てぶくろ tebu96.exblog.jp

うどん県てぶくろ市で暮らしておりますが、六本木ヒルズの手袋専門店「Alta Classe」に時々出没します。


by てぶくろ
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

母の七回忌に思うこと

残念ながら、父は参列できなかったけれど、
無事に母の七回忌をすませました。

母の命日に、いつも感じるのは、
いい時候の時に亡くなってくれたのだなぁと。
暑くもなく寒くもなく、
秋風に揺れる秋桜を見ながらお墓詣り。
母から、遺された者への粋なプレゼントね、と空を見上げて思う。

d0162995_19173365.jpeg

そして、母の墓地からちょうど見えるのが、
先日のブログにも書いた、丸亀城の石垣の崩落です。↑
「お母さん、びっくりしたでしょう?」
とお墓に話しかけたりして。


法要膳は、丸亀城城主、京極さんの別邸、中津万象園にて。

d0162995_08175117.jpeg

d0162995_19051614.jpeg

ここで、京極さんは、
月を愛でたり、お茶をたてたり、散策したり、していたのでしょう。
「優雅よね~でも管理が大変よね~」
「お殿様は掃除のことなんか考えないのよ」←確かに

d0162995_08182784.jpeg

子どもの頃のように、飛び石を渡って、
おぼつかない足取りで、お互いに「気をつけて。」と気遣う。←子どもの頃とは違うわよ。

d0162995_08190343.jpeg

樹齢600年の松。↑
「私たち、まだまだ若いわよね」←600年に比べれば

とてもいい法事日和でした。

母の介護、葬儀、そして父の介護を通して、
弟夫婦と一層絆が強まって、お互いに感謝しあって、信頼関係が深まっていると感じます。
(別にそれまで仲が悪かったわけではありませんが)
これも親からのプレゼントかなぁ、、、と思うのです。



Commented by cenepaseri at 2018-10-22 22:06
分かりますー。私も両親の介護で、それまで不仲だった弟と仲良くなりました。協力しないと何事もうまく進んでいきません。
最近は、弟の病気もあって義妹とも連絡を取り合っています。まだお父様がおられて幸せですね〜
Commented by uransuzu at 2018-10-22 22:23
>パセリさま
パセリさんも弟さんがいらっしゃるのですね。
分かってくださって嬉しいです。
私達は、別に不仲ではなかったのですが、それぞれ仕事や家庭に忙しく、親は元気でいるものと思い込み、疎遠になっていました。
亡き母と介護中の父が、弟との縁を結んでくれたのだと思います。
Commented by mika-96 at 2018-10-23 00:16
確かにそうかもしれません。
実家の庭にコスモスが植えられていたのですが、それはもう跡形もなく無いのですが、実家に行くまでにあちこちにコスモスが咲いていて、実家を思い出させてくれます。
空を見上げれば青空にトンボが飛んでいて、起こった事全てが嘘のように思わせてくれます。
本当にこの季節で良かったとシミジミ。。。

あんなに仲の悪かった娘達も、さすがにあの1週間で元通りになり、天童さんが残してくれたものだな〜とシミジミ。。。

ビール飲んでおおいに食べて元気にしてます。
Commented by igaiga64 at 2018-10-23 00:17
ワタシも『願わくば花の下にて』だわ〜 そして海に撒いてほしい。

生まれてから離れたことのないオトートズですが仲良くはありませんw
距離感は大事よね。
Commented by gallery-asaba at 2018-10-23 14:01
先日はお心のこもった暖かいコメントを頂きまして、本当にありがとうございました。
お母様、七回忌でいらしたのですね。
良いお日和で何よりでしたね。
私の場合は父が亡くなりその後母が病気になったので、一番遠くに居た私と一緒に住む事になりました。
その話し合いの時に姉や兄と溝が出来てしまったのですが、母が亡くなった時嘆き悲しむ二人を見て、哀しみは一緒なんだと思い水に流しました。
ご姉弟お仲がよくていらして、お母様もきっとお喜びでしょうね。
Commented by uransuzu at 2018-10-23 14:49
>mikaさま
よかった、どうしていらっしゃるかと、この日の青空を見上げて思っていたの。
心地良い気候は、心を癒してくれますよね。
コスモスが秋風に揺られて、きっとmikaさんに語りかけているのだと思います。

後に残る者が仲良くなるようにと、天童さんからの計らいですよね。
mikaさん、一緒にビール飲みましょう!
Commented by uransuzu at 2018-10-23 14:52
>igaさま
桜の頃もいいわよね〜〜
散りゆく桜の花びらを全身に浴びて、のお墓詣りもきっと心地良い。

距離感、うん、確かに大事ね。いつも一緒だと、お互いに遠慮が無くなり、感謝を忘れる。
Commented by uransuzu at 2018-10-23 14:59
>浅羽様
少しは心落ち着かれましたか?
物思いに耽る秋の時候では、過去の人が近くにいるように感じます。
でも、、、忘れなくていいのですよね。

きっと、お兄様お姉様も心が痛かったのではないでしょうか。その時に、自分の立場を考えるだけでなく、相手に感謝することを大事にしてくれたら、それだけでいいのですよね〜。
私も、言いたいことはあるけれど、とにかくまずは感謝の言葉を周りに言うようにしています。
Commented by どり at 2018-10-23 16:11 x
てぶくろさんのお母様とこちらの母の祥月命日が同日というご縁で、いつもこの時期にはその当時のことが思い出されます。

母の兄弟姉妹は皆故人になり、私は一人っ子ゆえ墓参りだけでひっそりと、や、あっさりと済ませてしまいます。
でもきっと分かってくれてると、都合良いことばかりの私です(苦笑)
寒さがこんにちは、してきましたね。お互い御身大切でやっていきましょう。
これからもよろしくお願いします。
Commented by grace83188 at 2018-10-23 18:57
こんばんわ。
いいお天気ですね。そして素敵なお庭。
色んな思い出が巡ってこられた事でしょうね。

介護って、本当に、絆を深めてくれます、同感です。我が家も母の介護でかさついていた姉妹の仲が、輪になりました。
母が最後に残してくれた宝物です。

Commented by uransuzu at 2018-10-23 19:30
>どりさま
ちょっとお久しぶりですね、お元気でしたか?
私も、どりさんのお母様のことを思っていました。
私たちの母親は、天国の同期入社ですものね。
なんだか他人じゃないような気がします。
これからも母親共々、よろしくお願いします。
寒さが厳しくなると、どりさん、大丈夫ですか?
手は暖かくしてくださいね〜〜
Commented by uransuzu at 2018-10-23 19:34
>キラキラさま
これからは、キラキラおばさんと呼ばせていただいてよろしいですか?きっと私よりお若いと思いますが、ブログのタイトルから、、、

そうそう、母が最後に残してくれた宝物、もの言わぬ教えですよね。
弟もだけど、義妹とも仲良くなって、何でも相談しあえるようになりました。
Commented by あんこ♪ at 2018-10-25 20:29 x
うちの父は桜が満開の日で・・・来年もう13回忌です。
色々思い出しますよね・・・

うちは弟が一緒に(上下)居てくれるのでちょっと立場が難しいです。私には甘えてるみたいでw
義妹とは仲良くしてるつもりですがw
私も義父母看取ったので気持ちわかるし・・・
Commented by uransuzu at 2018-10-25 22:50
>あんこさま
お帰りなさ〜〜い。
そうそう、お父様は桜が満開の頃でしたよね、やはり桜を見上げて、お父様に話しかけますか?
あまりに暑い、寒い時だとお墓詣りも辛いよね、いい時候の時で感謝してます。

きっと、あんこちゃんは、義妹さんへいつも気配りされていると思います。
それって、相手にも絶対に伝わるから。
by uransuzu | 2018-10-22 21:00 | その他 | Comments(14)