東京の朝散歩3.

もう先週のことになりますが、東京朝散歩をアップしておきます。

いつも東京の朝散歩は、公園とか神社仏閣とか、、、
とにかく朝早くても開いているところ限定です。 ( 東京朝散歩1 東京朝散歩2

今回は、パリのオートクチュール展をどうしても見たかったので、
開場(10時)の前に三菱1号館美術館の周辺をうろうろと散歩いたしました。

国際フォーラムでは、〇〇大学の卒業式が行われているようでした。

d0162995_22491973.jpg


d0162995_22493413.jpg


はかま姿の女子大生が目立つ中、ひっそりスーツ姿の男子大生もいるのだけど・・・
見えないかなぁ、存在感薄いかなぁ。 思わず、頑張れ、男子!!

保護者の姿もちらほら見えるし、
堂々と彼氏と腕を組んで歩いている振袖姿の子もいたわ。(@_@)



三菱1号館美術館の前、丸の内ブリックスクエアは、大好きなほっとできる小さな緑の空間です。

庭に置かれている彫刻は時々変わっているのでしょうか?
ヘンリ・ムーアの作品が有名なんだけど、
今回は、「抱きかかえる人」だったか・・・作品名も作者もちゃんと確認していません^^;
どなたかご存知でしたら、教えてください~~~♪

d0162995_22495431.jpg


彼女、いったい何を悩んで抱え込んでいるのだろう?とちょっと心配いたしましたわ。 ↑

でも、モクレンが咲き誇り、クラッシックな美術館が悩む彼女を見守っているようで、
誰か私を優しく見守って~♥ そっと後ろからハグして~♥、、、なんて妄想(笑)


そして、10時の開館と同時に、いざ美術館へ。
入口付近の、彼岸桜は散り始めていました。


d0162995_22500962.jpg

中の展示は↓ブログで。




by uransuzu | 2016-03-31 19:43 | 東京 | Comments(10)

すごいよ、つくし畑!

いつも通るワンコの散歩道、
たいてい暗くなってから散歩するし、
急いでいることが多いので、気づかなかった。

すごいわよ!
じゃぁぁん!!


d0162995_10223537.jpg


一面、つくし!!!
この畑でつくしを栽培しているのかと思うほど。
長年、田舎暮らしの私でも、さすがに見たことない!


d0162995_10233465.jpg


あまりに多くて、摘む気にならなかった。
これじゃ、摘むというより、刈る、だわね。




by uransuzu | 2016-03-29 21:55 | てぶくろ市 | Comments(14)

三越の包装紙

今朝の四国新聞には驚かされた、
1面全面が三越の包装紙「華ひらく」!

d0162995_15013913.jpg


なにこれ、目がちらちらするわね、と言いながら記事を読んだら、
3月20日から始まった「瀬戸内国際芸術祭」と三越とのコラボ、ラッピング広告だった。(@_@)
本当の1面は、実は次のページ、という趣向。


d0162995_15164611.jpg


三越は、日本の百貨店で初めて、1950年にオリジナル包装紙「華ひらく」をデザインした。
デザインしたのは猪熊弦一郎氏であり、実はうどん県出身、私の高校の先輩でもある。
猪熊氏は、犬吠岬で海岸で波に洗われている石を見て、
「波にも負けずに頑固で強く」をテーマにデザインしたそうだ。

また、「華ひらく」に「Mitsukoshi」のロゴを入れたのは、
当時、三越宣伝部の社員で、のちに漫画家になったやなせたかし氏だそうである。
なかなか由緒ある包装紙である。

隅の天気予報もしゃれていた。


d0162995_15172147.jpg


三越の紙袋は昨年リニューアルしたけれど、
この包装紙は今も使用されていて、ちょっと嬉しい。






by uransuzu | 2016-03-28 19:59 | その他 | Comments(16)

革手袋の水洗い洗剤

六本木ヒルズのウェストウォーク4階にメンズファッションゾーンが誕生しました。

時代を牽引するハイカジュアル・メンズショップが集結し、
本物志向の男性のファッションニーズを満たすスタイルを提案する、
というコンセプトだそうです。

d0162995_13150528.jpg


そのグランドオープンを記念して、Alta Classe でもワークショップを開きました。
革手袋を水洗いできる洗剤のご紹介です。


d0162995_13171516.jpg


d0162995_13173601.jpg



1.水の中に洗剤を入れて洗剤液を作り、革手袋を浸す。
2.内部にまで洗剤が入るように、しっかり押し洗いする。(中も綺麗になる)



d0162995_13185372.jpg


3.乾いたタオルで、押し包むようにしっかり優しく拭く。
(水で濯ぐ必要なし)



d0162995_13190401.jpg


4.風通しのよい日影で自然乾燥。


これだけなのです、実に簡単でしょう。
革手袋の色が洗剤液に出ることもありますが、風合いにまったく問題はありません。
ファーが付いている革手袋でも大丈夫です。

そろそろ、革手袋が不要になる時候、
汚れをきれいに洗剤で取って、次の出番まで休ませてやってください。




Alta Classe

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F

tel : 03.5980.8470/ fax : 03.5980.8490 
mail : altaclasse-tokyo@vs.miinet.jp
http://altaclasse.jp/



by uransuzu | 2016-03-26 13:53 | 手袋にまつわる話

三菱1号館美術館で開催されている
「芸術は、着れる。 PARIS オートクチュール 世界に一つだけの服」
を見てきました。
もちろん、私のお目当ては、エルザ・スキャパレリのイブニング・グローブ「爪」
写真を撮ってもいい部屋にあったわ~、ラッキー♪


d0162995_20575212.jpg


自由奔放でありながら、シックも得意だったスキャパレリ。
このグローブは、黒のスウェードに金属の爪をアップリケしている。

上品な貴族のパーティで、この斬新なデザインの手袋は、きっとセンセーショナルだったことでしょうねぇ。
遊び心が楽しいわ、小物に遊び心って必要よね。


d0162995_21020875.jpg


スキャパレリが生み出した色「ショッキング・ピンク」↑


d0162995_21064127.jpg


スキャパレリのハンドバッグ「ランプ」↑
バッグの中に鏡と照明装置(電池も)が付いている!
なるほど、美を追求する女性の必需品が内蔵されてるのね(笑) 


もう一つ、ジャック・ファットのためのグローブがありました。

白キッドスキンのロング・グローブに、紫色のスイトピーが見事にサテン刺繍されています。
清楚で艶やか・・・残念ながら、こちらは写真不可でした。

そして、刺繍した職人の名前=ヴォジョワ・ビネ
が、きちんとが残されていることに感動しましたわ。


オートクチュール展、「てぶくろ的考察」でした(笑)
もちろん、ドレスは素晴らしいものばかり~、それはこちらの方のブログで。 




Alta Classe

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F

tel : 03.5980.8470/ fax : 03.5980.8490 
mail : altaclasse-tokyo@vs.miinet.jp
http://altaclasse.jp/





by uransuzu | 2016-03-23 21:36 | 有名人の手袋 | Comments(12)

春の彼岸のお客様&お花見客には、つくしご飯をふるまう。
義母から伝わった、てぶくろ家のおもてなしです。

小雨の中、チビ子&チビタを総動員してのつくし摘み、
夜なべ仕事のハカマ取り、
ちょっと面倒だけど、喜んで食べてくれるとやはり嬉しい♪♪


d0162995_14364288.jpg



気候に恵まれた3連休も終わり、明日から東京にまいります。

今回の東京コーディネートのテーマは、「おフランス」です^^
フランス関係の仕事が中心になりそうなので、
洋服もバッグもアクセサリーも、フランスブランドで統一する予定。


d0162995_14400400.jpg




d0162995_14402210.jpg





d0162995_15194106.jpg


そして、手袋は、↑
フランスのコーネリア・ジェームスと提携して、企画・製造された当社製品です。

気温の変化の激しい時候には、
ストールや手袋など調節できる小物が便利ですね。

小物の色で、季節感を出せるし、

つくしのハカマ取りで黒くなった爪も隠せるし・・・
って、そんな必要のある人は、あまりいないわよね~。(爆)


Alta Classe

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F

tel : 03.5980.8470/ fax : 03.5980.8490 
mail : altaclasse-tokyo@vs.miinet.jp
http://altaclasse.jp/






by uransuzu | 2016-03-21 16:03 | 東京 | Comments(16)

つくし摘み

ときおり、雨がぱらつく今日、
チビ子とチビタを連れて、つくし摘みに出かけました。
出かけた、といってもチビ子宅から、チビタ徒歩で5分の場所です。

「あ、あった!」

d0162995_22124496.jpg



5歳児チビ子の人生5回目、2歳児チビタの人生2回目、のつくし摘み(笑)
すでにつくし摘みのプロです。
プロっていうのは、厳しいものなのだよ・・・


d0162995_22154117.jpg


こんな雨模様の日になぜ???の強行軍。
実は、どうしても明日、つくしご飯を食べさせたい人が来るのです。

to be continued・・・・・







by uransuzu | 2016-03-18 22:22 | その他 | Comments(10)

フラワー・バッグ

今年度最後のフラワー・ボランティアは、

未就園児(まだ保育園にも幼稚園にも行っていない子供)を連れた若いママたちにアレンジを教えることでした♪
テーマは、「春の花いっぱい」フラワー・バッグを作りました。

ボランティアメンバーで、いくつかサンプルを作って持って行きました。 ↓


d0162995_11403049.jpg



d0162995_15235574.jpg


お花は自由にさしてくれていい、簡単アレンジなんだけど、
バッグの持ち手部分作成が今回のポイント!
針金にティッシュとテープを巻いて、ビーズパール(100均で30個入り)を通して作る。
相変わらず、厳しいご予算なので(笑)

で、びっくり!
最近の若い女性は、「こより」を知らないのね~。
ティッシュをこよりのように巻くことができないの、やったことないから。

「昔は、七夕の短冊をこよりでね・・・」
って、お婆さんになった気分で、昔話をしてしまいましたわ〜♪
ちり紙、と言わなかっただけ、自分を褒めることにしましょうか(笑)




by uransuzu | 2016-03-13 21:43 | てぶくろ市 | Comments(18)

久々にチビ子&チビタ登場です。

チビ子5歳、
自分の部屋の自分専用のドレッサーの前で、
カメラを向けると顔を隠す。


d0162995_20532768.jpg


おじーちゃまからのパリ土産、ワンピースを試着して、ポーズ。
気分は、オードリー・ヘプバーン?(笑)


d0162995_20385211.jpg



一方、2歳のチビタ、
どこに行っても気に入った石を拾って持ち帰ろうとする。


d0162995_20404704.jpg


重くて持ち帰りを諦め、石の上に乗る。


d0162995_20571082.jpg


口に金柑を入れたまま、草っ原で寝転がる。


d0162995_20440025.jpg



女の子と男の子、それぞれ違っていて面白いね。


by uransuzu | 2016-03-11 21:54 | その他 | Comments(16)

昨日、春らしいレース手袋をご紹介したのに、↓
今日は寒の戻りで、とっても寒かったので、

SUKUMO leatehr(スクモ・レザー)手袋 をご紹介します。

スクモ・レザーとは、
徳島に約600年続く伝統製法から生み出される天然染料『蒅』(すくも)を使用し、
京都で染め上げた天然灰汁建本藍染のレザーです。

詳しい説明は、過去記事に。 

d0162995_18593911.jpg
               (写真はお借りしました ↑)



Alta Classeで作ったスクモ・レザーの手袋は、
くたっと柔らかな独特の革の風合いを味わっていただきたいので、
あえて裏地はつけておりません。


d0162995_22223733.jpg



スクモ・レザーは生きています。
空気との触れ合いで呼吸し、藍の深みが増していくのです。

年月による美しい色の変化を楽しんでいただくために、
最低限の色止め加工しかしておりません。

そのため、色移りする可能性もございます。
また、強い日光に長時間あてますと、色あせすることもございます。
どうぞ、風通しのよい、暗い場所で保管ください。


繊細な手のかかるスクモちゃんでございます^^;



Alta Classe

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F

tel : 03.5980.847003.5980.8470 / fax : 03.5980.8490 
mail : altaclasse-tokyo@vs.miinet.jp
http://altaclasse.jp/


by uransuzu | 2016-03-09 21:11 | 手袋にまつわる話 | Comments(18)