てぶくろ tebu96.exblog.jp

手袋の魅力をお伝えしたい、てぶくろマダムのブログです。


by てぶくろ
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
これまで、いくつかアンティークのグローブ・ボックスをご紹介してきました。
*カテゴリーは、「アンティークな手袋たち」

木製やセルロイド製などのボックスには、どれも優美な装飾がされていて、高貴な方の持ち物だったのでしょう^^

今回は、19世紀にイギリスで作られた、布製のグローブ・ケースをご紹介します。

シルクのグローブ・ケース_d0162995_14523168.jpeg

シルクのグローブ・ケース_d0162995_14524758.jpeg

シルクの織物です。色も織り柄も、上品でしょう。
リボンも当時のオリジナルだそうです。

三つ折りになっていて、貝のボタンで3箇所を留めます。

シルクのグローブ・ケース_d0162995_14551795.jpeg

もちろん、全て手縫いです。
ボタン留めの部分は、シルク糸で丁寧に編んでいます。

シルクのグローブ・ケース_d0162995_14574925.jpeg

裏も、しっかりしたシルクのタフタ生地です。
なんて、丁寧な手仕事でしょう。

ボックスと違って、布製のケースは、薄くて軽いので、旅行の時などに便利だったのではないかと思います。

そして、中に入っていたのは、白のロング手袋。

シルクのグローブ・ケース_d0162995_14565255.jpeg

この手袋は、長さ60センチあって、私なら肩まできます。
50センチあるケースからはみ出るので、折りたたんで収納してありました。
ロング手袋特有の三つの貝ボタンも綺麗なままです。

シルクのグローブ・ケース_d0162995_14573499.jpeg

20世紀初頭にフランスで作られた手袋のようです。


不思議なことに、この二つは、沖縄にあるアンティークショップさんで、購入させていただきました。
100〜200年前のイギリス・フランスから、沖縄に渡り、今は私の元で安住しています^^


# by uransuzu | 2022-05-20 08:30 | アンティークな手袋たち | Comments(4)
てぶくろ市(正式名称 東かがわ市)で、
来年度の市役所職員を募集しております。

ハンドメイド・タウン職員募集_d0162995_11511543.jpeg

「ハンドメイドタウン」
あなたの手でつくってほしいまち

なかなか、良いキャッチコピーではありませんか。
モデルは、今年、てぶくろ市の職員になったばかりの女性らしいです。

私にモデル依頼がなかったなぁ…笑笑

# by uransuzu | 2022-05-19 08:30 | てぶくろ市 | Comments(2)
仕事が終わった次女と、ホテルで待ち合わせをして、
ホテルラウンジでフリードリンクをいただいて、
娘お勧めのタイ料理レストランに行きました。

次女とのデートは、タイ料理_d0162995_16434742.jpeg

タイ料理が好きだという娘は、
次々とタイ語でオーダーしていきます。あらら…
私は、トムヤンクンしか分からない^^

学生時代は、外国語が苦手だった娘ですが、
仕事で必要になり、今では何ヵ国語かを使いこなしているようです。
彼女なりに必死で努力したのだろうと思います。
(それを思うと、母はウルッ←親バカ)

お腹いっぱいと言いながら、この後、ホテルでお茶漬けをいただいたのでした^^

# by uransuzu | 2022-05-18 08:30 | 母娘の旅 | Comments(6)
久しぶりにお友達と3人、大阪で集まりました。
ダイビル本館にある「クイントカント」で待ち合わせ。

この辺りって、日銀やコンラッドホテルもあって、
クラシックな建物群が好きな場所です。

大阪でランチと美術館デート_d0162995_19293912.jpeg

感じの良いイケメンスタッフがお料理の説明をしてくださるのですが…ごめんなさい、今回はお食事より、お喋り優先です(笑)
ので、帰宅してから復習〜。

大阪でランチと美術館デート_d0162995_19410976.jpeg

とにかく、手の込んだ、イタリアンでした♪
シェフの意気込みを感じます。

ランチ後に、レストランのすぐ横にできた中之島美術館に行きました。

大阪でランチと美術館デート_d0162995_19334114.jpeg

この美術館は、お勤めや学校帰りにも、ふらっと寄っていただけるようにと、地下鉄駅から繋がっているそうです。
国立国際美術館や、中之島香雪美術館とも近い。

ちょうどモディリアーニ展をしていました。

大阪でランチと美術館デート_d0162995_10235925.jpeg

モディリアーニ本人の写真を見ると、ハンサムで魅力的で、かなり恋多き男性だったみたい。
彼の若い奥様は、2人目を妊娠していたにも関わらず、モディリアーニが亡くなった二日後に後追いしたそうです。
思わず3人で「こら、それはダメよ」と。


お友達と話し足りなくお別れした後は、次女とのお泊まりデートでした。



# by uransuzu | 2022-05-17 08:30 | その他 | Comments(4)
ビジネスホテルと言えば、
寝るだけ〜の狭い空間をイメージしていたのですが、
あんこちゃんに教えてもらったこちらは、
昨年開業したばかりで、サービスの良さに驚きました。

最近のビジネスホテルは侮れない_d0162995_08161983.jpeg

17:00〜19:00が、ハッピーアワーで、
ジュース、ワイン、カクテルが飲み放題です。(ビールは無し)
食事に出かける前に、娘と軽く乾杯。

最近のビジネスホテルは侮れない_d0162995_08173735.jpeg

20:00〜22:00は、お茶漬けビュッフェ。
小腹が空いた方に人気のようです。
(私も小腹は空いてなかったけど、参戦^^)

最上階に大浴場があって(シャンプーバーも)、窓からは外の景色が見えます。

朝6:00〜7:00は、スムージーのサービスがありますが、こちらは眠くて参戦できず。

そして、朝食は野菜たっぷりのビュッフェで、
シティホテルほどではないけれど、私にとっては十分な量。
週末は「泡活」とやらのシャンパンサービスもありました。

最近のビジネスホテルは侮れない_d0162995_08352449.jpeg

(↑写真は、HPより。)

コーナーツインで、広さは50平米くらい。
↑全てのサービス込みで、2人で2万円かからなかった…
梅田駅から徒歩5分、まさにお値段以上!

最近のビジネスホテルは、なかなか侮れませんね〜
他のビジネスホテルも、同じように進化してるのでしょうか。


追伸
ちょっとしたトラブルがあり、そのスタッフ対応もシティホテルと遜色なしでした。


# by uransuzu | 2022-05-16 08:30 | 母娘の旅 | Comments(4)