秋冬物大量入荷

三連休は、親族が集まる大切なイベントがあったのですが、
台風のために中止となり、
一からの仕切り直しにがっくり〜です。



Alta Classe の秋冬物が、大量入荷しました。


d0162995_21531057.jpg


d0162995_21533686.jpg


d0162995_15265057.jpg



d0162995_15532927.jpg




コンシェルジュによると、
まだ防寒用手袋を付けるには早いけれど、
ドライビング・グローブや、秋冬ストールに人気があって、
特にファー・バッグがお勧めだそうです。

品質の良いレッキスファーは、
本当に肌触りがよくて、可愛らしくて、
一つ持っておくと、お洒落のポイントになりますね。


d0162995_15135767.jpg



ファーサンダルや、ファーバッグや、
今年はファーの小物が大流行の予感です。





Alta Classe

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F

tel : 03.5980.8470 / fax : 03.5980.8490 
mail : altaclasse_hills@altaclasse.jp(新アドレス)
http://altaclasse.jp/




# by uransuzu | 2017-09-19 23:00 | Alta Classe | Comments(6)

基本的にお料理の写真は、撮るのを忘れちゃう、食いしん坊の母娘です^^;

備忘録として、残っていた写真を一挙に掲載。


バルセロナ
サグラダファミリア近くのレストランで、初ランチ。


d0162995_14214029.jpg



タコのガルシア風↓
柔らかい~タコの下に、じゃが芋が敷き詰めてあった。


d0162995_14232201.jpg


d0162995_14241386.jpg



バルセロナ
ホテル近くのレストラン、「Casa de Tapes Canota」  (再掲)


野菜のグリルをと言ったら、こんなのが出てきました。↓
茄子とパプリカのマリネ。

左のパン籠に入っている小さめトマト2個と生ニンニク1個が見えるでしょうか?
パンには必ず、トマトとニンニクが付いてきて、
自分で半分に切って、パンにゴシゴシと擦りつけて食べるの~^^


d0162995_14265811.jpg



ローマ
レストランの名前は忘れました^^;ホテルすぐ近く。↓
席にはすぐに通されたけれど、なかなかオーダーを取りにきてくれなくって、
腹ペコリンの娘が、キレたところ。
でも、味は美味しかったから、すぐに許した(笑)



d0162995_14292050.jpg



d0162995_14300111.jpg



d0162995_14314860.jpg




フィレンツェ

サンタ・マリア・ノッベラ駅すぐ近く↓  「Trattoria dall' Oste」 
トマト味がちょっと酸っぱめで、私は嬉しい!  娘はNG。
ビステッカ(骨付き牛ステーキ)が有名なお店だけれど、写真無し^^;


d0162995_14342785.jpg


d0162995_14351141.jpg


d0162995_14355990.jpg



フィレンツェ 
Yellow Bar」↓ 
パリに在住していらっしゃる kanaさんに教えてもらって、訪れたところ、
日本語メニューもあって、何を食べても美味しかったわ。
生パスタを打っているところを見せてくれるし、フライパンで持ってきたり、パフォーマンスも楽しいお店。


d0162995_16485972.jpg


d0162995_14392559.jpg


d0162995_14401652.jpg




ベネチア
Osteria con cuicina di carne e pesce」↓
ホテルで勧められて行ったの、ベネチアの家庭料理のお店~~
イカ墨パスタ最高!


d0162995_20214915.jpg


d0162995_14421847.jpg


d0162995_14432480.jpg



ここも、ベネチアのレストラン。↓
Alla Vedva
大人気のレストランで、開店待ちして入りました。

ここの手長海老のパスタが食べたくて、「ブーザラ」という言葉を覚えて行ったの(笑)
アサリの量も多くて、ぼんごれ好きの娘が喜んだ。


d0162995_16493902.jpg


d0162995_14450330.jpg



パリ
Grand de Cafe Caputines」↓ (再掲)


d0162995_14455298.jpg



d0162995_14471922.jpg





あはは、夫の御用達店 パリ「ひぐまラーメン」にもご挨拶に行きましたわ。↓  



d0162995_16500863.jpg



ムール貝の「Leon」 (再掲)↓


d0162995_17024015.jpg




パリの朝食は、なかなか優雅でした。↓
Cafe de la Paix」 ↓ 


d0162995_14493192.jpg


d0162995_14500639.jpg


d0162995_14511346.jpg



「Angelina」  のモンブランケーキ ↓
本店の方に、ココ・シャネルがモンブラン目当てに通ったと聞いたのだけれど、
う~~ん、正直言って、それほどでもなかったかな~w


d0162995_14520361.jpg

ここも、ちょうどkanaさんが行ったばかりで驚きました。
ニアミスだったのね~。



以上、
長々とお付き合いいただいて、ありがとうございました。





# by uransuzu | 2017-09-16 23:00 | 娘とヨーロッパ旅 | Comments(10)

パリで買ったもの

ペランのバッグに縁がなかった私、、
せめて、何か、この旅の記念に欲しい、と
ホテルをチェックアウトしてから、
ホテル真ん前にあるショップに飛び込みました。


d0162995_11064713.jpg


こちらは、4年ほど前に
Alta Classe とコラボしたことのある Philippe Ferrandis のお店。
これも縁だわ、と前向きに考える(笑)

そこで、目に留まったのが、これです。

d0162995_17234048.jpg


黒蝶貝の下に、大きな三角形の ダイヤモンド スワロフスキー、
その下に水晶がついたドロップタイプのイヤリング。

デタックスをお願いするほどのお値段ではないので、
さっそく耳に付けて、連れ帰りました。


しかし、、、帰国して調べてみたら、、、
日本で買ってもお値段はあまり変わらないみたい、
別にいいいんだけど、記念だから^^;



こちらの手袋は、日本価格です↓

Alta Classe

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F

tel : 03.5980.8470 / fax : 03.5980.8490 
mail : altaclasse_hills@altaclasse.jp(新アドレス)
http://altaclasse.jp/




# by uransuzu | 2017-09-15 23:00 | 娘とヨーロッパ旅 | Comments(8)

パリで買えなかったもの

旅の記念に、自分の物を何か一つ欲しくて、
でも、移動が多い旅なので、
買うなら最終地点のパリ、ここと決めていたの。


d0162995_18491873.jpg


今年の春、銀座シックスに初お目見えした「ペラン」
元々は手袋屋だったのが、今ではバッグが99%の売り上げだそう。
このことは、過去ブログに。

チュイルリー公園近くの本店は、まだ2年前にオープンしたばかり。
パリでもまだここにしか店がない。


d0162995_18521256.jpg


d0162995_10484928.jpg



ここのクラッチバッグが欲しかったの。


d0162995_18531350.jpg


数ある中から、散々迷って、決めて、
いざタックス・リファウンドの手続きの時に
PCトラブルとかで、かなり待たされた。


d0162995_18563544.jpg


ごめんなさい、申し訳ない、と何度もお茶やお菓子を出してくれて、、、約1時間。

とうとうお手上げだ、できない、とスタッフが言う。
銀座店に送ったら、免税できないばかりか、日本の消費税がかかるらしい、と申し訳なさそうに。
(ということは、約2割り増し?え〜〜)

帰国への出発時刻も迫っていて、泣く泣くあきらめた。

で、誠に誠に申し訳ありません、お詫びにこれを。
と可愛いキャンドルをくれたけど、(けっこう重い)


d0162995_23232112.jpg


私は、クラッチバッグが欲しかったのよ〜〜涙

今、思えば、デタックスに関係なく、その場で買って帰ればよかった、、、
・・・リベンジだわ!





Alta Classe

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F

tel : 03.5980.8470 / fax : 03.5980.8490 
mail : altaclasse_hills@altaclasse.jp(新アドレス)
http://altaclasse.jp/




# by uransuzu | 2017-09-14 23:00 | 娘とヨーロッパ旅 | Comments(8)

ベネチアは愛の街♥

ここで、突然マイ・ラバーズ♥のお話しになります。

IL DIVO のメンバーの1人、ウルスが昨年結婚して、
ファンは喜んだり泣いたりだったのですが、

彼が婚約発表したのが、ベネチアです。
ある日、突然、こんな写真がネットで流されてきたの〜↓


d0162995_19341995.jpg


衝撃の写真でした!

micciさんの分析によると、
この指輪は、サン・マルコ広場にあるブルガリで購入した物で、
場所はリヤルト橋の上ではないかいうこと。

というわけで、私も真似っこ写真を撮ってきました。


d0162995_19144796.jpg



嫌がる娘の手を取って、あれ、娘ったら右手だわ(笑)
場所もちょっと違う?川の流れが反対だぁ。


d0162995_15043242.jpg


とにかく、
ベネチアはロマンチックな場所がいっぱいあって、
ウルスは、そこで愛を誓ったわけであります♥


d0162995_15064166.jpg



d0162995_19211892.jpg





ベネチアでなくても、
手袋 (GLOVES) の中にも愛  (LOVE)があります。

Alta Classe

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F

tel : 03.5980.8470 / fax : 03.5980.8490 
mail : altaclasse_hills@altaclasse.jp(新アドレス)
http://altaclasse.jp/



# by uransuzu | 2017-09-13 23:00 | 娘とヨーロッパ旅 | Comments(12)

ベネチアで出会った人

ベネチアの街は狭い。
カナル(水路)を利用する時だけ水上バスやゴンドラで、後は歩くしかない。
石畳みって、車椅子やベビーカーには優しくないよね。


d0162995_21555822.jpg


d0162995_21553156.jpg


迷路のような小径をあちこちと迷いながら、
可愛いお店を見ながら、


d0162995_19341758.jpg


↑ イケメンくんの客引きに、ついふらふらと〜
ベイビーのエプロンに名前入り刺繍をしてもらった。
タオル生地は、かなりの粗悪品(10€)。


名もない小さな教会の横のカフェで休憩する。


d0162995_21534810.jpg


このカフェの看板娘は、チャーミングなオバちゃま。
観光地に珍しいくらい、英語ができない。
私の発音が悪いのか「beer」ビアーが通じないの(涙)

おそらく、70歳代?
息子さんと2人でお店を切り盛りしてる。

写真とってもいい?って聞いたら、
「あら、私の写真を?いいわよ〜」とにっこり。


d0162995_21542610.jpg


そして、写真を撮ったら、
「ちょっとチェックさせて」と覗き込み、
「まぁまぁね」と、肩をすぼめた。

英語は通じないけど、心は通じるオバちゃま。
娘が、トイレに行きたいと言ったら、優しく手を引いて連れていってくれた。


d0162995_22150853.jpg


「代々この場所でカフェを営んでいるのよ、
夫が亡くなってからは息子マリオと2人でね。
もう、50歳近い息子(ママンの後ろに付いてる)が、
まだ結婚してないことだけが、気がかりなの。」
←と、勝手な妄想w


d0162995_22154415.jpg


誰か、いい人いませんかぁ? ← 勝手に仲人(爆)


え、と、、、もし私でよければ、ここにいます。↓

Alta Classe

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F

tel : 03.5980.8470 / fax : 03.5980.8490 
mail : altaclasse_hills@altaclasse.jp(新アドレス)
http://altaclasse.jp/



# by uransuzu | 2017-09-12 23:00 | 娘とヨーロッパ旅 | Comments(10)

フィレンツェは、あまりに暑くて外出は危険なため、
おもに早朝か夕方以降に市内散策しました。
ローマに比べると、治安はずっと良いような気がします。

夜のドゥーモは素晴らしく綺麗!
ちょうど外装の修理が終わったところだったようです。
その荘厳さには圧倒され、大感激いたしました!!



d0162995_11302191.jpg



大行列のジェラート&チョコレート屋さんVENCHI。↓(ベンキ、と発音するらしい^^)
蛇口から出るチョコレートに目が釘付け。


d0162995_00080887.jpg


99セントショップ ↓ 100均ならぬ120均くらいかしら。
置いてあるものは、日用品が多いけど、品質はあまりよくないみたい。
日本のお菓子もあった、グリコの海外ブランドMIKADO


d0162995_00085779.jpg


市場の近く、革製品の露店が並ぶ界隈は、
なんとなく危険な匂いがして、ささっと素通りする。
手袋もいっぱいあったけどね^^


d0162995_00103348.jpg


ジノリのショップで、こんな物を発見!↓
細かな細工は、おそらく一品物で、お値段も美術品工芸品なみ。



d0162995_00124498.jpg


こ・これ、欲しい! 特に右端と左から2番目!!

1個でもヨーロッパに何往復できるの、という価格、しかも繊細な割れ物。
一晩、迷いに迷って、諦めました。


d0162995_10421333.jpg


↑ ショーウインドウにへばり付いて、涎を垂らして、いるところを娘に激写されていました。 
この後、娘に引きずられていきましたとさ(爆)



こちらは、リーズナブルですので、諦めないでね^^↓

Alta Classe

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F

tel : 03.5980.8470 / fax : 03.5980.8490 
mail : altaclasse_hills@altaclasse.jp(新アドレス)
http://altaclasse.jp/




# by uransuzu | 2017-09-11 23:00 | 娘とヨーロッパ旅

フィレンツェでは、ウッフィツィ美術館ではなく、
ピッティ宮の中にあるパラティーナ美術館の方に行きました。
ポンテベッキオを渡ってしばらく行った所にあります。

ここも、やはりメディチ家が収集した名画を展示してあり、
朝8:15の開館と同時に入ったせいか、人は少ない〜〜


d0162995_09290019.jpg


d0162995_09294443.jpg


d0162995_09301429.jpg


かなり広い美術館ですが、ほぼ貸し切り状態。
ラファエロやティツアーノ、ルーベンス、カラバッジョなどなど、
名画をまるで自分の所有品のような感覚で、堪能いたしました。
(これで、入場料8.5€は、お安い!!)



d0162995_09324892.jpg


d0162995_09332129.jpg


d0162995_09364144.jpg


この、ラファエロの母と子の絵が見たかったの!
なんて贅沢な時間~~

ピッティ宮の中には、美術館が5つもあり、
広大な敷地の中にあるボーボリ庭園も入ることができます。(別チケット要)



その後、歩いてフェラガモ博物館へ。
フェラガモ本店の地下にありますが、こちらも人が殆ど入っておらず、ガラガラでした。

エレガントな建物は、貴族の館を改装したもので、中世時代の趣を残しています。
ショップから博物館に続く階段などは、数百年前のままの姿で残っています。
(入場料は5€だったかな。)


d0162995_09413922.jpg


d0162995_09424163.jpg


d0162995_09432573.jpg


d0162995_09441017.jpg


日本語のオーディオガイドがありました、きっと日本の方も多く来られているのね。

フェラガモが、いかに科学的に足のアーチを研究して、
土踏まずの大事さを発見し、


d0162995_09533669.jpg


また、スポーツや医療器具の分野にも、科学的取り組みを発表したことや、


d0162995_09542291.jpg


素材の使い方にも天才的なアイディアを持っていたこと、数多くの人々との関係、などが
展示物やビデオで、よくわかりました。

ただ、博物館は行ったけれど、ショップの方は入らず~(笑)




こちらは、じっくり見てくださいね。
主に東かがわ市で生産される「香川手袋」tet. の

d0162995_12124138.jpg




# by uransuzu | 2017-09-10 23:00 | 娘とヨーロッパ旅 | Comments(10)

ホテル選びは、基本的にネットで、アクセス、価格、口コミなどで決めました。
(今回は、総合評価8.8以上。4つ星以上。予算1泊200~300€をベースに)
大事な条件は、いくら娘と言えど、2セパレートベッドであること。
海外では、割とツインって少ないのよね。

当たりかハズレか、部屋に入ってのお楽しみ〜〜の旅でした。

でね、宿泊後にわかったんだけど、(娘がネットで見たと言う)
フィレンツェで泊まったホテルが、なんと!
「世界の幽霊ホテル10」の一つと言われているらしいの。


d0162995_20440172.jpg


↑ ホテルの入口。
ベルを押すと、鉄製ドアの鍵を開けてくれる。


d0162995_04155129.jpg


d0162995_20525004.jpg


↑ 朝食は、朝早かったためか、私一人でした。


16世紀に建てられた古い建物らしく、中を綺麗にリノベしてあって、
(元は何の建物だったのか、気になるのよね~)
ロビーや食堂や、そしてお部屋の天井にもフレスコ画が描かれている。


d0162995_20492647.jpg


最初は、わぁ面白い部屋〜って喜んでいたのだけど、
天井から見られるって、落ち着かないものね。


d0162995_20511487.jpg



ベッドも狭く固く、娘も私も熟睡できず、、

夜中に、部屋の外でひそひそ話し声がするので、
珍しく私が出て行って、「静かにしてくださいね。」と注意したら、
(「Sorry, be quiet!」って、中学校で習って以来、初めて使ったわ。笑)
男女が廊下で話していました。

すぐに静かになったけど、あれって、まさかね~~~




さて、幽霊とは関係ありません、
PICONE が、なんと八重洲の文具展に並べられているそうです。

文具営業専門家が売りたくなる「○○の秋」文具展
ですって。
文具好きとしては、タイトルからして、興味ひくわね~。


d0162995_20065513.png
画像はお借りしました



d0162995_19550044.jpg


開催日:9月1日(金)~9月30日(土)
平日 9:00~18:00/土曜11:00~17:00

会場: モリイチ京橋店 2階イベントスペース
(住所:東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル)

アクセス:JR「東京駅」八重洲中央口 徒歩5分
東京メトロ銀座線「京橋駅」7番出口 徒歩2分
料金:無料





Alta Classe

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F

tel : 03.5980.8470 / fax : 03.5980.8490 
mail : altaclasse_hills@altaclasse.jp(新アドレス)
http://altaclasse.jp/




# by uransuzu | 2017-09-09 23:00 | 娘とヨーロッパ旅 | Comments(12)

快晴のバルセロナは、とにかく暑かった。
市内移動は、自転車が快適便利とkimanbaさんに教えていただいたのだが、
この暑さと坂道の多さでは、弱体母娘には無理だわ~^^;


d0162995_01512022.jpg

(↑ モンジュイックの丘からバルセロナの風景)


娘との市内移動は、もっぱら地下鉄とバスと徒歩。
T-10という回数券を買えば、かなりお得に利用できる。
複数人でシェアでき、1時間15分以内の移動なら、
料金がかからない。

オケチな娘に引かれて、
休憩も、移動も、場所によっては見学さえも、
制限時間1時間15分以内(笑)


d0162995_05531716.jpg



d0162995_01471831.jpg

↑ 市場


d0162995_01584533.jpg



d0162995_01501043.jpg



d0162995_01442797.jpg

↑ カタルーニャ音楽堂(ここは、さすがにじっくりと。前日予約)


d0162995_01482847.jpg


あははは、
これが、ゲームみたいで、案外と楽しくなってくる。


d0162995_12460156.jpg

↑ サグラダファミリア(ここも、もちろんじっくりね。日本で予約)



d0162995_10492878.jpg

↑ グエル公園


し、しかし、、、ま、待って〜〜
若い人に引かれての旅は、ちょっとキツイなぁ。

バルセロナは大都会だけど、どこか垢抜けなくて(笑)
街のどこでも、みんな素朴で親切。
道を尋ねると、笑顔でとても親切に教えてくれる。
口で説明するだけでなく、スマホで調べて提示してくれたり、紙に書いてくれたり、連れていってくれたり、見守ってくれたり、、

kimanbaさん、この街に住みたい気持ち、よ~くわかります!!




さて、ヨーロッパレポの間にも、時々はさむわよ、手袋コマーシャル(笑)

阪急デパートさんのブログで、イベント「ビクトリアン・ロマンス」の一つとして、
ビユテが紹介されています。 


d0162995_17415136.jpg

秋を感じる、エレガントな手元に。


Alta Classe

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F

tel : 03.5980.8470 / fax : 03.5980.8490 
mail : altaclasse_hills@altaclasse.jp(新アドレス)
http://altaclasse.jp/





# by uransuzu | 2017-09-08 23:00 | 娘とヨーロッパ旅 | Comments(9)