てぶくろ tebu96.exblog.jp

うどん県てぶくろ市で暮らしておりますが、六本木ヒルズの手袋専門店「Alta Classe」に時々出没します。


by てぶくろ
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ:中国・手袋の旅( 20 )

中国出張2.(瀋陽)

瀋陽は、中国東北の中の最大都市、人口800万人を超すと言われています。
かつては満州の首都であり、清の副都であり、歴史的にも古い街です。
また、このあたりは民族も複雑な上に、かつてロシアや関東軍に支配されたことがあり、韓国とも密接な繋がりがあります、奥の深い街です。

夕方に瀋陽に到着し、荷物を預けるや、いろいろな商業施設を見てまわりました。
d0162995_16394174.jpg
百貨店によって、かなりお客様の数が違います。
外国有名ブランドが立ち並ぶ新しい高級百貨店は、極端に人が少ない。
地元に愛される中堅百貨店は、驚くほどの人の数です。

いわゆる手袋売り場というのは無く、メーカーごとに分散して販売しています。
手袋と帽子とスカーフ、傘などが同じメーカー扱いの商品として売られます。
そして、それぞれにに専属店員がはりついていて、販売高によって、収入が変わりますから、みな必死です。
d0162995_16504071.jpg

歩いて、歩いて、歩き疲れて、もう動けない~
考えてみると、この日早朝に成田を出発して、大連、瀋陽と移動してきたわけです。
そりゃ、疲れるはずよね~。
で、この日の夕食は、宿泊ホテル内のレストランですませることにしました。
d0162995_1650268.jpg
中国語のメニューを見ながら、適当に頼んだお料理。
右がマーボ茄子みたいなもの、左が小包子。他にも、空芯菜の炒め物にマトンの焼肉風。
ビールは「雪花」、綺麗な名前^^。
色も薄くて、お味もライト。これなら、いくらでも飲めちゃう❤
d0162995_171153.jpg
中国出張の成功を祈って、「乾杯」!


<お知らせ>
12月6日(金)19:30~
NHK BS プレミアム 美の壺にて 「手袋」の特集!
Alta Classe も紹介されます!!
by uransuzu | 2013-11-24 05:58 | 中国・手袋の旅 | Comments(2)

中国出張1.(大連)

成田空港から、大連に飛ぶ。
フライト時間は3時間弱、映画を1本観るのにちょうどよい時間~(●^o^●)
(「クロワッサンで朝食を」を観ました♪♪)

大連空港に到着し、タクシーで大連駅へ。
タクシー運転手はもちろん、空港スタッフにも「railway station」が通じなくて、
あれ、中国語で「駅」はなんて言うのだった?「ピンイン」だった?漢字は「立」偏に「占」よね?
あ、でも、これじゃ、普通の駅に連れていかれるわ、私が乗りたいのは、高速鉄道の駅よ。
と、ややパ二くっておりましたら、タクシーの運転手さんがスマホを取り出し、「ここに行きたいのか?ここか?」とmapで調べてくれました。(もちろん、大連なまりの中国語)
「トエ、トエ(そう、そう)。」と大きく頷く私、やれやれ^^; スマホ万歳!です。

ここが、大連の駅前。人口600万人を超す都市です。
d0162995_9481498.jpg
駅前はまったく雪が積もっていなくて、例年よりずいぶん暖かいらしいです。
体感気温は8度くらいでしょうか、仙台市とほぼ同じ緯度です。
いい天気だけど、やはり大気汚染で少しもや~っとしています。
駅前の商業施設で、さっそく手袋チェ~ック !(^^)!

大連の高速鉄道の駅は、(どこもそうですが)中国国民で大賑わいです。
d0162995_953438.jpg
仕切りの内側は、1等席専用の待合所です。ここから直接ホームに出られます。
中国の新幹線は「和階号」と呼ばれています、「ハーモニー」という意味らしいです。
日本の川崎重工などが技術提供したものです。
d0162995_10253762.jpg
その時間の列車に乗る人しかホームに入れませんし、発車の3分前には搭乗口をクロ―ズしますので、ホームは整然としています。
この国では珍しく、定刻発車、定刻到着、サービス良しです。
(1等席では、水とお菓子のサービスがあります。)

リッチそうな中国の人(笑)が何人か乗っていて、乗っている間中、それぞれ携帯電話で大声でしゃべりっぱなし。お仕事で忙しいのかしらね。
電車の中では携帯電話の利用を控えましょう、に慣れている日本人にはちょっと辛いわ。
でも、これがグローバル・スタンダード^^;車窓に張り付いて、外の景色を眺めていました。

大連から、まずは、今宵の宿の瀋陽へ約2時間。
これから、北へ北へと上る旅が始まります。
d0162995_10441995.png
(画像拝借いたしました。)

ところで、今日は何の日~?
答えは、↓ ブログに ^^
by uransuzu | 2013-11-23 20:38 | 中国・手袋の旅 | Comments(4)
極寒の地から、無事に生還いたしました。

これまで幾度となく中国には行っておりますが、東北3州(遼寧省、吉林省、黒竜江省)、いわゆる満州の厳しい寒さは、初めての経験でした。
他人のことなど気にする余裕なく、とにかく自分の命を守ることが最優先でした。(大げさ?笑)
そして、そんな厳しい気候の場所にも、多くの人間が暮らしていて、生活が営まれていて、
手袋が無くては生きていけない!という私にとってまさにユートピアです^^


さて、その前に・・・
成田から出発するのが早朝だったため、東京に前泊。
ちょうど見計らったように、この方から声をかけていただき、武相荘を訪れてきました♪
御一緒してくださったのは、この方♪ と この方
d0162995_14315851.jpg
不愛想じゃないわよ~、武相荘ですよ~(笑)
って、恥ずかしいけど、私よく知らなかったの。白洲二郎と正子が、晩年を過ごした家です。
武相荘の周辺は都市開発され、すっかり賑やかになっておりますが、この場所だけは、彼らが住んでいた時のまま時間が止まっているかのように静かです。
d0162995_14471279.jpg
本当に心豊かな暮らしとは、こういうことを言うのでしょう。
自分が必要とする最少限のもの、自分のセンスに合う最良のもの、にだけに囲まれてシンプルに過ごす。好きなものは、とことん愛おしんで大事に、でも日常的に使う。
古き良き物、良き新しき物。
d0162995_1572858.jpg
華々しい人生の後半をこんな風に暮らすっていいなぁ。
無駄のない、研ぎ澄まされたような生活。
好きな物と好きな本と好きな人に囲まれた自分らしい生活。

夫婦って、hobbyは違っていても、tasteが同じであることが重要だと書いてありました。
う~~ん、うちの場合は?
hobbyが違うのは、間違いないわね(笑)。 tasteは、30年以上一緒にいられるってことは、やっぱりちょっとは似ているのかな・・・などと語らいながら笑いながら♪♪♪


さて、こんな楽しい時間を過ごして、皆様に「行ってらっしゃい~」と千人針で見送られ(?)
翌日からいよいよ中国へと「いざ、いかん」出張いたしました。
その話は、また。 続く。
by uransuzu | 2013-11-21 21:42 | 中国・手袋の旅 | Comments(12)

寒い所に行ってきます

わたくし、手袋を作っておりますが・・・寒いのは苦手です。
だって、瀬戸内育ちですもの。冬だって、ぬくぬくが大好きです♪♪
ひょっとしたら、寒いのが苦手だからこそ、手袋を作っているのかもしれませんわね。

d0162995_2203271.jpg

その私が、寒いところへ行かねばなりません。
甘えた根性をたたき直さねばなりません。

そう遠くはありません・・・
成田空港から飛行機で3時間半、まずは半島先のD市に着きます。
なんでも、とても海産物が美味しいそうです。
しかし、そこで泊ることなく(涙)、そのまま新幹線で2時間以上、北へ移動します。
宿泊はS市、最高気温0度、最低気温-5度となっております。
d0162995_22185481.jpg
(手袋画像は、Mellow et Mellow。こんな毛糸の手袋も好きですわ。)

そして、翌日、再び新幹線に乗って1時間半、なお北へ~。
C市で途中下車して所要を済ませます。
C市は、最高気温0度、最低気温-9度だそうです。

再び新幹線に飛び乗り、さらに北へ~約1時間でH市に到着。
H市は、最近PM2.5が測定不能値で恐ろしいほどの大気汚染映像が世界に発信された場所です。これで、どこの国かおわかりでしょう^^;
最高気温が-4度、最低気温は-13度となっております。

次の日は、飛行機で約2時間かけて、T市へ移動します。
いわゆる、満州地帯を回ります、凍てつく寒さらしいです。

そして、また翌日も飛行機で約2時間、別の都市S市へと移動します。
毎日毎日、重いスーツケースを引きずりながらの移動となりそうです。
気分はすっかり映画「八甲田山」でございます。

今回のお伴は、洗える革手袋ファーのバングル、そして防滑&防水のブーツです。
見かけより、断然、機能性重視ですわ!!
d0162995_1021380.jpg


*コメントをいただくのは、とても嬉しいのですが、お返事ができないかもしれません。
読むことは多分できますので、道中の励みといたします。どうぞ、無事を祈ってくださいませ。
では、行ってきます。(;一_一)
by uransuzu | 2013-11-13 17:50 | 中国・手袋の旅 | Comments(11)
Alta Classeにいらっしゃるお客様の中で・・・ときどき・・・タグを見て、
「あら、この手袋は中国製ね。じゃ、他の手袋にするわ。」
と、おっしゃる方が・・・いらっしゃるそうです。

日本製やイタリア、フランス製なら、いいものだ・・・と判断される方が・・・いらっしゃいます。
「中国は嫌い。」
と、はっきりおっしゃる方もおいでます。
たしかに・・・中国製品には・・・これまでさまざまな・・・問題がありました。
「安全性」「人権問題」「知的財産権問題」・・・
「安かろう、悪かろう」・・・というイメージもつきまといます。

d0162995_1853553.jpg

しかし・・・Alta Classeにある中国製手袋は・・・

日本の・・・伝統ある手袋会社が・・・中国にある自社工場で作っており・・・
技術・生産・検品・・・すべてにおいて・・・厳しく管理されています。

企画・デザインは・・・もちろん・・・日本で・・・
材料は・・・世界最高のものを・・・足を運んで探し・・・
革のなめし技術は・・・ハンガリー人に指導していただき・・・
日本会社の社員が・・・陣頭指揮をし・・・
中国人社員は・・・日本で研修を積んでいます。
日本人社員と比較しても・・・彼らは・・・決して遜色ない・・・真面目で器用で頑張りやさん達・・・です。
私は・・・彼らに感謝し・・・ときには・・・尊敬の念さえ・・・持っています。

今や・・・中国の縫製技術は・・・世界最高とも言えます。
中国も人件費が値上がりし・・・これまでのように・・・廉価な製品作りは・・・難しくもなるでしょう。
すでに・・・多くのメーカーは・・・中国プラスワン・・・ベトナムやインドやカンボジアや・・・
人件費の安さを求めて・・・工場移設をしています。

物づくりに関わる者の責任として・・・いい物を作り・・・適正な価格で・・・お客様にお届けしたい・・・
と、思っております。

お客様に・・・ご理解いただくために・・・Alta Classeでは・・・
自社工場の様子を・・・ビデオで流すことにしました。

d0162995_1850928.jpg

ご来店いただいたお客様に・・・彼らの・・・頑張りを・・・見ていただきたい・・・と思います。

日本メーカーとしての・・・誇りをもって・・・これからも・・・手袋を作り続けていきます。
by uransuzu | 2011-12-14 23:07 | 中国・手袋の旅 | Comments(10)

中国の教え子・・・

春節が明けて・・・中国駐留の中国人社員が・・・こちらに出張してきております。

28歳のワンさん(女性・上海出身)と27歳のチャンさん(男性・天津出身)は・・・
4年前に・・・半年ほど日本で勤務していました・・・
そして・・・その日本滞在中に・・・私が・・・日本語を教えた二人です。

d0162995_16443536.jpg


当時・・・彼らは・・・
大学で日本語を勉強したとはいえ・・・仕事では使い物にならなくて・・・
若い二人は・・・少しホームシックにもなっていて・・・
思わず・・・私が母心・・・「日本語教師」を名乗りでました029.gif

と言っても・・・私も「日本語教師」なんて・・・経験したこともなく・・・
いろんな方からアドバイスを受け・・・教科書をさがし・・・
週に2回・・・仕事が終わってから・・・ただ情熱だけの素人教師でした。

そんな頼りない先生ですのに・・・
私が部屋に入ると・・・起立・直立不動で出迎えてくれ・・・
真剣に授業を受けてくれ・・・
出された宿題は・・・きちんとこなし・・・
授業が終わると・・・深々とお礼を言ってくれる・・・

かつての日本もそうだったのでしょうか・・・
先生を敬い・・・向学心に燃えているのですよね027.gif

会社が休みのときは・・・ショッピングや観光やお食事や・・・いろんなところに3人で出かけました。
ワンさんは、ジャニーズが大好きで・・・一緒に大阪のジャニーズショップに行ったこともありました~
チャンさんは、地元のお祭りで観た・剣道がとても気にいって・・・竹刀を買いたいと・スポーツ店に行きました~
私も・若い中国の二人と話すのが楽しくて・・・「まるで親子のよう」と、よく言われました・・・

その二人が・・・立派に中国社員として活躍し・・・日本に出張してくるなんて・・・
「う・う・う・・・(泣)・・ママは嬉しいわ~」
という感じなのです・・・058.gif
日中問題・・・難しいこともありますが・・・私は彼らを信じ・彼らも私を敬愛してくれている・・・
これは、間違いないと思っております・・・
by uransuzu | 2011-02-18 20:52 | 中国・手袋の旅 | Comments(16)

上海郊外へ・・・

上海から高速道路をとばして・・・約1時間で江蘇州「昆山」(こんざん)です。
かつては、ひどいデコボコ道を3時間の地でした。
来年には新幹線の駅もできるとか・・・上海まで通勤圏内となりました。
ほら、遠くの方に線路ができています・・・
d0162995_2034431.jpg


工場視察の後のお昼ご飯・・・
「近くに美味しいレストランができています。」
というお申し出・・・嬉しいのですが・・・
「こちらの社員食堂でいただけないかしら?」
「てぶくろマダムさんのお口には合わないと思います。他の日本人の方は、皆さん美味しくないとおっしゃいます020.gif

私から希望して社員食堂でお昼をいただきました。
本日の定食です 
d0162995_20175483.jpg

豚肉のソテー、大根と卵の煮物、白菜と春雨の炒め物、モヤシのナムル
お野菜たっぷりで・・・豆腐のスープも薄口で・・・ご飯は少し柔らかかったけれど・・・
ご飯以外は完食いたしました・・・ごちそうさま~美味しかったですよ~001.gif

さて、今回久しぶりに訪中して・・・一番印象的だったこと・・・
建物やインフラ整備や・・・もちろん劇的に発展しておりますが・・・それより
中国の方々のマナーアップを強く感じました。
乗り物に乗るときも、きちんと順番を守って割り込みませんし・・・
道路に唾を吐く方も見かけませんでしたし・・・
英語対応できる場所も随分と増えましたし・・・
オリンピックや万博を開催して、立派な国際的都市へと変貌してきています。

もちろん、尖閣諸島や人権問題や・・・いろいろ問題はありますが・・・
お互いが大人の国として、対等に、交流できるようになればいいな、と思います。
by uransuzu | 2010-11-30 20:59 | 中国・手袋の旅 | Comments(2)

上海マダムと・・・

上海在住の上海マダム・・・
日本の大学に留学していた頃・・・同じく来日していた中国人実業家と結婚・・・
今も・・・ご主人の仕事の関係で、中国と日本を行ったり来たり・・・
私とも17年のお付き合いになります。

中3と中1の二人のお嬢様がいらっしゃいます。
(よく言われる「一人っ子政策」には、たくさんの抜け道があるようです)
お嬢様たちも・・・学校が長期休暇のときは、日本の小・中学校に通われ・・・日本語もとてもお上手。
英語に絵画にと英才教育されています。

来年、上のお嬢様が高校受験だとか・・・母娘して受験勉強に励んでいらっしゃいます。
中国でもトップクラスの進学校を希望しているらしく、大学よりも高校の方が受験は厳しい・・・と伺いました。
子ども達の学校に合わせて・・・今は、中学校のすぐ近くに住いを移されて・・・
まさしく「孟母三遷の教え」ですね。

というわけで・・・今回はご自宅にお邪魔するのは遠慮して・・・
上海マダムご推薦のイタリアンレストランに案内していただきました。
昨日のブログを読んでくださった方はおわかりでしょうが・・・実は2晩続きの「イタリアンin上海」となりました043.gif
(考えてみれば・・・今回の出張で・・・中華料理食べていない~007.gif私ってイタリアン好きの顔に見えるのかしら)
d0162995_17521897.jpg

予約なしでは、入れないほどの人気店 「DAMARCO」(ダマルコ)
欧米系のお客様が多くて・・・ここが上海であることを忘れてしまいそうです。
飛び交う言葉も・・・英語、イタリア語、フランス語・・・
d0162995_17571179.jpg
d0162995_1757568.jpg
d0162995_17582029.jpg

写真を撮るのもはばかられましたが・・・上からスズキのグリル、ティラミス、プディング・・・
綺麗なドルチェを持ってきたイケメンのウェイターさん、
" You can see it, you can eat it." (見ても食べてもいいよ)
と、ウィンク016.gif
ティラミスの上に乗っているクッキーは、お店のマークのようです。

酔うほどに・・・国際情勢を語り始める上海マダムたち・・・
北朝鮮の韓国攻撃について質問してみると・・・
「北朝鮮をかばうのは、中国にとって得策ではありません。私たちは北朝鮮など、どうでもいい、好きでも嫌いでもありません。」
「日本を嫌う人が、ごく一部にいるのは本当です。でも、これだけ日本製品が生活の中に根付いている現状を見てください。中国人は馬鹿ではありません。北朝鮮よりは日本がずっと大事です。」


上海の夜はふけて・・・
「今夜は家庭教師と家政婦に子どもを任せてきたわ」
上海マダムとの楽しい夜でした・・・
by uransuzu | 2010-11-29 15:52 | 中国・手袋の旅 | Comments(2)

上海の夜は・・・

上海事務所での打ち合わせが終わり・・・
中国スタッフと市場調査に出かけます・・・

ここ数年の間に地下鉄路線が激増していて・・・清潔で、便利で、安いです。
初乗り料金 3元 (40円くらい)
先に行き先を押してから・・・お金を入れると磁気カードが出てきます。
改札を出るときにはカード回収され・・・きっとリサイクルですね・・・日本の切符よりエコだわ

こちらは久光百貨店・・・上海の高級デパートです・・・
イルミネーションが綺麗・・・
大勢の人が、階段のところで写メを撮っています・・・日本も同じですね。
d0162995_1828919.jpg

それにしても・・・上海の人々・・・歩くのが早い!!です。

かつての東京・・・高度成長期・・・やはり人々の歩くのが早かった・・・ような気がします。
田舎から出てきたばかりだった私・・・人の歩く列についていくのに必死でした。
最近の東京・・・人々が穏やかで、余裕があって・・・それぞれの人生をそれぞれの速度で歩いていらっしゃるのでしょうか・・・

勢いのある都会は、人々の歩くのが早いのですね。  
きっと、街の活気と歩く速度は比例する・・・ ふふ、発見です

しっかり歩きまわって・・・夜は・・・地元で大人気の欧風居酒屋に案内していただきました069.gif
写真上から・・・貝のグリル、マグロのタルタル、スズキのカルパッチョ、コロッケ・・・
d0162995_1953247.jpg
d0162995_1962424.jpg
d0162995_1973069.jpg
d0162995_1981897.jpg

あとはワインに夢中で・・・写真を取り忘れました。
だって、飲み放題&食べ放題で・・・時間制限なし、一人200元(2800円くらい)まで・・・と聞けば、ね053.gif
しかも、どのお料理もなかなか・・・美味しいです・・・うふ
三人で・・・赤ワイン3本・・・ご馳走さまでした060.gif
by uransuzu | 2010-11-28 08:18 | 中国・手袋の旅 | Comments(2)

上海へ・・・

2泊3日で・・・単身上海に出かけておりました。
尖閣諸島問題・・・北朝鮮問題・・・何かと東アジア周辺、不穏な情勢・・・
それでも・・・ビジネスマンたちは世界へ飛び立ちます。
朝の関空ラウンジ 
d0162995_924470.jpg


経営再建中のJ〇L・・・中・小型機を数多く飛ばさせる作戦に変更?しているのでしょうか・・・
小型ジェット旅客機・・・ボーイング737です。
かつては国内線・短距離路線でのみ使用されていた機器ですね・・・
ほぼ、満席・・・

2時間強のフライトですが・・・
一応・・・国際線ゆえ・・・機内食が出ます。
「洋食はハンバーグ、和食はブリ大根となっておりますが・・・?」
迷わず和食をチョイス
d0162995_9591581.jpg

「お食事前のお飲み物はいかがですか?」
到着後すぐに仕事・・・ですもの・・・
「お水を・・007.gif
お酒はあまり飲めないくせに・・・なんだかちょっと残念な・・・貧乏性(笑)


上海に着いて・・・まずはホテルにチェックイン・・・
事務所に近いフランス系のホテル
万博期間は・・・かなり高騰していたらしいです・・・
今はガラガラ???
アップグレードしてくださって・・・2ベッドルーム&2バスルーム&キッチン&リビングルーム
d0162995_10165039.jpg

d0162995_10182984.jpg

女性一人には・・・ちょっと広すぎます・・・
かえって落ち着きません・・・やっぱり・・・貧乏性037.gif

上海でのお話・・・続きます
by uransuzu | 2010-11-27 10:43 | 中国・手袋の旅 | Comments(6)