カテゴリ:てぶくろ市( 87 )

中世のヨーロッパは、けっこう不衛生で悪臭が漂っていた、とか。
そのために香水が発展したし、タジマジも伝染病予防の意味から生まれた、とか。

タジマジ(Tusyy Mussy)、花とハーブを小さな円形に束ねたブーケのこと。
「適当に丸く束ねればいいのよ~。」
と教わったけど、それってかえって難しいわ^^;

梅雨でじめじめした天気が続く中、メンバーが集まり、フラワーボランティアしてきました。
てぶくろ市役所のあちらこちらにタジマジをどうぞ~♪


d0162995_11444144.jpg


d0162995_11451089.jpg


ミント、セージ、ローズマリー、ラベンダー、等々・・・たくさんのハーブ達は、
メンバーのお一人の庭から拝借♪
薔薇は、知り合いの薔薇園から格安で分けていただきました。

市役所の庁舎内に、爽やか~なタジマジハーブの香りが漂います♪♪
花娘のように(プッ)お花を配りながら、今年度の活動支援金を募りました。

余ったハーブでハーブティを作って飲み、メンバーでお喋りすれば、
蒸し暑さも、疲れも、忘れてしまう、久しぶりのフラワーボランティアでした。


d0162995_16301089.jpg



残って家に持ち帰ったタジマジで、今も部屋中がいい香り~。↑
これで、わが家の加齢臭もタチマチ撃退?(笑)







by uransuzu | 2015-07-08 21:08 | てぶくろ市 | Comments(6)

若い人に囲まれて

もともとは、PTA活動の一環として始めました。
主にてぶくろ市出身の大学生を地域の社会人と結びつける、若い人への応援活動です。
今年で12回目。
まぁ、おせっかいの会とも言える。(笑)

この日は、大阪在住の大学生たちの集まりに呼ばれました。
100名以上の大学生のエネルギーに圧倒され、


d0162995_18230832.jpg


就職の相談、結婚の相談、その他もろもろ・・・
自分の親ではなくて、まったく他人の大人、でも心から親身になってくれる信頼できる大人、
にアドバイスをもらいたい若者って、意外と多いですね。

社会経験の乏しい若者に、大人の経験や知恵を披露する!つもりでしたが、疲労しました(笑)

でも、楽しかった~♪ 若返ったかも~♪ 新たな出会いもあったしね~♪




by uransuzu | 2015-06-29 19:17 | てぶくろ市 | Comments(10)

農園をたずねて

その農園は、30歳代の若いご夫婦が経営している。

ご主人は、元々、都会でプロの料理人をしていた。
美味しくて、身体にいい野菜を探しているうちに、自分で作ることにしたそうだ。

土作りにこだわり、有機肥料のみを使い、減農薬で、新しい野菜作りに取り組んでいる。

d0162995_15233563.jpg

「食べてみてください」と差しだされたピーチ蕪を丸かじり、美味しい~~♪(写真 左奥)

1日にまだほんの少ししかとれないという、紫アスパラ。(写真 真ん中奥)
茹で時間5秒でいいのですって。

細めのグリーンアスパラは、茹でなくても生のままでいただける。

スイスチャ―ドも、生食できるものを育てている。(写真 右奥)
柔らかくて、瑞々しい。

変わった形のズッキーニ達は、5種類あった。(写真 左前)
黄色いのは、UFOズッキーニと名付けられているとか。

アイスプラントは、市場に出回っているのは、水耕栽培が多いらしいが、
こちらでは、土で栽培、深みのある味を模索している。(写真 右前)


他にも、いろいろこだわりのお野菜をいただいて、
農業にかける熱い想いと、農業で地元を活性化したいという強い気持ち、
それに、ご夫婦の素朴な人柄を知って、

この若き農園経営者を応援したいと思う♪








by uransuzu | 2015-06-04 19:46 | てぶくろ市 | Comments(17)

チビタと富士登山! sanpo

チビタのシッタ―を頼まれて、二人で富士登山してきました!

富士山といっても、・・・チビタの家から三輪車で10分の「芝桜富士」です。^^
こちらは過去ブログでもご紹介したことがありますが、
定年を控えたご夫婦が、自分たちで山を開墾し、10年がかりで育てた芝桜の山です。

d0162995_16160362.jpg


まだまだ、見ごろはこれからですが、見事でしたよ~。

しかし、ゆっくりと芝桜を堪能する暇もなく、
勝手に走りだすチビタを追いかけるのに必死の私。(汗)↓


d0162995_16164272.jpg


頂上からの風景は、こんな感じです。↓
遠くに瀬戸内海が見えます。

d0162995_16162193.jpg


チビタ、弱冠1歳11カ月にして、富士山登頂に成功!!
将来はアルピニストか!(笑)



by uransuzu | 2015-04-19 16:47 | てぶくろ市 | Comments(12)

産直市で

時々、産直市で新鮮野菜を買います。
今日はこれだけ。↓
この1週間は、一人暮らしだもの、これだけあれば乗り切れる^^。


d0162995_14244505.jpg


左前から、ブロッコリー100円、大根70円、紅化粧(赤大根)120円、人参2本70円、菜花70円、百花70円、レタス180円。
これだけ買っても700円。
すべて、地元農家さんの朝取れ野菜。

大根と人参の葉っぱが付いていないのが残念だけど、今の時期じゃ仕方ない。

とりあえず野菜いっぱいのサラダ~♪でも作ろう。

と、電話。
「てぶくろさんでしょうか?本日、お買いものの際に、お財布をお忘れになりませんでしたか?」
え?
え?
あぁぁぁ~~~。

お財布の中に、自動車免許も保険証もカードも入っている。
(ということは、免許不携帯で、自動車を運転して帰ってきたわけだ。)
(最悪、誰かにカードでも使われていたら、カードを止めなきゃいけない。)
(カードの再発行、次の海外出張までに間に合う?)

あれこれが一気に頭の中を駆け巡ります。
とにかく、あわてて財布を引き取りに行きました。

お店の人に心からお礼を言い、無事な財布に安堵し、帰宅すると、もはやお料理をする気力なし。

d0162995_14475033.jpg

何年ぶりかで、非常食のカップヌードルを出してきて、

ヘルシーな野菜の山を前にして、ヘルシーでないカップヌードルと記念撮影なり(笑)



by uransuzu | 2015-02-24 19:44 | てぶくろ市 | Comments(18)

「ふるさと納税」
地方で育って都会に暮らす人たちの「ふるさと」を応援したい
という想いを税制面で支援する制度。

最近では、自分のふるさとでなくても、いろんな土地に納税して、
その土地の特産品をもらうというのが、ブームですってね。

牛肉やら蟹やらお米やら、いろいろあって選ぶ楽しみもあるみたい♪♪
もちろん、税の控除もあるから、けっこうお得なのかな。


てぶくろ市のふるさと納税への返礼品の中には、もちろん手袋もあります。 
18,000円以上の納税で、メンズのカシミヤ手袋を選べます。↓

d0162995_17421877.jpg
27,000円以上で、メンズ・レディスともに 羊革の手袋を。↓

d0162995_17435669.jpg
d0162995_17434519.jpg

う~ん、やっぱり、かなりお得だと思う。
なかなか人気があって、早くもアルパカの手袋は品切れです。


他にも、鰤、カブトムシ、クワガタ、金魚、などのお礼品を選べます。
海と山の自然に恵まれた地ですゆえ^^;

一日市長体験というのもありました。
ただし、それには100万円以上の納税が必要だそうです!

d0162995_17521308.jpg


皆さん、てぶくろ市への「ふるさと納税」いかが~^^  



by uransuzu | 2015-01-22 20:46 | てぶくろ市 | Comments(6)

手袋の古い道具

てぶくろ市で、手袋を作るようになって、もう120年以上たちます。
今では、手袋会社は70社ほどに集約されていますが、
かつては、街中のどの家からもミシンを踏む音が聞こえていたそうです。

d0162995_11284367.jpg

きっと、外に働きに出ないお母さん達の内職だったのね。
そうした人たちの支えがあって、この地に手袋産業が根付いていったのね。

最近はそんな内職をする人も殆どいないし、
生産作業の多くは、海外工場へと移っています。



夫は夏休みには、ニット手袋を編む手伝いをしていたことがあるそうな。
「けっこう、上手に編めたんだぞ」
って、あの不器用な夫が!まさか、とっても信じられない~(笑)

今は24時間稼働する自動編み機だものね~。

d0162995_11313515.jpg

そんなこんな、もう昔話にすらなっていること。
私もあまり知らない。
たまには謙虚になって(笑)、昔の苦労話を聞かなくっちゃね、と思うこの頃です。

d0162995_11580438.jpg
d0162995_11582791.jpg


古い手袋作りの道具をてぶくろ市引田の手袋ギャラリーに展示してあります。











by uransuzu | 2015-01-21 12:13 | てぶくろ市 | Comments(6)

先日、NHKの「えかとこ四国」という番組で、てぶくろ市が紹介されました。
残念ながら、放送は四国限定です^^;
(再放送が、1月24日(土)10:05~ にあります。)

てぶくろ市を案内してくれたのは、俳優の内田朝陽さんです。
d0162995_19043750.png

内緒ですが(笑)、
彼、今月ご結婚されるとか、しかもお相手は東大卒の才媛らしいです^^
幸せオーラ満載でした~。
そして、ファッションに合わせて手袋を付けるほど、手袋好きなんですって❤

そんな内田さんが、てぶくろ市の新名物を一生懸命に考えてくれました。
d0162995_18572379.png
彼のアイディアで作った手袋は、
手袋をしたままでも、時計を見ることができて、
指先に突起物をつけることでスマホのタッチパネルがよりしやすい、
という機能性抜群の手袋です。

d0162995_18573351.jpg

実は、この手袋を縫製したのは、わが家のすぐ近くの手袋工房さんです。
昨年、Alta Classe の実演販売に協力していただいたご家族です。 過去ブログ→

この手袋、日本手袋工業組合で見る事ができます。
さて、てぶくろ市の新名物となるでしょうか!?

d0162995_19005313.jpg
(画像はすべてお借りしました。)




by uransuzu | 2015-01-11 19:20 | てぶくろ市 | Comments(12)

横浜山手のクリスマス(↓昨日のブログ)と違って、てぶくろ家のクリスマスはというと・・・

子どもがいた頃は、アメリカから取り寄せた、大きなツリ―を飾っていましたが、
夫と二人になってからは、小さなアドバンス・ツリ―を出してくるのが精いっぱいです。
(だんだん、手抜きになるなぁ)

しかも、今年はちゃんとアドバンスすらしないで、
一気にミニ・ミトンをぶらさげただけ(笑)
d0162995_10353401.jpg
一番上は、ラトビアの手編みミトンです。
これをブローチに付けて、東京に行きます!ってブログで宣言したら、 
なんと、東京行きの飛行機の中で、
「あの~、てぶくろさんですか?」
と声をかけられたの!!もうびっくり!! 恥ずかしくって、嬉しかったわ♪


他の木製の赤白ミトンは、こちらの方が持っているのを数年前にブログで拝見して、
どうしても欲しくなり、恐喝して、送っていただいた物です。
これも北欧雑貨だそうです。

手袋がモチーフになっている小物を見ると、わたくし「欲しい!欲しい!病」が勃発いたします。
皆さん、お気をつけてね~(笑)


今夜は、これから大勢が集まってのクリスマス会です。
明日は、チビ達一家がやってきます。
賑やかな夜が続きます。

by uransuzu | 2014-12-25 17:06 | てぶくろ市 | Comments(32)

県境に近い山奥に、ポツンと一軒、お蕎麦屋さんがあります。
営業は日曜日の昼間だけ、道端の美しい紅葉が目印です。
古い民家を増改築して作った、木の香りのする小屋の中には、薪ストーブが赤々と炊かれています。
d0162995_13351288.jpg
d0162995_13353009.jpg
小屋も机も椅子も、多分、全てが手作りです。
口数の少ない上品なシニアご夫婦(?)が経営されています。
開店してまだ4年目、
都会からこの田舎町に「人生の楽園」を求めて、移り住んでこられたのでしょうか・・・

うどん県には、お蕎麦屋さんがとても少ないのです。
打ち立てのお蕎麦がとても美味しくて、今度は夫と訪ねてきたいと思いました。
d0162995_13354032.jpg


実はこの日、この山奥の集落で行われている「猪祭り」に参加してきました♪

過疎化が進み、「人より猪の方が多い」と言われる集落の人々は、
地域を愛する気持ちが人一倍強くて、
「猪」を逆手にとっての地域活性化事業を始めました。

猪カレーに猪丼、猪のお焼き、果ては、猪の丸焼きまで~。
ひぇ~~っ!

私は、立派な自然薯を購入いたしました。
d0162995_13190408.jpg
夕飯は夫と二人❤
自然薯と、天然のわさびをすり下ろして、美味しくいただきました。
d0162995_13225476.jpg
田舎暮らしも、なかなかいいものです♪





by uransuzu | 2014-12-08 21:00 | てぶくろ市 | Comments(8)