てぶくろ tebu96.exblog.jp

うどん県てぶくろ市で暮らしておりますが、六本木ヒルズの手袋専門店「Alta Classe」に時々出没します。


by てぶくろ
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ:その他( 549 )

たんぽぽの綿毛と石遊び

日差しに春の訪れを感じる日、
マゴッチ3号と原っぱへ。
最近のお気に入りは、たんぽぽの綿毛を飛ばすこと。

フーフー

d0162995_13183223.jpeg

飛ばない、、、
息を吹くのは難しいものね。

d0162995_13190443.jpeg

口にたんぽぽをくっつけるようにして、フーフー
飛ばない、、、

d0162995_13194395.jpeg

え、まさか!食べてる?

d0162995_13202177.jpeg

よかった、食べてないわ。
でも、口の周りに綿毛が付いてた。
美味しくなかったのね。ww


今度は、何が楽しいのか、、、
何度も何度も何度も、
原っぱのフェンス越しに石を渡されました。

d0162995_13215262.jpeg


明日から、北海道に行ってきます。



by uransuzu | 2019-02-28 21:00 | その他 | Comments(18)
在位30年の式典での天皇陛下のお言葉。

戦争の無い時代であったこと、
しかし、様々な困難もあったこと、
国民に寄り添う姿勢、
次のまた次の世代での象徴としてのあり方、、、

全てに感謝と感動を持って、聴いていました。

d0162995_13420337.jpeg

そして、その時、
天皇陛下が原稿を読み間違えられたその時、
美智子妃殿下は、すっと陛下に近寄って、間違えを静かに伝えられた。

天皇陛下は、
「ん?なに?」「あ、そうか」
慌てる様子もなく、正しい原稿を読み直された。

美智子妃殿下は、きっと原稿がすべて頭に入っていらしたのでしょう。
あの大勢のいる厳粛な場で、自然体でさりげなく間違いを伝え、
陛下はそれを衒いなく受け止め、
「どうも」と優しく感謝の意を表された。

信頼に溢れるお二人の素晴らしい関係を
垣間見ることができた瞬間でした。

d0162995_13394038.jpeg

畏れ多くも、
我が身を振り返り、まだまだだわぁ、と思ふ、、、


祝在位30年。

by uransuzu | 2019-02-26 21:00 | その他 | Comments(18)
今年で9回目のシスティーナ歌舞伎。
いつも、システィーナの雰囲気を生かして、和と洋のコラボレーションの新作歌舞伎が上演されます。

今年は、
源為朝と琉球王国を描いた壮大なスペクタル
「新説諸国ものがたり TAMETOMO」

d0162995_16132456.jpeg

お席は、一列目、階段横、(ありがとう、友よ❤︎)
役者が落ちてこないかと心配になるけど、、

この狭い独特の空間で、すぐ目の前で歌舞伎を見られる、贅沢よね〜。

d0162995_11204152.jpeg


いやぁ、面白かった!
本来は複雑なストーリーのはずなのですが、
単純にしてあって分かりやすい。

殺陣や見得、という歌舞伎の王道の魅力に、
琉球芸能が彩りを添えて楽しい、美しい、迫力満点!

これは、演出の水口一夫さんが素晴らしいのか、
片岡愛之助、中村壱太郎、上村吉弥といった出演者が素晴らしいのか、
おそらく両方なんでしょうけど。
特に中村壱太郎さん、成長したわねぇ。(完全に上から目線というより、親心w)

これまで見たシスティーナ歌舞伎の中で、1番好き〜!

d0162995_20401423.jpeg

徳島の特産品を集めたお弁当を
モネの庭を眺めながら、幕間にいただきました。

遠くに見えるのは、四国と本州を結ぶ鳴門大橋の高速道路です。

d0162995_09534313.jpeg



by uransuzu | 2019-02-24 21:00 | その他 | Comments(14)
紅白歌合戦で、米津玄師がサプライズ登場して、
一躍、全国的に有名になった(それほどでもない?笑)
大塚国際美術館に行ってきました。

今年も、片岡愛之助が主役の新作歌舞伎が、
あのシスティーナ劇場で上演されました。

d0162995_20304070.jpeg

長〜いエスカレーターを上がったところが、システィーナホールのある地下3階、という変わった建物です。

d0162995_20382357.jpeg

早めに到着して、
開演前に広い館内をあれこれ見て回ります。
この日は、歌舞伎の観客だけしか入場できないので、
どこも空いているのもいいのです。

d0162995_16142488.jpeg

d0162995_16152350.jpeg

d0162995_16160543.jpeg

d0162995_16163753.jpeg

d0162995_20423902.jpeg

全て、原寸大の陶板画です。
フェルメールも、ゴッホも、ピカソも、ダビィンチも、どこでもお触りし放題〜〜w
こんなこともできますし、

d0162995_09473547.jpeg

こんな遊びもできます。

d0162995_16225129.jpeg

ターバンと真珠のイヤリングを貸してもらって、
「真珠の耳飾りの少女」ならぬ「真珠の耳飾りの婆婆」

そんなこんなしてるうちに、開場時刻となり、
いざ、システィーナホールへ。

d0162995_16252270.jpeg

肝心の歌舞伎のことは、また後日アップしますね。




by uransuzu | 2019-02-23 21:00 | その他 | Comments(8)

久しぶりの父と梅

実家の父がお世話になっている施設から、
「インフルエンザ流行のため面会はご遠慮ください」
とお達しが出て、1ヶ月近くたちました。

毎週、顔を見せに行っていたのに、
父は私のことが分からなくなるのではないか、
と不安な日々を送り、

d0162995_21353253.jpeg

ようやく、面会禁止令が解けたので、
さっそく父に会いに行ってきました。

d0162995_21354710.jpeg

久しぶりに会う父は、
多分、私が娘だとは分かったようです。
でも、私の名前が出てこない、「あなた」と呼ぶ。
「あなた、食べる?」「あなた、どこ寝る?」
親切な外国人か宇宙人と話してるみたい(笑)
(私は食事も宿泊もしないのですけれど)

d0162995_21370912.jpeg

帰りに実家に寄り、仏壇の母におまいりして、
父の自慢の梅の花を見てきました。

d0162995_21372102.jpeg

今日の写真は、弟が撮ってくれたものです。
(腕でなく、カメラがいいだけ〜〜)

by uransuzu | 2019-02-21 21:00 | その他 | Comments(20)
ラトビアの手袋を見るために立ち寄った、銀座の教文館で、(←仕事アピール笑)
を惹きつけたのは、手袋ではなく、(←珍しい)
たまたま横で個展中だった木彫りの像でした。

d0162995_17575372.jpeg

井崎正治さんの「遠くへ」

柔らかでふっくらと優しくて、凛としてて、
赤い風船が軽く揺れるのも、何とも可愛いらしい。
母親のような、乙女のような、、、
どこか「遠くへ」と憧れを抱いているのでしょうか。

自分が「遠くへ」行きたいというより、
子供や親しい人に「さぁ、遠くへ翔び立ちなさい」
と、微笑んで見守っているようにも見えます。

d0162995_09502730.jpeg


d0162995_09512793.jpeg

優しい笑顔、
ようこそ、我が家へ。

by uransuzu | 2019-02-19 21:00 | その他 | Comments(14)

嫁には行かぬ、が。

大きなお雛様を飾るのは、娘にお任せです。

そのかわり連休中に、
玄関と和室に小さなmyお雛様を飾りました。

d0162995_10222695.jpeg

↑てぶくろ市在住の作家さんの作品

春の花のアレンジをお雛様の横に添えます。
(先日のフラワーボランティアで残ったお花を利用w)

d0162995_10225946.jpeg

↑青の染付けは大好き。プチプラの豆雛。

自分のためだけの雛飾りは、
3月3日を過ぎて飾っておいてもいいものね、
多分、今さら嫁にも行かぬ(笑)

嫁には行かぬが、お江戸には参ります。
明日は、きっとまだ寒いですよね?

by uransuzu | 2019-02-12 21:00 | その他 | Comments(12)
今日は、長文です。

風邪気味の2歳児をお預かり。
大好きなみかんを小さく分けてお皿に乗せ、
ディズニー番組をつけて、
私はキッチンで昼食の準備しながら、
ふとマゴッチを見ると、

空になった薬の瓶で遊んでる!

しまった!
娘から食後に飲ませて、と頼まれた風邪薬がテーブルの上に置いてあった!

「飲んだの?」と聞くと、こっくり。

どのくらい残っていたのか?
全部飲んだのか?
病院に連れて行くべきか?

d0162995_18061686.jpeg

よく見ると、洋服の前がかなり濡れている。
薬を飲もうとして、こぼしたらしい。
全部は飲んでないということだ。

娘に電話して聞くと、あと7回分くらい残っていたらしい。
とりあえず着替えさせて、水分摂取!
大好きなカルピスを薄めにして飲みたいだけ飲ませる。

20分くらいしたら、床で寝てしまった。
きっと薬の効果。

d0162995_18054283.jpeg

普段は1時間半くらいのお昼寝なのに、
こんこんと約3時間。
私は何度も何度も様子を確認して、
いつでも病院に連れて行ける態勢に。

3時間後に、パチリと目を開けて、
「お茶飲む?」と聞いたら、「うん」と、ごくごく。

「ご飯食べる?」と聞いたら、「うん」と、トコトコ。
「よいしょっ」と椅子に座り、好物の大豆の炊き込みご飯を「おいしいね〜」と食べる。お代わりも。

少しホッとしたところに、娘が帰ってきた。

念のために、病院に連れて行ってもらい、
大丈夫だよと娘から電話をもらって、ようやく安堵。
お医者様から「子どもの手の届く所に薬を置かないように」と注意されたそう。
百も承知のバァバです、ぐすん。

長い長い半日でした。
もう、当分、孫守りはお断りです〜。



by uransuzu | 2019-01-31 21:28 | その他 | Comments(16)
2歳児は、「これ、なに?」が口癖です。
根負けしてしまう、、、
自己主張が出てきて、何でも真似してやりたがり、セーターの手洗いをしてくれました。

d0162995_16563608.jpeg


チビ太は、毎朝、自分で洋服を選ぶのですが、
左右の靴下が違うよ〜、と言ったら、

d0162995_16582786.jpeg

これは、チビ太なりのこだわりトータルコーディネートなのだそうです。
毎日、なんだ、このセンスは?と首を傾げつつ、
個性を尊重します(笑)

d0162995_20465547.jpeg


いつもは喧嘩の多い姉弟妹ですが、
ママがいないと、お姉ちゃんを中心に仲良しです。
寂しいのを我慢して、ママの帰りを待ってるのね、
この光景にちょっと、うるっといたしました。

d0162995_21161786.jpeg

明日には、ママが帰ります。
やれやれー





by uransuzu | 2019-01-21 21:00 | その他 | Comments(20)

3人の子持ちになった

理由あって、1週間ほど3人の子持ちになりました。

8歳児が小学校から帰るのを待ち、宿題をさせ、
ピアノ、英会話に連れていく。(バレエは遠方なので、この間は休ませる)
5歳児を幼稚園に送迎し、スイミングと英会話に連れていく。
2歳児は、まだ保育園に行ってないので、1日中
老骨にムチ打ってお付き合い。

もちろん、その他に掃除、洗濯、料理。
なんて忙しいママ業なんでしょう。
世の中のママ達は偉い!

きっと子どもと一緒に爆睡ですから、しばらく、ブログはお休みします。
(多分、合間に皆さまの所にお邪魔します。)

d0162995_16095063.jpeg

写真は、メキシコシティの老舗ホテルに飾られているアンティークの手袋です。

d0162995_16105709.jpeg

by uransuzu | 2019-01-16 00:00 | その他