てぶくろ tebu96.exblog.jp

うどん県てぶくろ市で暮らしておりますが、六本木ヒルズの手袋専門店「Alta Classe」に時々出没します。


by てぶくろ
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
お彼岸前に、菩提寺に挨拶に行くと、
「てぶくろさん、つくし出てますよ!」
と、ご住職の奥様が教えてくださる。

もはや、てぶくろ市のような田舎でも、
つくしを摘んで、食する人は少なくなり、
私の物好きは有名(笑)

遠慮なく、摘ませていただきました。

d0162995_15174593.jpeg

夜なべ仕事で、ハカマ取りして、
マゴッチたちのために、油揚げと一緒に炊く。
(本来は、つくししか入れない)

d0162995_11544844.jpeg

ほんわりとピンク色、
ほのかな苦味、
に春の訪れを感じます。

d0162995_15080483.jpeg

私は、このオコゲの部分が好き


# by uransuzu | 2019-03-18 21:00 | てぶくろ市 | Comments(16)
てぶくろ市には、てぶくろ体育館があります。

元々は、うどん県立体育館だったのですが、
それをてぶくろ市が引き受け、
手袋組合がネーミングライツを得て、
「てぶくろ体育館」と命名したのです。

あ〜、ややこしいw
でも、てぶくろ体育館というのは本名です。

d0162995_16480452.jpeg

しかも、この体育館の前の芝生の広場には、
あのサルバドール・ダリの彫像が置いてあります。

d0162995_16483347.jpeg

「階段を昇る裸婦」
〜マルセル・デュシャンに捧ぐ

てぶくろ市のカソリック教会神父だった谷口氏、
スペインOCSA社のマティアス氏、
おふたりによるご英断で、設置されました。

d0162995_16504638.jpeg

瀬戸内海に向かって、緩やかに下る芝生、

d0162995_16510456.jpeg

美しい裸婦の姿。

マルセル・デュシャンの「階段を降りる裸体」へのオマージュ作品かもしれません。

d0162995_16514603.jpeg

私は、時々、芝生に座って、海を眺めながら、
このダリの彫像に話しかけます。
生まれ育った地中海じゃないけど、瀬戸内海もなかなかいいでしょう」って。

# by uransuzu | 2019-03-17 21:00 | てぶくろ市 | Comments(12)

ラトビア・ミトンの第一人者であり、

「ラトビアのミトン」(セナー・クレーツ)↓の執筆者でもある、

マルタ・グラスマネさんが来日されます。


d0162995_13322776.jpg


来日を記念して、ワークショップとトークショーが行われます。


ワークショップは、

4月12日、13日、浅草橋のkeitoさんで。

マルタさん自ら、ラトビアのミトンの編み方を教えてくださるそうです。


d0162995_13422872.jpg


トークショーは、

4月17日、ヴォーグ学園で。

トークショーの後、リストウォーマーを教えていただけます。


どちらも、通訳の方と、日本人講師の素敵な斎藤理子さんがご一緒ですから、

安心ですよ~。


お申し込みは、それぞれのリンク先まで・・・



d0162995_13425725.jpg

また、4月9日~14日、keitoにて、ラトビアン・ウィークが開催され、

ラトビアの可愛い雑貨がたくさん販売されます。

自由が丘のリガコレクションさんの提供です。



写真は、私が5年前にラトビアの首都リガに行った時のものです。

セナー・クレーツの店内に、ずら~っと伝統柄のミトンが並んでいる様には感激しました。

この重~~い本の原本も買ってきた。

まさか、この後、日本語に翻訳されるとは思ってもいなかったわ^^;





Maruta Grasmane マルタ・グラスマネ
HP:http://www.senaklets.lv/

ラトビア民族研究家。
リガ装飾専門学校(現リガデザイン芸術高等学校)、ラトビア大学で教鞭を取る。
1991年首都リガに民族衣装の研究とプロモーションを目的とした「セナークレーツ(SENA KLETS)」を設立。
「ラトビアのミトン(セナー・クレーツ刊)」の著者
国内はもちろん、アメリカ・オーストラリア・ヨーロッパ各地で精力的に活動。





# by uransuzu | 2019-03-15 21:00 | ラトビア・手袋の旅 | Comments(4)

私を呼び止めた物@東京

東京では、とにかく歩く、そして速足になります。
様々なショップを回りますが、見るものは決まっているから速い。

ところが、帰りの羽田空港に向かう途中、
ショーウィンドウの中から、私の速足を呼び止めた物がありました。

d0162995_14572787.jpeg

小さなポーチのようなバッグです。
あら、ぽってりしたフォルムが可愛いじゃない。
上品なシルバーも好き。

一応、イタリア製の革バッグで、すごく軽い。
この会社、ミラノの自社工場で全て製造しているそうです。

d0162995_11420176.jpeg

ちょうど、スマホとお財布、シニアグラス、ハンカチが入るくらいのバッグが欲しかったの。
ホテルの朝食時や、お散歩用に、旅のお供にいいんじゃない〜^^

文旦1個も入ります。

d0162995_11433963.jpeg

まぁ、文旦を入れることはないと思うけど(笑)


# by uransuzu | 2019-03-14 21:00 | 東京 | Comments(18)

女子会@東京(夜の部)

女子会@東京、夜の部は、
もう長いお付き合いの方々とです。

昨年、銀座の並木通りにできたハイアット・セントリック・ホテルは、ハイアット系列ですが、まだあまり知られてなくて穴場かもしれません。

入り口やロビーがちょっと分かりにくくて、探しました。

d0162995_22045502.jpeg

でもエレベーターで3階に上がると、
そこは、お洒落な大人の雰囲気。
落ち着いてお酒を楽しめます。(←実はあまり飲めないのですけどね)

d0162995_22051310.jpeg

お料理も1つ1つ丁寧で美味しいです。
スープを南部鉄瓶で、後から注いでくれるパフォーマンスが楽しかったわ。

d0162995_09460261.jpeg

なんていうことのない話題がツボにはまって、
もう笑いが止まらない、
箸が転んでも可笑しいお年頃、
隣席との距離があって、良かった。

大人の女性が銀座でお買い物の後、1人で立ち寄る、
そんなことにもぴったりの場所です。

# by uransuzu | 2019-03-13 21:00 | 東京 | Comments(10)

女子会@東京(昼の部)

「はじめまして」の言葉ももどかしく、
シャンパンで乾杯して、女子会が始まりました。

d0162995_11273103.jpeg

(Diaryさん、せっかく教えていただいたのに、お腹いっぱいで、ナポリタンまで食べられませんでした。)

アンティークを扱っていらっしゃる浅羽さん
青山あたりを闊歩していらっしゃるパセリさん

初めてお会いしたとは思えない、
これまでの人生についての爆弾トーク(笑)
少しだけ先輩のお話は、勉強になりま〜〜す。

浅羽さんは、
ストールとブーツに合わせた赤い手袋が欲しい、
小指が短いのでと、セミオーダーをご希望でした。

d0162995_18562691.jpeg

赤色も色々ありますので、
お気に召すかどうか不安でしたが、
この色いいわ、と即決していただき、ありがとうございました。
(写真の手袋とは異なります。)

d0162995_09010180.jpeg

特別出演 : 浅羽さんの手と、パセリさんの脚(笑)


その後も、場所を移して、女子会は続く。
だって、お喋りし過ぎて、喉が渇いたんだもの〜^^

次の女子会はいつ?うふふ。


# by uransuzu | 2019-03-12 21:00 | Alta Classe | Comments(14)
いつも笑顔の可愛い姪っ子が、
高知の文旦(ぶんたん)農家に嫁ぎました。
(彼女のことは、以前のブログにも書きました。)

一流大学院を卒業して、一流会社に就職して、
都会で頑張っていると思っていたのに、、、
あら、びっくり。

d0162995_09234382.jpeg

見事にすっぱりと仕事を辞めて、
大学院時代の先輩の住む地方都市へ。
(遠距離恋愛してたのね)

両親(弟夫婦)は心配してるけど、
お気楽なおばちゃんは、それもいいんじゃない〜と。
たくさん文旦を送ってきてくれたし^^

d0162995_14152589.jpeg

今月、ハワイで結婚式を挙げます。
父のことがあるので、残念ながら私は留守番です。



# by uransuzu | 2019-03-09 21:09 | その他 | Comments(28)
暖かかったり、寒かったり、
それでも季節は確実に進んでいますね。
UVケアも気になる、、、
こんな時期のマイブームは、カフスです!

d0162995_11083686.jpeg

こちらは、biyute(ビユテ)の新作たち。
私が言うのもなんですが、
手袋のようで手袋でない、あはは。

さりげなく手の甲を紫外線から守ってくれて、
「いかにもUVケアしてます!」感が無いのよね。


明後日から東京です。
ブログを通して知り合った方々とお会いする予定で、今からワクワク・ドキドキです。










# by uransuzu | 2019-03-08 21:00 | Alta Classe | Comments(12)

ザリ刺繍のピンバッチ

Alta Classe に次々と春夏物が入荷していますが、
今日は、手袋ではなく、
ザリ刺繍のピンバッチをご紹介します。

ザリ刺繍というのは、インドの伝統工芸の一つです。
私たちがよく目にするのは、
エンブレムや優勝旗、お相撲さんの化粧まわし^^などかしら、、に使われている刺繍方法です。

細いワイヤーをコイル状にしたモール
釣針のようなもので、布地に縫い付けていきます。

d0162995_11125136.jpeg

とても細かな作業(@_@)、
中でも、ピンバッチは、
1〜2センチくらいの小さな小さな世界です。

すべて職人さんの手によって作られますので、
一つ一つに手仕事の温かみが感じられます。

こちらは、薔薇を持った騎士の手袋?
これから、愛する人にこの赤い薔薇を捧げて、
闘いの地に赴くのでしょうか。

d0162995_13071081.jpeg

他にも色々、見ていて楽しいピンバッチが揃いました。

d0162995_13105412.jpeg

お猿さんが温泉に入ってスマホしてる!笑笑
「ゆ」のピンバッチもユニークですね!



# by uransuzu | 2019-03-07 21:00 | Alta Classe | Comments(8)
てぶくろ川の河津桜が満開だよと、
娘 withマゴッチ3号に誘われて、
晴れた日のお昼休みにプチドライブいたしました。

d0162995_14522250.jpeg

d0162995_14525560.jpeg

美しい〜〜
河津桜は、てぶくろ市の市木にも指定されています。

てぶくろ市内の一時最大観光名所となり、
春の陽気に誘われて、
たくさんの老若男女が、お花見散歩していました。

今月17日には、
振る舞いうどんがあるとか、、無いとか、、、
皆さん、いらっしゃいません?
(しかし、それまで河津桜がもつのだろうか)

d0162995_14545637.jpeg

d0162995_15075453.jpeg

上の写真↑の中に、マゴッチ3号がいます。
わかりますか?

こっち、こっち。

d0162995_15085717.jpeg

d0162995_15093957.jpeg

我が家の売れっ子モデルは、
あくまで、顔見せ禁止らしい ↓、、、笑笑

d0162995_15382345.jpeg


それにしても、紫外線が強くなりましたね〜
そろそろ、UVケア手袋の出番!

# by uransuzu | 2019-03-05 21:00 | てぶくろ市 | Comments(20)