最近いただいた本・2冊です。
私に本をくださった方の視線を背後に感じつつ~(笑)、
早く読んで、感想をお伝えせねば、と焦りつつ~(笑)、
どちらも、興味深く読ませていただきました。

d0162995_18374002.jpg


写真左側
日本では絶対に報道されない「モンサントの嘘」
ブレット・ウィルコックス 著  船瀬俊介 監訳

この本を書いたブレット氏とは、彼が日本に在住していた25年くらい前の約6年間(?)、
奥様やお子様(アメリカ人)と親しくおつきあいしておりました。
ブレット氏ご自身は、その頃から、切れるほどの頭の良さで、何事にも真摯に立ち向かい、
私は時々、(英語で)議論をふっかけられては、
「わかりませ~~ん。^^;」(ははは、情けなや~)

奥様から、「ブレットが本を書いたから読んで。」と送ってきてくださいました。

本の内容は、
遺伝子組み換えテクノロジー企業「モンサント」を弾劾したもの。
日本人も良く知る除草剤(ラウ〇〇アップ)、遺伝子組み換え種子(世界シェア90%)、食品、、、、
これらがいかに人類の健康と環境に害をおよぼすものか、
この会社が、いかに多くの嘘をついて世間を騙しているか、
を告発しています。

ちょっと扇情的な文章ではありますが、私の知るブレット氏は、嘘をつく方では決してありません。
私ももう少し、このことについて、勉強しなくっちゃ!と思った次第です。

d0162995_19012223.jpg



写真右側
女性実業家・広岡浅子の生涯「土佐堀川」
古川智映子 著


大同生命さんからいただきました。
なんと、初版は1988年で、30年近く前のもの。
舞台化もされたので、ご存知の方は大勢いらっしゃることでしょう。

この小説が、今年のNHK後期連続テレビ小説「あさが来た」の原案本なのだそうです。 

主人公の広岡浅子は、近代日本激動の時代に、
大阪の豪商を立て直し、銀行、炭鉱業、大同生命などを興し、
日本女子大学の創立にも関わった、パワー溢れる女性実業家です。
しかも、最後まで夫と信頼し合ったパートナーでした♪

ピストルを胸に隠して、荒くれ炭鉱夫たちと立ち向かう日、
自分の最も信頼する女中を、夫の愛人にさせる覚悟、
乳癌と戦いつつ命の大事さを知り、新しい起業に向かう強さ。


実在の人物を扱った小説は、大好きです。
あぁ、この銀行は〇〇銀行のことね、だから△△と繋がっているのね、なるほど××さんとの出会いはこういう理由があったのね、などと実社会と結びつく知識が増えていくのが楽しい~。

これ、ドラマ化されたら、絶対おもしろい、と思う!
今から、秋が楽しみだわ♪


d0162995_18513380.jpg

(↑ 主役の波瑠さん。)








ただ今、読んでいるのは・・・
by uransuzu | 2015-05-29 19:12 | その他 | Comments(8)

結婚式参列用の手袋

地元では、着物で結婚式に参列することが多いのですが、
今回は、リトル・ブラック・ドレス+ブラック・レース・グローブという装いでした。

手袋をアピールするために勇気を持って、初めての着画です。
どうぞ、なるべく、離れてご覧下さい。^^;

d0162995_17395417.jpg
着画って、難しいわ~。
手袋だけ見てね!


指先の出るレースグローブは、立食パーティですと、ずっと着用していてもかまいませんが、
正式なパーティの時は、乾杯までにした方が無難なようです。


参列者の中に、とっても可愛らしい小さな女の子がいたので、思わず、
「写真を撮らせてもらってもいいかしら?」
と、お母さまにうかがったら、
「ほら、〇〇ちゃん、ポーズ♪よ。」って、こんなポーズを。
なんて、可愛いの~~~。

d0162995_18200182.jpg



新郎新婦の人柄そのままの、温かで楽しいパーティが終わって、
帰りに、ウェディング・フラワー・アレンジメントをいただきました。(2つも!)
嬉しい~~~♪
さっそく、六本木ヒルズのAlta Classeに飾らせていただきましたよ。


d0162995_18135353.jpg


Alta Classe ウェディング・ディスプレイ。

素敵なご縁にあやかりたい方、ぜひお花が枯れちゃう前に見に来てくださいね♪





by uransuzu | 2015-05-25 18:51 | レース・フォーマル手袋 | Comments(18)

お友達のご子息のウェディングに参列するために、明日は東京です。

このご子息が、初めて母親に彼女を引き合わせた場所が、
なんと、六本木ヒルズのAlta Classeなんです。
しかも、一昨年の5周年記念イベントの時なの! 

d0162995_15130388.jpg



お友達は、初めて未来のお嫁ちゃんに会うために上京。
「心細いから、てぶくろさんのいるAlta Classeで待ち合わせしてもいい?」

というわけで、私もお友達と一緒にドキドキしながら、彼女を待ちました。

照れたように現れたご子息と、その後ろに恥ずかしそうに立っていた彼女!
とても爽やかでお似合いのお二人でした。


明日は、そのお二人のウェディングです。
なんだか、Alta Classeが取り持った縁みたいで嬉しい!(勝手にそう思っている 笑)

おめでとうございます♪


d0162995_14585970.jpg


(↑ 画像は、長女のウェディング・グローブ)




by uransuzu | 2015-05-22 20:17 | Alta Classe | Comments(10)

昨日のブログの続きです。


RSKバラ園を訪ねた後、バスは福山市へ。
(総会と研修を兼ねたバスツアーでした。)
福山市の鞆の浦を訪ねます。
(ちなみに、福山市の市花はバラ。来年の市制100周年に向けて、バラを100万本植えているそう。)

鞆の浦は、とても美しい瀬戸内の港町です。
日本国立公園の指定第一号は、この風景からですって。
(福禅寺・対潮楼からの眺め ↓)
観光船の「平成いろは丸」も写っています。

d0162995_14530874.jpg


(鞆の浦全体を見降ろせる「医王寺」からの眺め ↓)

d0162995_15080296.jpg


万葉集には、鞆の浦のことを読んだ歌が8首もあるそうです。

また、最近では宮崎駿監督の「崖の上のポニョ」も、この街で生まれました♪
宮崎さん、すっかりこの街が気にいって、しばらく住みついて「ポニョ」を書いたそうです。
その間、毎日、奥様に無事を知らせるハガキを出したのですって。


d0162995_14585764.jpg

d0162995_14590596.jpg

この街の歴史上で有名なのは「いろは丸沈没事件」
(有名とはいえ、私よく知りませんでした。)

坂本龍馬と海援隊が乗った「いろは丸」と紀州藩の「明光丸」が、鞆の浦の沖合で衝突。
いろは丸は沈没。
龍馬たち全員は救助されましたが、その後の賠償問題が、大きな話題となりました。
まだ、はっきりした国際航法が認知されていなかった時代のことです。


ワタクシ、いつものように看板から顔を出し、龍馬の気持ちになってみましたわ(笑)

d0162995_15072589.jpg

「いや、いや、沈没とは怖い目におうたものよ。」
「長崎から運んできた貿易品は全部沈んでしもうたわ。」
「しかも、いろは丸も借り物やったしのう。」
「ちぃと、懐がさびしいのう。」(懐に手をいれて^^)
「天下の紀州藩から、お金ば、もらわんといかんのう。」

こう思ったかどうかは知りませんが(笑)、その後の厳しい談判によって、
龍馬は約42億円の賠償金を手に入れたとも言われています。

d0162995_17552003.jpg



様々な歴史が刻まれた街を散策するのは、勝手な妄想と道連れで(笑)、
とても楽しい癒される時間でした♪




by uransuzu | 2015-05-21 21:00 | その他 | Comments(11)

岡山市のRSKバラ園に行ってきました。
約40年ほど前に開園した、日本でも有数のバラ園です。
ずっと行きたかったの~♪

前日から激しい雨が降り、当日も家を出た頃はまだかなりの雨でした。
しかし、「やっぱりね、ほらね」ワタクシ晴れ女^^
バラ園に着く頃には、雨もすっかり上がり、青空が見えてきました。

雨上がりのバラ園は、いっそう美しい♪




d0162995_17163166.jpg



d0162995_13071707.jpg



d0162995_13074994.jpg




広大な敷地の中に、約400品種、15,000株のバラ。
ピーク時には100万本のバラが咲くそうです。

バラの香りが一番強いのは、朝早くと聞きました。
今月24日と31日は朝7時開園してくださるそうですから、お近くの方はぜひ!
また、今週末23,24日がバラ祭りですって。


ちょうどテレビの取材が入っていて、カメラマンさんが教えてくれました。
「今年の注目はこれ!このバラを見なくっちゃ!」


d0162995_13072612.jpg




シャーロット王女の誕生を記念して、植えられたそうです。
左右に植えられた白いバラは、チャールズ皇太子とダイアナ妃の名前にちなんだものでした。
高貴な黄色よね~。


d0162995_13193516.jpg




あら、可愛い♪
日本の王子・王女たちも、行進しておりました。
保育園児の遠足でした。


d0162995_13074091.jpg






バラ・グローブ
by uransuzu | 2015-05-20 17:34 | その他 | Comments(6)

メルカリしてみました。

皆様、メルカリってご存知でしょうか?
一言で言えば、スマホ上のフリーマーケットのようなものです。 

ある時、いつもお洒落な女性社員が、高価なブランドワンピースを着ていたので、
(彼女は、仕事上でそのブランドの洋服が必要だった)
ワタクシ、思わず、はしたなくも、
「それ、お高かったんじゃないの?」
と聞いてしまいました。

そしたら、教えてくれました「メルカリ」とやらを。
どうやら若者の間では、かなり人気で流行っているらしいですね。

新しいマーケットシステムなのに知らなかったわ!
それならやってみるでしょ!(笑)


まずは、スマホから、アプリをダウンロードして・・・


d0162995_18560074.jpg


アプリを開いてみれば、まさに玉石混合! 
何と言っても、フリーマーケットですからね。
新品もあれば、中古品もある。
高級ブランドもあれば、雑誌のオマケとか、こんなもの誰が買うの~?みたいな物もある。

さて、何を買ってみる?
たとえ失敗しても、それほど惜しくない物で実験よね。

「新品」「ラルフ〇―レン」「メンズ」「ポロシャツ」「Mサイズ」
とキーワードを入れてみると・・・

おぉ、出てくる、出てくる!
その中から、一番、評価の高い人を選ぶ。

迷っていたら、sold outになってしまうことも多々あるらしい。
秒単位で新しい情報が次々と入ってくる。


d0162995_19175503.png


なんだか、慌てるわ~、焦るわ~。
これは、年寄りには向かないわね~、とか言いながら、おそるおそる購入手続きへ。
(購入に際し、会員登録や、若干の手続きが必要)

すぐにメルカリからお知らせが来る。
続いて、出品者本人からも、お礼と配送方法について、連絡が来る。
「お取引ありがとうございます。」
「レターパックライトで、なるべく早く送ります。」

それが、昨日土曜日のお昼頃。
そして、今日日曜日の午後には、自宅に届きましたよ!
早っ!!

d0162995_16555810.jpg


商品はまったく新品&正規品で、特に問題ありませんね~。
(一応、まずは洗濯してみます。)
これで、2300円。(送料込) 定価なら、1万円くらいかしら・・・?

商品の状態を確認したら、メルカリと出品者に「届きました」と「評価」メールを送る。
(この時点で、返品ももちろん可)
メルカリから出品者へ送金してくれる。
(私は、メルカリに送金するシステム)

ふ~む、これでシステムは大体理解したわ。
簡単すぎて、キツネにつままれていないかと心配になっちゃうけど(笑)

自分の不要品を出品するのも、すごく簡単らしい。
スマホで商品の画像を撮って、値段を設定してアップするみたい。


商品情報をよく読んで、納得した上で買い物をすること、
個人情報の漏えいと、買い過ぎ、に注意すれば、
これはこれで新しい物流システムとして、市民権を得るのもわかります。

ますます、お店で買う人が減りそうですね(涙)
ちょっと複雑な気持ち。






by uransuzu | 2015-05-17 19:36 | その他 | Comments(10)

東京、暑かった

東京、暑かった~^^;

今回は、他社への表敬訪問があったため、
きちんとスーツを着て、7㎝ヒールを履いて、まぁよく歩きました。

途中で何度か、タクシーに乗りたい欲望に打ち勝ち、
(なぜか、仕事モードだと、意地でもタクシーに乗らない  笑)
自分のテリトリーである六本木ヒルズまで歩いて到着したときは、
まるでフルマラソンを走り終えたような達成感!

d0162995_20262537.jpg

薔薇も東京タワーも、よくやったわね、と私に微笑んでいるような(笑)

ご褒美にヒルサイドの「ELLE cafe」で冷たいグリーンスム―ジ―を飲みました。
木陰で、爽やかな風に吹かれて、しばしの休憩。

外国人多いなぁ・・・



d0162995_20171188.jpg

「ELLE cafe (エルカフェ)」
アクティブな現代女性の健康と美容をサポートするスタンドスタイルのカフェ。コールドプレスジュースをシグネチャーに、食事代わりにもなるコールドプレススムージー、マクロビオティック(菜食主義)の考え方でつくる雑穀MUSUBI、オーガニックスーパーフードをMIXしたドリンク&フードetc…をラインナップ。ELLE的 ヘルシー&ビューティーのライフスタイルをご提案。




by uransuzu | 2015-05-14 20:52 | 東京 | Comments(10)

2015年秋冬・てぶコレ

2015年秋冬 パリコレ&ミラノコレ&ロンドンコレ&NYコレの中から、
モードな存在感のある手袋をいくつか選んでみました。

あくまでワタクシてぶくろ目線のコレクション、略して「てぶコレ」
「でぶコレ」じゃないわよ~(笑)


まずは、「メゾン・マルシェラ」↓

どことなく、アンティ―クな風合いの中で、
鮮やかなカラーラテックスの手袋にデザイナーのこだわりを感じます。


d0162995_14151432.jpg


d0162995_14150473.jpg



「プラダ」↓
肌にぴったり吸いつくストレッチ・ナッパのロンググローブが、たくさん使われています。

様々な新素材をうまく組み合わせているのはさすが!!
色遣いもポップで、新鮮です。
手袋と洋服とのコーディネートも参考になるなぁ。


d0162995_14154397.jpg

d0162995_14155419.jpg

d0162995_14361549.jpg

d0162995_14552263.jpg


「アレクサンダー・マックイ―ン」↓
退廃美さえ感じるファッションにロンググローブは不可欠です。
手袋フェチの方には、たまらない~❤かも。



d0162995_15292468.jpg

d0162995_15044410.jpg

d0162995_14162381.jpg


他にも、「HIROKO KOSHINO」↓ 
森の妖精ファッションに、効果的に手袋が使われています。
手袋というより、これは洋服の一部でしょう。 
でも、可愛いわ♪


d0162995_14161428.jpg


以上、2015年秋冬「てぶコレ」でした。(笑)



(写真は「MODE et MODE」より)




by uransuzu | 2015-05-09 16:55 | 本・映画に出てくる手袋 | Comments(16)

GWの最後は二人

賑やかだったGW。
いつものように「美人女将のいる老舗旅館」の美人女将役になりきりましたわ!^^

バーベキューに手巻きずしに外食、
この3大・手抜き・もてなし料理のくり返しではありましたが(笑)
私も楽しかったし♪ 


d0162995_09360537.jpg
              
              (写真は、瀬戸内海と屋島を望むレストラン↑)


お客様が全員お帰りになったGW最後の日は、女将はやれやれと一日寝て過ごし、
夕食前にごそごそと起きだして、冷蔵庫に残っているものをかき集め、


d0162995_09270482.jpg

鮪と蛸のお刺身、蕗の煮物、野菜の浅漬け、鰆の塩焼き(写真無し)



夫と二人でTV野球を見ながら・・・
あまり野球に詳しくない私は、夫の熱の入った野球解説を右から左へ聞き流します。

「うん、うん、へー、そう」「うっそ~!」「ふ~ん、知らなかったわ」

この3つの返事をしてさえいれば、熟年夫婦も平和でいられる、
というのを先輩奥様から教えていただきましたわ(笑)

長年の夫婦には、ときめきも刺激もなくて、会話もあまり弾まないけれど、^^;
やっぱり一番、心落ち着く相手・・・?







by uransuzu | 2015-05-07 22:18 | その他 | Comments(8)

yumiさんから、コメントにてお題をいただきました。
「爪の形が悪いので、指先を隠したいときがたくさんあるの。
おばさん、おばあちゃん?用で普段着にいいのはどんなてぶくろがあるでしょう?」



う~ん、そうですね・・・
やはり、あまり可愛らし過ぎない、飽きの来ない、シンプルで上品なものがいいですよね。

今の時期ならUVカット機能は必要不可欠ですし、
お手入れが簡単であることも重要だわ。

d0162995_19514577.jpg


スマホを使われるなら、スマホ対応機能もある方がいいかしら。
親指と人差し指だけに、可愛らしい仕掛けをした物も、たくさんありますよ。


d0162995_23061797.jpg


リボンや刺繍も大げさでないものがいいですね。
素材は、やはり天然素材、綿、麻、シルクがいいと思う。

d0162995_23063370.jpg


思慮深いyumiさんだから、日本製であることにこだわられるかもしれませんね。
最近は、「日本製」と大き目のタグがついていると思います。

d0162995_23205528.jpg


と、いろいろ考えて、yumiさんへの私の一押しはこれ↓

とても心地よいシルク素材です。
お手入れも簡単。
夏に涼しく、冬に暖かいので、よほど寒くなければ、ほぼ1年中使えます。
色もいろいろあるので、いくつか揃えておかれると便利です。
何気ないけど、上品でお洒落なの。

d0162995_23054990.jpg

いかがでしょう?


(写真は、以前のものも混合しています。)


by uransuzu | 2015-05-03 09:24 | Alta Classe | Comments(8)