てぶくろ tebu96.exblog.jp

うどん県てぶくろ市で暮らしておりますが、六本木ヒルズの手袋専門店「Alta Classe」に時々出没します。


by てぶくろ
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

こんな風になりたい・・・加筆

すでにこの方この方が、紹介されていますが、
「Advanced Style」 Ari Seth Cohen著
アメリカで発売された本です。
d0162995_120349.jpg
          (シソ茶を飲みながら~)

著者が、街で見かけた高齢で素敵な女性達をブログアップしていたのが、この本ができるきっかけだそうです。(著者のブログにリンクしました。)
ほぼ70歳以上の女性ばかり、100歳を超す方もいらっしゃいます。皆さん、生き生きとご自分のファッションスタイルを大事にして、人生を明るく過ごしています。(ちゃんとした説明はぜひ上記お二人のブログで~^^;)

私はね、この本の中に掲載されている「グローブをつけたマダムたち」に注目いたしました♪
d0162995_1291188.jpg
d0162995_1293222.jpg
↑この2枚、なんと100歳の女性です。毎日ピラティスなどの運動をかかさず、郵便受けに行くにも完璧なファッションを決めるのですって、「だって誰に会うかわからないでしょ」って・・・負けた!
d0162995_1210489.jpg
↑犬のお散歩に短めグローブ♪ グローブのベルトを外し、時計やブレスレットを見せるなんて、高等テクニックです。彼女の好きな言葉は「less is more」きっと、余分なものを省いた、心豊かな人生を送っていらっしゃるのでしょう。
d0162995_12111628.jpg
↑80歳の女性です。なんてエレガントでチャーミングなのでしょう。ゴージャスな手袋ですね。
d0162995_2130778.jpg
d0162995_12113336.jpg
↑この2枚は同じ方ですが、洋服といい、グローブといい、もう抜群のセンスです。素晴らしいです。拍手~
d0162995_12114765.jpg
↑私自身はこんな風になりたいな~♪ と思ったりして。

他にもたくさんグローブをした女性が掲載されていますよ。
d0162995_221664.jpg
d0162995_221249.jpg
d0162995_2214098.jpg
d0162995_2215436.jpg
d0162995_2225021.jpg
d0162995_8432754.jpg
いいですね~、年齢を重ねてもオシャレを楽しみたいですね~❤ 
長い人生を共に歩んだ手だから、シミやしわがあって当然です、愛おしい存在です。時には、そんな手を思いっきり着飾ってあげて、ファッションのポイントにする、そんな風になりたいです。
Commented by mika-96 at 2012-09-07 23:02
私の普段はどちらかと言うと下から2枚目の写真の、てぶくろを黒にしてしまう感じ・・・
(聞いてない?と。)
勇気がなくて赤に出来ません(>_<)
本当は・・・2枚同じ方の写真が載っている・・・これ位インパクトのあるのが好きですが
やはり勇気がありません・・・

もう~てぶくろさまったら!本当にお上手なんだから~
(てぶくろに)惚れてまうやろ~❤
Commented by yumiyane at 2012-09-07 23:44
いやいやいやいや
って4つ並べたのは、声を出して読むと雰囲気分かっていただけるでしょう。笑
もうてぶくろさんなしでは私たちの老後はありません。
なるほど、しわだらけ、シミだらけの手をこうやって手袋で隠すことができるんですねえ。
このあいだのネット編みの手袋必須です。白も黒も、服に合わせて紺とかベージュとか、いろいろ取り揃えておいて、少しくらい暑い夏でも涼しそうに、そのうち暑さも感じなくなるらしいから、レースの手袋で手元を隠す術が分かりました。
これで安心だわ!
Commented by non at 2012-09-08 00:19 x
このブログを見たことがあります~
本当に皆さん 素敵な装いですね
欧米のファッションには グローブは 不可欠な存在なのでしょうね~

私の住んでいる街も かなり高齢化しておりますが
ファッショナブルで素敵な 高齢の方々も よくお見かけします。
あんな風に年を経たいと 思いますが
彼らは 若い頃から お洒落だったのでしょうね~
Commented by akicosmosA at 2012-09-08 09:30
この本のマダムたちは暮らしも豊かかもしれませんが何より心が
豊かでご自分を愛し自由な心が素敵ですね。
今はあがいている(わたし)手のシミもしわもそうですねえ。
こうしておしゃれなてぶくろでTPOを楽しめば私も輝くレディたちの
仲間入りできるかな~**あらてめて本をみなおしました。
グローブ恐るべし!そしてこの本女性たちのてぶくろの付け方の
さりげないこと~**お勉強になりますね。
赤のてぶくろにも惹かれています。
Commented by pikeflower at 2012-09-08 12:26
途中で気が変わるかもしれないけど
わたしこういうおばあちゃんになる、決めた(笑)。

気品と教養と、
(老後の)孤独に打ち勝つ凛としたたくましさと・・
あとは健康(←これもっとも重要)。
それと経済力もないとなぁ(がんばらないかん;;)

わたしは5番目のパープルてぶくろの方が素敵だとおもうゎ。
さりげなくエレガントで、表情もとてもいい。
自由で自立しているかんじが、にじみ出てる。
こういう笑顔ができる人になりたい。


最近父母の介護と家庭のこと、秋に控える展示会のことでちょっと疲れてたの。
でもなんだか元気がでちゃった。
tebuさま、すてきな写真をみせてくださってありがとう^^
Commented by さき at 2012-09-08 16:49 x
どのお写真も素敵!!
私もこんな素敵な年のとり方したいなぁ。


若い頃から、自分に合ったお洒落を楽しんでらした方々って感じで、お洒落が板についてますね。

てぶくろの使い方も、慣れてていいなぁぁ。
昨日今日の真似事ではできないですよね。

四番目のオレンジの方、いいわぁぁ。

お金をかけるからオシャレではないのですよね。
自分に合ったものを、素敵にきこなせる女性になりたいです。
Commented by whitelacenonyo at 2012-09-08 20:17
私はグレンチェックのジャケットに、whiteのグローブ!
生きてきた姿が、表現でいていますねぇ。
かくありたい~~~
Commented by nageire-fushe at 2012-09-08 21:05
わ~~~素敵ですね!!
年齢を重ねたからこその美しさ
なんとも言いがたきです。
こんな風に年齢を重ねたいですね。
Commented by uransuzu at 2012-09-08 21:05
>mikaさま
あら、またもや呼び寄せましたか、一番乗りコメントありがとうございます。
聞いてはいませんでしたが(笑)、mikaさまは下から2番目なんですね、実は今の私もこれに近いです(●^o^●)地味なモノト―ンの洋服にグローブをポイントにしております。勇気があるから、赤もオッケーです。
どうぞ「惚れてもうて」くださいね❤
Commented by uransuzu at 2012-09-08 21:11
>yumiさま
4つも「いや」をありがとうございます(笑)
ましてや、>てぶくろさんなしでは、老後の人生がありえない>なんて~、おほほ、嬉しいからいつでも老人施設に宅配いたしますよ♪
yumiさまにご紹介いただいたBSフジの番組を観ていても思ったのですが、精神的な豊かさこそ大事なのだと思います。自分の手を愛おしむ、つまりは自分の生きてきた人生を愛おしむ、こんなことが大事なのかもしれません。
レース編みの手袋、ご自身で編めましたら是非ご一報くださいね♪
Commented by uransuzu at 2012-09-08 21:16
>nonさま
え、このブログをご覧になったことがあるのですか?すごいですね~、さすが高感度のアンテナを持っていらっしゃるのですね~
手袋はやはり欧米からの文化です、日本で最古の手袋はね、大石内蔵助が討ち入りのときに使ったものだと言われております。
そうそう、一昔前のお年寄りとは違って、今の高齢者には若者顔負けのオシャレさんがいらっしゃいますよね。できれば、生涯、私もオシャレ心を持ち続けたいです♪
Commented by uransuzu at 2012-09-08 21:21
>こすもすさま
いい本を教えていただいて、ありがとうございました♪
本に登場していらっしゃる方は、すごく前向きの自由で柔軟な精神の方が多いですね。私も彼女たちの生き方を手袋を通して、想像してみました。やはり、品の良さ、エレガントさ、は手袋の使い方にも現れるな~、としみじみ思いましたよ。
思いっきり派手な色は、小物で遊ぶのがいいですね。
がんばりましょう、私たちこれからです!
Commented by uransuzu at 2012-09-08 21:28
>pikeさま
いいでしょう、この「手袋特集」ブログ(と、まずは自画自賛 笑)。
これからの行く末に勇気を与えてくれますよね。
彼女たちから見れば、私たちはまだまだヒヨッコですよね、きっと。憧れて目指す先輩たちがいるのは、心強いです。

パープルグローブの彼女の表情がいいですよね~
きっと、これまでにいろんな苦労もあったとは思うのですが、この可愛い色気さえある表情ができる80歳って、なかなかいませんよね~私も目指します!
あ、でも80歳までにはpikeさまにお会いしたいです♪
Commented by uransuzu at 2012-09-08 21:36
>さきさま
ホント、素敵な人生の先輩たち、勇気づけられますよね♪
自由にオシャレを愉しむのは、人間だけに与えられた特権とも言えます。自分の好きな自分らしい自分に似合うオシャレができるようになりたいものです。
この本に登場される皆さまは、やはり若い頃から、オシャレが大好きだったようです。さぁ、さきさまもいますぐにいかが~(笑)
Commented by uransuzu at 2012-09-08 21:39
>whiteさま
グレンチェックの女性も100歳です。
杖を持ってはいても、凛とした雰囲気が醸し出されていますよね~
いい意味での「プライド」も大事なのだわ、と思いました。
ブログに書かれていた「人生の縮小」、すごく心に染みましたが、「less is more」にも通じますよね。
Commented by uransuzu at 2012-09-08 21:41
>nageireさま
このブログを書きながら、nageireさまの生ける花のことも思いました。不必要なものは排除、どこかにポイントを置く、ある意味「わびさび」の世界かもしれません。
私も、こんな風に生きたいです♪
Commented by micci at 2012-09-09 00:38 x
こんばんは~
さすがuransuzuさん、しっかりグローブの婦人、チェックされてたんですね~!!
こんなに大勢いたとは・・・やはり目の付け所が・・・
みなさん、色のコーディネートからはめ方まで、本当に素敵~
しかもグローブの上質感、伝わってきますね♪
グローブとストールがうまく使えるようになったらお洒落上級者かしら~~??
この写真集の方たちのように年を重ねたい~~願いはそれだけです♪

それにしてもわくわくですね♪♪♪
Commented by uransuzu at 2012-09-09 08:06
>micciさま
おはようございます♪
IL DIVOの新曲で、今朝はいつもにまして、朝の目覚めがよくて~♪♪♪幸せな日曜朝でございます。
目指せ、セクハピです、100歳になってもセクシーでいたいです。本当にいい本を教えていただきました、ありがとうございます。
Commented by shinn-lily at 2012-09-09 21:30
私もこの本をアマゾンで調べていました。
まだまだこんな素敵な写真もあるのですね。
母とこすもすさんのブログを一緒に見ました。
さあ、わたしたちの未来は夢のようですね。
なにしろ、手袋アドバイザーもすぐ目の前ですもの
ますます磨きをかけなければ・・・フフフ
Commented by uransuzu at 2012-09-09 22:59
>lilyさま
お母様とご一緒にブログをご覧になる、なんて素敵なことでしょう。
きっとお母さまも嬉しいでしょうね~♪
はい、私たちの人生これから、これから、です。
先輩たちの生き生きとした生き方を見ていると勇気をいただけます、lilyさまもその素敵な先輩のお一人です(●^o^●)
手袋アドバイザーのご用命があれば、いつなんなりと~(笑)
Commented at 2012-09-10 01:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kanafr at 2012-09-10 04:32
PCは調子悪し、私の頭も調子悪しで帰宅してバタンキューの日々を送っているうちに、こんな素敵なマダム達をご紹介されていらっしゃったなんて、さすがてぶくろさんです。
こういう素敵マダム達の手袋って防寒だけの手袋ではなく、よりお洒落になる為のアクセサリーですね。
手袋をする事で女性ってエレガントになりますね。
ああ、私もこういうマダムになりたいわぁ。
Commented by uransuzu at 2012-09-10 09:34
>鍵コメ 1:14さま
お久しぶりです♪
そうだったのですか、全然知りませんでした~、皆さまの知的会話のおこぼれを頂戴したようで、嬉しいです^^
またそちらに伺いますね(●^o^●)
Commented by uransuzu at 2012-09-10 09:46
>kanaさま
なかなか現役世代は、バタンキューが多くて、エレガントには程遠いですよね、お疲れ様です。
私も、いつかこんな風になりたい、の目標です。
100歳までには、まだ少し時間がありますので、今は一生懸命仕事をしながら、でも明るく生き生きとした老後をめざして、kanaさまご一緒に頑張りましょう!
Commented by sogno_sonyo at 2012-09-10 22:24
どの方も皆自由にファッションを楽しんでいて
見ていて幸せになりますねぇ。
これまで生きてきた人生さえ垣間見えるような。
この年齢だからこそのゆるぎない自信。
若者には真似できないことです。
・・そして着ている服にピッタリ似合うグローブたち。
手袋もたくさん持ち合わせていないとね・・と
そんなふうに感じましたわ。 
・・・ やっぱりてぶくろさん お商売が上手だわ~。
Commented by kimanba at 2012-09-11 04:22
どの方もとっても素敵です~♪
私はこの方々のどのファッションも好きで どのファッションも目指してしまう。。
私がモノに埋もれる原因は実はこれなのですよ、、 深いため息
リンクされた著者の方のブログも見ました。
わぁお!の面白いファッションも満載で あれも、、実は私でもあり~笑
(こんなに素敵な方々には遠く及ばないのですが多分精神は一緒です)
自分が一番楽しんで面白がる。。
歳を取った時こそ必要な事だと思っています。

長い歳月の末にたくさんの人やモノを観てきた集大成で
服だけではない≪粋な小物≫として 
アクセサリーや巻物や帽子や を楽しんできました~♪
でもuransuzuさんのお蔭で手袋が!一番の高等テクニックであるという事
ファッションに於いての重要性に気づかせてくれて
ここの読者を一気におしゃれに目覚めさせてくださったのだと思っています ニコニコ
Commented by uransuzu at 2012-09-11 11:12
>sognoさま
商売っ気は抜きですが(ほんとかしら~? 笑)、手袋の魅力をアピールしていますね♪ たくさん、手袋ほしくなりましたでしょう(笑)私もね、こんな合わせ方もいいわ、と勉強になりました。
ファッションって、ボケ防止にもよさそうですね。コレとコレを合わせて、とか考えるのは楽しそうです。いつまでも、自分の好きなファッションを大事にするオシャレ心をもっていたいものです。
若者には真似できないファッション、いいですね!!
Commented by uransuzu at 2012-09-11 11:24
>kimanbaさま
私ね、この本を見た時、上から6枚目の女性がkimanbaさまのイメージと重なったのですよ。颯爽と自転車に乗っているから、というのもありますが、自由なファッション、自分らしいファッション、そしてぴか一のファッションセンス、これぞkimanbaさま~、とね(●^o^●)
でも、そうですか、kimanbaさまはどのスタイルもお好きですか、いろんな顔を持っていらっしゃるのですね~なるほど~だから、いろんな生徒のことが理解できるのですね、と妙に納得です。

ブログの写真に、すごく奇抜な方もいらっしゃるでしょう、実際に街を歩いていたら、ちょっと奇人変人に見えるかも、というくらい。でも、皆さん楽しそうですよね~、あの年になると、人の目より自分の好みが優先するのですね~。
仰る通り、>一番自分が楽しんで、面白がる>これが大事ですね。
きっと、すでにkimanbaさまは、ご自分の精神をうまく解放してあげることができる方だと思っています。ぜひ、これからも「手袋」をよろしく(笑)
Commented by yuriko_chan at 2012-09-11 14:23
憧れます~~~~~~(#^.^#)
Commented by uransuzu at 2012-09-11 15:46
>yuriko_chanさま
ありがとうございます~♪ あ、私に憧れてるわけじゃありませんね(笑)
yurikoさまのブログ名にもぴったり、の記事でした(●^o^●)
Commented by kimanba at 2012-09-12 09:27

↑ ぐふふふ うれしかばってん 
もうuransuzuさんには会えまっせん! 悲しかばい。。
Commented by uransuzu at 2012-09-12 11:12
>kimanbaさま
そうですね~
「逢・え・な・い・時間が・愛・そ・だ・て・る・の・さ~♪」
Commented at 2012-09-13 23:39
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by uransuzu at 2012-09-14 10:30
>鍵コメ 23:39さま
鍵コメでなくても、よろしいのに~(笑)
男性からの素朴なご意見、ご感想、ちょっとドキリといたしました。
手や首には本当の年齢が出る、とよく言われますよね。特に手は、長年の生活が顕著に現れます。芸能人や一部のセレブの方のように家事を一切しなくてもいい方は別ですが。
でも、その生活感あふれる手は、恥ずかしいものではない、と私は思います。自分の履歴だと誇りを持っていただきたいです。だから、隠すのではなく、堂々と手袋でオシャレを楽しんでいただきたいものです。
by uransuzu | 2012-09-07 22:34 | 本・映画に出てくる手袋 | Comments(34)