てぶくろ tebu96.exblog.jp

うどん県てぶくろ市で暮らしておりますが、六本木ヒルズの手袋専門店「Alta Classe」に時々出没します。


by てぶくろ
プロフィールを見る
通知を受け取る

カテゴリ:手袋にまつわる話( 102 )

ニット手袋や布地手袋の指先に1プッシュするだけで、
スマホ操作ができるようになる、
mobile liquid(モバイル・リキッド)という液体スプレーがあります。

d0162995_11151710.jpg

魔法みたいでしょう^^
ただし、効果は1~2日だけです。
そして革手袋や厚手の手袋では使用できません。
詳しい原理は聞かないでね^^;

それでも!
お気に入りのニット手袋にシュッと1プッシュして、
スマホ対応になるのならいいわよね! 

私のお気に入りのカシミヤロング手袋にも、シュッ。↓

d0162995_11265446.jpg


tet.(テト)は、東かがわ市(てぶくろ市)で作られる手袋を中心に、
手にまつわるオリジナル商品を展開しています。
ただいま全国各地でポップアップ中です。 


d0162995_11294413.jpg
写真は全てお借りしました。




Alta Classe
〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F
tel : 03.5980.8470 / fax : 03.5980.8490
mail :altaclasse_hills@altaclasse.jp(新アドレス)
http://altaclasse.jp/

ヨークスオンライン




by uransuzu | 2018-11-02 21:00 | 手袋にまつわる話 | Comments(4)
週末、渋谷はハロウィンで賑やかだったようですね。
楽しむのはいいけど、他人様に迷惑かけないようにやってほしいものです。

どうせなら、こんな風にかっこよく交差点に立ってね!

d0162995_11080198.jpeg


こちらは、DAKSのイメージ写真より。

イギリスの探偵集団みたいで、カッコいい。
シャーロックホームズが被っていたようなボンネットに、革手袋。
(ちょっと手袋のサイズが合ってないけどね^^;)↓

d0162995_11110359.jpeg

今年のDAKSは、温かみのあるオレンジ色や、
細かなグレンチェックが目立ちますね。

そして品質の良さは、写真で見てもわかります。
さすが、英国王室御用達ブランド!

d0162995_11111858.jpeg

「DAKSを着て旅に出よう」

DAKSがこの秋冬コレクションで注目するのは、
優雅で贅沢なひと時を過ごせる豪華列車の旅、
だそうです。


d0162995_16504250.jpg



d0162995_16502424.jpg


これは、ロンドンのビクトリア駅を出る
ブリティッシュ・プルマンですね。
レトロな鉄道の旅としての人気が高いです。

あ~、私も列車の旅に出たい。(豪華でなくていいから〜)


d0162995_16441186.png

DAKSの手袋は、全国百貨店またはオンラインにてお求めください。




Alta Classe
〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F
tel : 03.5980.8470 / fax : 03.5980.8490
mail :altaclasse_hills@altaclasse.jp(新アドレス)
http://altaclasse.jp/

ヨークスオンライン


by uransuzu | 2018-10-29 21:00 | 手袋にまつわる話 | Comments(8)
d0162995_20585956.jpeg

d0162995_20591911.jpeg

d0162995_21000284.jpeg

北欧にまつわる古来の技法や伝統作品、
オリジナル作品など、
5本指手袋を中心に5人の作家の手袋を集めました。

優しい色合いでふんわりと包み込むフェアアイルの編み込み作品、
サンカ手袋からヒントを得た緻密に編まれた手袋など、
それぞれの得意分野を生かしたオリジナル作品から、
今ではなかなか見ることのできない北欧伝統技法のノールビンドニング、
トゥヴォ―エンヅ編み、ボスニアんクロッシェの蒐集作品も見ることができます。

エストニア国内のムフ島やキヒヌ島など、
地域により様々な色柄や技法が使われている作品も展示します。


(写真、文章ともに、ヴォーグ学園よりお借りしました。 

北欧のニットは大好き。
すごく見に行きたいのですけれど・・・ちょっと無理かな。



Alta Classe
〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F
tel : 03.5980.8470 / fax : 03.5980.8490
mail :altaclasse_hills@altaclasse.jp(新アドレス)
http://altaclasse.jp/

ヨークスオンライン


by uransuzu | 2018-10-27 21:00 | 手袋にまつわる話 | Comments(6)

「ゆびでる」手袋

昨日のブログで、ぱせりさんにお褒めいただいたので、調子に乗って
「ゆびでる」手袋のことを詳しくご紹介します。

「ゆびでる」は、昨年発売開始したばかりですが、とても人気のある、
まさに、指が出る=ゆびでる 手袋です。

指先部分に縦スリットがあり、簡単に指先を出すことができます。
(意匠登録済)
指先を出さない時は、普通の5指手袋と温かさはほとんど変わりません。
また、手の平には滑り止め機能もあり、実用的です。


d0162995_19165806.jpeg


可愛いアニマルタイプの物が、特に若い世代に人気があるようです。
モフモフと肉球に萌え~♥だそうです。
イヌ、ネコ、くま、キツネ、それにハリネズミ、があり、
一番人気はハリネズミと聞きました。


d0162995_12433515.jpg


d0162995_12174325.jpg

d0162995_12181748.jpg


アニマルはちょっと子供っぽいわねぇ、とおっしゃる方には、
一見、普通のボーダー柄や、アーガイル柄、それにミトンタイプもございます。
これらは、抗菌防臭効果のある素材です。


d0162995_11035858.jpeg


d0162995_11053843.jpeg



なお、「ゆびでる」は、Alta Classe には置いてありません。
大手スーパーやオンラインでご購入ください。 



by uransuzu | 2018-10-25 21:00 | 手袋にまつわる話 | Comments(8)
昨日のテレビ番組「二代目 和風総本家」で、
てぶくろ市の手袋屋さんが紹介されました。 
(全国放送じゃないかも)

手話で、歌を披露する子どもたちのために、
フォーマル手袋を作って欲しいと、
ベネズエラ大使館からご依頼があった、とか。

d0162995_08554242.jpeg

d0162995_08561485.jpeg

こういった依頼に、てぶくろ市の手袋職人たちは、燃えます!

最近では、あまり使われなくなった
子ども用の抜き型を出してきて、

d0162995_08565477.jpeg

細かな縫製技術、
特に指先は破れやすいので丁寧に、
指股は動きやすくするための角度が大事です。

d0162995_08572635.jpeg

d0162995_08583735.jpeg

手の甲に飾り縫いをした方が、シワになりにくい。
手首にボタンをつけて仕上げ。

d0162995_08590792.jpeg

d0162995_08593404.jpeg
番組の中では、
布地をカットする人、縫う人、飾り縫い専門の人、手袋を裏返して仕上げをする人、
それぞれの職人さんが紹介されていました。

こうしてできた、子ども用の手袋が
ベネズエラ大使館に届けられ、

d0162995_09003292.jpeg

d0162995_09010004.jpeg

d0162995_09012051.jpeg
お褒めの言葉、嬉しいですね〜

そして、実際に子ども達の手に渡ると、

d0162995_09022246.jpeg

d0162995_09024039.jpeg

d0162995_09030389.jpeg
この表情!!!
こうした子どもたちの喜ぶ姿に、
手袋を作る側の一人としては、
ウルウルと涙が出るほど感激いたしました。

d0162995_09044790.jpeg

d0162995_09052458.jpeg

d0162995_09054745.jpeg

d0162995_09061016.jpeg

こちらこそ、ありがとう!



Alta Classe
〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F
tel : 03.5980.8470 / fax : 03.5980.8490
mail :altaclasse_hills@altaclasse.jp(新アドレス)
http://altaclasse.jp/

ヨークスオンライン







by uransuzu | 2018-10-12 21:00 | 手袋にまつわる話 | Comments(8)

バッグと手袋の色合わせ

今年のDAKSから。
バッグと同じ色の手袋です。↓
あら、グローブホルダーも同色のようです。
オーダー感があって、さりげなく上品。

d0162995_16000668.png

Alta Classe のセミオーダーを使えば、
お気に入りのバッグと手袋の色合わせが可能です。



バッグと同系色の手袋。↓
自分の好きな色を持っていれば、コーディネイトしやすいです。

d0162995_16021391.jpeg


バッグと反対色の手袋。↓

バッグは、レトロな型のセリーヌ、(実際に30年くらい前の私物)
手袋は、アヴァンギャルドなデザインのビビアン・ウェストウッド
過去と近未来が合体したような、
不思議な魅力の組み合わせになりますね。

d0162995_16175902.jpeg

そうそう、
ビビアン・ウエストウッドの展覧会が、
ラフォーレ原宿で11月2日~18日に開催されるそうです。 


台風25号の進路が気になります。



Alta Classe
〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F
tel : 03.5980.8470 / fax : 03.5980.8490
mail :altaclasse_hills@altaclasse.jp(新アドレス)
http://altaclasse.jp/

ヨークスオンライン





by uransuzu | 2018-10-04 21:00 | 手袋にまつわる話 | Comments(12)

クセのある女になりたい

HILLS LIFEに、
スタイリストの地曳いく子さんが、
「何にでも似合うは中途半端」
と、こんな記事を載せていました。

d0162995_16021411.jpeg

共感する点が多々あります。

何にでも合うということは、誰にでも合う、
無難な面白みのないファッション、ということになりますものね。

私も、どちらかと言うと地味好みで、
モノトーンやベージュ、紺色の洋服が落ち着きます。

ただでさえ、平凡な小っちゃいオバちゃんなので、
どこにいるのかわからない・・・
性格も地味・・・(態度はデカいけど笑)

だからこそ、主張するアイテムが大事。
私の場合は、バッグや靴でなく、手袋になるわね。

d0162995_16071581.jpeg

今年は、もっとクセのある手袋にチャレンジしてみましょうか。

d0162995_16123961.jpeg
(ずいぶん前にqueentomoさんからいただいた写真↑)

d0162995_16583057.jpeg
(以前のブログに載せたプラダの手袋  ↑)


クセのある手袋をして、クセのある女性になる、
いいかもしれない!
(すでに充分クセがあります、と誰が言う 笑)



Alta Classe
〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F
tel : 03.5980.8470 / fax : 03.5980.8490
mail :altaclasse_hills@altaclasse.jp(新アドレス)
http://altaclasse.jp/

ヨークスオンライン



by uransuzu | 2018-10-02 21:00 | 手袋にまつわる話 | Comments(8)
私の元に戻ってきたグローブボックス!

一緒に「手袋のボタンを外す道具」(写真上 銀製)と、
「手袋の指先を広げる道具=グローブストレッチャー」(写真中 黒檀)
返ってきました。
(両道具の詳細は、こちらで。 →


d0162995_08492773.jpeg

恐る恐るグローブボックスを開けて、
まずは無事を確認します。

d0162995_08505199.jpeg

d0162995_08510847.jpeg

d0162995_08513994.jpeg

ご無事でなにより〜〜会いたかった〜〜

今回は、パセリさんの要望により、ドアップでご紹介しますね。

d0162995_08524899.jpeg

d0162995_08530353.jpeg

d0162995_08541034.jpeg

d0162995_08544100.jpeg

d0162995_08550522.jpeg

d0162995_08552515.jpeg

久しぶりに見ていたら、色々と気になってきました。

手袋の汚れは、
当社自慢のリフレッシュ技術で、綺麗になるかしら、
100年以上前の物だから、扱うのが怖いわ、
いや、それともこのままの方がいいのかしら、、、

パールのピンは、なぜ入っているの?
手袋に合わせて、帽子に付けていたのかしら?
こちらは100年以上古いものには見えないから、後から足したものかな、、、

何より、いったいどこのレディの所持品だったのか、
それがわかるヒントってないのかしら、、、


と、アンティークには疎いので、疑問だらけです。
浅羽さん、教えて〜〜


d0162995_10135607.jpeg

今度は、皆んなの目につくリビングの飾り棚に片付けました。
ちゃんと、ブログに書いておこう!(笑)

下の棚には、
イタリアのフィレンツェで、手袋商をしていらした女性(何年か前に100歳で没)
が残された手編みのレース手袋も置きました。
これもなんとも不思議なご縁でした。
(その時の話は、こちらです。→



Alta Classe

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F

tel : 03.5980.8470 / fax : 03.5980.8490
mail :altaclasse_hills@altaclasse.jp(新アドレス)
http://altaclasse.jp/




by uransuzu | 2018-08-22 21:00 | 手袋にまつわる話 | Comments(22)
一昨日、ブログで行方不明になったとお伝えしたグローブボックスが、
見つかりました!

d0162995_16253068.jpg

私がこんなに探しているとは知らず、
ある方が、ある場所で、保管していたのです。
ブログを読んだ方が、その方に連絡してくれました。

つまり、我が家には届けられてなかったの、
いくら探しても無いはずだわ〜
この半年間のストレスは、何だったのかしら。
(おかげで、家の中は、ずいぶん片付いたけれど^^;)

まるで、よしきちゃんの母親の気分(笑)
一時は諦めかけた時もあったけれど、よくぞ無事に帰ってきてくれた!

明後日あたり、母親(=私)の胸にしっかりと抱かれた姿を
ブログアップできそうです。

一緒に心配してくださった皆様、ありがとうございました❣️
とりあえず、ご報告まで!!




Alta Classe

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F

tel : 03.5980.8470 / fax : 03.5980.8490
mail :altaclasse_hills@altaclasse.jp(新アドレス)
http://altaclasse.jp/



by uransuzu | 2018-08-20 21:00 | 手袋にまつわる話 | Comments(22)
2年前に、ハンガリーのブタペストで見つけた
アンティークのグローブ・ボックスは、私の宝物です!
(この時の奇跡の出会いは、こちらで。→

美しい藍色のビロード生地に、細かな金細工が施してあって、
蛇腹で厚さが調整できる箱、手提げも付いているグローブ・ボックス。
100年以上前の物だと言われました。

ハンガリーの手袋博物館に展示してあったものより、ずっと綺麗です。
(ペーチの手袋博物館については、こちら。→

d0162995_16253068.jpg

中には、白色のキッドのロング手袋と、
象牙の手袋ストレッチャーと、パールのピンが入っていました。
一体、どんな貴婦人が使っていたのでしょう。

d0162995_16294303.jpg


このグローブボックスが、行方不明なのです!!

確か、一昨年、Alta Classe で、しばらく展示した後、
宅配便で自宅に送ってもらったはず、、、

私は、受け取った?
どこかに片付けた?
大切な物だから、大切に片付けた? はずよね。

それが、ふと今年の春ころに、
「あれ、どこに片付けたのだったかしら?」
と、探しましたが、見つかりません。

そうだ、こんな所に片付けたのだった、とそのうち出てくるに違いない、、、
もう、忘れん坊なんだからと自分に呆れるのよ、、、
(そんなことがよくあるお年頃ですから。)

と、思いながら、この半年間、
家の中をくまなく探して、探して、探して、探して、、、
夫を疑い、マゴッチを疑い、

やはり見つかりません。





Alta Classe

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F

tel : 03.5980.8470 / fax : 03.5980.8490
mail :altaclasse_hills@altaclasse.jp(新アドレス)
http://altaclasse.jp/



by uransuzu | 2018-08-18 21:00 | 手袋にまつわる話 | Comments(26)