<   2017年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

どうも、あまりwifi環境が良くない。

ベネチア入りしてすでに2泊目、
ホテルの部屋から、ウェディングの様子が見えたり、


d0162995_22181023.jpg


ホテルの屋上からの景色も最高。


d0162995_22225273.jpg


d0162995_22195485.jpg


カモメもカメラ慣れしてるわね〜(笑)


ベネチアは、車が入らないので、ゆるゆると小径を迷いながら、散策するのが楽しい。


d0162995_22143528.jpg


d0162995_22155196.jpg



いくらバケーションでも、忘れてないわよ、
手袋屋さんは、2軒発見。


d0162995_22092840.jpg


d0162995_22102223.jpg


d0162995_22104415.jpg


ディスプレイが参考になる。

by uransuzu | 2017-08-31 22:05 | 娘とヨーロッパ旅 | Comments(4)

昨日は、
たまたま大学の後輩がフィレンツェに来てるとわかり、(旦那様の学会発表に同行中。)
寝てる娘を残し、後輩とフィレンツェを早朝散策。

残念ながら、グッチ博物館は改装のため休館中(涙)
ウッフィツィ美術館は、夕方の予約しかとれず。

ギャラリーを経営していた後輩に引かれて、
ピッティ宮の美術館、フェラガモ美術館などを回る。


d0162995_02223898.jpg


d0162995_15510174.jpg

(フェラガモ美術館に展示してあった手袋↑)


そして、私に付き合わせての手袋屋めぐり。ww
ポンテベッキオ橋付近に2軒ある。


d0162995_02561700.jpg


お安くて、カラー豊富なのは、橋の手前のお店。↑
ローマのお店の6割くらいのお値段だから、
お土産には、とてもいいわね〜


d0162995_02580584.jpg


もし、ペッカリーの明るい色が欲しいなら、↑
こちらのお店にしかないみたい。
いい物を欲しいなら、こちらがオススメかな。


d0162995_02594691.jpg


スモーキーブルー、オレンジなど、あまり見かけない
ペッカリーの手袋あり。124〜180€ やじるし

どちらにしても、ローマよりはお買い得。
ただし、よーく見てね、指先がホツレかけてるのもあるから。


by uransuzu | 2017-08-30 19:00 | 娘とヨーロッパ旅

ローマからフィレンツェへ列車移動。
今日の最高気温36度、体感温度40度らしい。

なのに、チェックイン時刻は過ぎているのに、
「チェックインはあと1時間半待ってね、外出してる間に準備しとくから」って!(怒)
この暑さじゃ、外出なんかできませんから〜〜

仕方なく、フィレンツェ郊外のアウトレットへ、
専用バスで45分、山の中に突然現れる巨大モール。
THE MOLE

d0162995_14285280.jpg


長女へのお土産、
おムコちゃんずへのお土産を購入。


d0162995_17473354.jpg


グッチの2階にあるグッチカフェでお茶をしたら、
あら、なんと、グッチカフェに立派な手袋の本が飾られているわ!「Le Gant」
グッチも欲しいけど、この本も欲しいなぁ(笑)


d0162995_17463140.jpg


フィレンツェのホテル、wifi環境があまり良くなくて、
どうも画像がうまくアップできません。

フィレンツェの手袋屋さん事情などは、また後ほど。






by uransuzu | 2017-08-29 12:00 | 娘とヨーロッパ旅

今日は、ローマ観光のド定番めぐり。
スペイン階段から、トレビの泉、コロッセオ、、、

日本でも有名なスペイン階段近くの手袋屋にも行ったが、日曜日なのになんとお休み!
きっと、私に怖れをなしたのかしらね〜(笑)


d0162995_22313020.jpg


通りを1本裏手に入ったところにある手袋屋に行く。
こちら、先ほどの有名手袋屋と同じ所で作っていて、
品質は同じなのだけど、少しお安いし、接客もゴリ押しせず、でお勧め。


d0162995_22325823.jpg


d0162995_22352666.jpg


記念に一つ購入。
発色と全面パンチングのデザインとカフスサイズが気に入ったのだけど、
はっきり言ってやはり縫製はイマイチね〜。


d0162995_22431918.jpg



d0162995_22364094.jpg



d0162995_23012797.jpg


見るだけより、実際に自分の手につけてみる方が、
自分に似合うかどうかわかる。

最初に目に留まったモスグリーンより、
こちらのビビッドなグリーンの方が私に似合ったの。
今年の新色らしい。


それにしても、今日のローマ、
歩き回るにはあまりに暑くて、暑くて、
ホテル近くのスーパーで食材調達して、早めにホテルに帰る。
日本から持参したポン酢で、お寿司とサラダを食す(笑)








by uransuzu | 2017-08-28 12:00 | 娘とヨーロッパ旅

まだまだたくさん、バルセロナのことを書きたいのですが、それは帰国してからにしましょう。
今回の旅ブログは、ライブ感を大事にしてるの(笑)


さて、今日は、バルセロナからライアンエアーで、
ローマへ移動。


d0162995_14375929.jpg

(↑ バルセロナ空港で寝ていた女の子たち❤︎)


しかし、このタイミングで、
ISによるテロ予告、
次の標的はローマだ!とローマ法皇の絵を手にして、
キリスト像をたたき割っている動画が流されたの?


d0162995_04512102.jpg


なんだかね〜、あまり気持ちの良いものではないわね。

とはいえ、娘にとっては、初めてのローマ、
しかも2泊しかしない。
テロを心配して、ホテルでのお籠りなんて絶対嫌だわ!


まず最初に、バチカン市国で世界平和を祈ることに。


d0162995_04531348.jpg


d0162995_05020605.jpg


心なしか、以前に訪れた時より、
警察官の数が多く、反対に観光客は少ない。

警察官は、開館時間を少し過ぎてしまっていたのに、門を開けてサン・ピエトロ大聖堂に入れてくれた。
本日最後の観光客となった私たち2人、ラッキー。


d0162995_04503561.jpg


d0162995_04545299.jpg


やはり素晴らしいね〜娘も大感動!
来てよかったね。


バチカン市国から地下鉄に帰る道すがら、
手袋屋さんを発見する。
もちろん、覗いてみるけれど、


d0162995_05055838.jpg


d0162995_05063339.jpg


うぅむ、ここは観光客相手のなんちゃって手袋屋さん。
あんまり、おすすめできないわ。



by uransuzu | 2017-08-27 12:00 | 娘とヨーロッパ旅

テロの犯人は、当初サグラダファミリアでの
爆発テロを計画していたと聞く。
もし実行されていたら、どれほどの被害が出たことか、
考えるだけで怖ろしい。


d0162995_16290380.jpg


実は私は、サグラダファミリアを訪問する前は、
古代遺跡ではないため、歴史的価値が検証されていない、現在まだ建築途中である建築物、
なぜにこれほど世界中から評価を受けるのか、少し不思議であった。


d0162995_03250455.jpg


ところが、実際にその全体像が見えてくると、
わぁ!凄い!と思わず歓声をあげていた。

中に入り、日本語のオーディオガイドを聞きながら、
宗教的価値が非常に高いことを知り、
間違いなく、後世に残る芸術建築物になるのだろう、
その途中経過を見ることができて、私はラッキーだと思えてきた。



d0162995_03293787.jpg


ちょうど中では、テロで犠牲になった方々への鎮魂の歌が歌われていた。
ここに来ると、世界中の全ての人々が哀しみを癒やし、
心から平和を祈る、そんな場所でもあるのだ。


タワーを上り、上からバルセロナの街を一望する。
窓から建築中の部分もよく見える。


d0162995_03332442.jpg


d0162995_03353177.jpg


建築中であることで、自分自身もサグラダファミリアと一体化し、一緒に創造され、後世に残ることができるような、
そんな錯覚にさえ陥いる。


だから、内部の壁面に名前を落書きする不届き者が
後を絶たないのだろう(怒)


by uransuzu | 2017-08-26 12:00 | 娘とヨーロッパ旅

バルセロナの朝は、
ランブラス通りで祈りを捧げることから、スタートすることにした。


d0162995_01055429.jpg


ランブラス通りは、まさにバルセロナ最大の目抜き通り、多くの人々がゆっくりと買い物や散策を楽しむ
歩行者専用通り。

この平和な通りに、テロは起こった。
犯人は猛スピードで車を突っ込み、無差別に人々を轢いていった。


d0162995_01153347.jpg


歩いてみると、ちょうど地下鉄1区間分、カタルーニャからリセウまで、、、
恐怖の叫びはどれだけ多くあがったのだろう、と思う。

歩道のあちこちに献花が続く。


d0162995_00575578.jpg


幼い子どもが、赤い薔薇を1本捧げている。
道路に哀悼のメッセージを書いている女性がいる。
捧げられたオモチャを見て涙している人がいる。

この土曜日に、大がかりな反テロデモがあるらしい。


by uransuzu | 2017-08-25 12:00 | 娘とヨーロッパ旅

娘に引かれて、パリ空港

シャルルドゴール空港で、
バルセロナ行きのイージージェットに乗り換える。
LCCは、よく遅延するのよね〜〜

登場ゲートの前に置いてある赤いピアノ。


d0162995_12193179.jpg


フランスでは、駅や空港によく見られる光景で、
人々がちょっと弾いては通りすぎる。

待ち時間の退屈しのぎに、私もピアノに触れてみる。
ネコふんじゅった、^^ポロンポロン

私がピアノから離れるとすぐに
初老の男性がピアノの前に座った。

そして、最初は遠慮がちに、しだいに、
指が踊り出すようなジャズの演奏が始まった。
途中で、ジャケットを脱いでの熱演。


d0162995_15520138.jpg


う、うまい!お上手!!
まるで、高級なバーにいるみたい。← 娘

演奏が終わったあと、周囲の人々からも大拍手〜〜

私も思わず、
「とっても、お上手!」
と、声をかけたら、嬉しそうな笑顔で手をあげた。
「プロのピアニストさん?」
と、聞いたら、チャーミングなウィンクをくれた。

世界的に有名なジャズピアニストさんよ、きっと❤︎私
そんな有名な人が、イージージェットに1人で待ってるなんて、ありえないと思う。娘


d0162995_17164732.jpg


イージージェットの遅延のおかけで、
パリを離陸する時には、
こんな美しいパリの夜景もプレゼントされた。
エッフェル塔も綺麗に見える。
遅延も悪くないわね、仕事でなけりゃ。


自宅を出てから27時間。
ようやくバルセロナのホテルに到着です。

by uransuzu | 2017-08-24 12:14 | 娘とヨーロッパ旅

今回のロングバケーションの行き先を決めたのは娘。

定年までもう長期休暇は取れないだろうから、
なかなか行けないヨーロッパ、
その中でも、まだ行ったことのない都市を巡りたい、と。
(娘は、ヨーロッパに5回ほど行っています)



d0162995_20064508.jpg




パリ→バルセロナ→ローマ→フィレンツェ→ベネチア→パリ
と巡ることになりました。

最初のパリは単に乗り換え地点で、
LCCを利用して、その日のうちにバルセロナに入ります。

バルセロナ、、、
1週間前に恐ろしいテロが起こったばかりの街に
様々な想いを抱えて、私も初めての訪問となります。

このブログがアップされる頃には、機上の人、
また、レポートしますね。

d0162995_19262198.jpg

Pray for Barcelona!
(画像はお借りしました)






by uransuzu | 2017-08-23 08:00 | 娘とヨーロッパ旅

次女が転職することになり、
「有給休暇がずいぶん残っているの。一緒に海外旅行しない?」
と、誘ってきました。
「もう、定年まで長期休暇はとれないと思うから、ゆっくりヨーロッパでも。」
たしかに、あなたの定年時には、私は90歳くらいよね・・・
「それに、退職金がど~んと出るから・・・」
え、まさか、連れて行ってくれるの?(@_@)
「ワリカンで行こう!」
あ、そういうことね。
「だから、Fクラスでないと嫌だとか、一流ホテルがいいとか、わがまま言わないでね」
はい、はい、そうしましょ。


d0162995_15540752.jpg




自宅を出てから、ホテルに到着するまで、順調にいっても25時間の長旅となります。

ラクチンなスタイルは、ウエストゴムのプリーツ・ワイドパンツ。 M.&KYOKO
飛行機の中は、案外寒いので、カーディガンとスカーフは必須。 ストールはV.FRAAS
靴は、脱いだり履いたりしやすい、ノーブランドのもの。 ↑




d0162995_14120126.jpg


飛行機の中や、ホテルの中で履く携帯用靴。↑
以前のがくたびれちゃったので、新しいものをセールで購入しました。 Butterfly Twists


娘に引かれて、初ロングバケーションは、
セレブな旅とはほど遠い、ちょっとおケチな旅となりそうです(笑)













by uransuzu | 2017-08-22 07:00 | 娘とヨーロッパ旅 | Comments(16)