てぶくろ tebu96.exblog.jp

うどん県てぶくろ市で暮らしておりますが、六本木ヒルズの手袋専門店「Alta Classe」に時々出没します。


by てぶくろ
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

<   2015年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

今年の箱根駅伝、青山学院大学の活躍は素晴らしかったですね~。
原監督の「わくわく作戦」いいわ!
「ちゃらい、というのは褒め言葉です。」
「明るく、元気に、走ることを楽しんでほしい。」
もちろん、日々のきつい練習の積み重ねがあってこそ、言える言葉です。

私も今年は「わくわく大作戦」でいきます。
(こっそり、「大」作戦にしちゃった。 笑)
d0162995_14285211.jpg
↑ 毎年、てぶくろ市で開催されるクラッシックコンサートを
今年は、ピアノの杉浦哲郎さんとヴァイオリンの岡田鉄平さんによる「スギテツ」さんにお願いしました。
抱腹絶倒、超絶技巧の「おもしろクラッシック」
「走れ、夢の超特急楽団」

d0162995_15074712.jpg
「扁桃腺上のアリア」
「ハンガリー”記号”舞曲第5番」
「美しき青きドナウ河のさざなみ殺人事件」
その他

題名を見ただけで、わくわくでしょう。
あまり、クラシックに馴染みのない田舎町の子ども達でもわくわく楽しめそう。

実は、出演をお願いしてから、彼らの第56回レコード大賞企画賞の受賞が決まったの!
ラッキー♪
受賞が先だったら、こんな格安価格でご出演願えなかったかも^^;



by uransuzu | 2015-01-05 20:21 | その他 | Comments(16)

あけまし手おめでとうございます。


素敵なニッターRさんから、とても貴重な本をいただきました。
嬉しい~❤

「Mostly Mittenes」 Charlene Schurch 著

d0162995_11204596.jpg

ロシアの北部、ウラル山脈のふもと、コミ地区に残る手編みミトンの本です。
地図を見ると、ラトビアにも近い。

d0162995_11240222.jpg

だから、きっちりした編み込み柄であること、先が三角でとがったいること、などが共通していますね。
コミ地区の中には、いくつも集落があって、ミトンの柄で、どこの出身かわかるそうです。
それもラトビアと同じだわ❤

違うのは、柄がよりシンプルで、ニットの色数が少ないこと(多くて3色)。
裾カフスにゴム編みをしてあること、そして親指のつけ方が違うかな。


d0162995_11394976.jpg
d0162995_11414133.jpg

ラトビアミトンの方が、柄にも意味があって、より芸術的、伝統工芸性が高いと思う。
ロシアのコミ地区ミトンの方が、素朴で実用的よね。

そんな素朴なミトンを眺めていると、
厳しい寒さの冬を過ごしているロシアの人々の生活が見えてくるような気がします。

いつも、
手袋を通して、その国のことを想い、その人のことを想う「てぶくろ」です。

本年もどうぞよろしくお願いします❤










by uransuzu | 2015-01-03 20:00 | 手袋にまつわる話 | Comments(26)