中国で「バーリンホウ」と言われる言葉がある。
1980年以後に生まれた若者をさす言葉で、「わがまま」で「利己的」で「役に立たない」といった
悪いイメージのある言葉だ。
一昔前、日本でも「新人類」って言葉があったよね、ちょっと似てるかな。


わが家に、「バーリンホウ」男女各1名ずつをお招きしました♪

d0162995_10291894.jpg

えぇっと、これはまだ準備中のテーブルですが↑
若い中国人にも食べやすい和食?を中心に、
豚シソ巻き、ピーマン炒め、鶏肉の照り焼き、細巻き寿司、お素麺・・・いろいろ居酒屋風^^



Aくんは、高校時代から単身日本へ留学、日本の国立大学を優秀な成績で卒業し、
てぶくろ社に入社して5年目。
どんどん手袋が好きになってきて、手袋への愛が増すばかりなんですって。 嬉しいわ~♪

きちんと中国の歴史を学んでいて、中国の悪いところ、良いところ、を冷静に分析しています。
知識層のAくん一家は、文化革命の被害者であり、だから政治にも関心が深い。
そんなことを語る時のAくんは、秘めた情熱を感じる爽やかな若者です。

d0162995_10355049.jpg

Bさんは、上海生まれの上海育ち。
「嵐」の二宮くんの大ファンで、そこから日本への関心を深めていった、というよくあるパターン♪

しばらく本社で勉強のために来日、
長く親元を離れたのは初めてで、最初の夜は寂しくて泣いたんですって。 可愛い♪
明るく、頭脳明晰な彼女は、語学も堪能で、みんなに頼りにされています。


こんな二人と話していたら、「バーリンホウ」という言葉の使われ方、
ちょっと待って!と言いたくなります。

たしかに、一人っ子政策のもとに、親から大事に甘やかされてきたけれど、
文化革命後に、きちんとした高等教育を受けた第一世代ですもの!

なかなか出来る子たちよ~!

彼らの世代が、中国で主役となり、もっと表舞台にたつようになれば、
日中関係も今よりずっと良くなると思うのだけどな。



by uransuzu | 2015-06-18 18:42 | 中国・手袋の旅 | Comments(18)

SHOKAY(ショーケイ)

SHOKAY(ショーケイ)というブランドをご存知ですか?
銀座三越の1階などで展示販売していたから、ご覧になった方もいらっしゃると思います。

SHOKAYとは、チベット語で「ヤクの最も柔らかい毛」という意味です。

チベット族にとって昔から大切な家畜であるヤク。
その毛を最高品質にするために現地で技術指導しつつ、直接買い取り、
そして、上海沖の崇明島という離島の女性協同組合で、手編み商品化しています。

いわば、人道支援、貧困解決のために生まれたファッションブランドです。


元々は、香港出身と台湾出身の若い二人の女性が立ち上げた社会派企業です。 
「世界で最も影響を与える100人の社会事業家」に選ばれたこともあると聞いています。
d0162995_11312305.jpg

SHOKAY共同創立者のプロフィール

Marie So/マリー・ソー:香港生まれの27歳。米・ノースウエスタン大学で科学、経済、経営工学の学士取得後、香港大学で国際政治の修士号取得。プロクター&ギャンブル、メリルリンチ勤務後、ハーバード大学ケネディスクールにて、国際開発プログラム修士課程を卒業。ハーバード在籍中、フィジーにて国連開発プログラムの地方銀行政策戦略プロジェクトに取り組む。

Carol Chyau/キャロル・チャウ:台湾生まれの26歳。ペンシルバニア大学国際ビジネスプログラムを次席で卒業。ウォートンスクールで金融を専攻し、スペイン語、ファインアートも学ぶ。香港でドイツ銀行国際株式部門に勤務後、ペルーのリマで、EDPYME Edyficarというマイクロファイナンスに従事。マリー同様、ハーバード大学ケネディスクールで国際開発プログラム修士課程を卒業。ハーバード在籍中、タイとNY市の国連開発プログラムで活躍。
(HPより)

d0162995_15195935.jpg
東日本大震災支援事業とコラボした商品もあります。
また、手編みの手袋もあります。
当社とは全く関係ない手袋なのだけど、この際、ショーケイ(紹介)しちゃお!
いよっ、てぶくろさんって太っ腹~(笑)

フォーエバー・ハンド・イン・ハンド・ミトンズ」 
d0162995_11410620.jpg
3つで1セットの手袋で、写真中央の手袋は、手を入れる部分が二つあり、手袋の中で手をつないで使用します。恋人用かな?❤
d0162995_15254990.png
こちらは、親子用❤ ↑
どちらも税抜き11,000円。

12月25日まで、送料無料のキャンペーン中だそうです。

(画像はすべてお借りしました。)






by uransuzu | 2014-12-02 20:12 | 中国・手袋の旅 | Comments(7)

昆山工場から、新幹線で上海市内へと戻る。
1等席は、飛行機のファーストクラスのように180度倒れるシートで快適、快適~♪♪ 
今夜は、上海の駐在員と一緒に最後の晩餐だ。
私は別に中華料理でもいいのだけどね(ホント?^^)、駐在員たちは、こんなときくらい和食が食べたかろうと優しい親心❤なり、和風居酒屋を予約する。

お客さんは、中国人と日本人が半々くらい。
中には、日本式のサービスを学ぶために、団体でやってきている中国人もいた。

国際都市、上海には数多くの日本料理店がある。
さすがに流行っているお店は、どれも美味しい。
d0162995_16362920.jpg
お刺身、天ぷら、枝豆、牡蠣のあんかけ。
d0162995_1635352.jpg
もずく、冷や奴に土瓶蒸し。
d0162995_16353610.jpg
お寿司に漬けもの、秋刀魚の塩焼き・・・・・
食った、食った~♪♪
でね、最後のシメは、やっぱりこれ。おうどんです❤
d0162995_16394557.jpg
う、う、うどんが胃にしみる~、日本人でよかった~、おかぁさ~~ん。

というわけで、無事に中国出張が終了いたしました。
最後は、和食画像のオンパレードで閉めてみました、やっぱり和食に飢えていたのね(笑)
皆さま、長い旅行記におつきあいいただきまして、ありがとうございます。


最後に、しつこく
<お知らせ>
12月6日(金)19:30~
NHK BS プレミアム 美の壺にて 「手袋」の特集!
Alta Classe も紹介されます!!

見てね❤
by uransuzu | 2013-12-01 20:02 | 中国・手袋の旅 | Comments(10)

上海事務所をあとにして、高速道路で約1時間の昆山市にある工場に向かう。
20年前に初めて昆山市に行った時には、上海からデコボコ道を3時間、車の天井に何度も頭を打ちながら、何とまあ何も無い所よ、と思ったけれど・・・
今では、高速道路ができ、新幹線の駅ができ、近く地下鉄も開通するという。
そのうち、上海への通勤も可能になるだろう。
投機目的のマンションがあちこちに建設中だ。
今、中国はバブル時代だ、とよく耳にする。
いつか日本のようにバブルがはじける日が来るかもしれない。

2年ぶりの昆山工場。
相変わらず、革伸ばしの達人オジサンは、元気だ。
d0162995_15552435.jpg
カメラを向けると、恥ずかしそうに下を向いた。
小さい身体だけど、革伸ばしで鍛えた腕は、とてもたくましいのよ❤

手袋を抜く型だけでも、こんなにある。
d0162995_15575288.jpg
これは、ほんの一部。
様々な大きさの手に対応するために、数は増加し続けている。

検品作業は、手袋作りの最後の大事な仕事だ。
機械で、そして人の目で、くりかえし検品する。
d0162995_161818.jpg

スマホ対応の革手袋を見せてもらった。
来季用のデザインやカラーバリエーション等を今後検討しなくてはいけない。
d0162995_16115677.jpg
d0162995_16135028.jpg
中国でも、地下鉄の中、車の中、道を歩いている時も、スマホを操作している人が多い。
日本と同じくスマホ依存症が問題になっている。
本当は、屋内でゆっくりと手袋をはずしてスマホを操作してほしいのだけどね♪


<お知らせ>
12月6日(金)19:30~
NHK BS プレミアム 美の壺にて 「手袋」の特集!
Alta Classe も紹介されます!!
by uransuzu | 2013-11-30 20:24 | 中国・手袋の旅 | Comments(2)

中国出張8.(上海)

上海まで来たら、もうこっちのもの(笑)
気温は四国と同じくらい暖かいし、インフラの不自由もないし、英語の通じる人も多い。
地下鉄は、まだ新しく計画的に作られているので、東京より綺麗でわかりやすいかも。
d0162995_132693.jpg
これは、上海高島屋の手袋売り場↓
店員さんも可愛くて愛想がいいでしょ♪
d0162995_1371674.jpg
今年は、まだ暖かくて、手袋の売り上げがよくない、って言ってた。(多分 ^^;)

上海でのホテルは、初めて泊るインターコンチネンタル上海ルイジン
d0162995_1313912.jpg
むかし、中国政府官僚が、迎賓館として使っていた建物をリノベーションしたもので、歴史と風格を感じる。
d0162995_13244534.jpg

広い敷地の中をカートで宿泊棟まで案内してくれる。
朝、散歩したらこんな感じ。
d0162995_13193137.jpg
d0162995_13194430.jpg
芝生の手入れが行き届いた広大な庭は、イングリッシュ・ガーデンみたい。
年月を感じる大きな木々が、森のように立っていて、周囲の喧騒から一線を画す。

翌朝、通勤ラッシュにもまれつつ、上海事務所へgo!


<お知らせ>
12月6日(金)19:30~
NHK BS プレミアム 美の壺にて 「手袋」の特集!
Alta Classe も紹介されます!!
by uransuzu | 2013-11-29 19:56 | 中国・手袋の旅 | Comments(4)

ここは、天津にある手袋工場。
古くから、日本向けのニット手袋やジャージ手袋(布製)を主に生産している。
d0162995_17171873.jpg
ニット手袋は、温かい雰囲気がして、個人的には大好きなんだけど、細かな手作業をする職人さんが中国でも少なくなってきたという。
d0162995_1718318.jpg
働いている人は、より高い給料を求めて、ストを繰り返す。
もっと、人件費の安いところで作るしかないのかな。
それとも、どんなに高くても、丁寧に作られた手袋は需要があるのだろうか。
皆さん、今の2倍近くのお値段になっても手袋を買ってくださる?(笑)

天津は、日本人も多く駐在している。
自動車最大手のト〇タも、かなり前から工場進出している。
日本料理店も多く、お昼には日本料理店からお弁当を配達してくれた。
久しぶりの和食は美味しかった~❤ 
でも、やっぱり中国東北地方に比べると物価が高いと思う。

天津から上海へのフライトは、上海航空。
ちょうど翼の上の席、ちょうど夕暮れ時。美しい空にしばし見とれる。
そして、ようやく上海へ。
d0162995_22175099.jpg


<お知らせ>
12月6日(金)19:30~
NHK BS プレミアム 美の壺にて 「手袋」の特集!
Alta Classe も紹介されます!!
by uransuzu | 2013-11-28 20:38 | 中国・手袋の旅 | Comments(4)

中国出張6.(天津)

天津まで来たら、ちょっとホッとした。
ここには何度か来たことがあるし、いざとなれば(何がいざ、なのかしら・・・笑)、北京までも近いのでどうにかなるだろう。(泳いでは帰国できないだろうけど。)
以前は、天津でも遠くて寒いなぁと感じていたのだけど、満州を回ったあとは、天津がぐっと近くに感じる。

ほら、ホテルも素敵よ❤
d0162995_1633331.jpg
おとぎの国のようなドイツ建築物を利用したヴィラ風のホテル。まだ、オープンしたばかり。
今夜のお泊まりは、この建物↓  一気にテンションアップ~♪♪
d0162995_16395065.jpg
写真ないけど、お部屋も広くて、とても素敵だったのよ♪♪

荷物を置くや、足取りも軽く、さっそく天津の街へ出かける。
天津の伊勢丹は、開業20周年記念で大々的なセール中だ。
日本の手袋もたくさん並んでいて、売り方も日本式。
手袋とマフラーのセットが福袋で売られていて、飛ぶように売れていた。
一部に手袋のタグが間違って付いていて、教育的指導(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

天津駐在員と待ち合わせして、韓国料理店に連れて行ってもらう。
リーズナブルなお値段で、中国人にも大人気らしい。
d0162995_16493383.jpg
ちなみに、中国では最近「うどん屋さん」や「たこ焼き屋さん」も大人気とのこと。
久々に落ち着いた食事に大満足。
明日は、一日、天津の手袋工場を訪れる。


<お知らせ>
12月6日(金)19:30~
NHK BS プレミアム 美の壺にて 「手袋」の特集!
Alta Classe も紹介されます!!
by uransuzu | 2013-11-28 20:11 | 中国・手袋の旅 | Comments(6)

ハルビンの朝は、やはり寒い。
幹線道路では、除雪車が何台も連なって、フル稼働している。
↓ 写真は、ホテルのすぐ前、街のほぼ中心地。
d0162995_1859522.jpg
コートを重ね着して、街を歩く、息が凍るよう。
ロシア商品を取り扱う店も数多くある。
毛皮でできたコサック帽がたくさん~、欲しいな~♪ 買おうかな~♪
(きっと、リフォームで断捨離まっさいちゅうでなければ、買ったと思う。 笑)

ホテルに帰って、念のためにネットでチェックしてみたら、搭乗予定の飛行機が遅延している。
まずいわ、どうしても今日中に天津に入らなきゃいけないのに!
一つ早い便に変更しようと、あわてて空港へ向かう。

雪で凍った高速道路をブンブン飛ばすタクシー。
所々で、スリップして破損した車が放置されている。アーメン、神よ見守りたまえ。
d0162995_1934444.jpg
フライトは、初めての「シャ―メン・エアライン」。
あ、2時間遅れだけど、出発しそう、よかった!
中国の地方空港では、飛行機が定刻に離陸することは、まず、ない。
2時間遅れでもラッキーな方だ。
安心したら、お腹すいたわ(●^o^●)
d0162995_197404.jpg
ここでも、「牛肉汁麺」(笑)
優雅な食事は、一体いつできるのだろうか・・・


<お知らせ>
12月6日(金)19:30~
NHK BS プレミアム 美の壺にて 「手袋」の特集!
Alta Classe も紹介されます!!
by uransuzu | 2013-11-26 20:53 | 中国・手袋の旅 | Comments(6)

ようやくハルビンに到着いたしました。
ここは、黒竜江省の政治・経済の中心地であり、人口1000万人を超すと言われています。
アムール川へと続く松花川の河畔に位置する街です。
伊東博文が安重根に暗殺されたのもこの場所ですし、最近では大気汚染のひどさで世界中を驚かせましたよね。
とはいえ、雪や風の影響か、テレビニュースで見たほどの汚染は感じられません。
到着したのは、もう夕方だったため、汚れは見えず、美しく浮かび上がる街の夜景に感動いたしました。
d0162995_617487.jpg
まるで、ワルシャワやポーランドの風景を思い出させます。(行ったことないけどね。 笑)
間接照明で古い建物をぼんやりと浮かび上がらせる、とても幻想的な雰囲気です。

でも、ロマンティックに浸る余裕はないわ、さっそく市場調査開始です。
売上の多い百貨店を中心に歩く、歩く。また歩く、歩く。
あら、珍しい、手袋の路面店があります。
d0162995_6212079.jpg
さっそく入ってみましたが、ここは偽ブランド品ばかり。
皆様、お気を付けあそばせ~。


今夜も疲れきって、軽い夕食の後、ホテルのバーへ。
ハルビンは寒いからね、お酒を飲まないと凍え死ぬのよ~(笑)。
このバーでは、中国人は見当たらず、(多分)ロシア人客が大勢いました。
写真に見える足の長いロシア人と、ダーツでちょっと交流しましたよ♪
d0162995_6293644.jpg

<お知らせ>
12月6日(金)19:30~
NHK BS プレミアム 美の壺にて 「手袋」の特集!
Alta Classe も紹介されます!!
by uransuzu | 2013-11-26 20:06 | 中国・手袋の旅 | Comments(4)

瀋陽を朝早く出て、再び新幹線に乗り、次の都市長春へ。
新幹線から見る風景が変わってきました。
d0162995_17351941.jpg
豪雪だわ!いよいよ、「八甲田山」・・・か^^;

長春は、吉林省の政治、経済、文化の中心都市です。
大きな「卓展百貨店」「欧亜百貨店」などを急いでタクシーで回りました。
タクシーから見えたのは、「スカイツリー!」・・・ではありません。
d0162995_1741202.jpg
調べても、出てこないのだけど、スカイツリーに似ているテレビ塔です。
どうやら、このあたり一帯が大規模に都市開発されているようです。
まだ工事中のようでした。
そのうち、スカイツリーを追い越して、高さ世界ナンバーワンのテレビ塔となるかもね。


長春を後にして、さらに北上して、いよいよハルビンに向かいます。
新幹線を待つ間、駅でお昼ご飯に「牛肉汁麺」をいただきました。
まるで、日本のラーメンにそっくり。
d0162995_17545949.jpg
寒いところで暖かい麺にありついて、ほっこりいたしました♪♪

<お知らせ>
12月6日(金)19:30~
NHK BS プレミアム 美の壺にて 「手袋」の特集!
Alta Classe も紹介されます!!
by uransuzu | 2013-11-24 06:45 | 中国・手袋の旅 | Comments(8)