てぶくろ tebu96.exblog.jp

うどん県てぶくろ市で暮らしておりますが、六本木ヒルズの手袋専門店「Alta Classe」に時々出没します。


by てぶくろ
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ:東京( 170 )

六本木ヒルズの薔薇

薔薇の綺麗な時期。
あちらこちらのお庭で、丹精された薔薇を拝見するのが好きです。
薔薇は、見るもの、貰うもの、
面倒くさがりな私には育てられません。

六本木ヒルズにも、存在感のある大きな薔薇が1本!

d0162995_08440453.jpeg

その周りには、可愛らしい本物の薔薇たちも、
咲いている小さな薔薇園です。

d0162995_08442217.jpeg


これまで、六本木ヒルズにある花屋さんといえば、
有名なニコライ・バーグマンでしたが、

先月、ヒルサイド地下2階に「AFRIKA ROSE」がオープンしました。

d0162995_09334079.jpeg

(写真はお借りしました)

茎が太くて生命力が強く、
鮮やかな色彩や繊細なグラデーションなどの個性的な薔薇は、
ケニアから空輸されたものです。

オーナーは、子育て中のまだ若い女性で、
薔薇を世界に届けることで、アフリカから貧困をなくすことに繋がる、
との思いがあるそうです。

ちょうど今、エチオピアに旅行中のこの方も、
アフリカの薔薇について、
素敵なブログに書いていらっしゃいます!


ところで、黄色い薔薇は、父の日の花とか。
Alta Classe は、父の日仕様になっていました。

d0162995_08453816.jpeg

d0162995_09492286.jpeg

元気でアクティブなお父さんへのプレゼントに、
ドライビンググローブなどいかがでしょう?




by uransuzu | 2019-05-18 20:00 | 東京 | Comments(8)
代官山の待ち合わせは、東京音楽大学のカフェ。
学生さんだけでなく、地元の方にも利用されていて、
楽器を抱えた学生さんたちと同じ空間で、お茶するのはなんだかワクワクします。

d0162995_20454338.jpeg

「音大関係の方ですか」と聞かれて、
「いいえ」と答えるのも、うふふな感じ。
音大関係者は10%オフらしいです。


すぐ近くの「旧朝倉家住宅」も覗いてみました。
入場料大人100円と看板が見えたので、
お財布に手をやりながら、受付へ行くと、
「60歳以上の方は、無料ですが、、、?」

「、、、?」に「あなたは、まさか、違いますよね」
との気持ちがあった、と信じたい。

もちろん、ありがたく無料にしていただきました、、、

d0162995_20532006.jpeg

d0162995_20534566.jpeg

d0162995_20542305.jpeg

d0162995_20550428.jpeg

映画館以外で、シニア料金を利用したのは初めて、
微妙なお年頃です。

心なしか、背中が丸まり、よろよろ歩きになりましたわ。m


by uransuzu | 2019-05-17 21:28 | 東京 | Comments(12)
代官山に先月オープンしたばかりの
オンワード樫山ビルに行ってみました。
新しい形態の商業施設です。

d0162995_13575816.jpeg

2階3階は、
様々なファッション、小物から雑貨まで、
樫山さんの有能なバイヤーが、世界中から買い付けたものばかりです。
スタッフさん達は、それぞれの物について知識が豊富で、お話しするだけ、見てるだけでも、楽しゅうございました。

4階にあるフレンチレストラン「COTEAU コトー」で
ディナーをいただきました。
1種類のコース料理のみ、乾杯のドリンク付き。

d0162995_14140973.jpeg

これが美味しくて、スタッフの対応も素晴らしくて、
このお料理とホスピタリティなら、かなりリーズナブルなお値段(6,800円)だと思います。

d0162995_18361120.jpeg

5階のバーからの夜景も最高です。
心地よいテラス席からは、東京タワーも、六本木ヒルズも見えます。

d0162995_14164643.jpeg

翌日の1人ランチは、今度は1階にあるカフェで。
どんだけ気に入ったんやねん、と1人で突っ込むw

d0162995_14292843.jpeg

まだまだ知られてない、というよりあまり宣伝してないようなので、カフェは、ほぼ1人占め。
ちょっと自分だけの秘密にしておきたいような、、
お洒落な商業施設でしたよ。

by uransuzu | 2019-05-16 20:00 | 東京 | Comments(12)
ホテル近くの日比谷公園へお散歩。
日比谷公会堂と噴水の間が、見事な一面のネモフィラ畑でした。

d0162995_16201500.jpeg

d0162995_12051317.jpeg

d0162995_12045295.jpeg

同じように、写真撮影する方がたくさんいらして、
2人組みのサラリーマン風の方が
「この花の名前、なんだっけ?」
「うーん、ここまで出てきてるけと、思い出さない」
と、悩んでらして、

d0162995_16205862.jpeg

親切なお節介さんは、
「ネモフィラだと思いますよ」
と、教えてあげました。

「ああ、そうだ、たしか日立市にも有名なところがありますよね」
と、もう1人の方が、
「大阪の南港にもあるのですよ」
などと、束の間の会話を交わしました。

d0162995_16203538.jpeg

思いがけず、ネモフィラ畑を見られて、ちょっと得した気分の清々しい東京散歩でした。

そろそろ帰路につきます。


by uransuzu | 2019-04-24 16:18 | 東京 | Comments(18)

手袋、役に立ってます。

東京です。

負傷した左手から、ギブスは外してもらったものの、
湿布と包帯が目立ただしくて、

出かける前に、レース手袋をしてみました。

d0162995_15450959.jpeg

これなら、あまり包帯が目立たない。
包帯の固定にもいいし。
手袋も、こんな風に役に立つこともあるのですね。

d0162995_15460707.jpeg

手を負傷された方にも、手袋はおススメです^^
身をもってご紹介いたしました。

d0162995_15514871.jpeg

by uransuzu | 2019-04-23 15:55 | 東京
デパートで仕事を済ませたあと、
時間があったので、
声をかけられるままに、肌年齢テストを受けました。

地元ではこんなことできない、結構チキンハートなんです。体験

年齢と姓だけ聞かれて、
こちらの化粧品は使っていないと事前に申告し、
球形のカメラで頰を撮影され、

じゃじゃ〜〜ん!

d0162995_19011457.jpeg

53歳!実年齢より10歳若い!
しかも、この測定器では10歳までしか差が出ないから、10歳以上若い、と褒めちぎられる。
(しかし、53歳のお肌って、どうなんだろう、、20歳なら喜ぶけどね。厚かましい笑)

d0162995_19022309.jpeg

お肌のバランス 96%
こちらも、平均が50%なので96%は滅多にいない、
と、こちらが恥ずかしくなるくらい褒められる。

ホンマかいな、、この測定器おかしくない? 

疑いの気持ちは多々あれど、
何も購入を勧められなかったし、おまけに化粧水までくれたしw、
素直に喜んでおくことにしようっと。

d0162995_14501950.jpeg

d0162995_14503365.jpeg

日本橋高島屋、
池坊 専永さんによる桜の生け花を見て、
スキップして帰りました。






by uransuzu | 2019-03-30 21:00 | 東京 | Comments(20)

東京に来てます

3月は、週末ごとに出かけていることになります。
北海道、東京、愛知県、そして今日からはまた東京です。
愛知県以外は、一応、お仕事半分 w

d0162995_21534047.jpeg

平日は、田舎てぶくろ市で地味に働き、
週末は、刺激を求めて都会を闊歩する。

なんて言うとカッコいいけど、
この歳になると、
週末の休みが全く無いのは、ちと疲れるわね。

d0162995_21551068.jpeg

今日の東京は、寒かった。
桜はまだ満開ではありません。

d0162995_21555122.jpeg

写真は、紀尾井町。

by uransuzu | 2019-03-29 22:10 | 東京 | Comments(4)

私を呼び止めた物@東京

東京では、とにかく歩く、そして速足になります。
様々なショップを回りますが、見るものは決まっているから速い。

ところが、帰りの羽田空港に向かう途中、
ショーウィンドウの中から、私の速足を呼び止めた物がありました。

d0162995_14572787.jpeg

小さなポーチのようなバッグです。
あら、ぽってりしたフォルムが可愛いじゃない。
上品なシルバーも好き。

一応、イタリア製の革バッグで、すごく軽い。
この会社、ミラノの自社工場で全て製造しているそうです。

d0162995_11420176.jpeg

ちょうど、スマホとお財布、シニアグラス、ハンカチが入るくらいのバッグが欲しかったの。
ホテルの朝食時や、お散歩用に、旅のお供にいいんじゃない〜^^

文旦1個も入ります。

d0162995_11433963.jpeg

まぁ、文旦を入れることはないと思うけど(笑)


by uransuzu | 2019-03-14 21:00 | 東京 | Comments(18)

女子会@東京(夜の部)

女子会@東京、夜の部は、
もう長いお付き合いの方々とです。

昨年、銀座の並木通りにできたハイアット・セントリック・ホテルは、ハイアット系列ですが、まだあまり知られてなくて穴場かもしれません。

入り口やロビーがちょっと分かりにくくて、探しました。

d0162995_22045502.jpeg

でもエレベーターで3階に上がると、
そこは、お洒落な大人の雰囲気。
落ち着いてお酒を楽しめます。(←実はあまり飲めないのですけどね)

d0162995_22051310.jpeg

お料理も1つ1つ丁寧で美味しいです。
スープを南部鉄瓶で、後から注いでくれるパフォーマンスが楽しかったわ。

d0162995_09460261.jpeg

なんていうことのない話題がツボにはまって、
もう笑いが止まらない、
箸が転んでも可笑しいお年頃、
隣席との距離があって、良かった。

大人の女性が銀座でお買い物の後、1人で立ち寄る、
そんなことにもぴったりの場所です。

by uransuzu | 2019-03-13 21:00 | 東京 | Comments(10)

東京さんぽで迎賓館

東京滞在中、ふと午前中に空き時間ができ、
そうだ、朝さんぽに赤坂迎賓館に行ってみよう!
と思い立ちました。
そんなことを思い立てる東京って、やはりすごい、首都だわ、陛下の在わす場所だわ!

d0162995_14100064.jpeg

予約無しでも、本館と主庭は大丈夫でした。
ただし、和風別館は予約しないと入れないので、
お時間のある方は事前予約をお勧めします。

ガードマンさんやスタッフさん、どの方も、田舎者のオバさんに優しいです。
(こういう時は、方言丸出し田舎者全開です)

正面ではなく、西口から入ります。
手荷物検査を受け、入場券(1,500円)を買い、荷物はロッカーに預け、本館に入ります。

d0162995_22112226.jpeg

中は撮影禁止ですので、リーフレットより。

d0162995_21185138.jpeg

正面の玄関ホールです。

この階段から2階の大ホールへと続きます。
大ホールには、コリント式の大円柱が壮観!

d0162995_21224420.jpeg

大ホールに面する「朝日の間」は、一番格が高い部屋なのだそうです。↓
小磯良平の絵画が飾られていて、ここで表敬訪問や首脳会談が行われます。

d0162995_21580186.jpeg

晩餐会が催されるのが、「花鳥の間」です。↓
天井の絵やシャンデリアが素晴らしく、
シックな木材の壁に七宝焼きが飾られています。
130名まで入れるそうですが、思ったより狭い。
たしか、トランプ大統領がピコ太郎と会ったのも、ここ?

d0162995_21252966.jpeg

「羽衣の間」には、オーケストラボックスがあり↓
演奏会などにも使われるそうです。

d0162995_21281208.jpeg

この本館は、ネオバロック様式で、
120年前に東宮御所として建てられましたが、
実際に皇太子様たちが住まわれた期間はごく短くて、
(豪華すぎて、生活には不便だったらしい)
1974年に迎賓館として改修されました。

外の庭園も含めて国宝に指定されています。
正式には、国宝「迎賓館 赤坂離宮」

d0162995_22053199.jpeg

外は、撮影オッケーだったのですが、
やはりリーフレットの写真の方が美しいですね〜w

こちらは、おまけの私が撮った写真。↓

d0162995_22130029.jpeg

d0162995_22132336.jpeg

d0162995_22135191.jpeg

d0162995_15064681.jpeg


芝生の真ん中石畳みを通って、正面から出ます。
ゆっくり回って約1時間半。

今回の東京朝さんぽは、いつもの散歩とちょっと違い、
目がキラキラ輝いた興奮の散歩でした。















by uransuzu | 2019-02-17 21:00 | 東京 | Comments(16)