てぶくろ tebu96.exblog.jp

うどん県てぶくろ市で暮らしておりますが、六本木ヒルズの手袋専門店「Alta Classe」に時々出没します。


by てぶくろ
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

こんぴら歌舞伎2019

今年のこんぴら歌舞伎は、中村勘九郎と七之助、
それに中村扇雀や市川中車などが加わって、
若々しくも伝統的な歌舞伎を見せてくれました。

幟のはためく、こんぴら参道を少し歩いて、

d0162995_09141081.jpeg

お土産物屋さんや、造り酒屋さんを覗きながら、

d0162995_09145651.jpeg

途中で、ちょっと腹ごしらえをしたりして、、
シンプルな醤油うどんを。↓

d0162995_09114116.jpeg

あら、朝掘りの筍を売ってるわ。
1本100円からですって。

d0162995_09122931.jpeg

こんぴら辺りの筍は美味しいのよ〜

最後に急な坂道を上り、

d0162995_09105817.jpeg

ようやく「金丸座」に到着。

d0162995_09161959.jpeg

江戸時代1835年に建てられた、日本最古の芝居小屋。
昭和60年に、歌舞伎役者からの熱いラブコールに応える形で、芝居小屋として復活した。

今も、芝居小屋としての様々な装置を昔のままに
全て人力で行なっている。

中の様子は、また別に、、、つづく

d0162995_15250829.jpeg



Commented by kuukau at 2019-04-20 07:25
神戸にいる時から毎年来てました。
20年連続。
18代目勘三郎の襲名披露は親子3人の共演。お練りも見たし、餅つきまでさせていただいたわ。
丸谷才一先生と毎年ご一緒に観劇したのも懐かしい思い出。
Commented by uransuzu at 2019-04-20 07:56
>空子さま
20年連続はすごい、しかも丸谷才一先生と?餅つきも?わお、おそれいりやの鬼子母神〜〜(ちょっとまだ歌舞伎づいてます笑)
廃墟同然だった小屋がこんな風に蘇る、一つの良い地方活性化の例ですね。
Commented at 2019-04-20 08:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by uransuzu at 2019-04-20 08:16
>鍵コメ 8:11さま
そうでしたか、これぞこんぴら歌舞伎の裏話ですね。教えてくれて、ありがとうございます。
実家の父も、関係者でしたから、18世勘九郎とは仲良しだった、と本人は言ってます。
Commented by albany05 at 2019-04-20 10:50
有名ですよね。
ずっと昔、そのように再現するとニュースで観ていましたが、すっかり定着しましたものね。歌舞伎座とは違う親しみやすさがあるのでしょう。香川県って、おいしいもの、気候温暖、
芸術文化の宝庫、人柄はてぶくろさんや空子さんでわかりますし、いいことづくめですね。若いとき、水中翼船でキャンプに行った島は、香川県だったかしら?今なら瀬戸大橋?
Commented by uransuzu at 2019-04-20 13:32
>albanyさま
ありがとうございます。
「うどん県。それだけじゃない香川県。」というのが、正式のキャッチフレーズです。
はい、うどんだけでなく、手袋もね。^^と、私は付け加えておりまする。
空子さんはともかく、私なぞを香川県の代表にされると、弘法大師さまに叱られる〜〜
でも、確かに温暖で住みやすいところです。いつかまた、いらしてくださいね。
Commented by gallery-asaba at 2019-04-20 19:57
こちらが金丸座なのですね。
続きを拝見するのを楽しみにしています。
それにしても朝堀り筍、お安いですね〜。
Commented by uransuzu at 2019-04-20 20:45
>浅羽さま
金丸座、けっこう有名なんですね、良かった。
歌舞伎内容のことは、きっと詳しい解説をする人がいらっしゃると思うので、私は建物とか、その他について書くつもりです^^
by uransuzu | 2019-04-19 21:00 | その他 | Comments(8)