和な気分

年度末のお仕事がほぼ終わり・・・
明日は嬉しいお客様もいらっしゃるし~♪
久しぶりに「ボケのお生花(しょうか)」を生けてみました。

まずは、正面から。今回は、左花の逆勝手です。
d0162995_1641475.jpg
右から
d0162995_1645841.jpg
左からも
d0162995_1651914.jpg

やっぱり、お生花は好き、背筋がピンと伸びるような毅然とした花姿が好き。
一つ一つの枝ぶりをよく見て、その自然の姿をいかす、足元を一直線に揃え、枝を矯めて形作る。
まさに一期一会、同じ物は決してできません。

で、桜茶と和三盆で、一人くつろぎました^^
d0162995_167059.jpg
松屋銀座茶の葉」GREEN TEA HOUSE。
上質の八重桜を塩漬けにしたものです。心も体も癒されるお茶です。
とても、上品な金色の包装紙でラッピングされています。wさん、ありがとうございました。

お茶受けの和三盆は、地元「三谷製糖」の羽根さぬき。 優しい甘さにほっこり~。
個包装されているのも便利で、いつも常備してあります。

チビ子と摘んできたつくしを使って、今年もつくしご飯を作りましたよ。
d0162995_941044.jpg
d0162995_9411978.jpg
瓢型の抜き型も、私の主婦歴を表わす・・・随分古びてきましたが^^
毎年、私のつくしご飯を楽しみに待っていてくださるあの方、この方に~お配りしました。

今日は、和な気分のてぶくろでした♪

More つくしご飯ブログ
by uransuzu | 2013-03-29 20:54 | その他 | Comments(16)

革手袋のお手入れ 加筆

先日のコメントで、「手袋のクリーニング」について、ご質問がありましたので・・・
今回は、手袋大学で使用される教科書より抜粋しながら、ご説明いたします。
(手袋大学というのは、主にデパートで手袋を販売される店員さん向けの勉強会です。日本手袋工業組合が主催しています。)

まずは、手袋と永くつきあう3か条から
d0162995_1448850.jpg
1.使用後の手入れを怠るな。
2.基本、革手袋に水は厳禁!
3.手袋を自分の手と思え!


そして、汚れた革手袋には
d0162995_14502397.jpg
1.ちょっとした汚れは消しゴムで消去しよう
2.消しゴムでもダメなときは、日本手拭いが大活躍

普通の汚れなら、この二つのお手入れで充分です。
また、カビ対策には
d0162995_15242260.jpg
歯ブラシなどを利用して、縫い目のカビを掻きだしてください。
そして、表革なら柔らかい布でカラ拭きを、スェ―ドならブラッシングしてください。

それでもダメな頑固な汚れには
d0162995_14531194.jpg
手袋を装着したまま、中性洗剤で水洗いして
d0162995_14544242.jpg
しっかり、タオルで水気をとって陰干し。
乾燥したら、形を整え、革製品用クリームを塗る。
d0162995_1456554.jpg



さて、ここからは私が実際に洗濯したときの画像です。
洗濯前。
この手袋は、もう20年以上前から使用しているものです。一度も洗ったことがありません。指先がかなり汚れています。
d0162995_14594262.jpg
洗濯中。
最近では、革製品専用の洗剤も売られていますが、私は、市販のエ〇―ルで洗いました^^;
(ちなみに、革製品専用の洗剤は、ファーが付いていると使用できません。)
d0162995_151367.jpg
かなりの染料が出ます。
色落ちもかなりします、中に入れた手まで赤く染まってしまいました。
乾燥させたら、こんな風になりました。
d0162995_1523531.jpg
汚れはずいぶん落ちましたが、革の風合いも落ちましたので、クリームを塗りました。
やはり、水洗いはお薦めしませんわ。

・・・Alta Classeの商品なら、リフレッシュサービスを受けられますよ(●^o^●)


加筆
今シーズンは「洗える革手袋」が販売されています。
詳細はこちらのブログを参考になさってください。b>
by uransuzu | 2013-03-26 20:42 | 手袋にまつわる話 | Comments(10)

母の箪笥を整理していたら、こんな手袋が出てきました。
d0162995_146316.jpg
茶色の薄いレーヨン素材。
縫い目が中指と薬指の間のところに縦にあります。
この縫い目のおかげで、伸縮性のない素材でも、樂に手の動きができます。
簡単な立体裁断とも言えますね。
細かなパンチングと1個1個の小さな花は手縫いです。
いつ頃、どこで手に入れたものかは今となっては不明です。

花冷えする昨今、この薄手の手袋が大活躍しています。
特に朝のお出かけには欠かせません、運転時にもつけたままです。
とても薄くて軽いので、使わないときには丸めてポケットに入れています。
本格的なUV手袋の出番まで、まだまだ重宝しそうです。
密かな優れモノ見ぃつけた❤


残念ながら、革手袋やニット手袋は、そろそろおしまいです。
Alta Classeで革手袋を購入された皆さまは、どうぞリフレッシュサービスを御利用ください。
型崩れしてしまった手袋をリフレッシュさせるサービスを無料で(2年間)行っております。

六本木ヒルズでは、ただ今、桜のライトアップ中です。
(画像はお借りしました。)
d0162995_14565279.jpg
毛利庭園の桜は、ヒルズが誕生する前から、この地に根を張っています。
(ライトアップは17:30~23:00)
そして、さくら坂の桜は、ヒルズの誕生と同時に植樹され、年々大きくなっているそうです。
(ライトアップは17:30~22:30)
d0162995_150669.jpg
d0162995_150680.jpg
また、六本木ヒルズ10周年を記念して、どんどん新しいショップがオープンしていますよ♪
by uransuzu | 2013-03-24 19:58 | Alta Classe | Comments(12)

大相撲観戦

母が亡くなって以来、父があまり外出しなくなりました。
以前は雨の日も風の日も、どんなに寒かろうが暑かろうが、毎日母のいる病院へ通っておりましたが、
今ではお墓参りに行くくらいです。

そんな父が、あるときポツリと
「一度、相撲を観てみたいな」と言いました。
さっそく!大相撲のチケットを入手!ちょうど3月場所は大阪開催です。

それからが大騒ぎ。
なんとか、前日に、父にわが家まで自分で来てもらわなくてはなりません。
(私は仕事の都合で、実家まで迎えに行けない)
何度もJRの乗車時刻と乗換先を教え、大きな字で書いたメモを渡し、携帯電話で連絡を取り、それでも心配で何度も時計を見る私です。無事に駅のホームに降り立った父を見て、ホッとして涙が出そうにになりましたわ^^

翌日、朝早くから、いざ大阪へ~!

大阪府立体育館、今はネーミングライツで「ボディメーカー体育館」って言うのですね。
大阪に不慣れな私たちを、大阪で暮らす娘が待っていて案内してくれました。
「迷うといけないから、ちゃんと付いてきてね」ですって、あはは、今度は私が心配される側ね。
しかも、「お昼ご飯はお好み焼きでいい?私がご馳走してあげる」って。
う・う・う・・・感激~(涙)の母と祖父。

会場前には、観戦はしないけど、力士を見るために大勢の人が待っていました。
d0162995_1953023.jpg
私にとっても、初めての大相撲観戦です。
この日のために、今場所はスポーツニュースなどで相撲の知識を得るようにしていたの。
だから、横綱が二人いることくらい知っていたわよ^^;
ほうほう、これが賜杯ね。あら、賜杯じゃなくて賜盃って書くのね。
あら、貴乃花が賜盃の前にいたわ!握手してね!(貴乃花なら、知ってる~笑)
d0162995_2015496.jpg
席は、もちろん升席で、しかも4人じゃなく2人で座れるペアシート席です。
もう少し前がよかったけれど、あんまり前だとね、お相撲さんが土俵から落ちてきたりしたら危ないし。それに、テレビに写っちゃうかもしれないしね。
幕内の土俵入りは綺麗ね、動きはちょっとユーモラスに見えたわ。
d0162995_2071021.jpg

横綱の土俵入りは、日馬富士も白鵬も「不知火型」。両腕を大きく広げてせりあがる。これって、攻撃本位を表わしているのですって。(相撲名鑑より)
それにしても、両横綱にしても、他の力士にしても、外国人が多くなっているのね~。
モンゴル、ロシア、中国、ブルガリア、グルジア、エストニア、カザフスタン、チェコ、ハンガリー、エジプト、ブラジル、ですって。
d0162995_20124198.jpg

観客もね、たくさんの外国人の姿が見えました。私たちの横も前も、英語を話す若者グループでした。
とても楽しそうに、勝敗がつくと「イェイ!」と手を突き上げて喜ぶの。

それにね、会場の雰囲気の熱を帯びていること!!
御贔屓の力士への声掛けもすごい、好勝負には会場中がどよめく!!

だんだん私たちも、雰囲気に馴染んできて、地元出身力士に声掛けしましたよ。
「琴勇輝~」ってね。あ~、気持ちいい~~

6時に終わって、「テンテンバラバラ♪」という軽妙なハネ太鼓に送りだされ、帰途につきました。
ちょっと疲れたけれど、父の生き生きした表情を久しぶりに見る事ができて、とっても充実した大相撲観戦でした。「お父さん、来年もまた行こうね!」

*もう一つ↓記事をアップしました、よろしければお読みください。^^
by uransuzu | 2013-03-21 20:46 | その他 | Comments(16)

奇跡のバロック

しばらくブログが滞りがちになっておりました。
なんとか、生きております^^;

タイトルの「奇跡のバロック」は、地元で行われたコンサートです♪
盲目のピアニスト武久源蔵さんとハルモニア・インヴェントゥールによるバロック演奏会。
私は学生時代からバロックが大好きで、あの単調な音楽を聴きながら勉強・・・しているつもりが、いつも爆睡しておりました、いわば私の子守唄です♪

今回は、残念ながら本番のコンサートには行けなかったので、リハーサル中にお邪魔しました。
d0162995_184121.jpg
d0162995_18412194.jpg
張り詰めた空気の中で、丹念に丹念に行われる調律を聴いているのも好きです。
「もう完璧な調音だわ!」と、私の耳は判断しても、プロの彼らには納得できないようです。
調律は、本番直前までくり返し行われていました。

古楽器の音色は、素朴で温かみがあります。
なんとも懐かしく、私の心の奥に、すと~んと響いてくるのです。
d0162995_18463698.jpg
フォルテピアノとペダル・チェンバロ
フォルテピアノは、1700年頃にイタリアで発明された、今のモダンピアノの原型とも言えるものです。
とても繊細で・・・(実はこれを運搬してくるのが大変だったのよね~)
低音域、中音域、高音域、音色が微妙に異なります。

d0162995_18465324.jpg
ヴィオローネとバロック・チェロ
ヴィオローネ(手前)を間近で見たのは初めてです。コントラバスの先祖と言われる楽器です。
さ、さわってみたい・・・内緒でちょっとだけ^^
なんとも深みのある低音です。

他にもバロック・ヴィオラにバロック・バイオリン、フラウト・トラヴェルソ(フルートの前身)といった古楽器による演奏です。これらの古楽器が、それはもう見事に溶けあうのですよね~
聴いていて、どれがどの楽器かわからなくなるぐらいです、素晴らしい~~~♪♪♪

CDを購入したけれど、やっぱり心地よすぎて、眠くなってしまう・・・
古楽器っていいですね♪♪♪
by uransuzu | 2013-03-21 19:16 | その他 | Comments(2)

今年度のフラワーボランティア終了です。

<社会福祉協議会の総会>
d0162995_19171066.jpg
桃、紫のバラ、白のユリ、オレンジのガーベラ、ソリダコ、シンビジウム、レモンリーフ、モンステラ
ステージの上、約70センチの台の上に乗せました。


<小学校の卒業式>
毎年、卒業生が、自分の胸につけるコサージュを作り、卒業生のお母さんも、自分のコサージュを作ります。そして、担任の先生にもコサージュを作って、プレゼントします。
今年の卒業生は、なんと1名だけの男の子。ひょっとしたら、自分で作るのなんてイヤだ、というのかと思っていましたら、絶対に作りたいって!大好きな先生に喜んでもらいたい、って!う・う・泣かせます;;
d0162995_2023420.jpg
一生懸命~。
d0162995_2035748.jpg


在校生のお母さまたちからは、プリザのアレンジメントをしてみたい、ってリクエストがありました。
少ない予算に頭を悩ませていたら・・・天使が降臨032.gif~~~
ricoさんが、すべての材料を揃えて、サンプルまでつけて、東京から送ってきて下さいました。
d0162995_19345265.jpg
大き目のバラ1輪、中サイズのバラ3輪、紫陽花、パール4個、リボン1m。
それに巣立ちをイメージして、可愛い小鳥のピックが1本。(どこに鳥を挿すか迷っています~)

ricoさん、本当にありがとうございました。お母さま方、とっても喜んでくれましたよ♪ 
お礼にとお手製のクッキーをいただきましたので、私たちでいただきました、ごめんなさい~♪
おほほ、お写真だけね~(抹茶とアンコ入りのクッキーです^^)
d0162995_20271364.jpg


<デイサービス利用者>
地域の元気な高齢者、最年少者79歳~最年長者93歳!
アレンジメントを始める前に、音楽にあわせて♪ オブラディオブラダ♪ 手と指の体操~。
そうそう、固くなるといけませんからね~、と私たちもご一緒にさせていただきました。
d0162995_20174034.jpg
赤のチューリップ、スイトピー、フリージア、ブルーファンタジー、玉しだ、ヒバ、赤ドラセナ
d0162995_20311820.jpg

こちらが、最高齢の93歳の女性です、笑顔が素敵でしょう!
d0162995_19554867.jpg


できあがったアレンジを前にして、ここでもお茶をいただいていたら(どこでも、お茶をよばれます~)、話に花が咲いて、チューリップの花もパックリと咲きました(笑)。
d0162995_1955831.jpg
笑顔や、感謝の言葉や、美味しいお茶付きのオシャベリや、いろんなことに癒されて、今年度のフラワーボランティアも無事に終了いたしました。
by uransuzu | 2013-03-12 20:37 | その他 | Comments(22)

私の桜と黄色い空

わが家の向かいにある某会社には、桜の木がたくさん植えられていて、
満開の桜並木は、それはそれは見事です。
去年もブログアップしていました。
塀に囲まれたところにあるので、外からは見えにくく、私だけが一人占めできる㊙スポットだったのです。

私の桜♪
今年も、そろそろ蕾が膨らんできているかしら♪♪と、塀越しに覗いてみると、
なんと、ごっそり根こそぎ、一本もなくなっているではありませんか!!

去年
d0162995_19582952.jpg
↓今年(同じ場所から撮影)
d0162995_19591014.jpg


去年
d0162995_1959299.jpg
↓今年
d0162995_19595763.jpg

ショック~
なぜ~~~誰が~~~私の桜を~~~
整地するにしても、あと1カ月待ってほしかったわ~~~(涙)


ちなみに、私の作った桜の盆栽は、まだ蕾固しです。
d0162995_10515569.jpg


あちらの国から、黄砂やらPM2.5やらが飛んできているようですね。
今日は、空がなんとなく黄色かったです。

今年になってから、急にPM2.5という耳慣れない言葉が話題になっておりますが、
でもね・・・多分、もう随分前から日本に飛んできていたと思われます。
私が初めて中国に行った20年ほど前、すでに上海の空は公害色でした。
いずれ、大きな問題になるのはあきらかでした。

「中国が嫌い」って声をよく耳にします。
大人しい日本人から見ると、横暴でしたたかに見える、こともあります。
ただ、それは少~しイメージ先行かもしれません。
「好き嫌い」の次元だけで、お付き合いするのは大人げないようにも思えます。
実際に中国との付き合いをやめてしまえば、日本のあらゆる分野で経済が減退、
もしくはストップ、してしまうことは明らかですよね。
倒産する企業も現れ、物価は一気にかなり上がることでしょう。

「No」と言うべきときは言う、
そして、強くて横暴な隣人の力を逆にうまく利用して、日本人の生活・安全を守っていく!
と黄色い空を見上げながら、そんなことを思いました。
by uransuzu | 2013-03-08 20:01 | その他 | Comments(32)

たんこぶ・できた(泣)

毎年、3月の第1日曜日朝は、自治会による河川清掃です。
多分もう20年近く続いています、もちろん、ワタクシ皆勤賞です^^
d0162995_16453249.gif
今年も、前日遅く東京から帰宅したにもかかわらず、7時半にはゴミ拾いの道具を手にし、軍手に長靴姿で出かけました。一応8時開始なのですが、7時半には皆さん集まってきているんです^^;

ご近所のお姉さまたちは、階段を使って、そろそろと土手から河原へと下りて行きます。
私は、若さを強調!したわけではありませんが、このくらいなら階段でなくても大丈夫とふんで・・・・
とっとこっとー・・・と・と・草むらのツルに足をとられ、あれあれあれ~~~
d0162995_165152100.gif
河原の石にオデコをぶつけました。

すぐに周囲にいたお兄様、お姉さまが集まっていらして・・・
かわるがわるに私の前髪をあげ、オデコを覗きます。(痛さより、恥ずかしい!)
「あ、だんだん腫れてきてるよ。」
「お~、見事なタンコブじゃ!」

結局、ゴミを一つも拾うことなく、強制送還~。


d0162995_16461043.gif
家に帰ってオデコを冷やしていたら、

自治会長さんご夫妻がお見舞いにきてくださったり、

市役所の土木課から「一日保険が効きますから、どうぞ病院にいってください」と丁寧なお電話があったり、

ホント、皆さん優しい~~


二日たった今、たんこぶは引いてきたものの、内出血が下りてきて、目がしら中心に青くなっております。

しばらく、アイシャドー不要ですわ、あは。



それにしても、お正月の孫っちを抱いての滑り台からのダイビングといい、今回のことといい、

もう若くは無いんだ、脚力を鍛えなきゃ、と痛感した次第です。

あ~、情けなや。
d0162995_16523686.gif



気分を変えて・・・

変更したロゴ画像→は、もちろん私の手ではありません。

Alta Classeの若きコンシェルジュの手です。 綺麗なお手々でしょ❤
d0162995_18543611.jpg
そろそろ、春夏手袋がいろいろ出てきましたよ。

例年より、一層オシャレな手袋がたくさん!

春物手袋1枚でも、防寒効果がありますから、これから花冷えのするときに薄手の手袋は便利です。

もちろんUV効果もありますし、見るだけでも楽しいから、ぜひお立ち寄り下さいね^^

(一部、冬物手袋もセール中)
by uransuzu | 2013-03-05 19:44 | その他 | Comments(28)

愛しい彼ら(IL DIVO)は、バーレーンでのコンサートも大成功だったようです。
バーレーンってどこ~?と、「世界が恋している彼ら」を追っかけていると、世界地図にも詳しくなりますわ^^;
アラビア半島の東岸、サウジアラビアの横、「エデンの園」は、バーレーンにあったのではないかとも言われているそうです。
今度はいつ来日するのかしら、と500円玉貯金に余念のない私ですが、ちょっと若い男性に浮気してしまいました♪♪

3月2日サントリーホール。
Le Velvets
d0162995_16532690.jpg
d0162995_16533581.jpg
下の写真は、撮影後にスタッフから注意を受けました、身体をはった貴重な写真です(笑)

5人のメンバー全員が音大でクラッシックを学んだ、身長180センチ以上のヴォーカルグループです。2009年に結成されたとき「目指せ、IL DIVO」だったそうです。う~~ん、その謙虚な姿勢が可愛いじゃん❤
確かな歌唱力で、クラッシックからジャズ、日本唱歌まで唄い上げます。パフォーマンスも楽しい。母親に贈る歌には、ウルっときてしまいました、そうなの、まるで息子みたいなのよね~。「頑張ってね!」と応援したくなりますね、これは。
ご一緒していただいた皆さん、ありがとうございました。

コンサートが終わって、この日は羽田空港に直行しました。
だってね、翌朝早くから自治会の河川清掃があるのですもの、帰らねばならぬ~(涙)
ところが!!

More 帰りの飛行機がっ!
by uransuzu | 2013-03-03 18:21 | 東京 | Comments(18)