カテゴリ:てぶくろ市( 78 )

県境に近い山奥に、ポツンと一軒、お蕎麦屋さんがあります。
営業は日曜日の昼間だけ、道端の美しい紅葉が目印です。
古い民家を増改築して作った、木の香りのする小屋の中には、薪ストーブが赤々と炊かれています。
d0162995_13351288.jpg
d0162995_13353009.jpg
小屋も机も椅子も、多分、全てが手作りです。
口数の少ない上品なシニアご夫婦(?)が経営されています。
開店してまだ4年目、
都会からこの田舎町に「人生の楽園」を求めて、移り住んでこられたのでしょうか・・・

うどん県には、お蕎麦屋さんがとても少ないのです。
打ち立てのお蕎麦がとても美味しくて、今度は夫と訪ねてきたいと思いました。
d0162995_13354032.jpg


実はこの日、この山奥の集落で行われている「猪祭り」に参加してきました♪

過疎化が進み、「人より猪の方が多い」と言われる集落の人々は、
地域を愛する気持ちが人一倍強くて、
「猪」を逆手にとっての地域活性化事業を始めました。

猪カレーに猪丼、猪のお焼き、果ては、猪の丸焼きまで~。
ひぇ~~っ!

私は、立派な自然薯を購入いたしました。
d0162995_13190408.jpg
夕飯は夫と二人❤
自然薯と、天然のわさびをすり下ろして、美味しくいただきました。
d0162995_13225476.jpg
田舎暮らしも、なかなかいいものです♪





by uransuzu | 2014-12-08 21:00 | てぶくろ市 | Comments(8)

てぶくろ市の市役所が新しくなりました。
合併して10年の節目です。
新庁舎オープンの前日、引っ越し騒ぎでバタバタしている中、
フラワーボランティアをしてまいりましたわ。

まずは、市長室。
失礼しま~す。どきどき。

机や椅子は、以前のまま、古いままの市長室でした^^;
せめて、お花で華やかに、私たちからお祝いの気持ちを伝えたい♪
市長のお好きな(?)薄紫色のトルコキキョウをメインに
ホリゾンタル・スタイルのアレンジを置きましょう。↓
d0162995_14364044.jpg
d0162995_14401421.jpg
副市長室。↓
新庁舎でも、旧庁舎と同じように、部屋の隅にお花を飾るコーナーを作ってくださっていました。
(フラワーボランティアへの気遣い? 笑)
この机も古いわね、奥ゆかしい副市長らしいわ。
d0162995_14424082.jpg
d0162995_14425212.jpg
受付のカウンターにも、可愛らしく、ほっとするアレンジをいくつか置きましょう。↓
市民の皆様が喜んでくださるように。

後方は、まだ引っ越し片づけの最中でした。
d0162995_14434723.jpg
d0162995_14433451.jpg
それから、新しく出来たお客様をお迎えする応接室には、
クレセント・スタイルの変形バージョンを置きました。
ちょっと花材が足りなくて、苦心の作です。↓
d0162995_14372439.jpg
d0162995_14374638.jpg
あぁ、いい仕事しましたわ~。
我が、フラワーボランティアのモットーは、自画自賛! 
反省という言葉はございませんの~(笑)

今回のボランティア参加メンバーは4人でした。


by uransuzu | 2014-11-25 19:33 | てぶくろ市 | Comments(16)

フラワーボランティアへの依頼が来ました。

親子参観授業で、小学2年生とその保護者にフラワーアレンジメントを教えてくださいって♪
予算は一人300円!
(いつもながら、厳しい予算との戦いです。 笑)

事前にボランティア仲間が集まって、
「あーでもない、こーでもない」とワインを飲みつつ(笑)、企画を練ります。

今回のテーマはハロウィンに決定♪
できた見本がこれ!
d0162995_1416258.jpg
小さなカボチャを切って、くり抜いて、花器にしましょう。(ネットで見つけた1個68円)
薔薇農園のお友達にお願いして、小さなオレンジの「薔薇」などをお安く分けてもらいましょう。
「アイビー」「金柑の実」「栗」「唐辛子」などは、庭に生えているのを持ちよりましょう。
100均のフェルトと竹串で、「魔女の帽子」を生徒さん達に作ってもらいましょう。
これなら、なんとか300円!

さて、本番。
子ども達のアイディアは、私たちよりずっとずっと素晴らしかったの!

カボチャに顔を描く子↓
d0162995_14281355.jpg
d0162995_14283894.jpg
栗に顔を描く子↓
d0162995_18591642.jpg
そして、栗と帽子と唐辛子を使って魔女を作り上げた子まで!↓
d0162995_1430092.jpg
教えている私たちも大感激~~❤
子ども達の創造力って、すごいわねぇ!
楽しいボランティアできました。
d0162995_1971871.jpg

by uransuzu | 2014-10-29 21:39 | てぶくろ市 | Comments(14)

今夜は、とても美しいスーパームーンが見られます♪
なんだか今年は秋の訪れが早いですね。

Alta Classeでも、手袋をオーダーされるお客様が、例年より早いような気がいたします。

ラム・レザー15色、キッド・レザー5色、トナカイ・レザー6色、ディア・レザー4色、ウォッシャブル・レザー6色 

中でも、私の1番のお薦めは、今季から加わった柔らかいキッド・レザーでしょうか。
いや、ウォッシャブル・レザーは実用的だし、ディア・レザーの手触りもワイルドでいいな~。
d0162995_12203154.jpg
完成までに約1ヶ月かかります、ご予約はどうぞお早めに。  


さて、久しぶりのフラワーボランティアは、幼稚園児にお花を教える、というミッションでした。
祖父母参観で、お花をプレゼントするのですって♪

花器は、地元のおじいちゃんが竹を切って、作ってくれました。
これがすごいのよ!
↓ は、サンプル用にちょっとお花を入れてみた時の写真ですが。
d0162995_1051036.jpg
節のところで竹を切って、持ち手をつけて、刺がささらないように磨いて、約50個!!
ありがたいわぁ❤

お花は、リンドウ(白)、唐辛子(赤)、HBスタ―チス(薄紫)、カーネーション(ピンク)、
グリーンにスマイラックス、スズランの葉、ギボウシ、
などを使いました。
d0162995_10101785.jpg
みんな、とってもお利口さん。
「面白かった~」「楽しかった~」の声が聞けて、私たちも嬉しい時間でした。

そうそう、花の香りを嗅ぎわける子がいましたよ!
「これは、臭い」「これは、いいにおい」「これは、ちょっとだけいいにおい」と、表現は稚拙ですが、見事に全部を言い当てるの、すごい才能よね~! 将来は、香水作り職人かしら?

最後に、みんなで記念撮影。
d0162995_9445676.jpg
たまたま水色のペディキュアをしていたのを一人の園児に見つけられ、
「あ、水色の足だ!」と大騒ぎになり、(← そんなに珍しい?^^;)
その日はずっと「水色さ~ん❤」と子ども達に呼ばれました。

「水虫さん」じゃなくて、よかったわ(笑)
by uransuzu | 2014-09-09 22:15 | てぶくろ市 | Comments(10)

中生代白亜紀
今から約7000万年~9000万年前のこと。

日本列島はユーラシア大陸と陸続きで、
海にはアンモナイト、陸には恐竜が栄えていた時代です。

この頃にできた珍しい岩脈が、香川県東かがわ市には、たくさんあります。

近年、これらの地質名所をジオサイトと呼び、
瀬戸内海国立講演指定80周年記念の一環で、
観光名所にしようという動きがあります。

ただ残念なことに、それらの多くは、瀬戸内海に浮かぶ小島だったり、海に面した断崖絶壁だったりするので、陸地からはよく見えません。

では、小さな漁船に乗って、いざ、出発~~~♪
d0162995_9554676.jpg
d0162995_9555453.jpg
この日は気温35度、日差しが痛い・・・
でも、海を突っ走って行く船上は、気持ちよい風が吹きます。
d0162995_9595449.jpg
d0162995_1001977.jpg
(通念島↑)
斜めの岩脈は、花崗岩と砂岩・礫岩の境目だそうです。
噴火した花崗岩マグマが地下で冷却し、その上に砂岩などが堆積し、その後の地殻変動で地層が傾斜したと言われています。
地球上がまだ、グツグツと動いていたときですよね~。

ランプロファイアと呼ばれる、白色と黒色の層の岩脈は、国の天然記念物に指定されています。↓
d0162995_1115114.jpg
d0162995_1121575.jpg
(画像はお借りしました)
白色の花崗岩の割れ目に、後から黒色のランプロファイア岩脈が貫入してきたもの。
まるで、人工的に作ったもののような美しさです。
明治時代に軍の爆発によって表面が剥がれ、この模様が顔をだしたのだそうです。
d0162995_10122799.jpg
(絹島↑)
こちらは、1400万年前にできた岩脈。
この頃に、日本列島はユーラシア大陸から別れたそうです。
柱状節理と呼ばれる岩脈は、5~6角形の柱が、横向きに並んでいます。
マグマが、高角度に貫入したものだそうです。
今は、海鳥が数多く住み、岩脈が鳥の糞で白くなっています。

他にも、女郎島、城山、丸亀島、等々・・・
面白い岩脈をいくつも見る事が出来ます。
往復約2時間、ちっとも退屈しませんでしたよ。

ついでに、沖で引田鰤(ひけたぶり)の養殖場も案内していただきました。↓
この1つのイケスの中に15000匹もの稚魚が養殖されているのだそうです。
d0162995_10193270.jpg

それにしても、陸地から見るのでは全然わからなかった東かがわのジオサイトの素晴らしいこと!
船から見ると、その雄大さは圧巻でした!!

点と点とを船で結び、そこに他の面白みも加えたら、・・・
たとえば、船でジオサイトを見学した後、新鮮な引田鰤のお料理をいただく、なんてツアーはいかがかしら♪
そして、船に乗るときは、暑いときはUV対策手袋を、寒い時は防寒手袋をお忘れなく~、とかね(笑)

私のこの日のお伴手袋は、
UV対策万全の吸汗速乾COOLINGでした。↓
d0162995_10421344.jpg
野外スポーツ選手も愛用しているポリエステル100%素材です。
伸縮性に優れ、濡れてもすぐに乾きます。
指先が無いデザインなので、スマホ操作もオッケー。
実用第一の絶対に日焼けしたくない方にお薦めです。
by uransuzu | 2014-07-28 20:17 | てぶくろ市 | Comments(8)

水神さんの祭事

自治会の中にある小さな小さな水神さん。
毎年、7月8日9日にお祭りします。
d0162995_12305265.jpg
今年は、お当番。
朝6時集合ですが・・・5時半には皆さん揃っていました^^;

竹で鳥居を作り、幟をたて、テントをたて、
桜の木に幕を下ろし、鈴を吊り、提灯を吊り、
祠にお供えします。
d0162995_12353749.jpg
久しぶりの当番なので、何をどこにどう飾るか、皆あやふやです。
あーだ、こーだ。

備忘録として、写真を撮っておきましょ。
d0162995_12391610.jpg

夫が子どもの頃は、この場所から綺麗な湧水がこんこんと湧いていて、綺麗な小川に入ってよく遊んだらしいです。
蛍もたくさん飛んでいたのですって~。

今では、護岸をコンクリートで固めてしまい、湧き水も少なくなり残念だわ。
d0162995_1383231.jpg

「この祭事は、いつからやっているのですか?」
「祠は、いつ建立されたものなんでしょう?」

と、地元のお年寄りに聞くのだけれど、誰もが
「わしらの小さいときには、もうやっていたのぅ。」
としか、答えが返ってこない。

知りた~~い!!


神社の神官様がお祓いにきてくださった時、
d0162995_1315150.jpg
まだお若い神官様でしたが、聞かずにはおれない私。

「この祠はいつごろのものなんでしょう?」

「神社に帰って、記録を調べてみます。多分、ひょっとしたら、1600年より以前かもしれませんね。」

おぉ~っ、それは古い!
江戸時代より前ってことよね。

では神官様、調べたら、きっと私に教えてね、宿題ですよ。
・・・って、偉そうでしょう(笑)

だって、この神官様、娘より1つ年上の〇〇君なんですもの。
てぶくろおばちゃんには、頭が上がらないわよね、うふふ。


起源がちゃんとわかったら、写真とともに記録して、簡単な資料を作ろうと思っています。
by uransuzu | 2014-07-10 20:57 | てぶくろ市 | Comments(16)

冷やしあん餅雑煮

県外からのお客様をご案内するというので、久しぶりに屋島(やしま)に行きました。

四国霊場84番札所の屋島寺は、屋島山頂300mのところにあります。

山頂からの景色は絶景で、この景色が瀬戸内海が国立公園第1号に指定される決め手になったそうです。
ちなみに、今年は瀬戸内海国立公園指定80周年の記念の年です!
d0162995_2101592.jpg

この山頂で、こんなことするもよし↓
d0162995_2123416.jpg
d0162995_2122067.jpg
山の斜面に輪っかが張られ、投げた瓦がうまくこの輪っかをくぐれば、願いが叶うという・・・屋島名物「開運厄除け瓦投げ」

こんなことするもよし↓
d0162995_214198.jpg
えぇっと、屋島は源平合戦の地でもありますので、
平清盛と建礼門院徳子になりきってみました~(笑)

そして、地元民もびっくり、こんなものがありました↓
d0162995_2195139.jpg
あん餅雑煮専門店「桃太郎茶屋」
あん餅雑煮自体は、すでに全国区の人気ですから(笑)ちっとも珍しくないのですが、
(かつて、私のブログでもご紹介いたしました 
「冷やし」あん餅雑煮 始めました!

これは珍しいわ!初めて聞いたわ!
というわけで、さっそく注文してみました、この日は暑かったですしね。

じゃぁぁぁん❤
d0162995_21251195.jpg
d0162995_21172094.jpg
白みそとあん餅との馴染みのある黄金コラボ。
その上になんと、かき氷が!

おそるおそる食べてみると・・・
「美味す~~~い」
白みその麹の香りがひきたちます。
隠し味に和三盆の蜜がかかっているのだとか。

暑さで疲れた身体をほっこりと優しく癒してくれるお味。
これ、クセになりそう❤

このお店で考案され、今年の春から販売し始めたのですって。
そのうち「県民ショー」から、取材が来るかもね(笑)
by uransuzu | 2014-06-27 21:34 | てぶくろ市 | Comments(14)

観桜茶会

今年の観桜茶会は、冷たい花散らしの雨が降りました。
それはそれで、しっとりと風情があります。
茶会が行われたのは、、四国八十八箇所総奥の院でもある與田寺(よだじ)です。

主催者とは古いおつきあいで、この日は一日お手伝いをさせていただきました。
立ったり座ったり、慣れない所作に、翌日はひどい筋肉痛~(笑)
d0162995_20141073.jpg
↑ 写真は、今年、初めて開催されたお煎茶席です。
本席のお抹茶とは、また異なる趣きがあります。
お床のお花は、不老長寿を意味する「松と薔薇」です。(大きな薔薇を使うのが、お茶花としては珍しくて、新鮮でした♪)

お煎茶は急須を使って、一度に5人前を入れてくださいます。
そして、1煎目と2煎目の間にお菓子をいただきます。
お抹茶席よりは、お手前も少しカジュアルでしょうか。
私も、お煎茶を少し習ってから、家で入れるお茶がうんと美味しくなりました~♪ えっへん( ^^) _U~~


3年前の観桜茶会の野点の画像がありましたわ。↓
桜もちょうど満開で素晴らしいお天気!
d0162995_12542385.jpg
毎年4月第2日曜日の開催と決まっているのですが、年によってこんなに桜も天候も異なるのですね。(今年は4月13日、3年前は4月10日でした)
実はあの大震災が起こった後で、開催自体が危ぶまれましたが、「こんな時こそ、心を被災地に」とご本尊様にお献茶をしたのでした。

「咲くもよし、散るもまたよし、桜花」


明日から東京に参ります、時候はいかがでしょう・・・
by uransuzu | 2014-04-14 19:22 | てぶくろ市 | Comments(4)

文化財に登録されます!

東かがわ市の手袋産業が、国の「登録有形民俗文化財」に登録されることになりました!



全国で33件の登録の中でも、手袋のように今も盛んな産業が、文化財に登録されるのは珍しいことなのだそうです。
今回登録されるのは、明治以降の手袋の製作用具と製品、計721点です。
d0162995_1739042.jpg
d0162995_1739651.jpg
d0162995_17392562.jpg
(写真は参考資料)

展示のための「手袋資料館」も2008年に開設しております。
そして、この資料館館長、テレビでもインタビューに応えていらした橋本康男さんこそ、この文化財登録の立役者のお一人です。

先人たちの知恵と努力に敬意を表し、
ものづくりの精神が、連綿と受け継がれていることに感謝です。
by uransuzu | 2014-01-20 18:15 | てぶくろ市 | Comments(16)

さぬき豆麹

創業250年を超える醤油製造会社「かめびし」で、地元食材をふんだんに使ったマルシェを開催するというので、行ってきました。
d0162995_15385176.jpg
(写真お借りしました。)

古い醤油蔵の中は、いろんなお料理ブースがいっぱい。
海鮮焼き、コンソメスープ、お寿司、天ぷら、卵焼き、打ち込みうどん、風呂吹き大根、もろみ入りパン、つきたてのお餅もあったわ。
どのお料理も「かめびし」の醤油やソイソルトをたらりとかけると、
アラ、不思議、ぐ~んと風味が増します♪   (by 勝手に営業部長)
d0162995_15401088.jpg
d0162995_15403142.jpg
d0162995_1540399.jpg
大盛況です。
思わず「お手伝いしましょうか?」と申し出たくなったほど(笑)

「満足、満足、お腹いっぱ~い。世は満足じゃ~」と、お腹をさすりながら

帰り際に女将にご挨拶したら、
「てぶくろさん、今日から販売開始したさぬき豆麹いかが?」と声をかけられました。
全国で唯一、大豆をムシロ麹製法で作った麹と、全国で唯一の製法で作った減塩醤油がコラボしてできた新調味料だそうです。
「米麹を使った物は多いけど、これは大豆と小麦粉の麹なのよ。」
d0162995_1557383.jpg
説明書に
健康な体と美しい肌
●酸化を防いで、老化を抑える。
●腸内菌を健康な状態にする
●免疫抵抗力を強化

と書いてあります。
「健康」「美しい肌」「老化」私の弱いキーワードがいっぱい・・・(笑)
もちろん、買いました!!
by uransuzu | 2014-01-19 22:22 | てぶくろ市 | Comments(4)