カテゴリ:てぶくろ市( 100 )

文化財に登録されます!

東かがわ市の手袋産業が、国の「登録有形民俗文化財」に登録されることになりました!



全国で33件の登録の中でも、手袋のように今も盛んな産業が、文化財に登録されるのは珍しいことなのだそうです。
今回登録されるのは、明治以降の手袋の製作用具と製品、計721点です。
d0162995_1739042.jpg
d0162995_1739651.jpg
d0162995_17392562.jpg
(写真は参考資料)

展示のための「手袋資料館」も2008年に開設しております。
そして、この資料館館長、テレビでもインタビューに応えていらした橋本康男さんこそ、この文化財登録の立役者のお一人です。

先人たちの知恵と努力に敬意を表し、
ものづくりの精神が、連綿と受け継がれていることに感謝です。
by uransuzu | 2014-01-20 18:15 | てぶくろ市 | Comments(16)

さぬき豆麹

創業250年を超える醤油製造会社「かめびし」で、地元食材をふんだんに使ったマルシェを開催するというので、行ってきました。
d0162995_15385176.jpg
(写真お借りしました。)

古い醤油蔵の中は、いろんなお料理ブースがいっぱい。
海鮮焼き、コンソメスープ、お寿司、天ぷら、卵焼き、打ち込みうどん、風呂吹き大根、もろみ入りパン、つきたてのお餅もあったわ。
どのお料理も「かめびし」の醤油やソイソルトをたらりとかけると、
アラ、不思議、ぐ~んと風味が増します♪   (by 勝手に営業部長)
d0162995_15401088.jpg
d0162995_15403142.jpg
d0162995_1540399.jpg
大盛況です。
思わず「お手伝いしましょうか?」と申し出たくなったほど(笑)

「満足、満足、お腹いっぱ~い。世は満足じゃ~」と、お腹をさすりながら

帰り際に女将にご挨拶したら、
「てぶくろさん、今日から販売開始したさぬき豆麹いかが?」と声をかけられました。
全国で唯一、大豆をムシロ麹製法で作った麹と、全国で唯一の製法で作った減塩醤油がコラボしてできた新調味料だそうです。
「米麹を使った物は多いけど、これは大豆と小麦粉の麹なのよ。」
d0162995_1557383.jpg
説明書に
健康な体と美しい肌
●酸化を防いで、老化を抑える。
●腸内菌を健康な状態にする
●免疫抵抗力を強化

と書いてあります。
「健康」「美しい肌」「老化」私の弱いキーワードがいっぱい・・・(笑)
もちろん、買いました!!
by uransuzu | 2014-01-19 22:22 | てぶくろ市 | Comments(4)

今年も引田ひなまつり

今年も、春の陽気に誘われて♪♪ 引田(ひけた)ひなまつりに行ってきました。
ぽかぽか・ぽかぽか・ぽかぽか
引田の古い街並みを歩きながら、その家その家自慢のお雛様を覗かせてもらいます。
d0162995_1857171.jpg
かつては、あまりにひな人形の豪華さを競いすぎて、風習の中止が叫ばれた、この地区のひな人形たち。今では、街おこしの主役となりました。
d0162995_18594124.jpg
d0162995_1859518.jpg
d0162995_1904781.jpg
今回ご案内したお客様は、中・高校時代からのお友達。
遠路はるばる、ありがとう~♪
おうどん食べて、はまちのづけ丼食べて、黒密ショウガ湯いただいて、珈琲も飲んで。
お土産に和三盆とブドウ餅を買って。
あ、そうそう、帰りには手袋アウトレットで手袋もお買い上げ~。
よく歩いた、よく食べた、そしてよく喋った一日でした(●^o^●)


日 時 2013年2月27日(水)~3月3日(日) 10~16時
*ただし3月2日(土)は「宵雛まつり(ライトアップ)」のため20時30分まで
場 所 東かがわ市 JR引田駅前~引田の古い町並み一帯

引田の古い町並みの家、約60軒に雛人形が飾られて、町中華やかな雰囲気に。期間中は、着物姿の子ども達の「市松行列」、子ども達がお雛様に扮する「こども雛歌道中」、だんじり子ども歌舞伎、子ども茶会、ライトアップ、バザー、他にも沢山の楽しいアトラクションがあります。
d0162995_22552464.jpg

主 催 引田ひなまつり実行委員会
問合せ 東かがわ市ニューツーリズム協会 電話0879-23-8557

『引田「第11回 引田ひなまつり」』のチラシがご覧いただけます。→ チラシを見る

by uransuzu | 2013-02-28 19:20 | てぶくろ市 | Comments(16)

中原淳一さん生誕の地

100年前のこの日(2月16日)、この場所で、中原淳一さんは生まれました。
d0162995_1948862.jpg
香川県東かがわ市白鳥神社から徒歩2分。
旧高嶋米穀&酒店、今は誰も住んでいる人のいない空き家です。
狭い店舗跡に、中原淳一さん生誕100周年を記念して、大勢の人が集まっていました。
d0162995_19525284.jpg
1日目はお友達と、2日目は義母と。義母は「あら~、こんな本なら、いっぱいうちにあったのにね~」って。そうですよね、あの時代の女性なら誰でもお世話になった懐かしい絵でしょう。

淳一さんのお父様が、この地の小学校の教員だったそうです。
「うちの祖父が、お父様と一緒に働いていたのよ」と話している方がいました。
県内近くにある中原医院は、淳一さんと親類だそうです。
今回、イベントをすることで、いろいろ情報が集まってきています、とお世話されている方が嬉しそうに話されていました。
d0162995_19561874.jpg
d0162995_200337.jpg
グッズ販売やオーダー服販売などは無くて、地元に残る資料を並べたり、DVDを流すだけの地味なフェアです、それでもこんなに大勢の人が集まっているなんて、今さらながら彼の人気に驚きました。

中原ブランドの手袋、作る?^^
by uransuzu | 2013-02-17 20:19 | てぶくろ市 | Comments(4)

中原淳一生誕100周年

中原淳一シリーズ、第2部「ふるさと編」~
先日のブログでも少し触れましたが、中原淳一さんは、四国の片田舎でお生まれになりました、わが家からほど近い場所です。
その生家で、生誕100周年フェアが開かれます♪

d0162995_15455798.jpg

日時:2013年2月16日(土)、17日(日) 10時~15時

場所:東かがわ市松原 旧高島屋酒米穀店(白鳥神社門前町の通り)

駐車場:白鳥神社 東側 県営駐車場をご利用下さい。

中原淳一は、東かがわ市(旧白鳥町)生まれで、昭和10年~50年頃まで日本の「おしゃれ」の最先端を提案し続けたデザイナーです。
その活躍は多岐にわたり、イラストレーター、ファッションデザイナー、人形作家、演出家など「美」の総合プロデューサーともいえるでしょう。
2013年2月16日に中原淳一 生誕100周年を迎えます。
それを記念し、生誕地で中原淳一にまつわる資料を、当時の町の歴史とともに紹介します。

主催 こま犬会
問合せ:白鳥神社 電話0879-25-3922


d0162995_1612898.jpg
当日は、中原さんの書いた本や絵、切り抜きなどが展示されるそうです。
また、16日には、当時の旧白鳥町の模様がDVDで放映されるとか・・・
お近くの方は、ぜひ足をお運びください。
ワタクシ、もちろん参る予定ですので、後日レポートいたしますね。

あ、手袋資料館手袋アウトレット店もすぐ近くです^^
お待ちしております(●^o^●)
by uransuzu | 2013-02-13 16:17 | てぶくろ市 | Comments(6)

嬉しいニュース!!

年の終わりに、嬉しいニュースが舞いこみました!
なんと、私、あるコンテストで2位に入賞したのです♪
自慢じゃないけど、コンテストなんて、(学生の頃の作文とか絵画ではあったかもしれませんが)、これまで応募したこともなければ、もちろん入賞したこともありません。
美人コンテスト?推薦されてもお断りしてきましたわ、おほほ^^;
実は、以前のブログにも書いた、こちらのコンテストです。

手のコンテスト大会
「美しい手」「可愛い手」「仕事の手」「愛情の手」の4部門のうち、私が「愛情の手」部門の2位に選ばれたのです♪
賞状と賞品の手袋が贈られてきました。
d0162995_21105823.jpg
選考方法は、会場でコピー機にて、手形をとるだけ。後日、そのコピーの中から、厳正な審査の結果、該当者が決まるのだそうです。
「愛情の手」というのは、「愛情があふれる手」が選ばれるのだそうです♪♪ 嬉しいじゃありませんか~♪♪ 「美しい手」や「可愛い手」より、いいよね♪♪ 素直に嬉しい~♪♪
ihokoさん、いいでしょう~♪♪ (できレースじゃないわよ~ 笑)

もう一つ、娘ムコ殿からのクリスマスプレゼントも嬉しかったです♪
d0162995_21394067.jpg
イギリスのA.E.Williamsのワインのコルク栓です。これって、正式には何ていう名前なの?(誰か教えてください)
細かい薔薇の細工が素敵でしょう、注ぐときにまったく液だれしません。
ロイヤル・ワラント(英王室御用達)のお品です。
ムコ殿、お高くなかった?と、ちょっと心配する心優しき義母です。
d0162995_2147579.jpg
でも、これで、安心していくらでも飲めます!!(笑)
だってね、
お友達がホームパーティに持参してきてくれたのは、1升瓶入りのワインでしたから(゜o゜)
d0162995_21504717.jpg
勝沼ワイン、けっこう美味しい❤ 少し飲んではコルク栓をし、またちびりと飲める、という優れものです。

パーティ料理の方で、一番盛り上がったのが「ホットプレートで作る簡単パエリア」でした。
レシピをこちらの方に教えていただきました。
d0162995_23273844.jpg

食べてる途中で撮った写真は、具材が散乱していて、あまり美味しそうじゃないけれど^^;、とっても簡単で美味しかったです。初チャレンジの私でも失敗なし!ricoさん、ありがとう~、また作ります、ムール貝エキスが残っているから(●^o^●)

今年は、わが家でのホームパーティが多いです。
「てぶくろさんのご苦労さん会をしましょう!」って。私の慰労会を?なぜ?私の家で?私が料理してもてなす?私が片づける?
・・・いいですけど、楽しいから^^;

明日からは、年末年始のお客様が続きます。

皆様、よい年をお迎えください。

More もう一つ嬉しい!!
by uransuzu | 2012-12-29 20:17 | てぶくろ市 | Comments(26)

てぶくろ市・・・

とうとう、こんなプロモーションビデオができちゃいました。
うどん県てぶくろ市に改名!



うどん県に改名のPVDが好評をえたので、いわばそのパロディですね。うどん県の副知事役は「要潤さん」。てぶくろ市の副市長は「てぶくろさん」・・・ではなく、美しく若い女性です。
出てくる住民の殆どは、顔見知りのお方(●^o^●)
パロディではありますが、出てくる観光名所やグルメは本物ですので、もしいつかてぶくろ市を訪問してみたいと思われる方には、参考になりますね。


ついでに、てぶくろ市の市章バッジもあります。
d0162995_18454941.jpg
あはは、こちらも「うどん憲章バッジ」の真似。
モデルは、マイダーリン❤
皆さま、あまり興味ございませんか~(笑)
by uransuzu | 2012-07-14 22:39 | てぶくろ市 | Comments(16)

醤油蔵でお茶会・・・

創業260年になる醤油醸造「かめびし」で、お茶会が開かれました。
d0162995_10104373.jpg
べんがら色の建物、これは世界的彫刻家「流政之」氏によるものです。
あ、建築ではなく、色を決めたのがね、流さんなのですって。
色を塗った当初は、派手だとか品が無いとか、かなり不評だったようですが、今では、古い街並みの中で、独特の情緒を醸し出しております。

d0162995_10115872.jpg
入口には、この日、こんな幕が張られていました。
江戸時代のものだそうです。
ところどころ、隙間が開いているのは、決して破れたのではなく、風を適度に逃すためと、敵が来ないかを中から見るためなのだそうです。
24方向への安全祈願として、おまじないの文字も隠されていました、やはりまだまだ物騒な時代だったのですね。

d0162995_10261873.jpg
お茶席は、立礼でした、川島猛氏デザインの風雅なお部屋を使用しました。もともと醤油蔵の2階を改造したものです。白鹿の描かれた立派な屏風が、暗い屋根裏部屋を艶やかな茶室へと変身させておりました。
d0162995_10314155.jpg
男性ばかりの茶人グループがお手前披露の中心でした。知り合いのイタリアンシェフも、この日ばかりは、袴姿でりりしくて・・・

点心は、こんなお部屋でいただきました。手前にある着物は、14代目当主夫人が、お茶ノ水女子大学を主席で卒業したご褒美として、時の皇后殿下より下賜されたものだそうです。
d0162995_10373783.jpg
また、奥の兜は、流政之氏の誕生を祝って、流氏の父親(立命館大学創始者)が作らせたものだそうです。後ろの赤い障子も珍しいでしょう。

d0162995_10344628.jpg
点心です。お寿司には、わさびも醤油も使わず、かめびしのモロミが使用されていました。あとは、瀬戸内の美味しいお魚料理や山菜が豊富に使われていました。もちろん、上品で間違いないお味は、県内一の老舗料亭「二蝶(にちょう)」さんのものです。いつもは、表に出てこない料理長自らが、料理の説明をしてくださいました。

17代目当主(女性)は、私の大学の大先輩です。
この秋に18代目を継ぐご当主(お嬢様です)お披露目の場でもありました。
「これからは、地元の方々にも愛される企業作りを目指したいと思っております」とのご挨拶に、心から応援しようと思ったのでした。
by uransuzu | 2012-05-13 13:33 | てぶくろ市 | Comments(22)

各地でアウトレットが人気ですが、実は「てぶくろアウトレット」という小さな小さなアウトレットがございます。
香川県東かがわ市の手袋資料館館内に先月オープンいたしました。
d0162995_1855349.jpg
d0162995_19213321.jpg
市内30社の手袋メーカーが、約1万点の商品を市価の4~9割引きで販売しております。
d0162995_1945055.jpg
d0162995_1921455.jpg

d0162995_1932920.jpg
もちろん、手袋が中心ですが、手袋作りの技術を生かしたバッグや財布、帽子や靴下なども並んでいます。

館内のディスプレイもちょっと変わっています。
子どもの日が近いので、こんな鯉のぼり。
d0162995_9474882.jpg

こちらは、トラサルディの手袋柄スカーフ
d0162995_947511.jpg
「手袋のうた」に「手袋憲章」
d0162995_9482921.jpg
d0162995_9484325.jpg
うふ、ちょっと、笑えるでしょ。
他にも「手袋人形つくり体験コーナー」や「手袋の歴史コーナー」などもあります。お子様連れでも楽しめますよ。
営業は午前10時から午後6時。
問い合わせは同店((電)0879・25・3208)。

G.Wに遊びにいらっしゃいませんか~
念のため・・・「てぶくろ直売所」ですが、ワタクシは売られていません012.gif
by uransuzu | 2012-05-01 11:23 | てぶくろ市 | Comments(22)

小学校の手袋・・・

地元の小学校で・・・大きな研究大会が・・・開かれれました。
研究大会があたると・・・当番校の教職員は・・・何年も前から準備するらしい・・・
当日は・・・県内外から・・・大勢の方が・・・いらっしゃるらしい・・・です。

ご案内をいただいたけれど・・・部外者の私は・・・行くのをためらっていました。
(学校・・・寒いし・・・朝早いし・・・)
ところが・・・研究内容についての・・・分厚い冊子の中に・・・
こんなものが入っているのを・・・昨夜・・・見つけました。

d0162995_1334342.jpg

小学生の手書きの栞・・・「手袋で 心温まる 冬が来る」
しかも・・・赤いカラ―軍手が・・・1双!
これは・・・まるで私に・・・私だけに・・・「来て~」と言っているようなものじゃありませんか~
(勝手な妄想ですが)


いそいそと・・・久しぶりに・・・学校ファッション・・・
今日の手袋・・・なり。

d0162995_13405373.jpg

多分・・・20年以上前のもの・・・GIVENCYブランド・・・こげ茶のスウェード・・・
しかし、ま~、よく使いこんであります。
指先あたり・・・テカテカ・・・だわ(笑)
地味な色で・・・カジュアルな素材だけど・・・質感がちょっとだけオシャレに見える・・・ような気がして・・・
普段のお買いものや・・・学校に行くときなどに・・・よく着用いたしました。
スェ―ド素材・・・以前より・・・少なくなっていますね。 (温かそうで、好きなんだけどな)
今日は・・・あたたかいベージュのスーツと・・・合わせて。

研究大会の小学校は・・・かなり・・・よそゆきの顔。
廊下や教室の掲示物も・・・子ども達の持ち物も・・・整然としている。
文科省から来た来賓・・・教育のスペシャリストの大学教授・・・赤いリボンをつけて・・・ゾロゾロ。
先生の緊張が・・・子ども達にも伝わるのか・・・いつもより・・・お利口さん(?)

いつものまんまを見せた方がいいんじゃない、とも思ったけれど・・・
こうした特別な日があってこそ、進歩もあるのだろう・・・とも思う。
先生方・・・お疲れ様でした。


薩摩スギをたくさんいただいたので・・・クリスマスリースを・・・作りました。
なんでも薩摩スギって・・・屋久スギの異名・・・らしいのですが・・・
屋久スギと聞くと・・・ちょっと・・・貴重な感じがしたりしま・・・せんか?(笑)
直径30センチ近くのリースかになり・・・かなり・・・大きい・・・です。
どこかのお店かホテルにでも・・・飾れそうなくらい・・・

明日・・・チビ子一家が・・・久しぶりに来るので・・・玄関に飾りました。
気分は・・・メリー・クリスマス072.gif

d0162995_16344412.jpg

by uransuzu | 2011-11-25 19:35 | てぶくろ市 | Comments(22)