てぶくろ tebu96.exblog.jp

うどん県てぶくろ市で暮らしておりますが、六本木ヒルズの手袋専門店「Alta Classe」に時々出没します。


by てぶくろ
プロフィールを見る

<   2018年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

GW前半は、
いつものように、チビ子のバレエの発表会が、
我が家のメインイベントです。

たかが、子どもの習い事と侮るなかれ、
大きなホールが、大勢のお客様で超満員となります。
開場の1時間以上前から、長蛇の列です。


d0162995_14550228.jpeg

まぁ、我が家もパパママはもちろん、じじばば、ひいじじばばまで、
見に行くのですからね、人のことは言えません(笑)

お祝いのバルーンや花束もすごい数なのです。
最初、これを見た時は、びっくりしました。(写真はごく一部)


d0162995_14560889.jpeg


楽屋裏では、チビ子は人生初のツケマに挑戦。


d0162995_15102306.jpeg


小さなバレリーナ達は、
出番前に、鏡の前で、揃って最終チェックをしていました。
緊張の瞬間でしょうか。


d0162995_15113827.jpeg







by uransuzu | 2018-04-30 21:00 | その他 | Comments(14)
ちょっとひねた、悪ぶった表情が可愛い、
二つのお面を持つヒヨコ。
「僕は二つの顔をもつ危険な男なんだぜ、だまされちゃいけないよ」
と言ってるみたいでしょ。(笑) ←お得意の妄想


d0162995_08252669.jpeg

テディベア作家、成田愛cobeeさんの作品です。
(オンラインでも購入できます)
彼女のギャラリー展にお邪魔してきました。


そして、今回は、
牙をむいた熊のオビツドールを連れて帰りました。
(*オビツドールとは、手足首の関節が自由に動くフィギュア)
強面で、超ファッショナブル!!な女の子。
このアンバランスにやられました。


d0162995_18112014.jpeg


今は、私のデスク周辺で、遊んでます。
そのうち、手袋を作ってあげなくてはね~^^


d0162995_16141621.jpeg

ほら、ちゃんと、パンツも履いてるのよ。
細部にまで、作家さんのこだわりが感じられます。


d0162995_10010223.jpeg

あ、セクハラって言われちゃうかな?



Alta Classe

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F

tel : 03.5980.8470 / fax : 03.5980.8490
mail :altaclasse_hills@altaclasse.jp(新アドレス)
http://altaclasse.jp/



by uransuzu | 2018-04-25 21:00 | 東京 | Comments(16)
小春さんtomoさん
どちらもAlta Classeで手袋のセミオーダーをしていただいたのがご縁で、
3人でお会いすることができました。


d0162995_13512062.jpeg


年齢もバックボーンも違うのに、
こうやって出会えたことが嬉しいですね〜

ランチは、私の都合で、いつも六本木ヒルズ内になってしまいます。
詳しいことは、小春さんの食レポ^^別ブログでご覧くださいね。

d0162995_11215619.jpeg

人とのご縁って、
ほんのちょっとしたことがきっかけで、
お互いの優しさや思いやりをゆるゆると身に纏いつつ、
次第に大きく育っていくことがあります。

この年齢になると、しょっちゅう会わなくても大丈夫です、
また今度、の楽しみを知っています。


小春さんが新しくご購入になった黒いレース手袋、
これから、どんな風に小春さんが息を吹き込んでくださるのか、
私も楽しみです。

d0162995_15160823.jpeg


d0162995_15164727.jpeg


d0162995_15171637.jpeg



Alta Classe

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F

tel : 03.5980.8470 / fax : 03.5980.8490
mail :altaclasse_hills@altaclasse.jp(新アドレス)
http://altaclasse.jp/




by uransuzu | 2018-04-24 21:00 | Alta Classe | Comments(4)

にぃにぃと妹の風景

幼稚園の徒歩通園の日、
いつもマゴッチ3号をベビーカーに乗せて歩いていくそうですが、
その日の朝にベビーカーが壊れたそうです。

ベビーカーも3人目で限界だったのね、酷使したものね、あと少しだったのに、と悔しがる娘です。

で、仕方なく、よちよち歩きしたがる3号をオンブしたり抱っこしたり、
最後は、ニィニィが手を引いていく。


d0162995_11453860.jpeg

もうここからだったら〇〇ちゃんも歩けるよね、道路は車が来て危ないからね、と。

チビ太が、お兄ちゃんしてる〜^^

この後、犬が吠えたので走って逃げそうになり、
それでも、ニィニィは妹の手を離さなかったので、
二人して転んで泣いた、と写真が届きました。

こんなことにも微笑んでしまう、今日はババばかブログでした。

明日からは、東京に参ります。



Alta Classe

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F

tel : 03.5980.8470 / fax : 03.5980.8490
mail :altaclasse_hills@altaclasse.jp(新アドレス)
http://altaclasse.jp/




by uransuzu | 2018-04-21 21:00 | その他 | Comments(4)
母の日ギフトにと手袋をお求めの方が多くなっています。
それも、実用性を優先したものではなく、
もらって嬉しい、ちょっと贅沢にも感じるもの。
(これって、プレゼントの鉄則ですよね〜)


d0162995_13300785.jpeg

この手袋は、指先までレース柄が入っていて、
とてもエレガントで、指が細く見えます。

しかもストレッチが効いているレースなので、フリーサイズ、
どなたにプレゼントしても喜ばれそうです。



先日、「髑髏城の7人 極」の観劇の時、
たまたま隣にお座りのマダムが、お洒落なレース手袋をしてらっしゃいました。

お願いして、写真を撮らせていただきました。
ずいぶん前にどなたからかプレゼントされたそうです。

d0162995_07371614.jpeg

多分、海外からのお土産でしょうか。
これで、ストレッチ素材で手にフィットすれば、もっといいのになぁ、惜しい、
と声には出さねど、思った次第 ←内緒^^;



Alta Classe

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F

tel : 03.5980.8470 / fax : 03.5980.8490
mail :altaclasse_hills@altaclasse.jp(新アドレス)
http://altaclasse.jp/








by uransuzu | 2018-04-20 21:00 | レース・フォーマル手袋 | Comments(16)
本日、Alta Classe は、10回目のバースデーを迎えました。
日本で初めての手袋専門店、
日本で唯一の手袋専門店、
として、手袋の魅力を発信し続けています。

d0162995_17152859.jpeg

バースデーを記念して、
お買い上げの皆様に、てぶくろ市の特産品である和三盆(手袋の形)を
ささやかにプレゼントさせていただいております。


店頭には、母の日のプレゼントにぴったりの手袋も豊富に揃いました。


d0162995_17260075.jpeg

d0162995_17261814.jpeg


また今年は、東京青山にある扇子工房保赤軒(ほせっけん)さんとコラボしました。
手袋とお揃いになるレースの扇子や、
レザーのケース付きのメンズ扇子など、
スタイリッシュな扇子がたくさんあります。

d0162995_17263976.jpeg
ぜひ、お立ち寄りくださいね。

(私も、来週の月曜日に行きます!)




Alta Classe

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F

tel : 03.5980.8470 / fax : 03.5980.8490
mail :altaclasse_hills@altaclasse.jp(新アドレス)
http://altaclasse.jp/




by uransuzu | 2018-04-18 21:00 | Alta Classe | Comments(20)
我が家の庭に、〇十年前に1本だけ植えられ、
放置されっぱなしの鈴蘭ですが、どんどん増えていきます。
今や北側の庭にも、南側の庭にも、立派な鈴蘭畑^^

d0162995_12462523.jpeg


d0162995_19090171.jpeg

例年は、5月1日の「ミュゲの日」
(この日に鈴蘭をプレゼントされると幸せになるというフランスの言い伝え)
頃に満開なのですが、今年はもう咲き始めました。
我が家から東京にお嫁に行った鈴蘭は、とっくに咲いたそうです。

ちなみに、ちょっと調べてみましたら、
この鈴蘭は元々、日本生まれで、
(「君影草」きみかげそう、とか、「谷間の姫百合」の別名もあるらしい)
中世までにはヨーロッパに渡り、
1561年の5月1日にシャルル9世が、
宮廷の女性全員に幸せの鈴蘭を毎年贈ることに決め、
「ミュゲの日」ができたそうです。

素敵なエピソードですね。
そういえば、キャサリン妃もウェディングブーケに鈴蘭を持っていました。


そんな庭の鈴蘭を少し摘んで、部屋に飾りました。

d0162995_12493199.jpeg

いい香り〜〜

d0162995_12500352.jpeg


もっとたくさん花が咲きだしたら、葉っぱを少なくして、
小さな花の密集した、可愛らしいブーケを作りたいと思っています。




Alta Classe

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F

tel : 03.5980.8470 / fax : 03.5980.8490
mail :altaclasse_hills@altaclasse.jp(新アドレス)
http://altaclasse.jp/




by uransuzu | 2018-04-14 21:00 | その他 | Comments(18)
もう寒くはない、
まだそれほど暑くもない、
という心地よい季節なのだけど、、、

気になるのは紫外線!

Alta Classeで、今の時期に人気なのは、
シルクのネックウォーマーです。
made in Japanです。


d0162995_19470363.jpeg


d0162995_19463594.jpeg


シルク100%ですが、ご家庭で洗濯できます。
washableです。

紫外線防止、効きすぎ冷房予防、首のシワ隠し、
いえいえ首元のお洒落でございます。
長さは2種類、色は白、ベージュ、黒の3種類ございます。


後ろに吊ってある赤や黒のストールもいいな・・・と写真を見て思う。



Alta Classe

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F

tel : 03.5980.8470 / fax : 03.5980.8490
mail :altaclasse_hills@altaclasse.jp(新アドレス)
http://altaclasse.jp/





by uransuzu | 2018-04-13 21:00 | Alta Classe


d0162995_13262266.jpg
本日、JR国立駅直結のnonowa国立EAST
ピッコーネ・アッチェソーリがオープンいたしました。



イタリア人アーティストのイラストを用いたファッション雑貨ブランド。カラフルでユニークなオリジナル商品が買い易い価格帯で豊富に揃っています。バッグやポーチ、スカーフなどワクワクするアイテムは、カジュアルなギフトにも最適です。洋服で多くのファンがいる「ピッコーネ」の雑貨がいよいよデビューします。国立では初出店ですので、皆様のご来店をお待ちしております。


d0162995_13152919.jpeg


d0162995_13155107.jpeg


また、4月13日より各店舗で開催予定の母の日フェアを
(4月13日~5月13日)
国立店では一足早く、本日より実施させていただきました。

1万円以上お買い上げのお客様に、
オリジナルケース入り限定あぶらとり紙をプレゼント。
無くなり次第終了だそうです。



nonowa国立 EAST ピッコーネ・アッチェソーリ
〒 186-0001
東京都国立市北1丁目14-1
☎番号 080-3600-6051


Alta Classe

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク4F

tel : 03.5980.8470 / fax : 03.5980.8490
mail :altaclasse_hills@altaclasse.jp(新アドレス)
http://altaclasse.jp/




by uransuzu | 2018-04-12 21:00 | picone
東京都立庭園美術館で同時開催されている
フランス絵本展 と、旧朝香宮邸の公開に行ってきました。

d0162995_10420608.jpeg

心地よい日曜日の午前中に訪れました。
庭園美術館の中に一歩入ると、そこは別世界、緑に囲まれて静かな時間です。

旧朝香宮邸をゆっくり見て回れたのは初めて。

d0162995_10450093.jpeg


d0162995_10453394.jpeg


d0162995_10550584.jpeg

アール・デコの古い建物が素晴らしく、
磨きこまれた部屋や家具に、宮様ご一家の息吹さえ感じられる気がして、
ふ~っと大きなためいきです。

小客室には、1920年頃の手袋3双の展示があったのですが、
写真NGでしたので、しっかり目に焼き付けました。
(私へのサービス展示かしら?と勝手に思う。笑)

朝香宮家の方々は、フランス文化をたくさん日本に紹介されたのですね。
その後、吉田茂が住んでいて、その歴史的資料も興味深いです。


一方、新館で行われていた「フランス絵本の世界」は、
仏文学者の鹿島茂さんのコレクション初公開です。

d0162995_10485059.jpeg

昔のフランスの絵本は、どこかシニカルな絵表現が多くて、
子供たちに、世の中そんなに甘くないよ、しっかり自立して生きていかないといけないよ、
と教えてくれる本が多いような気がします。
子どもの絵本には、元々そういった意味合いがあったのでしょうね。

d0162995_10515189.jpeg


これ、6月までやってますので、
お時間の許す方は是非どうぞ!




by uransuzu | 2018-04-11 21:00 | 東京 | Comments(4)