアを訪れているそうです。
ということは50年近く前・・まだソ連に征服されている時よね。
ナチスによる迫害の後で、きっと、今よりずっと暗くて苦しい時代よね。

「百万本のバラ」の歌詞に込められる本当の意味。
ラトビアの悲しい過去。
彼女は、身をもって感じたに違いないわ。

そして、今年の7月に久しぶりにラトビアに渡った彼女の目に、今のリガはどう映ったのかしら。

d0162995_14272262.jpg

私も、楽しみに拝見します。 


<ラトビア話題その2>

11月14日(土)から17日(火)まで、
伊勢丹新宿店のキッチンステージ(B1F)にて
ラトビアのモダンな料理が紹介されるようです。

d0162995_21183994.jpg


<ラトビア話題その3>

12月4日、1月15日、2月5日(金)全3回
ラトビア「アームウォーム」のサロンレッスン In ラトビア大使館

私も参加予定!!
老後の楽しみに、ラトビア柄の手袋を編むの♪

d0162995_21333172.jpg


<ラトビア話題その4>

12月6日(日)
神戸にて
ラトビアのクリスマス・コンサート♪

d0162995_21201790.jpg



(画像はお借りしました)


そろそろ、ラトビアの民間大使に任命してもらってもいいと思いません~~~?(笑)



by uransuzu | 2015-11-13 22:05 | ラトビア・手袋の旅 | Comments(6)

本日11月1日発行の、JAL11月号機内誌「SKY WARD」で、
なんと、ラトビア特集がされているようです。
びっくりぽんよ(@_@)!!

こんなメジャーな雑誌に特集されるなんて、
「(勝手に)ラトビア広報隊」のメンバーとしては、嬉しい限りです。
やっぱり、ラトビア・ブームが来てるわよね~。

d0162995_13183754.jpg

「小さな国の小さな町」
「中世の面影が残る世界遺産の首都 Riga」


d0162995_13241363.jpg

d0162995_13243311.jpg

そして、
「伝統的な手仕事が息づく城下町」
「音楽に満ちたバルトの港町」
見開き12ページって、すごくないですか?

d0162995_13262000.jpg



ラトビアでは、(手袋に限らず)編み物や織物など、人々は手仕事が大好きで、
家の修繕や、伝統的なお菓子、なども心を込めて大事に伝承している。

また、5年ごとにリガで開かれる「歌と踊りの祭典」では、
3万人が指揮者のタクトに心を委ね、ひとつの調べを歌い上げる。
次の祭典は、3年後♪
あぁ、もう一度、ゆったりと時間の流れるラトビアに行きたいなぁ。


それまでは、IL DIVOの新アルバム「AMOR & PASION」
でも聴いていましょうか♪
セブの好きなコーヒーのおとも、シュークリームを食べながら・・・


d0162995_16225531.jpg





by uransuzu | 2015-11-01 16:26 | ラトビア・手袋の旅 | Comments(12)

ラトビア大使館で

国によって、大使館の大きさや雰囲気って大きく異なりますよね。
警備が厳重な大使館もあれば、そびえたち圧倒されるような大使館もあります。

ラトビア大使館は、瀟洒な住宅街の一角に建っています。
誰でも入ってもよさそうな~(もちろん、勝手に入っちゃだめですが。笑)
明るく洗練された小さな白い建物です。


d0162995_14334453.jpg

d0162995_14332690.jpg


秋の美しい空、気持ちの良いオープンガーデン。
そこで開催された、クリスマスボールのワークショップに参加してきました。


d0162995_14324473.jpg

d0162995_14335551.jpg



ラトビアは、世界で最初にクリスマスツリーを飾った国としても知られています。
美しい伝統柄の編み物がたくさんあります。



d0162995_14391729.jpg


私が魅せられた、ラトビアのミトンも並んでいました。↓

私、このミトンを見たくて、何もわからないままにラトビア大使館を訪ねたことがある・・・
そこから、私とラトビアの縁が始まりました。




d0162995_14341609.jpg


子どもが小さい頃は、よく手編みをしたけれど、棒針を持つのは、20年ぶり?いえ、25年ぶり?

その間に、近くが見えなくなった目と、細かな作業ができなくなった手、
しかも、1号針5本を使って~~!!^^;



d0162995_14343061.jpg



途中で飽きては、美味しいハーブティをいただいたり、ラトビアのお菓子をいただいたり♪
素敵なラトビア大使と写真を撮ったり、お喋りしたり♪

作品の出来上がりはともかくとして、(← こら、だめでしょ。笑)
とても貴重な楽しい時間でした。

12月から、大使館にて、ラトビアミトンの編み方も教えてくださる予定らしいです。







by uransuzu | 2015-10-03 15:02 | ラトビア・手袋の旅 | Comments(22)

ラトビア日和

ラトビア国民は、手仕事が得意。
細かな編みこみのミトン(手袋)は、素晴らしい。

ラトビアには、お花を送りあう習慣がある。
ちょっとした挨拶、感謝、日常の様々なシーンで花を贈る。

そして、ラトビア国民は、音楽と踊りが好き。
伝統的な楽器に合わせて踊り、歌う。

そんな「ラトビア日和」↓
ラトビア音楽祭が、9月24日(木)神戸で開催されます。
入場無料ですって♪


d0162995_19112178.jpg



もう一つ、ラトビアツアーのご案内。↓
このツアーでは、フィンランドでオーロラも見る(予定)ようです。

私には、「伝統的手編みミトン・ソックスのニッター工房を訪問」
というのが、最大の魅力です。


d0162995_19135321.jpg


こんなの見たら、またラトビアに行きたくなっちゃうわ。




by uransuzu | 2015-09-10 19:25 | ラトビア・手袋の旅 | Comments(12)

7年使ったPCがついに壊れ、新しく買い換えました。
Windows10です。
まだ慣れなくて、あれこれ操作中。
PCはサクサクっと動くのですが、私の頭がサクサクっとは動かないの(涙)


こんなツアーを見つけました。


9月11日(金)~16日(水)の6日間の予定で、
桃井かおりさんとイッセー尾形さん主演映画「魔法の着物」のラトヴィアでの撮影に参加できる!
JTBのエキストラツアーを企画中です。
映画のハイライトシーンに参加できるだけでなく、主演の桃井かおりさんとの交流も企画!
さらに、ベストシーズンのバルト三国も訪れる内容となっております。
グループでの参加も大歓迎です。ご興味のある方は、ご手配を承りますので、
下記までお問い合わせください。

株式会社JTBコーポレートセールス 
「魔法の着物」エキストラ係 担当:古関・前田
e-mail:k_koseki920@bwt.jtb.jp
TEL 03-5909-8299



d0162995_13201605.jpg


ラトビア以外のバルト2国、エストニアとリトアニアにも行くんだ、いいな!

桃井かおりさんと一緒にディナーできるみたいね。
(その昔、ボブヘアーをしていた時に、似ていると言われた経験あり。よって、勝手に親近感。笑)

エキストラって、どんな役かしらね~?
妄想~~~♪


「魔法の着物」 


by uransuzu | 2015-08-11 13:40 | ラトビア | Comments(14)