てぶくろ tebu96.exblog.jp

うどん県てぶくろ市で暮らしておりますが、六本木ヒルズの手袋専門店「Alta Classe」に時々出没します。


by てぶくろ
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

今年も、つくしご飯を炊きました

お彼岸前に、菩提寺に挨拶に行くと、
「てぶくろさん、つくし出てますよ!」
と、ご住職の奥様が教えてくださる。

もはや、てぶくろ市のような田舎でも、
つくしを摘んで、食する人は少なくなり、
私の物好きは有名(笑)

遠慮なく、摘ませていただきました。

d0162995_15174593.jpeg

夜なべ仕事で、ハカマ取りして、
マゴッチたちのために、油揚げと一緒に炊く。
(本来は、つくししか入れない)

d0162995_11544844.jpeg

ほんわりとピンク色、
ほのかな苦味、
に春の訪れを感じます。

d0162995_15080483.jpeg

私は、このオコゲの部分が好き


Commented by albany05 at 2019-03-18 21:47
つくしご飯、初めて見ました。
どんなお味と食感かな?と。

私、勘違いしていました。文旦=高知県だから、てぶくろさんも高知の方だと思っていました。
空子さんとのやり取りで、何かをとどけますよ~とか書いてあったので、高知と香川はそんなに簡単に行き来できるのかな?と。今日の体育館のネーミングも???
えっ、どうして高知県にうどんとか、てぶくろとか。と。
最近あまりにも、高知の文旦大使ぶりを発揮されていたので。
Commented by kyoko_mn at 2019-03-18 21:49
夜なべ仕事お疲れさまでした!
映画「日日是好日」の武田先生が仰っていた
「毎年、同じことが出来ることが幸せなんだなって」
正にこれですね。♪
春の恵みをご家族皆さまで堪能して下さいませ。
Commented by uransuzu at 2019-03-18 22:30
>albanyさま
勘違いさせて申し訳ない、ちょっとややこしかったですよね。
姪っ子は、うどん県から文旦県へ嫁ぎました。
勝手に文旦広報係りをやっております(笑)
で、本業のてぶくろで、あちこちをウロついているのです。

つくしご飯は、あまり癖のない、ほんの少しほろ苦い、炊き込みご飯です。
でも、世代を超えて、マゴッチも喜びます。
Commented by uransuzu at 2019-03-18 22:34
>kyokoさま
毎年、この時期になると、ブログにもアップしていますから、あらまた〜と思われる方もいらっしゃるかと、、
でも、まさに「毎年、同じことができるのが幸せ」ですね。日本の四季自然を満喫できます。
木五倍子のこと、詳しく教えてくださって、ありがとうございます。
Commented by あんこ♪ at 2019-03-19 08:52 x
そうですよね~
「毎年、同じことができることが幸せ」
私も映画観たんだったわ(汗)
てぶくろさんのつくしご飯ももう何年も拝見して春を感じてます。
我が家、特に春になるまで恒例が多くて・・・ゆえに時が過ぎるのが早いような気がします(汗)
今はしてませんが、実家は1日15日がお赤飯、どれだけ1か月が早かったかw
Commented by pikorin77jp at 2019-03-19 10:02
てぶくろさん おはようございます。

私もこどもの頃から この季節はつくしを食べています。
でも 土筆ごはんって 初めて知りました!
子供の頃は母と手をつないで籠をもって土手に土筆をとりにいって はかまをとるお手伝いをして その後母はほうれん草と一緒に 卵とじにしてくれていました。だから 今もそうしていますが 『つくしご飯』 あげと一緒に!
これは絶対美味しいでしょう。今年 是非挑戦してみますね。ありがとうございます。
Commented by cenepaseri at 2019-03-19 10:40
私も明後日、孫とつくし摘みに行きます。
桜田門の警視庁前がいっぱいあったと、娘情報です。
夫と娘は山菜を食べるとアレルギーで大変になるので、
(娘が昔、東京フォーラムに自転車通勤していて大量に…)
ほどほどにしなくては…
やっぱ、玉子とじですかね…晴れるといいなぁ
Commented at 2019-03-19 11:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by uransuzu at 2019-03-19 12:19
>あんこさま
もう30年以上、つくしご飯を炊いていますね〜
いつまでできるのか、と思うと、できたことが幸せよね、やっぱり。
あんこちゃんのところは、さまざまな行事があって、それはもはやお仕事の域ですものね〜
できることが幸せと思って、ファイティン!
Commented by uransuzu at 2019-03-19 12:22
>ピコさま
コメントありがとうございます。
私も実家にいる時は、油でさっと炒めて卵とじでした。
このつくしご飯は、てぶくろ家の母から教わったものです。
瓢型に入れて、推し抜きして、花見膳に添えていました、私のはカジュアルですw
Commented by uransuzu at 2019-03-19 12:26
>パセリさま
まぁ、お孫さんと警視庁前でつくし摘み!
二重三重に楽しそうですね〜〜きっと、晴れますよ。
つくしは、よーく洗ってからハカマをとり、時には酢水を手に付けながらすると、爪も黒くならず、アクもなく、花粉症の人にも良い、と聞きました。
アレルギーの人でも大丈夫かも、です。
楽しんでくださいね。
Commented by uransuzu at 2019-03-19 12:29
>鍵コメ11:10さま
はい、この時季に定例のつくしご飯です。
毎年、つくしを摘む場所探しが大変なんですが、今年はお寺さんから情報いただきました!

今年は、瀬戸内国際芸術祭が開催されます。
世界中から、大勢の方が芸術品を見に訪れます。
鍵コメさんもいかがですか?
Commented by grace83188 at 2019-03-19 18:09
こんにちわ。
てぶくろさんつくし沢山♡

偉いな〜〜〜〜。
へえー、
つくしご飯なんて知りませんでした。
どんなお味なのかしら。。。
こういうのが伝授されてゆくのですよね、、
思い出になるのですよね。
とうもろこしご飯も、
いりこも!
つくしご飯もまた教えていただきました。
ありがとうございます。
Commented by uransuzu at 2019-03-19 21:20
>キラキラさま
ありがとうございます。
何ということのない田舎料理ですが、春を感じるので、毎年好評で、宅配を心待ちにしてくれてる人が何人かいます。
というわけで、この時期、つくし探しに奔走し、せっせと夜なべでハカマ取りです。
Commented by Diary-17 at 2019-03-20 13:55
土筆は其の姿が可愛くて子供の頃散歩で見かけて観察するのが好きでした。別宅の庭に沢山生息するのですが動物(狐やその他)がいるので摘んで食べた事がありません。
手ぶくろさんのブログで知って試したいと思いつつ……。どんなお味がするのかと何時も想像を膨らませています。
Commented by uransuzu at 2019-03-20 15:37
>Diaryさま
つくしって、春の野山に顔を出して、日本の懐かしい原風景みたいな気がするのですが、、、
Diaryさんからお伺いして、海外でも普通に生えているものなのだなぁ、と驚いています。
田舎でも、動物の糞害や、車の有機ガスからブロックされる場所は少なくなりましたよ〜〜清潔なつくしを探すのが一苦労です。
by uransuzu | 2019-03-18 21:00 | てぶくろ市 | Comments(16)